また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 267937 全員に公開 山滑走 中央アルプス

御嶽さん(山頂強風、雪面アイスバーン)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2013年02月10日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
おんたけ2240スキー場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

8:45 田の原登山口
11:20 9合目
11:45 王滝頂上
12:10 剣が峰
12:45 王滝頂上(昼食)
13:20 9号目付近ドロップイン
14:00 田の原登山口
コース状況/
危険箇所等
登山ポストはスキー場リフト券売り場の横にあります。
リフトでゲレンデトップの三笠山まで上がりました。
リフト3本乗車で、1回券350円×3の1,050円でした。
ゴンドラだと1回で上れますが、1,200円です。
但し、リフト使用する場合は、スキー板を履いての乗車が必要です。
下山後は、御嶽さんから離れていますが、立ち寄り湯で、「木曽路館」に寄って疲れを癒しました。
大人700円ですが、JAFカードの提示で500円です。
露天風呂から眺める山並みも癒してくれました。
過去天気図(気象庁) 2013年02月の天気図 [pdf]

写真

さあ出発だ。
2013年02月10日 14:07撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ出発だ。
1
よろしく御嶽さん。
2013年02月10日 14:07撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よろしく御嶽さん。
1
天気は良さそうだが、頂上の風は強そう。
2013年02月10日 08:48撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は良さそうだが、頂上の風は強そう。
2
雲の流れも速いが、雪煙も上がっていそう。
2013年02月10日 09:11撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の流れも速いが、雪煙も上がっていそう。
1
そこそこの積雪。スキー場の積雪は200cmになっていました。
2013年02月10日 09:19撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこの積雪。スキー場の積雪は200cmになっていました。
田の原がよく見えます。
2013年02月10日 10:39撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田の原がよく見えます。
1
木曽駒方面。
2013年02月10日 10:39撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒方面。
1
9合目に到着。
2013年02月10日 11:23撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9合目に到着。
御嶽山マップ。
2013年02月10日 11:37撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山マップ。
王滝頂上。
2013年02月10日 11:43撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
王滝頂上。
王滝頂上到着。
2013年02月10日 11:46撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
王滝頂上到着。
噴気が勢いよく上がっています。若干硫黄臭。
2013年02月10日 11:47撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴気が勢いよく上がっています。若干硫黄臭。
王滝頂上から望む剣が峰。いざ剣が峰へ。
2013年02月10日 11:51撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
王滝頂上から望む剣が峰。いざ剣が峰へ。
2
強風の中、もうちょっとで剣が峰。
2013年02月10日 12:09撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風の中、もうちょっとで剣が峰。
三角点到達。
2013年02月10日 12:11撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点到達。
頂上です。
2013年02月10日 12:12撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上です。
2
剣が峰からの王滝頂上。
2013年02月10日 12:12撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰からの王滝頂上。
4
風が強い。
2013年02月10日 12:13撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強い。
久し振りの3,000m級。
2013年02月10日 12:13撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久し振りの3,000m級。
寒そうです。
2013年02月10日 12:14撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒そうです。
1
剣が峰を後にします。
2013年02月10日 12:15撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰を後にします。
二の池分岐の道標も巨大なえびの尻尾。
2013年02月10日 12:24撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の池分岐の道標も巨大なえびの尻尾。
えびでいっぱいです。
2013年02月10日 12:24撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えびでいっぱいです。
1
この高さ。
2013年02月10日 12:25撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この高さ。
1
この鞍部は風の通り道でしょうね。突風が来ます。
2013年02月10日 12:25撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鞍部は風の通り道でしょうね。突風が来ます。
さあこれからあそこまで滑走です。
2013年02月10日 13:43撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあこれからあそこまで滑走です。
1
御嶽さんありがとうございました。
2013年02月10日 13:54撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽さんありがとうございました。
1
あの真ん中の斜面を下りてきました。
2013年02月10日 14:16撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの真ん中の斜面を下りてきました。
2

感想/記録
by ktn92

3連休の中日ですが、久し振りに御嶽さんへ行きました。
スキー場のゲレンデベースからハイクアップも考えましたが、
体力温存ということで、スキー場トップまでリフトを使用です。
シール登行開始で進みましたが、すぐに金剛童子の手前でクラスト状態。
シールが食いつかず、やっとこさ金剛童子まで上ったところで、アイゼンに変更。
近くを登っていた2人組の方たちは、これ以上、上に登っても滑れないだろうとここにスキー板をデポしていくとのこと。
しかし、昼間にかけ気温が高くなった場合、クラストが解消され、滑れるかもしれないと思い、板をザックにくくりつけて登って行きます。
王滝頂上までは、風も大したことはありませんでしたが、尾根に出たとたん、強風です。
ここに荷物をデポし、剣が峰を目指す。
剣が峰へ続く鞍部も強風で、たまに突風が来て久し振りの耐風姿勢。
何とか剣が峰まで到着しましたが、遠望はほとんどありません。なのでそそくさと退散。
たまに雲の切れ目から木曽駒さんが見えた程度です。
王滝頂上の神社で風を凌いで昼食を取りましたが、それでも風がいやになる。
小さなパンを2個頬張っただけでしたが、魔法瓶に持参してきたクラムチャウダースープがおいしかった。
王滝頂上小屋直下から滑ろうと考えていましたが、やはりクラストと言うよりアイスバーン状態。
やむなくスキーを担いで下山開始。
9合目付近まで下ったところで、雪面のてかり具合が曇って見えたので、滑走準備に入り、ドロップイン。
やはり滑れるのはサイコーですね。
しかし、殆どのところが、クラスト状態。
最初にいい感じで滑ったが、それ以降は、何とか下ったのみ。
森林まで来たところからは、そこそこの深雪で、木の合間をぬって滑降。
田の原登山口まで下りてきて、御嶽さんを見やるとかなりの急斜面に見えることにびっくり。
ありがとうございました、御嶽さん。
その後、ゲレンデを滑り下り、完了。
次はやはり毎度の乗鞍さんだな。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1059人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ