また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2770879 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳 ◆大展望の冬山スタート◆

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
乗鞍高原第3駐車場
※乗鞍エコーラインは既に冬季通行止めになっているため、休暇村から先には入れません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間41分
休憩
26分
合計
9時間7分
S鈴蘭橋04:5805:33三本滝分岐05:3406:49冷泉小屋(休業中)07:17位ヶ原山荘08:55肩の小屋口09:0409:37剣ヶ峰口09:3910:11朝日岳(乗鞍)10:19蚕玉岳10:2010:23乗鞍岳頂上小屋10:2510:34乗鞍岳10:4210:45乗鞍岳頂上小屋11:02剣ヶ峰口11:15肩の小屋口12:27位ヶ原山荘12:2812:42冷泉小屋(休業中)12:4413:30三本滝分岐14:03鈴蘭橋14:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースは明瞭です。
危険個所もありませんが、今回は前日の積雪があったため途中踏み抜きなど発生しました。これからの季節は直前の情報を入手されることをお勧めします。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

ヘッデンスタート、前日降った新雪にはウサギの足跡だけ。私が(ヒトとしては)最初の足跡を付けていきます。
2020年11月29日 06:03撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッデンスタート、前日降った新雪にはウサギの足跡だけ。私が(ヒトとしては)最初の足跡を付けていきます。
1
1時間半くらい歩くと、東の空が焼けてきました。
2020年11月29日 06:33撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間半くらい歩くと、東の空が焼けてきました。
1
やがて朝陽が昇ってきました。
2020年11月29日 06:39撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて朝陽が昇ってきました。
2
進む林が赤く焼けています。
2020年11月29日 06:39撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進む林が赤く焼けています。
1
車道(エコーライン)に一旦出ました。私より先行されているのはスキーのお一方みたい。
2020年11月29日 06:42撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道(エコーライン)に一旦出ました。私より先行されているのはスキーのお一方みたい。
1
朝陽を受けた冷泉小屋(営業はしていません)。
2020年11月29日 06:45撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽を受けた冷泉小屋(営業はしていません)。
2
車道をショートカットするように林の中を行きます。ここでも私が最初の足跡を付けます。
2020年11月29日 06:58撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道をショートカットするように林の中を行きます。ここでも私が最初の足跡を付けます。
位ヶ原山荘。不定期営業だそうですが、この時期は閉まっていました。看板の文字、すごくセンスがあって好きです。
2020年11月29日 07:12撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位ヶ原山荘。不定期営業だそうですが、この時期は閉まっていました。看板の文字、すごくセンスがあって好きです。
位ヶ原山荘から少し進んで再び登山道を登ったのですが、こんなところに出て盛大なハイマツ漕ぎになってしまいました・・・雪をかぶったハイマツは重い。
2020年11月29日 08:00撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位ヶ原山荘から少し進んで再び登山道を登ったのですが、こんなところに出て盛大なハイマツ漕ぎになってしまいました・・・雪をかぶったハイマツは重い。
1
ひょっとして私の足跡を追われた後続の方、同じようなハイマツ漕ぎをさせてしまったでしょうか・・・。ごめんなさい!!
2020年11月29日 08:01撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひょっとして私の足跡を追われた後続の方、同じようなハイマツ漕ぎをさせてしまったでしょうか・・・。ごめんなさい!!
1
乗鞍岳(剣ヶ峰)の姿に見とれながら写真右方向に進んだのですが、アイゼンでは潜ってしまう新雪に苦労し・・・
2020年11月29日 08:29撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳(剣ヶ峰)の姿に見とれながら写真右方向に進んだのですが、アイゼンでは潜ってしまう新雪に苦労し・・・
2
結局ロードを歩くことにしました。
2020年11月29日 08:41撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局ロードを歩くことにしました。
8月に奥さんと登った焼岳が近い&美しい!
2020年11月29日 08:45撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8月に奥さんと登った焼岳が近い&美しい!
2
日差しを受けて樹氷も輝いています。
2020年11月29日 08:59撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しを受けて樹氷も輝いています。
2
肩ノ小屋へ向かって上がっていくと、朝日岳〜蚕玉岳〜乗鞍岳(剣ヶ峰)の連なりがよくわかります。
2020年11月29日 09:27撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋へ向かって上がっていくと、朝日岳〜蚕玉岳〜乗鞍岳(剣ヶ峰)の連なりがよくわかります。
1
山頂の祠と鳥居も見えた!
2020年11月29日 09:27撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の祠と鳥居も見えた!
1
肩ノ小屋
2020年11月29日 09:32撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋
自然科学研究機構乗鞍観測所(漢字がこれだけ並ぶだけで、難しい感じがする 笑)
2020年11月29日 09:32撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然科学研究機構乗鞍観測所(漢字がこれだけ並ぶだけで、難しい感じがする 笑)
1
宇宙線研究所観測所(何の観測してるんだろ?)
2020年11月29日 09:36撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宇宙線研究所観測所(何の観測してるんだろ?)
1
エビの尻尾
2020年11月29日 09:37撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビの尻尾
陽光を受けて雪面が輝いています。
2020年11月29日 09:39撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽光を受けて雪面が輝いています。
2
蚕玉岳(こだまだけ)山頂、ここから剣ヶ峰は目と鼻の先です。
2020年11月29日 10:15撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蚕玉岳(こだまだけ)山頂、ここから剣ヶ峰は目と鼻の先です。
3
さぁ、いよいよ剣ヶ峰へ。
2020年11月29日 10:15撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、いよいよ剣ヶ峰へ。
2
頂上山荘は閉鎖しています。
2020年11月29日 10:20撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘は閉鎖しています。
1
山頂の鳥居がすごいエビ!!
2020年11月29日 10:24撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の鳥居がすごいエビ!!
5
山頂標識も!
2020年11月29日 10:25撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識も!
5
乗鞍本宮、お参りしました。
2020年11月29日 10:25撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍本宮、お参りしました。
3
ぐるり360°の眺望が拡がっています。西には白山。
2020年11月29日 10:28撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐるり360°の眺望が拡がっています。西には白山。
2
北には北アルプスの峰々
2020年11月29日 10:28撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北には北アルプスの峰々
2
笠ヶ岳がよくわかります。
2020年11月29日 10:28撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳がよくわかります。
2
焼岳から連なる穂高連峰〜槍ヶ岳
2020年11月29日 10:45撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳から連なる穂高連峰〜槍ヶ岳
4
槍ヶ岳にズーム
2020年11月29日 10:45撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳にズーム
1
焼岳の右手には大天井岳と常念岳
2020年11月29日 10:28撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳の右手には大天井岳と常念岳
1
浅間山の冠雪が目立ちました。
2020年11月29日 08:45撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山の冠雪が目立ちました。
1
八ヶ岳は蓼科山から編笠山まで並びがくっきり。
2020年11月29日 08:45撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳は蓼科山から編笠山まで並びがくっきり。
南アルプス。中ほどの塩見岳がよくわかりますね。
2020年11月29日 08:45撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス。中ほどの塩見岳がよくわかりますね。
2
中央アルプス。こちら側からの同定は難しいです。
2020年11月29日 10:29撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス。こちら側からの同定は難しいです。
1
帰りはハイマツ漕ぎを避けるため、一部ロードを下りました。
2020年11月29日 11:57撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはハイマツ漕ぎを避けるため、一部ロードを下りました。
下り途中で見かけた渓谷の風景
2020年11月29日 13:05撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り途中で見かけた渓谷の風景
駐車場に戻ってきました。エコーライン通行止め後&スキー場オープン前なので、ガラガラです。
2020年11月29日 14:00撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってきました。エコーライン通行止め後&スキー場オープン前なので、ガラガラです。
2
撮影機材:

感想/記録
by yoisa

いつか登りたいと思っていた乗鞍岳ですが「山頂までバスで行ってお手軽に」では面白くないので、そこそこ歩きごたえのあるコースを探っていました。
エコーラインが通行止め(下から歩く)&スキー場オープン前で空いているとのレコを拝見し、そのコース(鳥居尾根)を歩いてみました。

前日の雨が乗鞍では雪だったらしく(これは期待どおり)、朝5時にヘッデンスタートすると、間もなく新雪を踏むこととなりました。ウサギやリスの小さなアニマルトレースしか付いていない雪の上を進んでいくと、やがて陽が昇ってきました。
冷泉小屋、位ヶ原小屋とそれぞれ営業していない小屋を通過し、再び(ロードを逸れて)登山道へ。大きく間違えてはいなかったと思うのですが、坂を登り切ったところでハイマツ漕ぎになってしまいました。
再びロードに出たあと、スキー跡を追って登山道に入るも新雪が深く、足が埋まってしまいます。今日はチェンスパやアイゼンと「滑らない」装備はしてきたものの、ワカンやスノーシューのような「潜らない」装備はありませんでした(持っていません)。これまではスパイクやアイゼンで困らずにきましたが、こうした新雪や人が踏んでいない状況など、「潜らない」装備も必要!と実感しました。自身の装備不足を反省し「撤退」も考えましたが、「ロードなら進める」と思い直し、遠回りながらロードを歩きました。
肩ノ小屋からいよいよ剣ヶ峰へ。標高を上げていくと、ぐんぐん眺望が現れます。一番近い焼岳から槍穂、浅間山、八ヶ岳。
蚕玉岳を経て、乗鞍岳(剣ヶ峰)へ。さすが3,000mの頂上は雪が凍て付き、鳥居も柱もガチガチに凍っていましたが、幸い風はほとんどなく、360°の景色を見渡しました。

特に意識していた訳でもなく、挑戦中でもないのですが「3,000m峰」は21座中18座目になりました。残りは立山、前穂高岳、西農鳥岳。それぞれいつか登れたらいいなと思っています。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:597人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ