また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2729056 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

JR杉坂口バス停から十三石山 今日は西から攻め上がる

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
行き JRバス 二条駅前から杉坂口
帰り 京都市バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
27分
合計
7時間12分
Sスタート地点07:5311:24十三石山11:4111:56満樹峠12:0012:18寺山12:1912:43寺山13:41城山下峠13:4213:46城山13:4914:15秋葉山14:28船山14:2915:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

JR杉坂口バス停から府道31号線に入る。南丹の山へ行く時は鷹峯から車で細い府道を通って此処へ出てくるのだが、歩いてこの橋を渡るのは初めてである。
2020年11月14日 07:54撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR杉坂口バス停から府道31号線に入る。南丹の山へ行く時は鷹峯から車で細い府道を通って此処へ出てくるのだが、歩いてこの橋を渡るのは初めてである。
ましてやこの橋から清滝川など覗いた事も無かった。
2020年11月14日 07:54撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ましてやこの橋から清滝川など覗いた事も無かった。
道路脇には色付いた紅葉。
2020年11月14日 07:57撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路脇には色付いた紅葉。
5
気温は6℃、だんだん冬が近付いてきた。
2020年11月14日 07:59撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は6℃、だんだん冬が近付いてきた。
車で通ると気付かないがこんな説明板もあった。
2020年11月14日 08:00撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車で通ると気付かないがこんな説明板もあった。
1
なる程、絵の通りの台杉だ。
2020年11月14日 08:00撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なる程、絵の通りの台杉だ。
3
バス停から1kmほど歩いて真弓への分岐を過ぎると
2020年11月14日 08:04撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停から1kmほど歩いて真弓への分岐を過ぎると
最初に取り付く尾根は近い。
2020年11月14日 08:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に取り付く尾根は近い。
直ぐ近くにあった道に入る。
2020年11月14日 08:10撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐ近くにあった道に入る。
この杉林を登らせて貰う。
2020年11月14日 08:12撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この杉林を登らせて貰う。
P305の標高点辺りは少し藪っぽかった。もちろん此処には何の印も無かった。
2020年11月14日 08:19撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P305の標高点辺りは少し藪っぽかった。もちろん此処には何の印も無かった。
1
最初に出会った花は柊の花、これは幸先が良いと思ったが花はこれと咲き残った高野箒だけだった。
2020年11月14日 08:21撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に出会った花は柊の花、これは幸先が良いと思ったが花はこれと咲き残った高野箒だけだった。
3
尾根には少し掘れ込んだ古い道跡らしいものがあった。
2020年11月14日 08:32撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根には少し掘れ込んだ古い道跡らしいものがあった。
この尾根は鹿避けの網が設置されすんなりとは歩かせて貰えなかった。なる程、これではみんなの足跡も無い筈だ。
2020年11月14日 08:38撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根は鹿避けの網が設置されすんなりとは歩かせて貰えなかった。なる程、これではみんなの足跡も無い筈だ。
少しだけ鬱陶しさも出て来た。
2020年11月14日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ鬱陶しさも出て来た。
反対側からも網、際を歩いて行く。
2020年11月14日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側からも網、際を歩いて行く。
やっと平坦な所まで登ってきた。
2020年11月14日 09:03撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと平坦な所まで登ってきた。
P510標高点辺り、此処にも何も無い。
2020年11月14日 09:12撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P510標高点辺り、此処にも何も無い。
1
標高500m辺りの鞍部、下から林道が延びて来ていた。
2020年11月14日 09:32撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高500m辺りの鞍部、下から林道が延びて来ていた。
今日も良い天気、青空に映える黄葉。
2020年11月14日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も良い天気、青空に映える黄葉。
5
P526標高点にも特段の印は無かった。
2020年11月14日 09:41撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P526標高点にも特段の印は無かった。
台風の風当たりが強かったのか、まとまった倒木帯があった。こんな時、何処を通るか何時も苦労する。
2020年11月14日 09:59撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風の風当たりが強かったのか、まとまった倒木帯があった。こんな時、何処を通るか何時も苦労する。
1
やっと持越峠から氷室への縦走路に出る。ここから一時的だが既知のルートを辿る。
2020年11月14日 10:04撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと持越峠から氷室への縦走路に出る。ここから一時的だが既知のルートを辿る。
P516標高点。道を挟んだ西側のピークにはこのプレート。
2020年11月14日 10:14撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P516標高点。道を挟んだ西側のピークにはこのプレート。
4
東側のピークにはこのテープが付いていた。
2020年11月14日 10:16撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側のピークにはこのテープが付いていた。
1
また途中で早刈谷に降りるため初めて辿る尾根に入る。入口には何故かテープがあった。
2020年11月14日 10:23撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また途中で早刈谷に降りるため初めて辿る尾根に入る。入口には何故かテープがあった。
最初はそれなりの道跡があった。
2020年11月14日 10:23撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はそれなりの道跡があった。
やがて網が出て来た。
2020年11月14日 10:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて網が出て来た。
その内尾根は激下りになる。
2020年11月14日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その内尾根は激下りになる。
激下りを降りて早刈林道に立つ。
2020年11月14日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激下りを降りて早刈林道に立つ。
降りた所は、道路までこんな道が付いていた。
2020年11月14日 10:54撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りた所は、道路までこんな道が付いていた。
そのまま早刈谷を渡って十三石山に向かう尾根に入る。
2020年11月14日 11:04撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま早刈谷を渡って十三石山に向かう尾根に入る。
尾根を登り切り、山頂へのこの道に入ると三角点は近い。
2020年11月14日 11:23撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を登り切り、山頂へのこの道に入ると三角点は近い。
三等三角点、点名も十三石山。
2020年11月14日 11:26撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点、点名も十三石山。
2
山頂プレートはこれと
2020年11月14日 11:26撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂プレートはこれと
新しいこのプレートと
2020年11月14日 11:26撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しいこのプレートと
5
前からあるこのプレートだった。
2020年11月14日 11:26撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前からあるこのプレートだった。
1
ここからは双耳峰に見える比叡山がよく見えた。
2020年11月14日 11:30撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは双耳峰に見える比叡山がよく見えた。
満寿峠へ降りて来た。
2020年11月14日 11:56撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満寿峠へ降りて来た。
峠の1体目の地蔵も確認する。
2020年11月14日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の1体目の地蔵も確認する。
3
2体目もちゃんとあった。
2020年11月14日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2体目もちゃんとあった。
1
寺山にも回り込む。
2020年11月14日 12:18撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寺山にも回り込む。
ここのプレートも新しい。
2020年11月14日 12:19撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのプレートも新しい。
5
ここはこれで3枚目。
2020年11月14日 12:19撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはこれで3枚目。
更にP486標高点にも寄ってみた。以前はボロボロだったものが新しくなっていた。
2020年11月14日 12:29撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更にP486標高点にも寄ってみた。以前はボロボロだったものが新しくなっていた。
3
標高点から京都市内の鴨川付近。
2020年11月14日 12:29撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点から京都市内の鴨川付近。
京都御所辺り。
2020年11月14日 12:29撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都御所辺り。
そのまま古い道を降りてみる。
2020年11月14日 12:38撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま古い道を降りてみる。
しかし気が変わって途中から小峠に行こうと斜面をトラバース。
2020年11月14日 12:41撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし気が変わって途中から小峠に行こうと斜面をトラバース。
何故かこんな藪でもテープが付いている。
2020年11月14日 12:55撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故かこんな藪でもテープが付いている。
小峠に着いた。
2020年11月14日 13:00撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峠に着いた。
そのまま新しい林道を行く。
2020年11月14日 13:00撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま新しい林道を行く。
P430標高点にも寄ってみる。ここのも新しそうである。
2020年11月14日 13:11撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P430標高点にも寄ってみる。ここのも新しそうである。
3
やがて林道終点になり無理矢理降りると古い尾根道の降り口近くだった。
2020年11月14日 13:22撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて林道終点になり無理矢理降りると古い尾根道の降り口近くだった。
更に城山にも寄ってみる。
2020年11月14日 13:46撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に城山にも寄ってみる。
三等三角点 城山。
2020年11月14日 13:47撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点 城山。
2
城山にはこれと
2020年11月14日 13:47撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山にはこれと
これだけだった。PHさんのプレートは見つからず。
2020年11月14日 13:47撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これだけだった。PHさんのプレートは見つからず。
城山を降りると鴨川からもよく見える電波塔。
2020年11月14日 13:54撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山を降りると鴨川からもよく見える電波塔。
舟形火床から京都駅。
2020年11月14日 14:33撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舟形火床から京都駅。
撮影機材:

感想/記録
by yjin

杉坂集落の東側にまだ行った事の無い標高点が3つある。車で行っても回りにくい。それならバスで行って西加茂辺りに帰って来ればそこそこの距離を歩ける。そこで頑張って一番の周山行きJRバスに乗って出かける事にした。便宜上JR二条駅からバスに乗ったが意外に乗客は多かった。私が乗った時には座れたが途中から栂尾までは満員で立った人もあった。

まだ行った事の無かった最初の3つの標高点は残念ながら標識の類は無かった。まあそれも収穫と言えば収穫だ。

コース取りのせいでもあるだろうが氷室の城山まで誰一人出会う事は無かった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:264人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ