また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2634892 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 日高山脈

十勝幌尻岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月01日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
オピリネップ林道入口「標識魁廚登山口で、その手前数十mのところに駐車スペース(2台)あります。それ以外にも少し離れたところに駐車できそうなスペースがありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間4分
休憩
36分
合計
8時間40分
Sスタート地点05:4506:31十勝幌尻岳登山口10:30十勝幌尻岳11:0613:50十勝幌尻岳登山口14:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
オピリネップ林道手前の駐車スペース546―547オピリネップ林道入口・標識魁630十勝幌尻岳登山口(入林届ポスト)―(渡渉5回)―754(休:男女二人パーティと一緒)811―820取付き(ピンクテープ)―1030十勝幌尻岳1105―1238取付き(ピンクテープ)―(渡渉3回)―1352十勝幌尻岳登山口(入林届ポスト)―1424オピリネップ林道入口・標識魁1425オピリネップ林道手前の駐車スペース
コース状況/
危険箇所等
沢沿いの従来の登山コースは水害で荒れていて、5回ないし3回の渡渉が必要です。この日の水量では、飛び石を上手に探せば靴を濡らすことなく渡渉できました。尾根への取付きにはピンクテープがありますので、注意して探すこと。
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

オピリネップ林道入口が登山口です。この丸数字19番の標識が目印。幌後橋を渡ってすぐのところに駐車スペース(2台)がありました。
2020年10月01日 05:47撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オピリネップ林道入口が登山口です。この丸数字19番の標識が目印。幌後橋を渡ってすぐのところに駐車スペース(2台)がありました。
1
荒れてしまった林道を進むと従来の登山口に到着。入林届ポストは健在です。この先、右手に進むのが正しいのですが、往路は間違えて左に進んでしまいました。
2020年10月01日 06:30撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れてしまった林道を進むと従来の登山口に到着。入林届ポストは健在です。この先、右手に進むのが正しいのですが、往路は間違えて左に進んでしまいました。
1
川はこんな無残な状態に荒れてしまっています。
2020年10月01日 06:52撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川はこんな無残な状態に荒れてしまっています。
ところどころで渡渉します。
2020年10月01日 06:54撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころで渡渉します。
1
ここも。
2020年10月01日 07:27撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも。
1
最初の二股は右へ進み、次の二股を左に進むと、ここに出ます(Co920m)。休憩に良い場所。この先、右端を進むとピングテープが取付きに誘導してくれます。
2020年10月01日 08:11撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の二股は右へ進み、次の二股を左に進むと、ここに出ます(Co920m)。休憩に良い場所。この先、右端を進むとピングテープが取付きに誘導してくれます。
1
このピンクテープから川原を離れます。
2020年10月01日 08:15撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このピンクテープから川原を離れます。
黄葉の中をしっかりした踏み跡を辿ります。笹がうるさいところもありますが、踏み跡はしっかりしているので、しっかりしていなかったら間違えた証拠。
2020年10月01日 09:28撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉の中をしっかりした踏み跡を辿ります。笹がうるさいところもありますが、踏み跡はしっかりしているので、しっかりしていなかったら間違えた証拠。
ハイマツ帯に辿り着くと展望が開けます。
2020年10月01日 10:22撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯に辿り着くと展望が開けます。
1
山頂に着きました。三角点はありますが、山名標識はありませんでした。
2020年10月01日 10:30撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。三角点はありますが、山名標識はありませんでした。
1
(十勝幌尻岳からの日高山脈の時計回り眺望:その1)
2020年10月01日 10:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(十勝幌尻岳からの日高山脈の時計回り眺望:その1)
2
(十勝幌尻岳からの日高山脈の時計回り眺望:その2)
2020年10月01日 10:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(十勝幌尻岳からの日高山脈の時計回り眺望:その2)
2
(十勝幌尻岳からの日高山脈の時計回り眺望:その3)
2020年10月01日 10:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(十勝幌尻岳からの日高山脈の時計回り眺望:その3)
1
(十勝幌尻岳からの日高山脈の時計回り眺望:その4)
2020年10月01日 10:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(十勝幌尻岳からの日高山脈の時計回り眺望:その4)
1
南部の山並みをズームアップ。トヨニ岳〜ピリカヌプリは2019年3月に登りました。神威岳とペテガリ岳は2010年8月に登りました。
2020年10月01日 10:36撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南部の山並みをズームアップ。トヨニ岳〜ピリカヌプリは2019年3月に登りました。神威岳とペテガリ岳は2010年8月に登りました。
2
コイカクシュサツナイ岳〜ヤオロマップ岳〜1839峰をズームアップ。2014年9月に登りました。
2020年10月01日 10:36撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイカクシュサツナイ岳〜ヤオロマップ岳〜1839峰をズームアップ。2014年9月に登りました。
2
カムイエクウチカウシ山とピラミッド峰をズームアップ。2010年8月に登りました。
2020年10月01日 10:36撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カムイエクウチカウシ山とピラミッド峰をズームアップ。2010年8月に登りました。
2
日高幌尻岳をズームアップ。1980年8月に登ったきり、40年以上も再訪できずにいます。
2020年10月01日 10:37撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日高幌尻岳をズームアップ。1980年8月に登ったきり、40年以上も再訪できずにいます。
2
大パノラマに酔いしれた顔つきですね。バックは、日高幌尻岳〜戸蔦別岳〜北戸蔦別岳〜ピパイロ岳〜伏美岳
2020年10月01日 10:48撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大パノラマに酔いしれた顔つきですね。バックは、日高幌尻岳〜戸蔦別岳〜北戸蔦別岳〜ピパイロ岳〜伏美岳
2
山頂でセルフタイマーで記念撮影。
下るのがもったいな〜い〜!
2020年10月01日 10:51撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でセルフタイマーで記念撮影。
下るのがもったいな〜い〜!
3

感想/記録

2020年秋の北海道遠征十日目(最終日)。

十日間の遠征の最後は、十勝幌尻岳からの日高山脈大展望に酔いしれる山歩きで幕を閉じました。山頂ではこれまで苦心して登ってきた山々が同定できて、とても幸せな時間を過ごすことができました。おかげで日高山脈でまだ残っている宿題(エサオマントッタベツ岳とか)も頑張って登ってみたくなりましたね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:585人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/11/30
投稿数: 28
2020/10/11 22:06
 遠征お疲れ様でした☆
秋の北海道の山、羨ましい限りです
私も9月に西クマネシリ・楽古・武利岳を計画していましたが、諸事情により行けませんでした。
しかしながら、前回の雷電山に続き、レポがとても参考になりました

カチボロは、登山口で小屋が見えたので左に行かれたのだと思います。私は小屋が視野に入らなかったので迷うこと無く右に行きましたが、尾根の取り付きを見逃し、その後で登山道に復帰するまで酷い藪漕ぎになりました

ストイックな面持ちのエサオマン、素晴らしい目標ですね
クマに戦々恐々としている私には到底無理です
登録日: 2011/7/18
投稿数: 1014
2020/10/12 21:33
 北の山々
nomoshinさん、こんばんは。ご無沙汰しております。
北海道の山旅レコ、堪能させていただきました。
「下るのがもったいな〜い〜!」は実感ですね
楽古岳レコの写真も素晴らしかったです。日高の稜線を是非一度この目で見てみたいと、私も思いを強くしました。
実は昨年のGW10連休は、日高の幌尻岳やエサオマントッタベツ岳を考えて、地図も用意していたのです。オジャンになりましたが

引き続き、素晴らしい山旅を見せてください
登録日: 2011/2/7
投稿数: 373
2020/10/12 23:39
 Re: 北の山々
kamadamさん、お元気でしょうか?
こちらこそご無沙汰しています。

昨春GWの日高山脈遠征、まさに残念でしたね。私も残雪が残る時期に伏美岳から日高幌尻岳まで縦走したいと思っていて、何年も経過してしまっています。エサオマントッタベツは北側の沢から登ってみたいと考えていました。

「山は逃げない」と言いますが、昨今の異常気象で水害による登路崩壊もありますから、思いたったら「今でしょ!」のノリも必要かも知れませんね。

是非、お元気で‼

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ