また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2703860 全員に公開 ハイキング 四国剣山

初めての三嶺(秋晴れ・名頃登山口から往復)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年11月03日(火) [日帰り]
メンバー
 zasan(記録)
, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
(アクセス)
祖谷渓温泉〜県道32号〜国道439号で名頃登山口駐車場まで。1時間30分程度。狭隘部分あり。

(コンビニ)
なし。

(トイレ情報)
名頃登山口駐車場。水洗・ペーパーあり・夜間点灯。山頂手前の三嶺ヒュッテにもあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間47分
休憩
1時間2分
合計
6時間49分
S名頃登山口07:2208:16林道登山口09:37ダケモミの丘09:4010:37三嶺ヒュッテ下の水場10:4010:43三嶺ヒュッテ10:5011:07三嶺11:4312:00三嶺ヒュッテ12:0912:13三嶺ヒュッテ下の水場12:1613:36林道登山口13:3714:11名頃登山口14:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース状況は、Sheilasさんの感想文中に記載しています。
その他周辺情報いやしの温泉郷(日帰り入浴:500円)
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

備考 持って行って良かった:ストック

写真

今日は、もうひとり学生時代の仲間が合流。早起きして大歩危駅にてピックアップ。
2020年11月03日 05:37撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、もうひとり学生時代の仲間が合流。早起きして大歩危駅にてピックアップ。
3
7:00前の名頃登山口駐車場。6台程度駐車。予想していたより少ない。
2020年11月03日 06:58撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:00前の名頃登山口駐車場。6台程度駐車。予想していたより少ない。
2
駐車場のイチョウの木。紅葉見頃。
2020年11月03日 07:01撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場のイチョウの木。紅葉見頃。
3
7:15登山開始。登山口を間違え引き返す。
2020年11月03日 07:18撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:15登山開始。登山口を間違え引き返す。
10
7:20登山口に戻る。ここから尾根道を緩やかに上っていく。
2020年11月03日 07:20撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:20登山口に戻る。ここから尾根道を緩やかに上っていく。
3
登山口近くの紅葉は見頃。
2020年11月03日 07:27撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口近くの紅葉は見頃。
4
赤と黄のコントラスト。
2020年11月03日 07:30撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤と黄のコントラスト。
4
撮影しながら最後尾を歩く(zasan)。先頭はSheilasさん。登山ルート・マップとも事前に頭にインプットしたとのことで、歩きながら地図は見ず、地形の確認をしながら、コンスタントに歩き続ける。見習うべき点が本当に多い。
2020年11月03日 07:31撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮影しながら最後尾を歩く(zasan)。先頭はSheilasさん。登山ルート・マップとも事前に頭にインプットしたとのことで、歩きながら地図は見ず、地形の確認をしながら、コンスタントに歩き続ける。見習うべき点が本当に多い。
17
近くに見える山の山腹一面紅葉で色づいている。
2020年11月03日 07:32撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くに見える山の山腹一面紅葉で色づいている。
7
落ち葉を踏みしめながら緩やかに上っていく。途中3組位に抜かれる。切れ落ちた尾根道ではなく、枝尾根あり、かつ踏み跡が落ち葉で埋もれているので、初心者は慎重な歩きが必要。
2020年11月03日 07:35撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉を踏みしめながら緩やかに上っていく。途中3組位に抜かれる。切れ落ちた尾根道ではなく、枝尾根あり、かつ踏み跡が落ち葉で埋もれているので、初心者は慎重な歩きが必要。
4
この辺りの森林風景(自然林)
2020年11月03日 07:35撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りの森林風景(自然林)
2
植林帯の中をゆっくり上っていく。
2020年11月03日 07:45撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯の中をゆっくり上っていく。
6
標高250m登った1,424m三角点。道の横に人知れず置かれていました(S)
2020年11月03日 08:04撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高250m登った1,424m三角点。道の横に人知れず置かれていました(S)
5
三角点から林道に向かう。この辺りの森林風景(自然林) 
2020年11月03日 08:06撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点から林道に向かう。この辺りの森林風景(自然林) 
3
撮影しながら歩いているので、置いて行かれそうになる。
2020年11月03日 08:06撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮影しながら歩いているので、置いて行かれそうになる。
3
清々しい自然林で紅葉が綺麗。
2020年11月03日 08:14撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清々しい自然林で紅葉が綺麗。
12
一旦林道に合流し、すぐに分かれる。
2020年11月03日 08:14撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦林道に合流し、すぐに分かれる。
4
登山道を示す看板。
2020年11月03日 13:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を示す看板。
2
三嶺〜剣山の縦走路。いつか歩いてみたい。
2020年11月03日 08:16撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺〜剣山の縦走路。いつか歩いてみたい。
9
紅葉と三嶺〜剣山縦走路。
2020年11月03日 08:33撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉と三嶺〜剣山縦走路。
11
自然林の中を歩く。気持ちが良い。少し風が強くなってきた。
2020年11月03日 08:54撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林の中を歩く。気持ちが良い。少し風が強くなってきた。
8
ダケモミの丘で休憩。
2020年11月03日 09:21撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケモミの丘で休憩。
4
道中案内標識は少ない。読図能力が試される。
2020年11月03日 09:47撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中案内標識は少ない。読図能力が試される。
4
植生が次第に薄くなってくる。
2020年11月03日 10:14撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植生が次第に薄くなってくる。
3
高度を上げ、三嶺〜剣山の稜線ルートがより近く、綺麗に見える。 
2020年11月03日 10:27撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を上げ、三嶺〜剣山の稜線ルートがより近く、綺麗に見える。 
5
森林限界を超え、山容ががらりと変わる。快晴。空の青さが映える。
2020年11月03日 10:30撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を超え、山容ががらりと変わる。快晴。空の青さが映える。
7
樹林帯を抜けると水場の道しるべが。避難小屋泊の時に行くのでしょう。このあたりからは、歩いているのか景色を眺めているのか分からなくなりました.(S)
2020年11月03日 10:31撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると水場の道しるべが。避難小屋泊の時に行くのでしょう。このあたりからは、歩いているのか景色を眺めているのか分からなくなりました.(S)
9
笹野原。
2020年11月03日 10:43撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹野原。
15
崩落地の横を過ぎます(S)
2020年11月03日 10:43撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地の横を過ぎます(S)
6
次郎笈に似た風景。 
2020年11月03日 10:43撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次郎笈に似た風景。 
16
稜線を見上げたりします(S)
2020年11月03日 10:43撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を見上げたりします(S)
17
この橋が出てきたら、あとひと登りです(S)
2020年11月03日 10:47撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋が出てきたら、あとひと登りです(S)
4
10:51三嶺横分岐に到着です(S)
2020年11月03日 10:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:51三嶺横分岐に到着です(S)
5
三嶺ヒュッテを見下ろし、山頂へ向かう
2020年11月03日 10:55撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺ヒュッテを見下ろし、山頂へ向かう
20
ヒュッテ付近の笹野原。
2020年11月03日 10:55撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ付近の笹野原。
8
山頂までまだ少し上る。
2020年11月03日 10:56撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までまだ少し上る。
10
山頂が見えてきた。まだ距離がある。
2020年11月03日 10:58撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきた。まだ距離がある。
9
清々しい風景。
2020年11月03日 10:59撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清々しい風景。
10
北方向を望みました。矢筈山など(S)
2020年11月03日 10:59撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方向を望みました。矢筈山など(S)
5
三嶺山頂から三嶺ヒュッテ方向
2020年11月03日 11:06撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺山頂から三嶺ヒュッテ方向
12
三嶺山頂から西方向。
2020年11月03日 11:09撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺山頂から西方向。
7
山頂碑。山頂広場から360度の絶景。
2020年11月03日 11:10撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂碑。山頂広場から360度の絶景。
17
三嶺山頂から北方向。
2020年11月03日 11:10撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺山頂から北方向。
8
三嶺山頂から南方向。
2020年11月03日 11:10撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺山頂から南方向。
8
山頂部です。周辺に樹木などは一切ありません(S)
2020年11月03日 11:12撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部です。周辺に樹木などは一切ありません(S)
12
登頂記念撮影(S)
2020年11月03日 11:13撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂記念撮影(S)
21
やや左奥の剣山から右に手前側にある稜線、そして右手前まで、「剣山〜三嶺」の縦走路。素敵です(S)
2020年11月03日 11:15撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや左奥の剣山から右に手前側にある稜線、そして右手前まで、「剣山〜三嶺」の縦走路。素敵です(S)
10
剣山・次郎笈。
2020年11月03日 11:25撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣山・次郎笈。
10
山頂標と西にある天狗塚。素晴らしい稜線歩きができそうです(S)
2020年11月03日 11:26撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標と西にある天狗塚。素晴らしい稜線歩きができそうです(S)
6
山頂三角点と剣山(左)、次郎笈。縦走路にあたる次郎笈右手前の丸石へのクマザサエリアも目立ちます(S)
2020年11月03日 11:27撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂三角点と剣山(左)、次郎笈。縦走路にあたる次郎笈右手前の丸石へのクマザサエリアも目立ちます(S)
11
三嶺〜剣山縦走ルート。
2020年11月03日 11:30撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺〜剣山縦走ルート。
8
三嶺山頂から北方向の斜面は紅葉が綺麗。
2020年11月03日 11:30撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺山頂から北方向の斜面は紅葉が綺麗。
8
Sheilasさん、zasan各々撮影しまくったので、似たような画像が多くなってしまいました。
2020年11月03日 11:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sheilasさん、zasan各々撮影しまくったので、似たような画像が多くなってしまいました。
9
名残惜しいが下山開始。
2020年11月03日 11:49撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいが下山開始。
10
谷を見下ろすと結構深い。
2020年11月03日 11:50撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を見下ろすと結構深い。
6
山頂下から。三嶺ヒュッテと池。その向こうは祖谷渓。そして剣山と次郎笈。剣山からの左斜面にリフトがあります。鞍部が登山口見ノ越(S)
2020年11月03日 11:50撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂下から。三嶺ヒュッテと池。その向こうは祖谷渓。そして剣山と次郎笈。剣山からの左斜面にリフトがあります。鞍部が登山口見ノ越(S)
14
三嶺ヒュッテと剣山、次郎笈、そして縦走路です(S)
2020年11月03日 11:50撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺ヒュッテと剣山、次郎笈、そして縦走路です(S)
4
三嶺ヒュッテと小池。
2020年11月03日 11:53撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺ヒュッテと小池。
14
ヒュッテ内部。きれいに使われています(S)
2020年11月03日 11:55撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ内部。きれいに使われています(S)
5
池のほとり。
2020年11月03日 11:56撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池のほとり。
7
ヒュッテを後にして下山します。前方が三嶺山頂(S)
2020年11月03日 11:58撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテを後にして下山します。前方が三嶺山頂(S)
5
歩いてきた方向を振り返る。
2020年11月03日 12:00撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた方向を振り返る。
4
剣山を何度も撮ってしまうのです(S)
2020年11月03日 12:17撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣山を何度も撮ってしまうのです(S)
6
この辺りから植林帯。絶景の見納め。
2020年11月03日 12:17撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから植林帯。絶景の見納め。
4
縦走路と紅葉。写真では伝わりにくいです(S)
2020年11月03日 12:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路と紅葉。写真では伝わりにくいです(S)
7
快適なトレイル。尾根の中に小さな沢があったり、そんなのも楽しんでます(S)
2020年11月03日 12:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適なトレイル。尾根の中に小さな沢があったり、そんなのも楽しんでます(S)
4
おだやかな道なのです。下も柔らかいです(S)
2020年11月03日 12:57撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おだやかな道なのです。下も柔らかいです(S)
3
下山への中間地点近辺。樹林の向こうに剣山が見えました。ここで最後のお別れです.(S)
2020年11月03日 13:04撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山への中間地点近辺。樹林の向こうに剣山が見えました。ここで最後のお別れです.(S)
5
登山口近くまで一気に下って、紅葉を堪能(1)
2020年11月03日 13:28撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口近くまで一気に下って、紅葉を堪能(1)
6
この辺りからは3人思いのままに紅葉風景の撮影。
2020年11月03日 13:59撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからは3人思いのままに紅葉風景の撮影。
11
登山口近くまで一気に下って、紅葉を堪能(2)
2020年11月03日 14:00撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口近くまで一気に下って、紅葉を堪能(2)
8
登山口近くまで一気に下って、紅葉を堪能(3)
2020年11月03日 14:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口近くまで一気に下って、紅葉を堪能(3)
11
登山口近くまで一気に下って、紅葉を堪能(4)
2020年11月03日 14:05撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口近くまで一気に下って、紅葉を堪能(4)
11
駐車場着。登山終了。
2020年11月03日 14:10撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場着。登山終了。
2
駐車場の周辺、やたらと等身大の人形が置かれていた。
2020年11月03日 14:11撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の周辺、やたらと等身大の人形が置かれていた。
9

感想/記録

前々日の剣山とセットでお友達たちと一緒に三嶺(みうね)を訪ねました。今日は急遽1人加わりトリオ登山となりました。晴れ渡る空に映える笹の峰たち。お天気とお友達に感謝です。

トレイルは一貫して尾根道。緩やかな斜面に急登が混ざり、山頂直下から視界が開けます。驚きの歩きやすさは整備のおかげではないかと思います。ありがとうございます。

山頂の肩には池と三嶺ヒュッテ。いい感じです。そして辿り着いた360度展望可能な山頂。三嶺から分かれる天狗塚方面(西)、白髪山方面(南)といったいくつもの尾根。何よりも2日前に剣山から眺めた三嶺からこの日は逆に三嶺が剣山、次郎笈(じろうきゅう)を展望する幸せ。ふたつの柔らかい丘はまるで双耳峰。優しげにしかしキラリとたたずんでいました。四国の名山に来てよかった!!!

準備頂いたZasanさんのお陰で実りある四国祖谷渓訪問となりました。山行記録作成も含めて、ありがとうございました。(S)

感想/記録
by zasan

Sheilasさんとのコラボ登山2日目。

雨天の11月2日を順延し、満を持して11月3日登った三嶺は本当に絶景でした。四国一の眺望ともいわれる理由が良く分かりました。3人での山行となりましたが、一生の思い出になりそうです。

コラボ登山1日目(剣山・次郎笈)の記録は下記です。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2696428.html


ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:485人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/6/22
投稿数: 1580
2020/11/5 12:22
 笹野原が素晴らしいです✨
zasan、こんにちは😊
Sheilasさん、はじめまして。

四国にようこそ!(故郷ではありませんが😅)
三嶺に行かれたのですね。ここを歩いてくださり嬉しいです!
すごく良い山に、とても良い時期に行かれましたね✨
四国の山は他にないような長閑さと優しさを感じる山歩きができて、ホッと落ち着きます😊
ステキなお友達とのステキな時間だからこそ、一生の思い出になるほど感動されたのですね😊
お天気にも恵まれたようで、良かったです😊
おつかれさまでした。
登録日: 2019/2/8
投稿数: 162
2020/11/5 18:07
 Re: 笹野原が素晴らしいです✨
botchiさん

こんばんは。コメントありがとうございました。
botchiさんにコメント頂けるなんて、夢のようです。今回の山行、本当に一生ものになりそうです。これからもよろしくお願い致します。
登録日: 2012/9/20
投稿数: 31
2020/11/6 12:11
 botchiさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
botchiさんのレポートは拝見したことがあります。最近ですと熊の住処カムイエクウチカウシはすごかったです。

三嶺は想像通り素敵な山でした。昨年山小屋で知り合った方に教えて頂き、早速今回訪問が叶いました。

1人で登る、少人数で登る、大人数で登る。それぞれにそれぞれの楽しみがあるように思います。今回のペア、トリオ山行もとても味わい深いものでした。

山は何故こんなにも心を動かすのか、考える必要もないかもしれませんが、そんな事を思わせる山でした。

中国四国地方は、石鎚、大山に次いで3回目の訪問でした。ほかにも素敵な山域があると思いますので、頃合いをみはからってまたお邪魔しようと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
登録日: 2018/6/22
投稿数: 1580
2020/11/7 0:21
 Re: botchiさん
ご丁寧な返信をいただきありがとうございました😊
気がついておらず、ごめんなさい。
改めてお返事させてください😊
登録日: 2018/6/22
投稿数: 1580
2020/11/8 7:00
 Re: botchiさん
Sheilasさん、おはようございます!(^^)!
私のレコをご覧いただいたことがあるとのことありがとうございます♪
カムエクは根性入れて頑張ったので、そんな風に仰っていただくと嬉しいです。

三嶺、素敵なところですよね。私ももう一回行きたくなり
昨日、中国地方の友達と話していると、四国はもう冬景色とのこと。今年は紅葉登山の適期は短かったようです。

Sheilasさんの仰るように、山は何故こんなにも心を動かすのでしょうね。
本当にそう思います。嬉しいときも苦しいときもどんな時も山は裏切らない。嬉しい気持ちを助長してくれたり、励ましてくれるし助けてくれます。
中国四国はアルプスなど高い山にないような低山の魅力が詰まっていますから
是非またお越しください。
こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。

(何度もお邪魔してすみませんでした。)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ