また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2585203 全員に公開 ハイキング 甲斐駒・北岳

甲斐駒ケ岳 日帰り

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月21日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
3:55 甲府
4:45 尾白川駐車場
※駐車場到着時点では舗装箇所は全部埋まっていました。
手前の砂利の駐車場も結構埋まっていました。
(残り20台分くらい???帰りには路駐している車が10台くらいありました。さすがGotoキャンペーン中の4連休)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間12分
休憩
1時間15分
合計
10時間27分
S尾白川渓谷駐車場05:0005:04竹宇駒ヶ岳神社06:22笹の平分岐06:2507:19刃渡り07:2007:29刀利天狗07:3108:07五合目小屋跡08:1208:12屏風小屋跡08:1508:48七丈小屋08:4909:33八合目御来迎場09:3510:14駒ヶ岳神社本宮10:1710:21甲斐駒ヶ岳10:5510:58駒ヶ岳神社本宮11:0211:40八合目御来迎場12:05七丈小屋12:0612:34屏風小屋跡12:3712:39五合目小屋跡12:4613:16刀利天狗13:2113:32刃渡り13:3314:17笹の平分岐15:22竹宇駒ヶ岳神社15:27尾白川渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・尾白川渓谷駐車場〜刃渡り
歩き易い安全な道です。まあまあの登りが続きます。
とても長く感じました。
・刃渡り〜五合目小屋跡
刃渡りは特に問題ありません。刃渡りを過ぎると梯子、クサリが出てきますが問題ありません。(ハシゴは角度が有り、且つ手すり代わりにロープ、クサリがありそんなに怖くはありません)
・五合目小屋跡〜七丈小屋
昨年崩落した屏風小屋跡脇の長い梯子は修繕済み。ロープが設置され前より登りやすくなった印象です。
七丈小屋に着く前あたりにほぼ垂直のハシゴを登り、その直後にクサリで岩場を数メートル登る箇所があります。(足場はあります。ただ、下り時に足の置場が見えずに焦りました)
・七丈小屋〜八合目御来迎場
七丈小屋には水場(100円)、トイレ(200円)があります。
特に危険な個所はありません。
・八合目御来迎場〜甲斐駒ヶ岳頂上
クサリで岩場を登る、岩をよじ登る場所が出てきます。私の下山時に、このクサリ箇所で進めなくなっている方がいました。よく見ると足の置場がありますので、それをアドバイスしたらあっさりの登れていました。
岩をよじ登る場所は背が小さい人は足が届かないところもあり、苦戦するかもしれません。下り時は足場が見えない分特に。

写真

すっかり陽が短くなって5:30時点でやっと明るくなってきました。
2020年09月21日 05:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり陽が短くなって5:30時点でやっと明るくなってきました。
4
黒戸尾根コースは標高差があってきついけど、よく整備されていて歩きやすいところが多いです。
2020年09月21日 06:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根コースは標高差があってきついけど、よく整備されていて歩きやすいところが多いです。
3
1時間20分で笹平分岐到着。
スタート時点では18℃と涼しかったのですが、長袖では暑いためここで休憩を兼ねて半袖Tに着替え。
2020年09月21日 06:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間20分で笹平分岐到着。
スタート時点では18℃と涼しかったのですが、長袖では暑いためここで休憩を兼ねて半袖Tに着替え。
2
登りの元気な時は気分よくサクサク登れるけど、下りの時はヘロヘロでこんな歩きやすい道でもうんざり。
2020年09月21日 06:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りの元気な時は気分よくサクサク登れるけど、下りの時はヘロヘロでこんな歩きやすい道でもうんざり。
2
歩きやすい道と思っていたら急登。
2020年09月21日 06:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道と思っていたら急登。
2
岩と木と苔が合体した不思議な物体。
こんな写真を撮る余裕があるのも登りの最初の時だけ。
2020年09月21日 07:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩と木と苔が合体した不思議な物体。
こんな写真を撮る余裕があるのも登りの最初の時だけ。
2
ちょっと岩岩してきました。
そうすると・・・・。
2020年09月21日 07:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと岩岩してきました。
そうすると・・・・。
2
刃渡りです。
2020年09月21日 07:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡りです。
2
晴れていれば絶景ポイントなのですが、どんより。
2020年09月21日 07:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていれば絶景ポイントなのですが、どんより。
2
予報ではこれから雲が取れる見込みなのでがんばります。
2020年09月21日 07:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予報ではこれから雲が取れる見込みなのでがんばります。
2
出ました、黒戸名物はしご。
2020年09月21日 07:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました、黒戸名物はしご。
5
刀利天狗到着。
2020年09月21日 07:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀利天狗到着。
3
ちょっと進むと下りになります。
2020年09月21日 08:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと進むと下りになります。
2
五合目小屋跡からの甲斐駒。
やった、雲が取れました。
2020年09月21日 08:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目小屋跡からの甲斐駒。
やった、雲が取れました。
7
頂上方面のズーム。
この時点でトレランの下りの人とすでにすれ違っています。
何時スタートかわかりませんが、すごいです。
2020年09月21日 08:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上方面のズーム。
この時点でトレランの下りの人とすでにすれ違っています。
何時スタートかわかりませんが、すごいです。
9
屏風小屋跡。
2020年09月21日 08:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風小屋跡。
2
昨年この脇のはしごの下が崩れました。
2020年09月21日 08:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年この脇のはしごの下が崩れました。
1
すっかり修繕されています。
ほんとありがたいです。
2020年09月21日 08:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり修繕されています。
ほんとありがたいです。
7
はしごの下の箇所。
昔はここに地面がありました。
2020年09月21日 08:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はしごの下の箇所。
昔はここに地面がありました。
3
進んで行くとまたはしご。
2020年09月21日 08:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進んで行くとまたはしご。
2
橋です。
橋の先にはしごがあり、その後もガツンと登ります。
2020年09月21日 08:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋です。
橋の先にはしごがあり、その後もガツンと登ります。
3
はしごの連続ゾーン。
ここを登った後は・・・。
2020年09月21日 08:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はしごの連続ゾーン。
ここを登った後は・・・。
2
ほぼ垂直のはしご。
2020年09月21日 08:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ垂直のはしご。
5
その後もはしご
2020年09月21日 08:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後もはしご
1
で、くさりを伝って登る。
登りの時はここに足をかければいいやとわかりやすかったのですが、下り時には足場を見失ってしまいました。
2020年09月21日 08:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、くさりを伝って登る。
登りの時はここに足をかければいいやとわかりやすかったのですが、下り時には足場を見失ってしまいました。
2
ガンガン登っていく。
2020年09月21日 08:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンガン登っていく。
1
七丈小屋に着きました。
2020年09月21日 08:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋に着きました。
6
ここで水を補給。(100円)
ここの水は美味しいです。
2020年09月21日 08:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで水を補給。(100円)
ここの水は美味しいです。
5
水を汲んだ後はテント場に行き、ちょっと休憩。
2020年09月21日 08:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水を汲んだ後はテント場に行き、ちょっと休憩。
1
エネルギー補給が完了したら登ります。
2020年09月21日 09:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エネルギー補給が完了したら登ります。
赤い葉っぱ。
秋が始まっています。
2020年09月21日 09:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い葉っぱ。
秋が始まっています。
5
八合目御来迎場に到着。
2020年09月21日 09:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目御来迎場に到着。
5
レコでよく見るヤツです。
2020年09月21日 09:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レコでよく見るヤツです。
4
頂上まではまだまだ。
2本刀が見えます。
2020年09月21日 09:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上まではまだまだ。
2本刀が見えます。
8
レコでよく見るヤツ2
2020年09月21日 09:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レコでよく見るヤツ2
4
ここは岩場をガンガン登っていきます。
途中クサリがあるところもあります。
2020年09月21日 09:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは岩場をガンガン登っていきます。
途中クサリがあるところもあります。
1
2本刀が刺さっている岩の下から。
2020年09月21日 09:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2本刀が刺さっている岩の下から。
5
レコでよく見るヤツ3。
前にこの岩に登っている人を見ました。
どこからどうやって登ったのだろう・・・・。
2020年09月21日 09:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レコでよく見るヤツ3。
前にこの岩に登っている人を見ました。
どこからどうやって登ったのだろう・・・・。
7
さあ、頂上が近づいて来ました。
過去に甲斐駒に登った時にはもれなく両足が吊っていたのですが、今回はゆっくり登っているせいか問題なし。
2020年09月21日 10:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、頂上が近づいて来ました。
過去に甲斐駒に登った時にはもれなく両足が吊っていたのですが、今回はゆっくり登っているせいか問題なし。
2
北沢峠へのルートの分岐です。
北沢峠ルートのバス・タクシーが動いていないため、今年はこちら側のルートから誰も登ってきません。
2020年09月21日 10:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢峠へのルートの分岐です。
北沢峠ルートのバス・タクシーが動いていないため、今年はこちら側のルートから誰も登ってきません。
2
頂上に到着。
青空が見えています。
2020年09月21日 10:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に到着。
青空が見えています。
7
草履が新しい?
2020年09月21日 10:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草履が新しい?
4
頂上の標識です。
2020年09月21日 10:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の標識です。
10
北岳方面からヘリが飛んできて近くを通過していきました。
2020年09月21日 10:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳方面からヘリが飛んできて近くを通過していきました。
6
オベリスク、富士山方面は雲がもくもく。
2020年09月21日 10:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オベリスク、富士山方面は雲がもくもく。
8
北岳方面
2020年09月21日 10:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳方面
5
仙丈方面
2020年09月21日 10:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈方面
5
お昼を食べて休憩したのち下山開始。
2020年09月21日 10:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼を食べて休憩したのち下山開始。
6
駒ヶ岳神社本宮をお参り。
2020年09月21日 10:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳神社本宮をお参り。
3
2本刀のところまで降りてきた時点でガスガスでした。
2020年09月21日 11:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2本刀のところまで降りてきた時点でガスガスでした。
3
ガスの中をどんど下ります。
2020年09月21日 13:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中をどんど下ります。
2
そうそう、登るときにここでコロナ感染防止のための登山指導を受けました。
2020年09月21日 15:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうそう、登るときにここでコロナ感染防止のための登山指導を受けました。
4
甲斐駒くん、ボロボロになったな。
2020年09月21日 15:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒くん、ボロボロになったな。
2
駐車場はいっぱいでした。
2020年09月21日 15:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場はいっぱいでした。
4

感想/記録
by Dkoba

そういや、毎年恒例で登っている甲斐駒ヶ岳に登っていないことに気付き、今回は甲斐駒ヶ岳へ。
過去3回、黒戸尾根から登っているのですが、毎回ハリキリ過ぎて、8合目辺りで脚がつってしまいます。そんなこともあり、今回はペースを抑えて登る作戦を立てました。(本当は体力が落ちてきているので無理は止めたという理由です)
今回ゆっくり登ったこともあり脚がつることは無かったのですが、さすが黒戸尾根。
下り時点では膝の痛みと踏ん張りが利かなくなってヘロヘロでした。
でも頂上まで登り絶景を見れたこと、無事歩ききり下山出来たことの達成感を味わうことが出来ました。
この黒戸尾根の日帰り、いつまでできるかな。だんだん自身が無くなってきてます。
今日は意外に黒戸尾根を登っている人がたくさんいました。みなさん、化け物みたいな体力の持ち主で、ガンガン抜かされました。
このコース、私にとってがっつりでも、その人達にしたらたいしたことが無いのか?
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:311人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ