また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2773087 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

大菩薩嶺

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年11月30日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
無風・微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上日川峠の駐車場を利用。到着時(8:17)の気温2℃、出発時(11:35)の気温5℃。駐車場到着時は余裕があったが、出発時はほぼ満車の状態。週末などはキャパ不足かもしれない。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間23分
休憩
23分
合計
2時間46分
S上日川峠08:3008:47福ちゃん荘08:5108:52福ちゃん荘テント場08:5309:35雷岩09:41大菩薩嶺09:4309:49雷岩09:5109:56神部岩10:0110:13賽ノ河原10:17親不知ノ頭10:1810:25大菩薩峠10:3110:51勝縁荘10:5210:55富士見山荘11:00福ちゃん荘テント場11:12上日川峠11:1311:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:26駐車場-8:49福ちゃん荘-9:40大菩薩嶺-10:25大菩薩峠-11:15駐車場
コース状況/
危険箇所等
登山道明瞭で道標も多く危険箇所は見当たらず。また今日の時点では登山道に雪氷はなく、滑り止めは不要だった。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

歩き始め
2020年11月30日 08:33撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始め
福ちゃん荘
2020年11月30日 08:50撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘
広い登山道を歩く
2020年11月30日 08:55撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い登山道を歩く
樹間から南アルプス
2020年11月30日 09:08撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から南アルプス
甲府盆地
2020年11月30日 09:31撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲府盆地
大菩薩嶺到着。樹林帯の中。
2020年11月30日 09:42撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺到着。樹林帯の中。
2
雷岩から富士山
2020年11月30日 09:50撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩から富士山
雷岩から南アルプス
2020年11月30日 09:51撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩から南アルプス
稜線歩き
2020年11月30日 09:53撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線歩き
遠くに富士山
2020年11月30日 09:57撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに富士山
1
良い稜線
2020年11月30日 10:02撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い稜線
1
稜線を振り返る
2020年11月30日 10:13撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を振り返る
避難小屋
2020年11月30日 10:14撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋
1
避難小屋付近から富士山
2020年11月30日 10:17撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋付近から富士山
2
介山荘が見えた
2020年11月30日 10:20撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
介山荘が見えた
ここから賽の河原に上がれる
2020年11月30日 10:56撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから賽の河原に上がれる
林道歩きで戻る
2020年11月30日 10:56撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道歩きで戻る
駐車場は満車状態
2020年11月30日 11:14撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は満車状態
撮影機材:

感想/記録

上日川峠の駐車場には8:17に到着。気温2℃ほど。国道411号から上がってきたが、途中の道路は狭くてしかもずっとクネクネ曲がっていて、運転だけでも結構大変だった。すれ違いがあったら嫌なところだったが、幸いにもなく駐車場に到着できた。峠の駐車場は何箇所かに分散しているようだが、トイレに近いところに駐車。平日なのでガラガラを予想したが思った以上に混んでいた。実際に、帰りの時点ではこの駐車場はほぼ満車で、この時期人気の山のようだった。食事は下界で既に済ませたので、準備のみして8:26に行動開始。ここまでの道路の様子から、登山道に積雪や凍結はないだろうと想定し、チェーンスパイクは装備から外す。歩き始め、ロッヂ長兵衛から登山道に入る。大菩薩嶺を目指すのは二度目だが、最初は十数年前で、記憶はほとんどない。一方のZさんはこの山域が好きだそうで、かなりの回数訪問しているらしい。そのため今日自分はお客さん状態でZさんに引っ張っていってもらう。落葉して明るくなった樹林帯を歩き、最初のランドマークの福ちゃん荘に到着。天気は抜群に良くて風もないため、11月も今日で終わりだと言うのに歩くと暑いほど。ここでここまで着ていたソフトシェルジャケットを脱いでザックにしまい、シャツ2枚だけになる。この格好だと、日向であれば寒さも感じなかったが、日陰だったり、日向でも風が少し吹くと寒さを感じたが、それでも今日は暖かだった。水分補給をして唐松尾根を進む。ここは一度歩いているはずだが記憶はなかった。始めは緩やかな坂だったが徐々に傾斜が増す。今日は駐車場から最高点まで標高差500メートル程度と楽勝な部類だが、ここで一気に標高を上げるようだった。覚悟して登る。とは言え休憩時にシャツ姿になったので、傾斜がある坂でも比較的涼しくというか、暑さを感じることなく登れる。秋も終わりの今の時期ならではだろう。登山道は水気がなく砂埃が舞い、岩がゴロゴロして歩きにくいところもあったが、距離は短いのであまり気にせず歩く。標高が上がると後ろに南アルプス、正面に富士山が見えるようになる。ここはやはり展望の山だと思った。富士山は、今年は行きがまだ例年に比べて少ないように見えた。雷岩に至り登山道を左に折れ今日の最高点を目指す。ここまでは樹林が切れて展望も得られたが、この先は再び樹林帯歩きになる。雷岩の分岐から5分ほどで地味なピークの大菩薩嶺に到着。山頂を示す標柱は、以前の訪問の際は1本のみだったが、今は2本になっているようだった。先客はいたが地味なピークのせいか、長居はしなかったのでじきに我々のみになる。山頂の写真を撮るも展望はないため、我々もすることがない。特に座ったり休憩したりはせずに元来た道を歩く。後続が続いていた。再び雷岩を過ぎてお待ちかねの稜線歩き。今日は天気も展望も良く、風が弱いため、稜線歩きにはもってこいの日よりだった。右手には南アルプス、正面には富士山。見とれながらの歩きとなった。南アルプスは、今年は一部を除いて入山が叶わなかったが、来年はどうなるだろうか。富士山は、、、。やはり眺める山だと思うが、たまには山頂まで行ってみたい。稜線歩きを楽しみつつ避難小屋を過ぎ、介山荘のある大菩薩峠へ下る。稜線歩きの間も結局はシャツだけで過ごせた。風がほとんどなかったのが幸いだったと思う。ここまで両名とも出発から水分補給のみで歩いてきたが、Zさんがお腹が空いたと言うので、小屋の手前まで降りてきて、ここで小休止してパンを食べる。出発して2時間程度なので、自分はあまり空腹を感じなかったが、黒糖ロールパンを半分かじる。天気は相変わらず良い。ここからは下って駐車場を目指す。以前の訪問の際は石丸峠まで向かったが、今日はここから下る小さく周回するルートを選ぶ。峠から少し下りるとあっと言う間に展望がなくなり樹林帯歩きとなる。展望がないのは残念だが広い登山道で歩きやすい。小屋に軽トラックがとまっていたので、この道を利用して上がってくるのだろう。緩やかな坂を下る。これから登るハイカーと時折すれ違う。天気は良いし、コースも色々選べるので、お昼くらいから出発しても問題なさそうだった。福ちゃん荘まで下りれば、あとは元来た道を戻るだけ。駐車場には11:15に戻る。3時間かからないお気軽ハイキングだった。

大菩薩周辺はこれで二度目の訪問だったが、展望は良いし稜線もきれいなので、もう少し色々調べてロングコースも歩いてみたい。できれば、日帰りでもいいので縦走をしたいが、その場合はバスなどを利用しないと難しそうだ。

後片付けの後、帰りは行きとは異なりはダム湖のほうに向けて下る道を選ぶ。こちらの道のほうがクネクネも少なく、道路の幅も少し広いように思えたが、気のせい程度のことかも知れない。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:275人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ