また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2683558 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

中央分水嶺・茶臼山〜大棚入山2日目

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月26日(月) [日帰り]
メンバー
天候 快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間52分
休憩
27分
合計
9時間19分
Sスタート地点06:5509:23南沢の頭09:2411:09黒川の頭11:1015:39大棚入山16:0416:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
06:55 スタート(0.00km) 06:55 - その他(0.57km) 08:43 - その他(1.92km) 11:45 - その他(2.49km) 15:40 - ゴール(2.61km) 16:14
コース状況/
危険箇所等
ヘタレの激藪山チャレンジpart
2日目 茶臼山から大棚入山まで。

●茶臼山の下2451mの幕営地点から2330m付近まで、
 尾根筋には岩峰が点在します。
 ハイマツ帯も相変わらず続いているので、
 適切なルート選択が必要となります。
 あまり明確なトレースは見当たりませんでした。
 2370m岩峰では歩き良さそうな南側を巻いてしまい、
 尾根修正で大巻きになってしまいましたが、
 これは北に巻くのが正解の様です。

●2300m辺りから、やっとハイマツや灌木の藪が治まり、
 暗い木立の中の苔むした倒木帯になります。
 フカフカの苔の絨毯で、倒木越えは有るものの格段に歩き良くなります。
 
●2210m鞍から2283m南沢ノ頭の平らな尾根を下るまで、
 一般登山道並みに歩き良い道です。
 此処がすぐに来れる所なら、ゆっくりしたい場所です。

●2260m黒川ノ頭、多少笹が出たりするものの、歩き良い道は続きます。

●鞍部・大崩落の上部。
 崩落地の縁の通過は多少注意が必要ですが、此処から得られる大展望は爽快。

●大棚入山の登り。
 難儀な激藪続きだと聞いていましたが、背丈ほどの激藪は急傾斜部分の2か所くらいで、
 緩傾斜部分は笹丈もせいぜい胸位だったり、草付きのない場所も有ったり。
 歩き良い部分が多かった様に感じました。
 激藪部分も、トレースが思いのほかしっかり付いていたので、
 ちょうど笹のトンネルの様な感じで、足さばきもあまり苦になりませんでした。
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

藪が緩まった場所で幕営。
2020年10月26日 06:12撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪が緩まった場所で幕営。
ハイマツ尾根を避けた巻道。
2020年10月26日 07:13撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ尾根を避けた巻道。
倒木越えはシンドいが、ふかふか苔の絨毯。
2020年10月26日 08:10撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木越えはシンドいが、ふかふか苔の絨毯。
ハイマツ越えで、スパッツがボロボロ。
(もともと、藪用の古いスパッツだったが。)
ビニール袋を内側に巻き、応急処置。
2020年10月26日 08:50撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ越えで、スパッツがボロボロ。
(もともと、藪用の古いスパッツだったが。)
ビニール袋を内側に巻き、応急処置。
2283m南沢ノ頭、周辺。
本コースで一番快適な場所。
2020年10月26日 09:21撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2283m南沢ノ頭、周辺。
本コースで一番快適な場所。
2260m黒川ノ頭へ。
2020年10月26日 10:34撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2260m黒川ノ頭へ。
黒川ノ頭、上部。
2020年10月26日 10:45撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒川ノ頭、上部。
鞍部の大崩落地からの御嶽。
2020年10月26日 11:34撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部の大崩落地からの御嶽。
崩落地を越えて、休憩。
2020年10月26日 11:46撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地を越えて、休憩。
大棚入への登り。
激藪だがトレースは付いてるので、笹のトンネル状態。
笹の掻き分けは意外と楽だった。
2020年10月26日 14:02撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚入への登り。
激藪だがトレースは付いてるので、笹のトンネル状態。
笹の掻き分けは意外と楽だった。
大棚入山頂目前。
2020年10月26日 15:37撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚入山頂目前。
大棚入山三角点。
2020年10月26日 15:41撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚入山三角点。
大棚入山頂を振り返る。
2020年10月26日 15:57撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大棚入山頂を振り返る。
これは2008年1月に登った際の、大棚入山頂の写真です。
2008年01月03日 12:33撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは2008年1月に登った際の、大棚入山頂の写真です。
山頂から少し下り、笹の薄い台地で幕営。
2020年10月26日 16:06撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し下り、笹の薄い台地で幕営。

感想/記録

茶臼山〜大棚入山。

とにかく茶臼から2370mの岩峰までは、ハイマツ帯で難儀した。
この区間は本当に、二度と行きたくないです。

対し、2300m周辺からの倒木帯苔の絨毯から、22283m南沢の頭を経て、2260m黒川ノ頭、大棚入鞍部大崩落まで、
一転して快適な場所が続き、静かな山歩きが楽しめました。
この区間は、茶臼山〜大棚入山コースでの、ご褒美なのかも。

私とは逆に大棚入から茶臼へ向かう真新しい靴跡が有った。
多分私がハイマツ帯の尾根筋を歩いている間に、巻道通過ですれ違ったのだろう。
本人とは出会わなかったけど、
こんな人の居なそうな山中で近くに人がいる事が判れば、
それだけで少し心強くなりますね。

大棚入山への登りは激藪続きだと噂に聞いていたが、
激藪は急傾斜の部分に限られ、
しかもトレースが意外としっかり付いていて、
思ったより楽でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:163人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ