また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2683556 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

中央分水嶺・茶臼山〜大棚入山3日目

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月27日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間14分
休憩
4分
合計
13時間18分
Sスタート地点06:0010:42樽ヶ沢山10:4412:53洞ヶ沢山12:5519:15奈良井林道起点 車止めゲート19:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
06:00 スタート(0.00km) 06:00 - その他(0.26km) 06:50 - その他(1.04km) 08:29 - その他(4.41km) 16:11 - その他(7.23km) 17:38 - ゴール(11.01km) 19:18
コース状況/
危険箇所等
大棚入山頂から少し下った台地で幕営。
そこから分水嶺尾根を、羽淵集落まで下り、
そこから更に、駐車した奈良井川林道登山口までの車道歩きです。

●幕営地から、水沢・分水嶺尾根分岐点
 穏やかな尾根は幕営地で終わり、そこからすぐそこ密林。
 トレースははっきりしてるし切り拓かれていますが、枝の張出が凄い。
 岩峰が有り、本コース最後の大展望が得られる。

●分岐点〜2030m鞍
 分岐点から暫くは、草付き少ない快適な尾根歩きだが、
 急傾斜部分は胸丈の笹。 トレースはかなりはっきり付いている。
 傾斜が緩む辺りから苔で、歩きやすくなる。
 鞍は、落ち着ける場所。

●2171m樽沢ノ頭〜1855m洞ヶ沢ノ頭
 鞍からの登り直し。 すぐに胸丈・背丈の笹藪。
 トレースは、東に巻き気味に付いている模様。
 ただ、2130m付近にはちょっとした岩が有り、
 其処では、そこそこの展望が得られた。
 展望のないこの尾根でのこの場所は貴重かも。
 トレースや藪の状況から察するに、
 この岩にはあまり立ち寄られていないみたいだ。
 尾根筋2150m付近で巻道トレースと合流。
 その間、トレースは有るが張出枝がかなり煩わしい。
 この展望岩場に立ち寄る場合は、張出枝を覚悟しておいてください。
 三角点周辺は、トレースまばらな激藪。
 三角点を境に北北西に進路変更する為、
 トレースは西側を巻いている模様。
 2030m付近で尾根が分岐。
 私はそこで少し、支尾根に流されてしまった。
 笹少ない倒木帯、胸丈の笹を経て、1855m洞ヶ沢ノ頭。
 洞ヶ沢ノ頭の三角点周辺も、トレース薄い激藪。
 ここも、トレースは西を巻いている模様。
 1570m付近でちょっとした鞍部。 ここは少し落ち着ける。

●西曲がり1600m〜鉄塔巡視路
 1570m鞍部から、トレース薄い激藪。 ここも巻き道トレースが有るのか?
 西曲がり1600mの北端で尾根が分岐。
 この分岐は明瞭なので流される可能性は低い。
 北端から、林界石標が現れる。
 2007年正月に登った際には、鉄塔巡視路からこの北端まで綺麗な笹刈りがされていた。
 それを多少アテにしていたのだが、現在は全く手が入っていなかった。
 トレースも薄い激藪。
 今回は、藪で苦労したと感じたのは、大棚入山よりむしろこの区間でした。

●鉄塔巡視路〜羽淵林道
 激藪続きだったので、鉄塔巡視路はもう天国。
 尾根筋から離れて杉斜面のジグザグ道、整備された広い羽淵林道。

●羽淵〜奈良井川林道登山口P
 権兵衛トンネルの新道と、旧道が有る。
 旧道は街灯も車通りも無い暗い道。
 私は旧道を辿ったが、熊出没地帯だそう。
 新道は車が飛ばしてくるのでそれも危険だが、
 自動車専用道路ではない筈なので、明るい新道の方が無難か?
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

大棚入岩峰からのパノラマ1/8
2020年10月27日 06:12撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚入岩峰からのパノラマ1/8
大棚入岩峰からのパノラマ2/8
駒ヶ岳
2020年10月27日 06:12撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚入岩峰からのパノラマ2/8
駒ヶ岳
大棚入岩峰からのパノラマ3/8
2020年10月27日 06:12撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚入岩峰からのパノラマ3/8
大棚入岩峰からのパノラマ4/8
2020年10月27日 06:12撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚入岩峰からのパノラマ4/8
大棚入岩峰からのパノラマ5/8
2020年10月27日 06:13撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚入岩峰からのパノラマ5/8
大棚入岩峰からのパノラマ6/8
2020年10月27日 06:13撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚入岩峰からのパノラマ6/8
大棚入岩峰からのパノラマ7/8
2020年10月27日 06:24撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚入岩峰からのパノラマ7/8
大棚入岩峰からのパノラマ8/8
これから向かう分水嶺尾根、樽沢ノ頭
2020年10月27日 06:24撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚入岩峰からのパノラマ8/8
これから向かう分水嶺尾根、樽沢ノ頭
分水嶺尾根と水沢尾根の分岐点へ。
2020年10月27日 06:48撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分水嶺尾根と水沢尾根の分岐点へ。
分岐点から、分水嶺尾根へ。
最初はこんな感じだが、
急傾斜からは胸丈の笹藪となる。
2020年10月27日 06:51撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点から、分水嶺尾根へ。
最初はこんな感じだが、
急傾斜からは胸丈の笹藪となる。
急傾斜と笹が落ち着き、2260m付近。
大棚入岩峰を見る。
2020年10月27日 07:30撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急傾斜と笹が落ち着き、2260m付近。
大棚入岩峰を見る。
これは2007年1月の、同じ場所からの写真。
2007年にも分水嶺尾根を登ったが、
2260mのここまでしか辿り着けなかった。
2007年01月03日 11:51撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは2007年1月の、同じ場所からの写真。
2007年にも分水嶺尾根を登ったが、
2260mのここまでしか辿り着けなかった。
2030mの鞍部。
2020年10月27日 08:30撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2030mの鞍部。
樽沢ノ頭、頂上部はトレースも薄い激藪。
トレースは西を巻いて付けられている模様。
2020年10月27日 10:31撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樽沢ノ頭、頂上部はトレースも薄い激藪。
トレースは西を巻いて付けられている模様。
2171m樽沢ノ頭三角点。
2020年10月27日 10:41撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2171m樽沢ノ頭三角点。
暫く笹藪から解放されるが、
2020年10月27日 10:51撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く笹藪から解放されるが、
1855m洞沢三角点も激藪。
トレースは西側を巻いている模様。
2020年10月27日 12:51撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1855m洞沢三角点も激藪。
トレースは西側を巻いている模様。
1600m西曲がり尾根、へ向かう、最後の鞍。
紅葉と常緑樹の対比が綺麗で、のんびりしたい所なのだが、
時間をかなり押してしまってる。
先を急がねば。
2020年10月27日 14:19撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1600m西曲がり尾根、へ向かう、最後の鞍。
紅葉と常緑樹の対比が綺麗で、のんびりしたい所なのだが、
時間をかなり押してしまってる。
先を急がねば。
1600m手前最後の鞍からは、トレースも薄い激藪続き。
2007年には笹刈り整備されていて、
それを多少アテにしてたのだが・・。

山道終点となる送電鉄塔が見えた時には ホッとした。(´▽`)
2020年10月27日 15:53撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1600m手前最後の鞍からは、トレースも薄い激藪続き。
2007年には笹刈り整備されていて、
それを多少アテにしてたのだが・・。

山道終点となる送電鉄塔が見えた時には ホッとした。(´▽`)
鉄塔からの、分水嶺尾根取付き口。
初っ端から激藪です。
2020年10月27日 16:11撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔からの、分水嶺尾根取付き口。
初っ端から激藪です。
山屋には送電鉄塔は「景観破壊」との声も有るようですが、
私は送電鉄塔のダイナミックな景観が好きです。
2020年10月27日 16:14撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山屋には送電鉄塔は「景観破壊」との声も有るようですが、
私は送電鉄塔のダイナミックな景観が好きです。
白い月も、綺麗だ。
2020年10月27日 16:16撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い月も、綺麗だ。
快適な巡視路歩き。
2020年10月27日 16:12撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な巡視路歩き。
巡視路の降り口。
2020年10月27日 16:51撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡視路の降り口。
杉斜面をジグザグに下る、巡視路。
2020年10月27日 16:53撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉斜面をジグザグに下る、巡視路。
巡視路標識、#65、とある。
ジグザグ道の最後にこの階段を下りて、
荒れた林道を少し歩けば、
整備された羽淵林道に出ます。
2020年10月27日 16:59撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡視路標識、#65、とある。
ジグザグ道の最後にこの階段を下りて、
荒れた林道を少し歩けば、
整備された羽淵林道に出ます。

感想/記録

大棚入山へは、過去に2度向かっています。
2007年1月には今回と同じく分水嶺尾根で、稜線に至らず2270m付近で撤退しています。
2008年1月には水沢山からの尾根で登頂。
今回帰路の分水嶺尾根は、13年半ぶりの訪問となりますね。



今回の山行、茶臼山〜大棚入山には、
少し思い入れが有りまして・・・。

ひょんな事から大棚入山に興味を持ち、
その時は中央分水嶺は意識していなかったが、
とにかく手近そうなルートで登ってみるか・・と2007年。
羽淵からの分水嶺尾根。 これは登頂ならず。

翌年2008年1月に、今度は水沢山からの尾根で、
これには成功、登頂。
しかしこの時には少し中央分水嶺の事を意識していて、
大棚入山頂から茶臼山へと続く中央分水嶺のルートを眺めました。
『え〜〜!この長いアップダウンを行かなきゃならんのかっ!?』
・・と、愕然としました。

そんな事を馴染みの登山用品店で話したら、
「それを行くのが男ってもんだよ」
なんてハッパを掛けられたんですが、
何しろ長いし険しい行程を躊躇してるうちに、
13年が過ぎてしまった訳です。

最近の私。
加齢に加えて足の故障で、足の遅さが顕著となった。
『茶臼山〜大棚入山を、やるなら今のうちだぞ』

もう後が無い、追い詰められた者の最後の足掻きですね。
【窮鼠猫を咬む】ではないが、
追い詰められた者の【火事場の馬鹿力】も大したもんだ・・。
・・なんて、自分を少し褒めてみたりします。

茶臼山〜大棚入山。
これは多分、藪山上級者レベルの山域だと思います。
例えば貴方が藪山エキスパートで私の知人で、
私の現在の足の状態を知っていたなら、
今回の私の山行を激しく止めたと思いますよ。
「君の今の足の状態では、この山行は危険だよ」って。

・・・ああ、すみませんね、
私の根性自慢みたいな話になって。

ただ、ま、言いたいのは、
藪山上級者でもなく、まして、足の故障を持ったポンコツ山屋の私でも、
頑張れば何とか、茶臼山〜大棚入山も踏破出来たんだ、という事。

私の今回の山行が、
藪山初級者など、茶臼山〜大棚入山を躊躇されている方達への参考や励みとなれば、
幸いです。

長文記事を御読了、ありがとうございました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:456人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/5
投稿数: 930
2020/11/1 8:07
お疲れさまでした
コメント遅くなりました。
大棚入山への思い入れがしっかり伝わってきました。
もう雪がきた寒い時期、何かと大変だったのではないかと推察いたします。
ワタシは伊那谷の山じゃないからなぁ、と後回しにしていますが、自分の赤センが孤立しているのが気にはなります。毎日のように見えているしネ。
ホントにお疲れさまでした。  
登録日: 2018/1/3
投稿数: 48
2020/11/3 6:56
RE:お疲れさまでした
ありがとうございます。
皆さんのログや御意見を参考にしながら、何とか踏破出来ました。
中途半端な雪って、本当に面倒ですよね。
いっそハイマツが埋まってくれるくらいなら助かるが、寒いし濡れるだけの積雪でした。

yama-takeさんも伊那市周辺にお住まいの事と思います。
権兵衛峠稜線から顔を出す、茶臼から続く尾根。
春日街道を通る度に気になっていた山。
私も木曽の範疇に入れて敬遠していましたが、
やっと繋げて、以降の鳥居峠へ足を延ばせます。
登録日: 2010/9/17
投稿数: 210
2020/11/3 20:27
お疲れ様でした
たった今レコ発見して全部読ませてもらいました。
こんな壮大な計画だったとは思いませんでした・・・3日も藪山を歩いて最後は長い車道歩き。ちょっとマネできません
自分も崩壊地からの眺めと中ほどの静かな森には癒されましたよ。
ウチからは見えないんですがたまに車から大棚入山〜茶臼が見えるとえらく暑かったことと達成感を思い出します
登録日: 2018/1/3
投稿数: 48
2020/11/3 21:37
RE:お疲れ様でした
当初2日の予定が、3日も掛かってしまいました。
足が遅ければもう、時間を掛けるしかないですもんね。
8rukiさんやyama-takeさんの、支尾根で駐車場へ直行するルートも考えましたが、
ここまで登ったら、一気に分水嶺を通したかったですしね。

中間のポイントにすぐアクセスできるなら、ほんとに何度でも行きたい場所ですよね。
山はよく人生に例えられますが、
苦労の後でないと御褒美が得られないのも同じかな?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ