また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2589304 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

川苔山(鳩ノ巣駅〜本仁田山〜赤杭尾根〜古里駅)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月22日(火) [日帰り]
メンバー
天候高曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳩ノ巣駅前の無料駐車場に駐車。下山口の古里駅からは青梅線で移動し駐車場に帰還
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間12分
休憩
1時間10分
合計
7時間22分
S町営鳩ノ巣駐車場06:2406:37熊野神社分岐06:59大根ノ山ノ神07:1107:46殿上山08:14コブタカ山08:2808:34鉄砲指08:48本仁田山08:5009:03鉄砲指09:09コブタカ山09:1009:23大ダワ09:3109:53鋸尾根1165mピーク09:5710:13鋸尾根1240mピーク10:1410:17舟井戸10:28川苔山舟井戸水場10:43川苔山10:5611:06曲ヶ谷北峰11:09曲ヶ谷南峰11:13狼住所11:1411:20真名井沢ノ峰11:45エビ小屋山11:4612:09957m小ピーク12:15桃ノ木平12:19真名井沢分岐12:24赤杭山12:3112:50三ノ戸山12:5113:00川井駅分岐13:0413:15図窓山直登尾根分岐13:39川苔山登山口13:4013:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
崩落個所はありますが、特に危険個所はありませんでした

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 タオル ツェルト ストック カメラ
備考 水5リットル持参、使用1.5リットル

写真

鳩ノ巣駅前の無料駐車場。6時半頃は、まだ数台だけでした
2020年09月22日 06:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩ノ巣駅前の無料駐車場。6時半頃は、まだ数台だけでした
奥多摩の集落っぽさ満点の急坂を登り、登山口のある正法院に向かいます
2020年09月22日 06:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩の集落っぽさ満点の急坂を登り、登山口のある正法院に向かいます
取り付きが見つかるか少し心配してましたが、ちゃんと道標があるので問題無しでした
2020年09月22日 06:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きが見つかるか少し心配してましたが、ちゃんと道標があるので問題無しでした
30分ほど歩いて大根ノ山ノ神に到着。ダイコンじゃなくてオオネノヤマノカミ。林道と合流しますが、本仁田山に向かうには、広場奥の山道に入ります
2020年09月22日 07:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分ほど歩いて大根ノ山ノ神に到着。ダイコンじゃなくてオオネノヤマノカミ。林道と合流しますが、本仁田山に向かうには、広場奥の山道に入ります
花粉症になった石原都知事の英断による成果で、きれいに間伐されたスギ(ヒノキ?)林
2020年09月22日 07:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花粉症になった石原都知事の英断による成果で、きれいに間伐されたスギ(ヒノキ?)林
コブタカ山直下の急登。何度かキイロスズメバチにまとわりつかれてしまい、急登を駆け上ったので足を使ってしまいました
2020年09月22日 08:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブタカ山直下の急登。何度かキイロスズメバチにまとわりつかれてしまい、急登を駆け上ったので足を使ってしまいました
コブタカ山。ランチパック食べて本仁田山方面へ
2020年09月22日 08:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブタカ山。ランチパック食べて本仁田山方面へ
しばらくこんな気持ちいい道が続きます
2020年09月22日 08:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくこんな気持ちいい道が続きます
コブタカ山から30分ほどで本仁田山。切り株に刺さった山名板は味がありますね
2020年09月22日 08:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブタカ山から30分ほどで本仁田山。切り株に刺さった山名板は味がありますね
1
コブタカ山に戻り、川苔山に向かう道を下ります
2020年09月22日 09:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブタカ山に戻り、川苔山に向かう道を下ります
大ダワの分岐。鋸尾根ルートと、巻き道とに分かれますが、今日はトレーニングのつもりでもあるので、鋸尾根を選びます
2020年09月22日 09:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワの分岐。鋸尾根ルートと、巻き道とに分かれますが、今日はトレーニングのつもりでもあるので、鋸尾根を選びます
と、のっけから急登。
2020年09月22日 09:45撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、のっけから急登。
ある程度登ると岩尾根に変わり、どこをどう歩いたものかという感じに。面倒くさくなって岩場を思い切り捲いてみましたが、作業道ぽい道を伝って復帰できました
2020年09月22日 10:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ある程度登ると岩尾根に変わり、どこをどう歩いたものかという感じに。面倒くさくなって岩場を思い切り捲いてみましたが、作業道ぽい道を伝って復帰できました
こんなプロムナードも
2020年09月22日 10:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなプロムナードも
川苔山到着。数人の先客がいましたが、静かなものです。川乗橋のほうの道が開通していたら、連休なので密になったかもしれないですね
2020年09月22日 11:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山到着。数人の先客がいましたが、静かなものです。川乗橋のほうの道が開通していたら、連休なので密になったかもしれないですね
2
15分ほど休憩して、いそいそと下山。古里駅に降りる赤杭尾根に向かいます
2020年09月22日 11:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分ほど休憩して、いそいそと下山。古里駅に降りる赤杭尾根に向かいます
なんかとっても可愛かったのでパチリ
2020年09月22日 11:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかとっても可愛かったのでパチリ
1
去年の台風19号の爪痕かな
2020年09月22日 11:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年の台風19号の爪痕かな
エビ小屋山。
2020年09月22日 11:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビ小屋山。
地形図ではエビ小屋山への道は一つしかないため、来た道を戻るつもりでいましたが、尾根上に明らかに道が通っているので、進んでみることに
2020年09月22日 11:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図ではエビ小屋山への道は一つしかないため、来た道を戻るつもりでいましたが、尾根上に明らかに道が通っているので、進んでみることに
途中で尾根筋が不明瞭になりロストしやすそうな地形になりましたが、本道に復帰するためのルート上の木に白ペンキが塗ってあったので、迷うことなく復帰できました
2020年09月22日 11:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で尾根筋が不明瞭になりロストしやすそうな地形になりましたが、本道に復帰するためのルート上の木に白ペンキが塗ってあったので、迷うことなく復帰できました
赤久奈山(赤杭山)。味のある山名標です
2020年09月22日 12:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤久奈山(赤杭山)。味のある山名標です
川井駅方面への道と分かれる分岐。今日は古里駅方面へ
2020年09月22日 13:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川井駅方面への道と分かれる分岐。今日は古里駅方面へ
赤杭尾根は、こういう歩きやすい道が多かったです。単調ではありますが、下山にはとても楽
2020年09月22日 13:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤杭尾根は、こういう歩きやすい道が多かったです。単調ではありますが、下山にはとても楽
乗るとたわむので少し怖かった木橋。沢は枯れてるので降りたほうが無難かもですね
2020年09月22日 13:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗るとたわむので少し怖かった木橋。沢は枯れてるので降りたほうが無難かもですね
青梅線に間に合わせるため少々急いで降りたところ、あっけなく取り付きまで降りてしまいました
2020年09月22日 13:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青梅線に間に合わせるため少々急いで降りたところ、あっけなく取り付きまで降りてしまいました
鳩ノ巣駅前の駐車場に帰還。連休中でもあり、14時半時点でほぼ埋まってました。観光客の利用が多いようです
2020年09月22日 14:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩ノ巣駅前の駐車場に帰還。連休中でもあり、14時半時点でほぼ埋まってました。観光客の利用が多いようです

感想/記録

4連休に遠出したくないこともあり、近場の奥多摩へ。20年近く前に川乗橋ルートから歩いた写真が残っているものの、まったく記憶に残っていない川苔山に行ってみることにしました。
鳩ノ巣駅に車を止め、古里駅に降りるというルート。ちょっと長いルートなので、革登山靴に12圓料備では軽快に歩けませんでしたが、鋸尾根の岩場を適当に捲いてみたり、エビ小屋山から予定外の道に降りてみたりと、それなりに楽しめました。
でも下山後どっと疲れました。軽い靴で軽い装備なら、もっと楽しかったでしょうね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:197人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ