また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2796602 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

北横岳・大岳・双子池(竜源橋から)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年12月12日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー8人
天候曇り、時々晴れ(山頂部は強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
竜源橋駐車場に車を停めた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間59分
休憩
1時間13分
合計
8時間12分
Sスタート地点06:3807:32天祥寺原・将軍平分岐07:43天祥寺原07:4708:09亀甲池08:1409:21北横岳09:3110:26大岳分岐10:3110:36大岳10:4010:52大岳分岐11:30天狗の露地11:4012:13双子池ヒュッテ12:4512:45双子池12:4612:59双子池キャンプ場13:0013:26亀甲池13:2713:44天祥寺原13:55天祥寺原・将軍平分岐14:50竜源橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
12月5日に降ったという雪がまだ数センチ残っていた。北横岳から大岳、大岳から双子池への道は大岩がゴロゴロしていて歩きにくい。木のはしごtがかかっている箇所もあるが、木が朽ちているため、要注意。
その他周辺情報下山後は蓼科温泉 小斉の湯を利用(大人700円)。内風呂と露天風呂が離れているため、露天風呂に入るには服を着て移動しなければならないが、その価値はある。露天風呂はいくつかあるが、男湯の見晴らしの湯を利用した。
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
備考 途中で、ズボンのポケットに入れていた手袋を片方なくした。予備の手袋があったため、問題はなかったが、手袋の保管場所には気をつけたい。

写真

蓼科山への登山道が分岐する将軍平
2020年12月12日 07:33撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山への登山道が分岐する将軍平
天祥寺原は広い笹原となっている
2020年12月12日 07:34撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天祥寺原は広い笹原となっている
天祥寺原の看板
2020年12月12日 07:43撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天祥寺原の看板
亀甲池は水がなく、うすく雪をかぶっている
2020年12月12日 08:06撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀甲池は水がなく、うすく雪をかぶっている
北横岳の登りでは霧氷がでてくる
2020年12月12日 09:26撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳の登りでは霧氷がでてくる
北横岳(北峰)の山頂にあった石の碑
2020年12月12日 09:30撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳(北峰)の山頂にあった石の碑
1
北横岳(北峰)の山頂
2020年12月12日 09:30撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳(北峰)の山頂
北横岳から大岳への道の途中で、北横岳を振り返る
2020年12月12日 10:12撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳から大岳への道の途中で、北横岳を振り返る
大岳から双子池への下り
2020年12月12日 11:03撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳から双子池への下り
天狗の露地は大岩がごろごろした場所だった
2020年12月12日 11:18撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の露地は大岩がごろごろした場所だった
天狗の露地の遠景
2020年12月12日 11:23撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の露地の遠景
下りてくると天気がよくなり、蓼科山がよく見えた
2020年12月12日 11:30撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてくると天気がよくなり、蓼科山がよく見えた
消耗な下りの後、ようやく双子池ヒュッテが見えてきてほっとする(ただこの後もまだ大岩ゴロゴロの悪路は続いた)
2020年12月12日 11:50撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
消耗な下りの後、ようやく双子池ヒュッテが見えてきてほっとする(ただこの後もまだ大岩ゴロゴロの悪路は続いた)
北横岳から大岳への道
2020年12月12日 12:08撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳から大岳への道
双子池の看板
2020年12月12日 12:11撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池の看板
双子池の雄池には飲水の水源保護のため、水筒とカメラのみ持ち込め、リュックは持ち込み禁止
2020年12月12日 12:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池の雄池には飲水の水源保護のため、水筒とカメラのみ持ち込め、リュックは持ち込み禁止
1
凍った双子池の雄池
2020年12月12日 12:14撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍った双子池の雄池
1
双子池ヒュッテ(閉鎖中)
2020年12月12日 12:19撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池ヒュッテ(閉鎖中)
双子池の雌池は雄池ほどは凍結していなかった
2020年12月12日 12:47撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池の雌池は雄池ほどは凍結していなかった
下山途中に見えた蓼科山
2020年12月12日 13:49撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中に見えた蓼科山
長い下山路を歩き通して、竜源橋登山口に戻ってきた
2020年12月12日 14:49撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い下山路を歩き通して、竜源橋登山口に戻ってきた
1

感想/記録

当初ロープウェイを使ってもしくは大河原峠から北横岳に登ることを計画していたが、雪がないためロープウェイはまだ運行しておらず、また大河原峠は道路がすでに冬季閉鎖となっていて入れないことが判明した。そこで、急遽竜源橋登山口から北横岳・大岳を目指すこととした。

12月5日に雪が降って以来、ずっと天気が良い日々が続いたため、ほとんど雪はないのではと想像していたが、標高が高いため氷点下となっている北八ヶ岳では数cmの雪が溶けずに残っていて、踏むとキュッキュッとしまる(時々陥没するところもある)さらさらとした良質の雪だった。氷点下の気温のため、スマホがうまく動かなくなる人が続出し、私もカメラが途中で動かなくなり心配したが、バッテリーを交換したら動くようになり、ほっとした(単にバッテリーの充電をし忘れただけだった模様)。

まだうす暗い朝6時18分に竜源橋駐車場を出発、最初砂利道から登山道に入るところを間違えて、チェーンがはられていたところまで戻ると、チェーンの手前に登山道への入口があった。暗くて見落としてしまったらしい。尾根道を登っていくとだんだん雪が出てくる。蓼科山への登山道を分岐する将軍平を7時32分に通過し、広い笹原の天祥寺原を7時43分に通過。水がなく雪をかぶった亀甲池に8時9分に到着。そこで、双子池への道と別れて、北横岳を目指す。北横岳への登りは結構急登で、稜線に出ると風が強い。北側の蓼科山には日がさしているのが見えたが、北横岳はガスの中で、時折日がさしてくる。9時21分に到着した北横岳の山頂では写真だけ撮って、風を避けるため、すぐに灌木帯の中に移動する。

北横岳から大岳への道はだんだん大きな岩がゴロゴロしてきはじめて、歩きにくくなる。大岩が多い道を登って大岳分岐を経て、10時36分に大岳山頂に到着、ここも風が強くて寒い。大岳から天狗の露地を経て双子池に至る道は、雪をかぶった大岩の多い急な下り道で、滑りやすいため結構神経と筋肉を使い、時間もかかった。一部朽ちかけた木のはしごもあった。大岩がゴロゴロしている天狗の露地を11時30分に通過し、双子池ヒュッテに12時13分に到着。双子池ヒュッテは閉鎖中で、トイレは鍵がかかっていて使えず。雄池は凍結していて、そのまま飲めるといわれている水も飲めず。双子池ヒュッテの前でランチタイムとした。

12時46分から双子池ヒュッテから雌池を経て下山を開始する。雌池の方が凍結部分は小さく、藪の中に作られたテント場と簡易トイレを視察する。峠を超えて降りると、行きに通った亀甲池へ13時26分に到着。あとは天祥寺原、将軍平を経て、行きよりも長く感じた道をひたすら歩いて、14時50分に竜源橋駐車場に到着。他のパーティーには誰ひとり出会わなかった静かな山行であった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:363人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ