また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2751293 全員に公開 ハイキング 丹沢

蛭ヶ岳#67 荒井から湯口沢左岸尾根↗右岸尾根↘

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候下界は快晴、山の上はガスと強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
413号線湯口沢橋手前の路側スペースに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間38分
休憩
47分
合計
8時間25分
S湯口沢橋06:2007:33クラボネ07:3408:08平丸分岐08:27大平分岐下 水場08:2808:33黍殻避難小屋08:47八丁坂ノ頭09:02東海自然歩道 最高標高地点09:0309:07姫次09:0809:18原小屋平09:24地蔵平道標09:33地蔵平09:46ポッチノ頭09:4710:00小御岳10:10蛭ヶ岳10:13蛭ヶ岳山荘10:5210:54蛭ヶ岳10:5511:03小御岳11:15ポッチノ頭11:28地蔵平11:37地蔵平道標11:45原小屋平12:01姫次12:03東海自然歩道 最高標高地点12:19八丁坂ノ頭12:2012:28青根分岐12:2912:36大平分岐12:51平丸分岐14:45湯口沢橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
以下の湯口沢の位置は、2015年の東丹沢詳細図に基づいています。2018年の改訂では荒井沢(滝ノ沢)となっています。
湯口沢右岸尾根も左岸尾根も詳細図にも載らないバリエーションルート。いずれも道標、テープ、踏み跡、全く無いに等しいです。
湯口沢左岸尾根は、荒井集落の国道の横断歩道の所から車道を浄水施設まで進み、初めは沢沿いの明白なトラバースの作業道を辿ります。しかし途中で不鮮明になり、交錯したりするので尾根に登ったところ、歩きやすい経路が有りました。踏み跡等無いものの、水源の杭や白ペンキがありました。途中、とても急な斜面を登り、緩やかになると平丸からの登山道に合流します。
湯口沢右岸尾根は、焼山北の鳥屋分岐の少し蛭ヶ岳よりから下降します。途中大変急な斜面がありますが、ずっと美林の美尾根で、歩いて楽しくなります。広い尾根や痩せ尾根が混じり、殆どが自然のままの尾根でした。中ほどに少し植林された所がありますが、そこから上は全くの手つかずの自然、道しるべや踏み跡は皆無。下半分は境界杭や白ペンキが出てきて、人の手が多少入ってはいますが、美尾根は続きました。最下部は植林され、作業経路が入り組んでいて迷います。最後に焼山沢を渡渉し、一度右方向に大きく山を巻いて湯口沢橋に下りました。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 サブザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 タオル ストック

写真

荒井から湯口沢左岸尾根に出ると、思ったより歩きやすい尾根で、水源の境界標が所々ありました。
2020年11月22日 06:55撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒井から湯口沢左岸尾根に出ると、思ったより歩きやすい尾根で、水源の境界標が所々ありました。
2
その後、岩交じりの急斜面等出てきます。短いながらも、なかなか面白い尾根でした。
2020年11月22日 07:08撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後、岩交じりの急斜面等出てきます。短いながらも、なかなか面白い尾根でした。
3
平丸からの登山道のここに出ました。左は登山道、右が登って来た尾根。
2020年11月22日 07:28撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平丸からの登山道のここに出ました。左は登山道、右が登って来た尾根。
2
姫次では富士山がくっきり。
2020年11月22日 09:06撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次では富士山がくっきり。
6
しかし、山頂はガスの中。
2020年11月22日 10:09撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、山頂はガスの中。
4
カレーを食べている間に、天気はますます悪くなり、退散です。
2020年11月22日 10:23撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレーを食べている間に、天気はますます悪くなり、退散です。
7
下りの湯口沢右岸尾根もとてもきれいな尾根。全くの自然の樹林が楽しめます。
2020年11月22日 13:11撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの湯口沢右岸尾根もとてもきれいな尾根。全くの自然の樹林が楽しめます。
5
最下部の造林帯は作業経路が交錯して迷います。この沢に下り、渡渉後右岸をしばらく辿り、一旦尾根を越えるとあとは明白な作業経路があります。
2020年11月22日 14:31撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最下部の造林帯は作業経路が交錯して迷います。この沢に下り、渡渉後右岸をしばらく辿り、一旦尾根を越えるとあとは明白な作業経路があります。
5
昭和の頃の水力発電遺構。
2020年11月22日 14:41撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和の頃の水力発電遺構。
4
最後はここに軟着陸しました。
2020年11月22日 14:44撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はここに軟着陸しました。
2

感想/記録


荒井からの湯口沢左岸経路、短いですが意外に綺麗な尾根で楽しめました。湯口沢右岸経路は今年初めにtantanmameさんたちと下り、美しさに感動した経路、今回も美尾根が楽しめましたが、最下部の造林帯の道は迷いやすく苦労しました。これもバリルートの醍醐味ですかねえ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:309人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ