また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2578792 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳・黒戸尾根

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月18日(金) ~ 2020年09月19日(土)
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間59分
休憩
17分
合計
7時間16分
S尾白川渓谷駐車場06:2406:34竹宇駒ヶ岳神社06:55笹の平分岐10:54刃渡り11:22刀利天狗11:2912:26五合目小屋跡12:3613:40七丈小屋
2日目
山行
8時間0分
休憩
2時間4分
合計
10時間4分
七丈小屋07:0607:52八合目御来迎場07:5409:02駒ヶ岳神社本宮09:08甲斐駒ヶ岳10:0810:55八合目御来迎場11:24七丈小屋12:0712:52五合目小屋跡12:5913:45刀利天狗13:4914:03刃渡り14:1116:47笹の平分岐17:10尾白川渓谷駐車場17:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

尾白渓谷駐車場からスタート。
小雨程度。
2020年09月18日 06:24撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白渓谷駐車場からスタート。
小雨程度。
黒戸尾根は左へ。
2020年09月18日 06:55撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根は左へ。
しばらくこんな感じの登山道。
段差が少なく、とても歩きやすい。
2020年09月18日 08:35撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくこんな感じの登山道。
段差が少なく、とても歩きやすい。
たしかに切れ落ちているが、高度感はそれほどなし。
2020年09月18日 10:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たしかに切れ落ちているが、高度感はそれほどなし。
1
このあたりからストックはザックへ収納。
2020年09月18日 11:13撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりからストックはザックへ収納。
1
ここから本格的にはしご・鎖祭り。
2020年09月18日 12:26撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから本格的にはしご・鎖祭り。
2
上から眺めたところ。
2020年09月18日 12:38撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から眺めたところ。
2
さらに上から眺めたところ。
2020年09月18日 12:40撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに上から眺めたところ。
1
吊橋?鉄骨で安定感あり。
2020年09月18日 13:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊橋?鉄骨で安定感あり。
2
小屋に到着。
2020年09月18日 13:40撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に到着。
1
2日目スタート。
小雨になるまで待機。
2020年09月19日 07:06撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目スタート。
小雨になるまで待機。
2
八合目。
ここまではそこそこ急登。
2020年09月19日 07:52撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目。
ここまではそこそこ急登。
このあたりから鎖場の連続。
2020年09月19日 08:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから鎖場の連続。
ガスってしまい、山頂での眺望は絶望的・・
2020年09月19日 08:37撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってしまい、山頂での眺望は絶望的・・
急にガスが晴れてきた!
2020年09月19日 09:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急にガスが晴れてきた!
山頂までもう少し。
2020年09月19日 09:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までもう少し。
1
山頂到着。
2020年09月19日 09:09撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。
2
一瞬ガスが晴れた。
美しい鋸岳への稜線。
2020年09月19日 09:14撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬ガスが晴れた。
美しい鋸岳への稜線。
5
奥のほうに鳳凰三山。
2020年09月19日 09:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥のほうに鳳凰三山。
2
鳳凰三山と北岳。
2020年09月19日 10:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山と北岳。
1
仙丈ヶ岳。
2020年09月19日 10:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳。
1
雷鳥登場。
2020年09月19日 10:16撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥登場。
3
もう一羽。
2020年09月19日 10:19撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一羽。
1
一体どうやってあんなところにぶっ刺したんだろう・・
2020年09月19日 10:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一体どうやってあんなところにぶっ刺したんだろう・・
1
あの上から降りてきた。
2020年09月19日 10:57撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの上から降りてきた。
テント場に帰還。。
2020年09月19日 11:24撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場に帰還。。
1
ゴール。。
2020年09月19日 17:10撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール。。
2

感想/記録

最後に残っていた日本三大急登に挑戦。
2/3くらいは段差がすくなく非常に歩きやすかった。
たしかに距離はあったが、これなら楽勝・・と思っていたら、
残り1/3はパンチのある鎖場・はしごの連続。
テント装備だったのでなかなかこたえたが、全般的にとても整備が行き届いており登りやすかった。
それよりも何よりも、初日はずっと小雨だったせいか、大嫌いな大嫌いなカエル(しかもデカイ)に道中9匹も遭遇。
テンションダダ下がり・・

2日目は雨が上がるのを待ってからスタート。
ガスが晴れず眺望は諦めていたが、山頂到達と同時にガスが晴れ、すばらしい眺望が。
360度とはいかなかったが、南アルプスの山々を堪能できた。

★道具感想
・久しぶりのバルトロ55
ずっとドイターのエアコンタクトプロ65だったが、こっちも悪くない。
ただ比較すると腰回りがやや不安か。
・ホシノインソール
シダスよりはクッションがないが、表面生地がすべりにくく、その点はよかった。
が、すべりにくすぎ、標高差2300メートルの下山では親指にすべての負担がかかり、足がしびれた。たぶんNG。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:171人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ