また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2660234 全員に公開 ハイキング 日光・那須・筑波

いろは坂渋滞回避で丹勢山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ゴール地点の含満公園駐車場にバイクをデポ
122号と旧122号の交差する空き地に車を駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
40分
合計
7時間25分
Sスタート地点06:5306:57奥細尾バス停09:21鈴ヶ岳09:4310:30丹勢山10:3611:58裏見の滝分岐12:28キノミ平分岐12:3212:48裏見滝12:59裏見の滝駐車場13:0013:09裏見滝13:19裏見の滝駐車場13:2513:47裏見の滝入口バス停13:4814:18憾満ヶ淵駐車場14:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
丹勢山〜裏見の滝分岐 間でお昼休憩あり。約30分
コース状況/
危険箇所等
ハイキングコース1割、登山道1割、獣道2割、笹薮作業道3割、林道3割
その他周辺情報近くに日帰り温泉「やしおの湯」があるが、いまだ行った事が無い
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

朝来る時に塩谷町から見る雪化粧の日光連山は綺麗だった。
と、含満公園駐車場の片隅にバイクをデポ
2020年10月18日 06:29撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝来る時に塩谷町から見る雪化粧の日光連山は綺麗だった。
と、含満公園駐車場の片隅にバイクをデポ
国道122と旧国道122の交差地点の空き地に車を駐車
2020年10月18日 06:57撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道122と旧国道122の交差地点の空き地に車を駐車
1
登山口に向け国道を進み、大谷川の橋の上からこれから行く1482mピークの鈴ヶ岳と、雪かぶる男体山を見る
2020年10月18日 07:10撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に向け国道を進み、大谷川の橋の上からこれから行く1482mピークの鈴ヶ岳と、雪かぶる男体山を見る
早くも渋滞が始まっている、いろは坂手前の日光豊川稲荷神社に向かう
2020年10月18日 07:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早くも渋滞が始まっている、いろは坂手前の日光豊川稲荷神社に向かう
日光豊川稲荷神社は、もう管理されていないのかボロボロだ!
2020年10月18日 07:20撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光豊川稲荷神社は、もう管理されていないのかボロボロだ!
社内には、不気味な張り紙あり
2020年10月18日 07:21撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
社内には、不気味な張り紙あり
神社の裏手から作業道を歩く事にする
2020年10月18日 07:21撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の裏手から作業道を歩く事にする
つづら折りに上って行く
2020年10月18日 07:22撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つづら折りに上って行く
作業道はフラットになり、北西方向に真っ直ぐ伸びているので、この辺りの斜面から取り付く
2020年10月18日 07:27撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道はフラットになり、北西方向に真っ直ぐ伸びているので、この辺りの斜面から取り付く
1
微かな踏み跡を上る
2020年10月18日 07:31撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微かな踏み跡を上る
1
電柱が現れた。上部に建つテレビアンテナに向かっていると思われる。木々は伐採されているが、急斜面なので他に上れる斜面を探す
2020年10月18日 07:34撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電柱が現れた。上部に建つテレビアンテナに向かっていると思われる。木々は伐採されているが、急斜面なので他に上れる斜面を探す
1
よく整備された獣道を見つけたので、利用させてもらう
2020年10月18日 07:48撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく整備された獣道を見つけたので、利用させてもらう
いや〜美味そう
2020年10月18日 07:50撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや〜美味そう
斜面は緩やかになったが、木々が多く通行に難儀しそう
2020年10月18日 07:55撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面は緩やかになったが、木々が多く通行に難儀しそう
←なので、先ほど見つけた電柱の下を上る事にする
2020年10月18日 08:00撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
←なので、先ほど見つけた電柱の下を上る事にする
地図にある道に出た。しかし笹がうっそうとしている
2020年10月18日 08:03撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図にある道に出た。しかし笹がうっそうとしている
雨具装着して笹薮の中を出発進行
2020年10月18日 08:12撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨具装着して笹薮の中を出発進行
ヌタ場が現れ、作業道が不明瞭に・・・
2020年10月18日 08:14撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌタ場が現れ、作業道が不明瞭に・・・
何となく進めそうな笹薮あり
2020年10月18日 08:15撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何となく進めそうな笹薮あり
適当に斜面を上がると、作業道発見
2020年10月18日 08:28撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当に斜面を上がると、作業道発見
1
作業道を進むと、ピンクリボンあり。ここを上る事にする。周囲は林業関係者が出入りしているようで、作業道が縦横無尽に張り巡らされている
2020年10月18日 08:33撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道を進むと、ピンクリボンあり。ここを上る事にする。周囲は林業関係者が出入りしているようで、作業道が縦横無尽に張り巡らされている
お!良い色ジャン
2020年10月18日 08:36撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お!良い色ジャン
足元の笹の中にはリンドウが多数
2020年10月18日 08:40撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元の笹の中にはリンドウが多数
相変わらず笹薮歩き
踏み跡は無いが、リボンを頼って行くのみ
2020年10月18日 08:42撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず笹薮歩き
踏み跡は無いが、リボンを頼って行くのみ
作業道やリボンも無くなり、開けた場所に出た。ここからは、適当に進むしかない
2020年10月18日 09:09撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道やリボンも無くなり、開けた場所に出た。ここからは、適当に進むしかない
作業道っぽい場所を見つけ進んでいくと、立派な林道と合流
2020年10月18日 09:14撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道っぽい場所を見つけ進んでいくと、立派な林道と合流
1482mのピークに向けて、踏み跡の無い斜面を上る
2020年10月18日 09:17撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1482mのピークに向けて、踏み跡の無い斜面を上る
登って行き、振り返れば遠くに筑波山
2020年10月18日 09:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って行き、振り返れば遠くに筑波山
1
見晴らしが良くなり、左手には茶ノ木平
2020年10月18日 09:22撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしが良くなり、左手には茶ノ木平
1
明智平は大渋滞
2020年10月18日 09:22撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明智平は大渋滞
2
薬師岳、夕日岳、地蔵岳
2020年10月18日 09:23撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳、夕日岳、地蔵岳
1
1482mのピークに到着、景色は最高!
2020年10月18日 09:25撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1482mのピークに到着、景色は最高!
3
雲の帽子をかぶる、男体山
2020年10月18日 09:25撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の帽子をかぶる、男体山
1
男体山の斜面は、紅葉がとても綺麗だった
2020年10月18日 09:25撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山の斜面は、紅葉がとても綺麗だった
1
足尾方面のアップ、庚申山や袈裟丸山、ジャンダルムなど
2020年10月18日 09:44撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足尾方面のアップ、庚申山や袈裟丸山、ジャンダルムなど
2
良く見れば、笹の中に三角点あり
2020年10月18日 09:46撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く見れば、笹の中に三角点あり
1
モミジを見て下山
2020年10月18日 09:49撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジを見て下山
1
皆さまがヤマレコに投稿しているビューポイント、男体山の雲が取れて来た
2020年10月18日 09:52撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さまがヤマレコに投稿しているビューポイント、男体山の雲が取れて来た
4
紅葉と中禅寺湖
2020年10月18日 09:54撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉と中禅寺湖
2
振り返りビューポイントと、1482mピーク
2020年10月18日 09:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返りビューポイントと、1482mピーク
2
さて、林道で丹勢山を目指します
2020年10月18日 10:00撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、林道で丹勢山を目指します
2
木々の隙間から見る、宇都宮方面の山々と思われる
2020年10月18日 10:13撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の隙間から見る、宇都宮方面の山々と思われる
林道歩きも悪くはない
2020年10月18日 10:18撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道歩きも悪くはない
1
丹勢山の取り付き付近、とても分かりづらいが適当に取り付く
2020年10月18日 10:21撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹勢山の取り付き付近、とても分かりづらいが適当に取り付く
2
微かな踏み跡あり
2020年10月18日 10:26撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微かな踏み跡あり
丹勢山(日光山紀行)到着
2020年10月18日 10:33撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹勢山(日光山紀行)到着
2
丹勢山、もう一つの標識(栃木の山紀行)
どちらにせよ、展望が無いし笹薮で座る事も出来ないので、足早に下山開始
2020年10月18日 10:33撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹勢山、もう一つの標識(栃木の山紀行)
どちらにせよ、展望が無いし笹薮で座る事も出来ないので、足早に下山開始
1
下山して見えたのは、高原山
2020年10月18日 10:41撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山して見えたのは、高原山
1
踏み跡は全くなし
2020年10月18日 10:47撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡は全くなし
1
丹勢山では、紅葉がちょうど見頃かな?
2020年10月18日 10:51撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹勢山では、紅葉がちょうど見頃かな?
2
まっ赤に染まっている
2020年10月18日 10:53撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっ赤に染まっている
1
紅葉と男体山
2020年10月18日 10:55撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉と男体山
3
下山道、踏み跡なし
2020年10月18日 11:01撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道、踏み跡なし
適当に下って、笹が生い茂る作業道に出た
2020年10月18日 11:08撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当に下って、笹が生い茂る作業道に出た
笹薮突き進み、前方に見えてきたのは林道
さーこの林道脇で昼食にしましょう。今日もいつもの金ちゃんヌードル
2020年10月18日 11:22撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹薮突き進み、前方に見えてきたのは林道
さーこの林道脇で昼食にしましょう。今日もいつもの金ちゃんヌードル
1
昼食後、林道歩きを楽しみましょう
2020年10月18日 11:42撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食後、林道歩きを楽しみましょう
1
これって、アケビ?
2020年10月18日 11:44撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これって、アケビ?
紅葉を見ながら、林道を下って行く
2020年10月18日 11:54撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉を見ながら、林道を下って行く
1
分岐あり、裏見の滝方面に直進
2020年10月18日 12:01撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐あり、裏見の滝方面に直進
標高が下がってきて、木々は赤から黄色になる
2020年10月18日 12:25撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が下がってきて、木々は赤から黄色になる
ライダーの爆音がウザったく思いながら、再び分岐
ここは右折
2020年10月18日 12:30撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライダーの爆音がウザったく思いながら、再び分岐
ここは右折
1
未舗装のままだが、少し歩きやすくなった
2020年10月18日 12:37撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未舗装のままだが、少し歩きやすくなった
いつしか舗装路に変わり、女峰山からの道が左から合流して、右の日光方面に向け、林道を離脱
2020年10月18日 12:52撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつしか舗装路に変わり、女峰山からの道が左から合流して、右の日光方面に向け、林道を離脱
え!ここまで来て、こんな藪かよ
2020年10月18日 12:53撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
え!ここまで来て、こんな藪かよ
1
←でも少し歩いたら、普通の登山道になった
2020年10月18日 12:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
←でも少し歩いたら、普通の登山道になった
1
下山しました。せっかくなので裏見の滝に向かいます
2020年10月18日 13:02撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しました。せっかくなので裏見の滝に向かいます
久しぶりに来た、裏見の滝。以前来た時は登山を始める前だったので10年程前かな
2020年10月18日 13:09撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりに来た、裏見の滝。以前来た時は登山を始める前だったので10年程前かな
1
この滝は、日光の滝の中でも一番好きですね
2020年10月18日 13:10撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝は、日光の滝の中でも一番好きですね
左手から落ちてくる霧状の滝
2020年10月18日 13:12撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手から落ちてくる霧状の滝
右手から落ちてくる2本の滝
2020年10月18日 13:13撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手から落ちてくる2本の滝
良く見れば、洞窟の中にある岩の隙間にも滝がある
2020年10月18日 13:15撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く見れば、洞窟の中にある岩の隙間にも滝がある
裏見の滝駐車場に戻ってきました。
2020年10月18日 13:21撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏見の滝駐車場に戻ってきました。
1
栃100の外山を正面に見て、舗装路を進む
2020年10月18日 13:42撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃100の外山を正面に見て、舗装路を進む
国道は、とっても渋滞中
その後、途中にはトイレ兼、休憩所あり
2020年10月18日 13:49撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道は、とっても渋滞中
その後、途中にはトイレ兼、休憩所あり
路地脇に「大日堂跡」入口あり。行ってみる
2020年10月18日 13:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路地脇に「大日堂跡」入口あり。行ってみる
お地蔵様が並んでいる
2020年10月18日 13:57撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵様が並んでいる
あの橋を渡るわけだな・・・
2020年10月18日 13:57撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの橋を渡るわけだな・・・
そしてここが大日堂跡
2020年10月18日 13:58撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてここが大日堂跡
鳴虫山を見て橋を渡る
2020年10月18日 13:59撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴虫山を見て橋を渡る
橋の上からの景色
2020年10月18日 14:00撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の上からの景色
そして今日登った丹勢山
2020年10月18日 14:02撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして今日登った丹勢山
有料道路の脇を進む
2020年10月18日 14:03撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有料道路の脇を進む
糠塚稲荷神社
2020年10月18日 14:04撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
糠塚稲荷神社
発電所で使われている水路の水も、とても綺麗だ
2020年10月18日 14:09撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発電所で使われている水路の水も、とても綺麗だ
並び地蔵に来た
2020年10月18日 14:11撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
並び地蔵に来た
憾満ヶ淵の慈雲寺本堂、水が透き通りとても綺麗
2020年10月18日 14:12撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
憾満ヶ淵の慈雲寺本堂、水が透き通りとても綺麗
再びお地蔵様に見つめられながら、進んでいく
2020年10月18日 14:16撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びお地蔵様に見つめられながら、進んでいく
ぷらぷら散歩
2020年10月18日 14:18撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぷらぷら散歩
そして含満公園の駐車場に到着。
お疲れ様でした。
2020年10月18日 14:20撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして含満公園の駐車場に到着。
お疲れ様でした。
最後に車を取りに行き、本日の山歩きを終了です
2020年10月18日 14:41撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に車を取りに行き、本日の山歩きを終了です
撮影機材:

感想/記録

日光の山に初冠雪が降ったこの日。初雪が降った山のすぐ脇に、ひっそりとそびえる丹勢山が本日の目的地。

取り付き付近には駐車場が無いため、以前駐車したことがあった国道122号沿いの空き地に車を停めて登山開始。
取り付き点は、何度か車で通った際に目星は付けておいた豊川稲荷神社、等高線を見る限りここから入山するのが一番楽そうなルートだから・・・
斜面を登って行くと、予想は的中。都合よく獣道が多数あって上って行くには好都合。
登り斜面が終わり林道に出ると、笹原が広がり笹にまとわり着いた水滴がウザったい。雨具を来て緩やかな林道、若しくは作業道を進む事となる。
やがて道は無くなり進行方向が分からなくなるが、適当に直進すると再び作業道に出る事が出来た。そこは1482mのピークへ向かう斜面の取り付きだった。
その斜面を一気に駆け上がると、この日一番の展望があった山頂だった。
他の方のレコを見る限りこのピークを下った所が良く紹介されているが、この山頂から見る景色の方が一段と素晴らしい展望が得られる。
この1482mピークを下って、展望ポイントを経由してUターンするような形で、この日の目的地丹勢山に向け林道を下る事になる。
林道から丹勢山へ向けて取り付き、程なく丹勢山の山頂に到着した。展望は無く休憩するようなスペースもないので、すぐに下山開始した。
丹勢山からの下山路は、道はなく笹の中を適当に下る事になる。かなり長く感じたが、道なき道を下っていくと何とか作業道に出て一安心。
ここでようやくの昼食をとる事が出来た。そして昼食後はひたすら長い、長い、林道歩きとなる。
いつしか道は舗装路となり、脇道を少し進むと裏見の滝入り口に到着。せっかくなので裏見の滝を見学していく。
裏見の滝からは日光の街中を歩いて、並び地蔵に来た。ここは鳴虫山登山で通る定番のルートだ。
憾満ヶ淵を横目に見ながら歩いて、ゴールの含満公園駐車場にたどり着いた。

今回のコースは、山あり谷あり滝あり街あり、変化にとんだ面白い山歩きコースだった。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:405人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ