また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2584558 全員に公開 ハイキング 日光・那須・筑波

女峰山 (霧降高原から)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月21日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇り→ポツポツ雨
アクセス
利用交通機関
霧降高原 P3駐車場へ駐車。トイレ有り。登山者はP3利用とのことです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間13分
休憩
32分
合計
6時間45分
S霧降高原駐車場06:4806:58八平ヶ原分岐07:20小丸山07:23丸山分岐07:2408:09赤薙山08:1608:58奥社跡09:0209:38独標09:4210:36女峰山10:4911:35独標12:02奥社跡12:0312:33赤薙山12:3413:06丸山分岐13:0713:10小丸山13:23八平ヶ原分岐13:30霧降高原駐車場13:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・Garmin GPSによる累積標高差は1501mでした。
・大きなアップダウンが4〜5箇所、数m単位のアップダウンが無数にありました。

写真

P3へ駐車。この時点ではガラガラでした。
2020年09月21日 06:46撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3へ駐車。この時点ではガラガラでした。
P3のトイレ。靴洗い場もあります。
2020年09月21日 06:46撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3のトイレ。靴洗い場もあります。
レストハウス。帰りに寄らなかったので中の様子は不明。
2020年09月21日 06:49撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レストハウス。帰りに寄らなかったので中の様子は不明。
まず1445段の階段上り。
2020年09月21日 06:49撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず1445段の階段上り。
鹿よけゲートをくぐる。
2020年09月21日 06:52撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿よけゲートをくぐる。
序盤は緩い階段なので休憩無しで登れた。
2020年09月21日 06:59撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤は緩い階段なので休憩無しで登れた。
ここから急階段が始まる。
2020年09月21日 07:01撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急階段が始まる。
中間地点に展望台が確か3箇所設置されている。展望台へ寄って息を整え、また階段を上がるの繰り返しでバテずに上がれた。
2020年09月21日 07:05撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間地点に展望台が確か3箇所設置されている。展望台へ寄って息を整え、また階段を上がるの繰り返しでバテずに上がれた。
最上部から階段を見下ろす。これはすごいね。
2020年09月21日 07:15撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最上部から階段を見下ろす。これはすごいね。
最上部にも展望台がある。
2020年09月21日 07:16撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最上部にも展望台がある。
展望台からの眺め。
2020年09月21日 07:16撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め。
まず赤薙山へ向かいます。
2020年09月21日 07:18撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず赤薙山へ向かいます。
また鹿よけゲートをくぐる。この先は鹿がいる。
2020年09月21日 07:20撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また鹿よけゲートをくぐる。この先は鹿がいる。
ササ草原が綺麗だ
2020年09月21日 07:20撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササ草原が綺麗だ
赤薙山は左方向へ進む
2020年09月21日 07:21撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤薙山は左方向へ進む
ある程度登ったので下を見下ろす
2020年09月21日 07:27撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ある程度登ったので下を見下ろす
この辺りからガレ場の連続。歩き辛い。
2020年09月21日 07:30撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからガレ場の連続。歩き辛い。
次はあのピークを越えるようだが、ガスっているので全体像が良く分からない。
2020年09月21日 07:39撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はあのピークを越えるようだが、ガスっているので全体像が良く分からない。
樹林帯の直前まで来た
2020年09月21日 07:49撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の直前まで来た
樹林帯へ入る。木の根っこや石がゴロゴロして歩き辛い。
2020年09月21日 07:51撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯へ入る。木の根っこや石がゴロゴロして歩き辛い。
赤薙山へ到着。ここまででも結構大変だった。
2020年09月21日 08:09撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤薙山へ到着。ここまででも結構大変だった。
女峰山が見えた。中央ピークの右側にある小さいピークが女峰山らしい。この時点では晴れているねと喜んでました。
2020年09月21日 08:10撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女峰山が見えた。中央ピークの右側にある小さいピークが女峰山らしい。この時点では晴れているねと喜んでました。
男体山も見える。
2020年09月21日 08:10撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山も見える。
赤薙山を離れ、歩き始める。
2020年09月21日 08:17撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤薙山を離れ、歩き始める。
すると開けた所に出る。えっ。さっきから10分立っていないのにガスが急に湧いているやん…
2020年09月21日 08:18撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると開けた所に出る。えっ。さっきから10分立っていないのにガスが急に湧いているやん…
小さめの岩場は数カ所あったかな?
2020年09月21日 08:26撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さめの岩場は数カ所あったかな?
分かりづらいですが、ロープの下へ降りてからの登り返しです。
2020年09月21日 08:35撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりづらいですが、ロープの下へ降りてからの登り返しです。
青空を見たのはこれが最後でした…
2020年09月21日 08:46撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空を見たのはこれが最後でした…
奥社跡。休憩ポイント。
2020年09月21日 08:58撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥社跡。休憩ポイント。
女峰山方面へ進む
2020年09月21日 09:03撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女峰山方面へ進む
一里ヶ曽根を通過
2020年09月21日 09:40撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一里ヶ曽根を通過
ガスで分かりづらいですが、この先高度をかなり下げての登り返しです。
2020年09月21日 09:44撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスで分かりづらいですが、この先高度をかなり下げての登り返しです。
鞍部へ降りていく。ザレザレの急坂で歩き辛い。
2020年09月21日 09:45撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部へ降りていく。ザレザレの急坂で歩き辛い。
鞍部に着いた。ここから登り返し。
2020年09月21日 09:48撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部に着いた。ここから登り返し。
ザレ場。ちゃんと裏側に道があるのでそちらを通ります。
2020年09月21日 10:13撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレ場。ちゃんと裏側に道があるのでそちらを通ります。
クライマックス的な雰囲気の道。山頂はもうすぐっぽい。
2020年09月21日 10:15撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライマックス的な雰囲気の道。山頂はもうすぐっぽい。
そこそこ高さのある岩場。これを上がりきったら山頂?
2020年09月21日 10:23撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこ高さのある岩場。これを上がりきったら山頂?
岩場を上がった時にみた光景です。今度こそそこが山頂なのね?
2020年09月21日 10:24撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を上がった時にみた光景です。今度こそそこが山頂なのね?
小山を登るとそこは山頂ではありませんでした。このような道が10分ほど続いたかな〜。
2020年09月21日 10:30撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小山を登るとそこは山頂ではありませんでした。このような道が10分ほど続いたかな〜。
正面奥に山頂標識が見えたのであれが山頂ですね。ガスっているので全体が見えず偽ピークに何度も苦しめられました。
2020年09月21日 10:34撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面奥に山頂標識が見えたのであれが山頂ですね。ガスっているので全体が見えず偽ピークに何度も苦しめられました。
山頂へ到着
2020年09月21日 10:35撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ到着
山頂標識はあっちか
2020年09月21日 10:36撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識はあっちか
ガスっていて何も見えませんが、女峰山山頂へ無事登頂。
2020年09月21日 10:36撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっていて何も見えませんが、女峰山山頂へ無事登頂。
下りは写真をほとんど撮らなかったので要所だけ。ここの水場は美味しかった。すぐそこなので是非寄りましょう。
2020年09月21日 11:26撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは写真をほとんど撮らなかったので要所だけ。ここの水場は美味しかった。すぐそこなので是非寄りましょう。
奥社跡まで戻る
2020年09月21日 12:03撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥社跡まで戻る
赤薙山のピークを踏まずに巻いていく(キスゲ平方面へ)
2020年09月21日 12:33撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤薙山のピークを踏まずに巻いていく(キスゲ平方面へ)
ササ草原まで戻ってきた。
2020年09月21日 12:46撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササ草原まで戻ってきた。
この辺りからガスの中。雨粒もポツポツ落ちていた。
2020年09月21日 12:55撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからガスの中。雨粒もポツポツ落ちていた。
上部の鹿ゲートまで戻ってきた
2020年09月21日 13:12撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部の鹿ゲートまで戻ってきた
ここから1445段の階段下り。足が疲れ切っているのでキツい。こんな天気なのに観光客が大勢いました。
2020年09月21日 13:14撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから1445段の階段下り。足が疲れ切っているのでキツい。こんな天気なのに観光客が大勢いました。
一番下まで降りてきたのでゴール。
2020年09月21日 13:29撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番下まで降りてきたのでゴール。

感想/記録

今回のコースは面白かったですが、女峰山山頂からの景色を楽しみにしていたのでガスってしまったのは残念。
天気のいい時に再挑戦としたい所ですが、距離の長さとアップダウンの多さに堪えたのでその気になるのは当分先になりそう。

今コースは累積標高差と距離の多さに果たして完登できるのだろうかと
前日から緊張してよく眠れませんでしたが、今までに無いほどのパフォーマンスで登山出来ました。
足腰は疲れましたが、最後までバテずに登れました。
ジムで週2〜3回、有酸素運動と筋トレを計20分ぐらいしていて心肺機能が慣れていたのと、
気温がちょうど良かったのが要因かなと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:217人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ