また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2812101 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

三輪神社から御正体山〜文台山周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年01月16日(土) [日帰り]
メンバー
 D-chan(記録)
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
《アクセス》
富士吉田線・都留ICより7.5キロ・所要時間20分ほど。
菅野林道への入り口は三輪神社の鳥居裏手にあり。
駐車スペースまでは最初は舗装路だが、しばらくゆくと未舗装のデコボコ道を進むので走行注意。

《駐車場》
菅野林道ゲート手前の路肩スペースを利用。
2〜3台駐車可能。
トイレ・水場なし。
https://tozanguchinavi.com/trailhead/trailhead-10154

《コンビニ》
都留IC方面からだとローソン都留小野店が最終コンビニ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間35分
休憩
23分
合計
7時間58分
S菅野林道ゲート07:3008:03菅野林道終点08:0409:28峰宮跡10:02御正体山10:1510:37峰宮跡10:59文台山分岐11:0012:15ハガケ山12:2113:59文台山14:0014:44小野・細野合流分岐点15:06文台山御嶽神社登山口15:10細野バス停15:15御正体入口バス停15:1615:28菅野林道ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
《コース状況》
【全体的に・・】
路肩スペースからはゲートの先に進み、舗装された林道を行く。
しばらく歩くと車道が二股に分かれるが、右手に少し進んだ左側に登山道へ向かう階段あり。
峰宮跡まではひたすら登り、そこから山頂までは若干のアップダウンあり。
前日の天気の影響で残雪があったが、この時期はチェーンスパイク程度の滑り止めがあった方が良いかも。
峰宮跡から池ノ平との分岐までは問題ないが、その先ハガケ山あたりまではアップダウンも激しく岩場の通過もあり、ルートもやや藪っぽくなるので要注意。
またピンクテープはほとんどないのでルートを見極める必要がある。
基本的には尾根筋なので分かりやすいが、一度支尾根にルートを外してしまった。
文台山手前の鞍部はがけ崩れの工事により登山道が消失していた。
工事関係者により設置されたロープにて何とか進むことができたがちょっと危険。
暗部手前の小ピークから左に折れて車道に落ちるのが正解のよう。(写真参照)
文台山分岐から先は、整備されたハイキング道を下って行く。
その他周辺情報《温泉》
緊急事態宣言につき入浴自粛!
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

写真

午前7時半、菅野林道終点。
ここにたどり着くまでにルートミスしちまいました、車で(^-^;
2021年01月16日 07:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前7時半、菅野林道終点。
ここにたどり着くまでにルートミスしちまいました、車で(^-^;
2
おお!誰かと思ったらでーちゃんメンバーやんか(゜Д゜)
2021年01月16日 08:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお!誰かと思ったらでーちゃんメンバーやんか(゜Д゜)
7
そのようなワケで、今回はついに御正体山へ。
林道歩き中、右手に三ツ峠山。
2021年01月16日 08:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのようなワケで、今回はついに御正体山へ。
林道歩き中、右手に三ツ峠山。
2
二股を右手に進んだ左側に、登山道への階段あり。
2021年01月16日 08:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股を右手に進んだ左側に、登山道への階段あり。
2
ハイキングシューズではメチャクチャ滑りやすい足元。
2021年01月16日 08:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイキングシューズではメチャクチャ滑りやすい足元。
5
あっちゅーまに峰宮跡に到着。
あとでまた戻ってくるけど・・
2021年01月16日 09:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちゅーまに峰宮跡に到着。
あとでまた戻ってくるけど・・
4
木々の隙間からこんにちは!
見事な笠雲付き。
2021年01月16日 09:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の隙間からこんにちは!
見事な笠雲付き。
10
分かっちゃいたけど、樹林に囲まれた御正体山山頂に到着!
2021年01月16日 10:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かっちゃいたけど、樹林に囲まれた御正体山山頂に到着!
12
近くて遠かった御正体山をついに踏破!
気持ち的には知床なみに遠い山だった(^-^;
2021年01月16日 09:58撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くて遠かった御正体山をついに踏破!
気持ち的には知床なみに遠い山だった(^-^;
26
この辺りならもうちっと魅力的な山があったと思うけど、なぜここを歩かれたのだろうか。
2021年01月16日 10:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りならもうちっと魅力的な山があったと思うけど、なぜここを歩かれたのだろうか。
8
峰宮跡までは一カ所岩場のトラバースがあるので慎重に行く。
2021年01月16日 10:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰宮跡までは一カ所岩場のトラバースがあるので慎重に行く。
2
峰宮展望所に戻ってきて。
笠雲が成長しとる(゜Д゜)
2021年01月16日 10:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰宮展望所に戻ってきて。
笠雲が成長しとる(゜Д゜)
17
前回も前々回も見えた大岳山&御前山。
2021年01月16日 10:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回も前々回も見えた大岳山&御前山。
5
今年は富士山歩けるのかなあ。
2021年01月16日 10:51撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は富士山歩けるのかなあ。
3
節頭ヶ岳〜十二ヶ岳〜黒岳。
2021年01月16日 10:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
節頭ヶ岳〜十二ヶ岳〜黒岳。
5
黒岳〜三ツ峠山〜ホンジャガマルなど。
ソロで歩くなら次回はこの辺りかな。
2021年01月16日 10:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳〜三ツ峠山〜ホンジャガマルなど。
ソロで歩くなら次回はこの辺りかな。
8
ハガケ山あたりまでは急坂の連続でちょっとしんどかった。
2021年01月16日 11:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハガケ山あたりまでは急坂の連続でちょっとしんどかった。
1
痛いって思ったら、木なのにトゲトゲって初めてだわ。
2021年01月16日 11:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痛いって思ったら、木なのにトゲトゲって初めてだわ。
5
このマーカーを見逃してしまったため15分のロス(> <)
2021年01月16日 11:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このマーカーを見逃してしまったため15分のロス(> <)
4
もはや富士子ちゃんは完全に雲の中。
2021年01月16日 12:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや富士子ちゃんは完全に雲の中。
2
久しぶりのでーちゃんメンバーにはしんどいルートだったかな。
2021年01月16日 12:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりのでーちゃんメンバーにはしんどいルートだったかな。
4
途中、とても目立つ大菩薩嶺と雁ヶ腹摺山。
2021年01月16日 12:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、とても目立つ大菩薩嶺と雁ヶ腹摺山。
6
奥多摩小屋がなくなったせいで、雲取山に行くモチベーションがなくなったなあ。
2021年01月16日 12:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋がなくなったせいで、雲取山に行くモチベーションがなくなったなあ。
3
ずっとバリルートみたいな感じだったから、ちょっと天国モード♪
2021年01月16日 13:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっとバリルートみたいな感じだったから、ちょっと天国モード♪
二十六夜山かなあとか、のんびり写真を撮りながら歩いていたら・・
2021年01月16日 13:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十六夜山かなあとか、のんびり写真を撮りながら歩いていたら・・
げっ。待っていたのは突然の谷底。
2021年01月16日 13:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
げっ。待っていたのは突然の谷底。
工場用?のロープがわんさかあったので、安全そうなところから下る。
2021年01月16日 13:50撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工場用?のロープがわんさかあったので、安全そうなところから下る。
5
下から見ると、こんな感じでぶった切られていた。
2021年01月16日 13:44撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見ると、こんな感じでぶった切られていた。
5
調査不足だったが、鞍部手前の小ピークから左に折れて、赤線のように車道に落ちるのが正解だったみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
調査不足だったが、鞍部手前の小ピークから左に折れて、赤線のように車道に落ちるのが正解だったみたい。
1
三角点があるっぽかったので、文台山にも寄り道。
2021年01月16日 14:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点があるっぽかったので、文台山にも寄り道。
1
下山中、木々の隙間から御正体山。
2度目は・・ありそう、実は(^-^;
2021年01月16日 14:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中、木々の隙間から御正体山。
2度目は・・ありそう、実は(^-^;
3
文台山からの下りはすこぶる快適だった。
2021年01月16日 14:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文台山からの下りはすこぶる快適だった。
1
なんとか下山完了したけど・・
2021年01月16日 15:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか下山完了したけど・・
3
車の回収は毎度一人旅(^-^;
2021年01月16日 15:14撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車の回収は毎度一人旅(^-^;
10

感想/記録

自宅からわりと近い二百名山なのにもかかわらずなかなか歩けなかった御正体山でしたが、この度ついに踏破!
山頂の展望もない地味なピークだからせめて周回や縦走コースで歩きたいと思うものの、めぼしいルートが思いつかなかったり、じゃあ山はサクッと歩いて近くでキャンプでも楽しもうと考えたこともあるけど、そんな良い季節にわざわざ歩きたくないなと思ったり(笑)。
去年の暮れあたりだったかな、菅野林道のゲート前に駐車スペースがあることを知り、今回のルートを歩くことにしました。

感想としては・・やっぱり地味でした(^-^;
天皇陛下はなぜにこの山を歩かれたのだろうか。ライフワークの「水」との結びつきもあまり深くないだろうし。
ただ山頂は樹林帯の中だけど、意外と明るい雰囲気で悪くはなかったかな。
国道413の北側はわりと長い稜線が続いているし、その稜線の最高峰が御正体山だから、今後は縦走スタイルでまた訪れることがあるかもしれない。
ただしバス便があってないようなもんなんだよなあ、だから・・
コースタイム7割くらいで歩ける車持ちのそこのあなた!一緒に歩いて下さい(笑)。

文台山へのルートは山と高原地図では破線となっているけど、野趣溢れるややバリルートっぽい道で、良い意味で言えば歩きごたえがあった。
ノーマルに言っちゃうとかったるかったけど(^-^;
そんなルートを歩いた先に待っていたのが突然ぶった切られた登山道だったから、さすがに引き返すこともできなかったし正直かなり焦りました。
事前の情報収集はやっぱり大事ですね。
というか、登山口を間違えるとかそれ以前の話だからな〜(゜Д゜)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:855人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ