また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2582341 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 伊豆・愛鷹

伊豆山稜線歩道 二本杉峠〜金冠山 西浦木負

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月19日(土) ~ 2020年09月20日(日)
メンバー
 sola16(CL)
天候晴れ時々曇り 霧
アクセス
利用交通機関
電車バス
修善寺駅から東海バスで昭和の森まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間5分
休憩
2時間10分
合計
11時間15分
S天城遊々の森10:4511:35二本杉峠(旧天城峠)11:4012:00滑沢峠12:30三蓋山12:4012:50ツゲ峠13:0013:30猫越峠13:50猫越岳14:0014:05猫越岳山頂の池14:1014:10猫越岳展望台14:2014:30後藤山14:45仁科峠展望台14:50仁科峠15:0015:15風早峠15:2015:35宇久須峠16:10魂の山16:50南無妙峠17:05吉奈峠17:1018:40土肥駐車場19:4019:50伽藍山20:40達磨山22:00戸田峠
2日目
山行
4時間15分
休憩
15分
合計
4時間30分
戸田峠05:0005:40金冠山06:40堂山06:50河内の大杉08:10木負農協08:45長浜城跡09:0009:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
疲れました…
コース状況/
危険箇所等
トラバース箇所が多くところによってはやや崩壊が進んでいる
その他周辺情報木負側に下りた場合は農協が9時前にはやっている
安田旅館12時〜14時、18時〜20時 日帰り入浴可

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 予備靴ひも ザック 行動食 調理用食材 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ
備考 フォーキャストビバーク前提で計画を立てていたが、場所をもっとかんがえておくべきだった。結果としてダルマ山高原レストハウスまで移動し、そこで野宿した。この場合だと飲料水を2ℓ減らすことができたので次回は参考にしたい。

写真

三島駅
伊豆箱根鉄道へ乗り換え
Happy Party Train
2020年09月19日 08:36撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三島駅
伊豆箱根鉄道へ乗り換え
Happy Party Train
4
梨子ちゃん誕生日おめでとう!
2020年09月19日 08:39撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梨子ちゃん誕生日おめでとう!
3
修善寺駅
バスが出るまで食糧の買い足しに
2020年09月19日 09:55撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修善寺駅
バスが出るまで食糧の買い足しに
2
ゆうゆうの森入り口
2020年09月19日 10:44撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆうゆうの森入り口
1
バス亭から5分くらいで分岐に
2020年09月19日 10:48撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス亭から5分くらいで分岐に
1
天城峠に向かわず直接二本杉峠へあがるルートを今回選択
2020年09月19日 10:59撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天城峠に向かわず直接二本杉峠へあがるルートを今回選択
2
やや崩壊気味
2020年09月19日 12:06撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや崩壊気味
2
歩きやすい道
2020年09月19日 12:51撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道
1
電車からはまったく見えなかったのでふと顔上げたときに嬉しくなった
2020年09月19日 13:20撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電車からはまったく見えなかったのでふと顔上げたときに嬉しくなった
4
猫越岳の展望エリアは素晴らしい
2020年09月19日 14:09撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫越岳の展望エリアは素晴らしい
3

感想/記録
by sola16

来月頭にくらいに行こうかと思ってましたが涼しかったので決行しました。

計画予定でのビバークポイントのため水を5ℓ近く持ち運ぶのが嫌でした。
その辺りも要勉強です。

ゆうゆうの森から二本杉に直接あがるルートでスタートをきりました。
荒れ果てているキャンプ場をなんとなくな踏み跡を辿ります。
車が通れる仕事道とぶつかってから本格的な登りが始まりますが、道はやや崩壊気味です。
天城峠から行く方が多分楽です。二本杉峠で逆側から来た方にお会いしました。
ここからはしばらくはトラバースが続きます。たまに木道階段の登りが入ってきます。結構滑るので注意です。歩きやすいところはいいのですが全体的にやや崩壊気味です。トレランのの方に2名ほど抜かされます。三蓋山の山頂はベンチが2つあり、平らなのでここもビバークするには良いかもしれません。土と草の歩きやすい道を楽しく歩きます。つげ峠もベンチとテーブルがあり良い休憩個所です。少し進むと木でできた橋が2つと鉄の簡易橋が現れます。特に木の橋は目茶苦茶滑りました。ここをすぎるとまた歩きやすくなります。右に視界が開けていたのでふと顔をあげるときれいに富士山が見えます。
行きのJRからは見えなかったので少し諦めていましたのでうれしくなります。
猫越岳まで進み休憩を取ります。ここは展望エリアまで行ってから休憩した方がいいですね。多分石廊崎?まで見えます。
登山客が1名と先ほど抜かされたトレランの方がいました。
写真を撮りつつ、まだまだはるか先だなって

後藤山すぎると牧場が見ええきます。仁科峠の展望台から写真を撮り、仁科峠におります。西伊豆山高原の家を除いてみようか迷いましたが少し歩きそうなのでやめて進みます。風早峠で右足かかと部にテーピングを巻きます。いつもは擦れないのに…。
宇久須峠も母屋があるのでビバークポイントとしてよさげです。魂の山までが意外と大変だった気がします。写真だけ撮ってスルーです。南無妙峠も同じく通過
ここもベンチとテーブルありますが、なんか嫌だったのでスルーします。
吉奈峠を越えて棚場山へ
ここを過ぎると先に登山道の崩壊のためカラーコーンで道が封鎖されています。
すぐ横に伊豆スカイラインが走っているので車道を歩きます。
車道と登山道がぶつかる場所があるのでここからまた登山道へ
舩原峠でまた車道とぶつかります。ここでビバークしようか悩みます。
この時点で18時をまわりあたりも暗いです。
少し悩み土肥駐車場まで進むことにします。
基本車道の方が多いですが車道と登山道を行ったり来たりします。
霧が出始めサイレントヒルの世界みたくなってきました。
19時前に到着しツェルトを張り横になります。が、スマホで雨が降る予報を見たので
だるま高原レストハウスまで移動することにしました。1時間ほど休んでから出発します。霧がすごく視界も5m先が見えればいいなかとにかく急ぎました。
小達磨山巻いてスカイラインを歩きましたが、多分稜線歩いた方が楽だったかなと
(雷がなっていたのでやむを得ず避難)
戸田峠についてレストハウスまで2kmの道のりがしんどかったです。
22時ちょうどにレストハウスに無事に到着
外のベンチからは沼津の夜景がきれに見えます。のんびり夕食の準備をしながらコーラ片手に夜景を楽しみます。24時に就寝。車の音で目が覚めましたが、そのおかげで星空を見ることができました。シュラフをもっていかなかったのでやや寒く雨具もすべて着込んでツェルトにくるまります。4時に起床し朝食を摂り5時に出発します。
もう20分くらい遅くして景色を楽しんでも良かったかなって思いました。
金冠山の登りは歩きやすいです。早くも霧がでてきます。山頂は視界がありません。
市民の森方面へ向かいます。尾根ルートと沢ルートと分岐があります。
今回は尾根ルートから下りました。木道の階段は滑りやすいし歩きづらくて嫌になります。蜘蛛の巣が多くて何回も顔からつっこんでしまいます。
途中一回車道とぶつかります。富士山がこの時点ではまだ見えました。20分くらい進むと市民の森キャンプ場の看板があるところにでます。堂山展望広場まで12分、大杉まで17分と看板に記載されています。展望台からは淡島、鷲頭山がきれいに見えます。急な下りを終えると大杉です。スマホでは全景をおさめられませんでした。しばらく歩くと車道とぶつかります。375m地点の分岐周辺ですがやけに悪臭がひどかったです。悪臭がする区間はわずかなのですが何の匂いなのか…。

ここからは車道を道なりに下りていくだけです。右足の靴擦れが痛くて痛くて嫌でした。ある程度おりるとみかん畑が見えてきます。農家の方はすでに作業をされておりました。木負農協まで下りてきて一応登山は終了です。バスの関係もあり追加で1時間ほど散策がてら内浦を歩きました。途中長浜のバス停でバスに乗ろうとしたのですが無視されるという事態に…。
三津まで歩いてそこからバスで上土に
阿蘭陀館へ
3度目でようやくお店に入れました。(2回ともギリギリ閉店というスルーっぷりを)
定食メニューが時間的にやっていなかったのでパンケーキとミルクティーを注文

この後沼津駅で友達と待ち合わせして遊んでから帰りました。
(帰りにもう一回阿蘭陀館によって曜ちゃん家のハンバーグを注文)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:204人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ