また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2773086 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 霊仙・伊吹・藤原

御池岳 鞍掛峠から

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月30日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間54分
休憩
1時間4分
合計
5時間58分
S鞍掛トンネル東登山口07:4508:03鞍掛峠08:0409:10鈴北岳09:1409:30真の池09:37鈴北岳分岐09:3810:03御池岳10:5111:05奥の平11:0911:21御池岳11:2211:42鈴北岳分岐11:4411:58日本庭園11:5912:08鈴北岳12:0913:17鞍掛峠13:1813:43鞍掛トンネル東登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鈴北岳から御池岳にかけて、道が柔らかく滑りやすい。
その他周辺情報駐車場にトイレは無い。藤原岳近くの簡易パーキングふじわらが近くで利用できる。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル コンパス ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 時計 タオル ストック
共同装備 調理用食材 ガスカートリッジ
備考 下山後に、靴に付いた泥を落とす物(ブラシ等)があるといいかも。

写真

鞍掛峠トンネル東口駐車場から出発。既に車が5〜6台。下山時の台数(後述)から推測して、私たちは遅めの出発時間らしい(皆さん早すぎ…)。
2020年11月30日 07:37撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛峠トンネル東口駐車場から出発。既に車が5〜6台。下山時の台数(後述)から推測して、私たちは遅めの出発時間らしい(皆さん早すぎ…)。
駐車場の東端に登山口があり、小さな橋を渡ったところに登山届ポストもあります。
2020年11月30日 07:38撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の東端に登山口があり、小さな橋を渡ったところに登山届ポストもあります。
鞍掛峠までは樹林帯をひたすら登ります。峠までは登りが続きます…。途中一か所木橋があります。ロープも張ってあります。
2020年11月30日 07:58撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛峠までは樹林帯をひたすら登ります。峠までは登りが続きます…。途中一か所木橋があります。ロープも張ってあります。
鞍掛峠から、これから登る尾根を見る。上のほうはガスがかかって見えません。峠に出ると北風が強烈にお出迎えします。この先は強風を右から受けながら登ります(寒い…)。
2020年11月30日 08:06撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛峠から、これから登る尾根を見る。上のほうはガスがかかって見えません。峠に出ると北風が強烈にお出迎えします。この先は強風を右から受けながら登ります(寒い…)。
樹林帯が切れると一面苔の原になります。晴れていたら眺めが良さそうな感じ。
2020年11月30日 08:38撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯が切れると一面苔の原になります。晴れていたら眺めが良さそうな感じ。
鈴北岳頂上着。視界なしです…。
2020年11月30日 09:11撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴北岳頂上着。視界なしです…。
少し東に下った所にある分岐を右に行き、しばらくするとカレンフェルトが見え始めます。
2020年11月30日 09:21撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し東に下った所にある分岐を右に行き、しばらくするとカレンフェルトが見え始めます。
「レスキューポイント御池岳1」の分岐を左へ(行先板の「御」が折れ落ちて「池岳」のほうへ…(^_^;))
2020年11月30日 09:23撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「レスキューポイント御池岳1」の分岐を左へ(行先板の「御」が折れ落ちて「池岳」のほうへ…(^_^;))
平坦な道を東方向へ進みます。登山道は濡れて滑りやすい状態。
2020年11月30日 09:29撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な道を東方向へ進みます。登山道は濡れて滑りやすい状態。
真ノ池でしょうか?
2020年11月30日 09:30撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ノ池でしょうか?
カタクリ峠から来た道との合流点を右へ。
2020年11月30日 09:37撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ峠から来た道との合流点を右へ。
御池岳頂上着。最後の登りは、道がぬかるんでいて難儀でした。小雪交じりのガスが晴れるのを祈って、少し早い昼食にします。
2020年11月30日 10:03撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳頂上着。最後の登りは、道がぬかるんでいて難儀でした。小雪交じりのガスが晴れるのを祈って、少し早い昼食にします。
1
天候は相変わらず。とりあえず奥ノ平に向かってみます。頂上から東のほうへ進みます(南にボタンブチへ直下する?道もあるので間違えないように)。途中ボタンブチに下る分岐もあります。
2020年11月30日 11:01撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候は相変わらず。とりあえず奥ノ平に向かってみます。頂上から東のほうへ進みます(南にボタンブチへ直下する?道もあるので間違えないように)。途中ボタンブチに下る分岐もあります。
奥ノ平。残念ながら真っ白です…。今日は引き返すことにしました。来た道を戻ります。
2020年11月30日 11:05撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥ノ平。残念ながら真っ白です…。今日は引き返すことにしました。来た道を戻ります。
1
御池岳頂上を通過し。カタクリ峠との分岐まで戻りました。
2020年11月30日 11:44撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳頂上を通過し。カタクリ峠との分岐まで戻りました。
鈴北岳頂上。誰も居ません…。ここからは再び強い北風を受けながら稜線を下ります。
2020年11月30日 12:08撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴北岳頂上。誰も居ません…。ここからは再び強い北風を受けながら稜線を下ります。
途中に何か所か、樹林帯が切れて広々した所があります。ガスが無ければ気持ちの良い道なのでしょう…
2020年11月30日 12:24撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に何か所か、樹林帯が切れて広々した所があります。ガスが無ければ気持ちの良い道なのでしょう…
標高が下がって雲(ガス)の下に出ました。きれいに山の上のほうだけに雲がかかっています。
2020年11月30日 12:36撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が下がって雲(ガス)の下に出ました。きれいに山の上のほうだけに雲がかかっています。
送電線の鉄塔まで来ました。鞍掛峠まで、あと少しです。
2020年11月30日 13:06撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線の鉄塔まで来ました。鞍掛峠まで、あと少しです。
鞍掛峠が見えてきました(登山道が切れた辺り)。
2020年11月30日 13:12撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛峠が見えてきました(登山道が切れた辺り)。
1
北西の琵琶湖方向を撮っておきます。
2020年11月30日 13:16撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西の琵琶湖方向を撮っておきます。
鞍掛峠着。ここは右へ行き、トンネル東口の駐車場へ。
2020年11月30日 13:17撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛峠着。ここは右へ行き、トンネル東口の駐車場へ。
登山届ポストが見えてきました。橋を渡れば駐車場です。
2020年11月30日 13:42撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届ポストが見えてきました。橋を渡れば駐車場です。
車の台数が減っています。皆さん早々に下山されたのでしょう。
2020年11月30日 13:43撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車の台数が減っています。皆さん早々に下山されたのでしょう。

感想/記録

小刻みなアップダウンが無いせいか、予想していたよりも楽に感じました(自分に体力が付いたんだと誤解しないようにします)。晴れていれば気持ちの良い山行になりそうなところです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:209人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ