また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2829525 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

奥秩父の分水嶺 赤岩峠〜大ナゲシ〜宗四郎山〜馬道のコル

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年12月29日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 車で野栗沢沿いの道に入り赤岩橋の少し手前の路肩に駐車.
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間38分
休憩
1時間43分
合計
10時間21分
S赤岩橋手前の駐車地点07:2408:09二股09:02尾根(自記雨量計跡)09:0809:20赤岩峠09:3809:47大ナゲシ分岐09:5010:12大ナゲシ10:1810:42大ナゲシ分岐10:4610:56雁掛峠10:5711:14雁掛ノ頭11:1511:49六助ノ頭11:5212:09宗四郎山12:3212:52山吹峠12:5613:22焼山13:4414:11倉門山14:1314:31馬道のコル14:3715:34社壇乗越15:3515:45林道を引き返す.16:04社壇乗越16:28天丸橋登山口16:3117:45赤岩橋手前の駐車地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 赤岩峠までの沢沿いの道はトラバースする部分の足場が悪くまた落ち葉で歩きづらい場所がある.赤テープがあるので見つけながら歩く.大ナゲシの岩場は鎖の方が楽だった.ロープは急で腕力がいる.宗四郎山の登りの最初は南側の鹿柵に沿って歩き最後は急登する.焼山の登りも急で足場が悪くし少し苦労する.焼山からの岩場は南側を巻ける.馬道は歩きやすいが落ち葉が多く多少の登りくだりがある.後は長い林道を歩いて車まで戻る.
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

7:27 赤岩橋から少し林道を歩くとゲートがある.
2020年12月29日 07:27撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:27 赤岩橋から少し林道を歩くとゲートがある.
7:38 沢沿いの道を進む.赤テープがある.
2020年12月29日 07:38撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:38 沢沿いの道を進む.赤テープがある.
7:56 落ち葉が多く歩きづらく足場が悪い場所もある.
2020年12月29日 07:56撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:56 落ち葉が多く歩きづらく足場が悪い場所もある.
1
7:57 橋を渡る.
2020年12月29日 07:57撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:57 橋を渡る.
8:09 二股.
2020年12月29日 08:09撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:09 二股.
8:29 ここから右手の尾根に上がる.
2020年12月29日 08:29撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:29 ここから右手の尾根に上がる.
8:34 尾根に出た.
2020年12月29日 08:34撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:34 尾根に出た.
8:41 西側の沢にトラバースする.
2020年12月29日 08:41撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:41 西側の沢にトラバースする.
1
8:59 今度は西側の沢を登る.水はない.
2020年12月29日 08:59撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:59 今度は西側の沢を登る.水はない.
9:12 赤岩峠に向かって斜面をトラバースする.ここは歩きやすい.
2020年12月29日 09:12撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:12 赤岩峠に向かって斜面をトラバースする.ここは歩きやすい.
9:25 赤岩峠に着いた.祠がある.
2020年12月29日 09:25撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:25 赤岩峠に着いた.祠がある.
1
9:25 樹林越しに赤岩岳.こっちは9日前に歩いた.
2020年12月29日 09:25撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:25 樹林越しに赤岩岳.こっちは9日前に歩いた.
9:25 今日は西側に向かう.
2020年12月29日 09:25撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:25 今日は西側に向かう.
10:02 大ナゲシに向かう.
2020年12月29日 10:02撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:02 大ナゲシに向かう.
10:03 岩場は右側がロープ,左側が鎖場になる.ロープは急で腕力がいる.
2020年12月29日 10:03撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:03 岩場は右側がロープ,左側が鎖場になる.ロープは急で腕力がいる.
1
10:03 ロープで岩場を登ってさらに進む.
2020年12月29日 10:03撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:03 ロープで岩場を登ってさらに進む.
10:15 大ナゲシに着いた.
2020年12月29日 10:15撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:15 大ナゲシに着いた.
10:16 大ナゲシ山頂は南側の展望が良い.赤岩尾根と八丁尾根.
2020年12月29日 10:16撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:16 大ナゲシ山頂は南側の展望が良い.赤岩尾根と八丁尾根.
2
10:16 望遠で赤岩尾根と八丁尾根.
2020年12月29日 10:16撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:16 望遠で赤岩尾根と八丁尾根.
10:16 これから歩く 西側の山々.宗四郎山が目立つ.
2020年12月29日 10:16撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:16 これから歩く 西側の山々.宗四郎山が目立つ.
1
10:16 少し望遠で六助ノ頭と宗四郎山.
2020年12月29日 10:16撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:16 少し望遠で六助ノ頭と宗四郎山.
1
10:16 望遠で 八ヶ岳.
2020年12月29日 10:16撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:16 望遠で 八ヶ岳.
3
10:17 宗四郎山に続く稜線.
2020年12月29日 10:17撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:17 宗四郎山に続く稜線.
1
10:18 望遠で六助ノ頭と宗四郎山.
2020年12月29日 10:18撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:18 望遠で六助ノ頭と宗四郎山.
10:42 大ナゲシ分岐に戻る.
2020年12月29日 10:42撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:42 大ナゲシ分岐に戻る.
10:50 雁掛峠に向かって下る.歩きやすい.
2020年12月29日 10:50撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:50 雁掛峠に向かって下る.歩きやすい.
10:57 雁掛峠はいい感じ.
2020年12月29日 10:57撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:57 雁掛峠はいい感じ.
1
10:57 小さな祠がある.
2020年12月29日 10:57撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:57 小さな祠がある.
1
11:50 六助ノ頭から樹林越しに大ナゲシを見る.
2020年12月29日 11:50撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:50 六助ノ頭から樹林越しに大ナゲシを見る.
1
11:58 宗四郎山の登りは岩場で急.
2020年12月29日 11:58撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:58 宗四郎山の登りは岩場で急.
1
12:01 最初は南側の鹿柵に沿って登る.
2020年12月29日 12:01撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:01 最初は南側の鹿柵に沿って登る.
12:08 宗四郎山の登りから大ナゲシと赤岩尾根,八丁尾根.
2020年12月29日 12:08撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:08 宗四郎山の登りから大ナゲシと赤岩尾根,八丁尾根.
2
12:08 望遠で大ナゲシと赤岩尾根.
2020年12月29日 12:08撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:08 望遠で大ナゲシと赤岩尾根.
1
12:08 さらに望遠で大ナゲシ.
2020年12月29日 12:08撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:08 さらに望遠で大ナゲシ.
1
12:08 さらに望遠で赤岩尾根.
2020年12月29日 12:08撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:08 さらに望遠で赤岩尾根.
1
12:08 望遠で八丁尾根.
2020年12月29日 12:08撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:08 望遠で八丁尾根.
1
12:10 宗四郎山山頂.
2020年12月29日 12:10撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:10 宗四郎山山頂.
1
12:11 北東に続く稜線.右奥に浅間山が見える.
2020年12月29日 12:11撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:11 北東に続く稜線.右奥に浅間山が見える.
12:11 望遠で浅間山.
2020年12月29日 12:11撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:11 望遠で浅間山.
1
12:11 南天山と奥秩父.
2020年12月29日 12:11撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:11 南天山と奥秩父.
2
12:52 山吹峠の林道へ下る分岐.
2020年12月29日 12:52撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:52 山吹峠の林道へ下る分岐.
13:09 焼山への登りは急で滑る.
2020年12月29日 13:09撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:09 焼山への登りは急で滑る.
13:25 樹林越しに 宗四郎山.
2020年12月29日 13:25撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:25 樹林越しに 宗四郎山.
13:38 急登を登り終えると展望の良い岩場の焼山に着いた.
2020年12月29日 13:38撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:38 急登を登り終えると展望の良い岩場の焼山に着いた.
1
13:38 焼山から大山.
2020年12月29日 13:38撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:38 焼山から大山.
2
13:39 望遠で大山と浅間山.
2020年12月29日 13:39撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:39 望遠で大山と浅間山.
1
14:12 大山分岐.
2020年12月29日 14:12撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:12 大山分岐.
14:13 倉門山山頂.
2020年12月29日 14:13撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:13 倉門山山頂.
14:19 天丸山分岐に向かって下る.ここは歩きやすい.樹林越しに天丸山が見える.
2020年12月29日 14:19撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:19 天丸山分岐に向かって下る.ここは歩きやすい.樹林越しに天丸山が見える.
14:22 天丸山分岐.
2020年12月29日 14:22撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:22 天丸山分岐.
14:22 こっちに行けば 天丸山.
2020年12月29日 14:22撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:22 こっちに行けば 天丸山.
14:32 馬道のコルに着いた.
2020年12月29日 14:32撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:32 馬道のコルに着いた.
1
14:32 コルの指導標.
2020年12月29日 14:32撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:32 コルの指導標.
14:41 馬道は歩きやすい.
2020年12月29日 14:41撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:41 馬道は歩きやすい.
14:48 落ち葉がいっぱい.
2020年12月29日 14:48撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:48 落ち葉がいっぱい.
15:01 尾根を乗っ越す.天丸山県自然環境保全地域の案内板がある.
2020年12月29日 15:01撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:01 尾根を乗っ越す.天丸山県自然環境保全地域の案内板がある.
15:17 ここも落ち葉がいっぱい.これは朴木の葉っぱ.
2020年12月29日 15:17撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:17 ここも落ち葉がいっぱい.これは朴木の葉っぱ.
15:36 社壇乗越.
2020年12月29日 15:36撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:36 社壇乗越.
15:43 間違って北側の車道を歩いたら崖崩れがあった.
2020年12月29日 15:43撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:43 間違って北側の車道を歩いたら崖崩れがあった.
16:17 天丸橋に向かう車道から歩いてきた山の一部が見えた.
2020年12月29日 16:17撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:17 天丸橋に向かう車道から歩いてきた山の一部が見えた.
16:29 天丸橋.天丸山登山口.
2020年12月29日 16:29撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:29 天丸橋.天丸山登山口.
16:54 奥名郷の集落.いい感じ.実際は薄暗い.
2020年12月29日 16:54撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:54 奥名郷の集落.いい感じ.実際は薄暗い.
1

感想/記録

 年末は地元の山があまり晴れず雪降りが続くので日差しを求め関東の分水嶺歩きに来ることにしている.今年の地元は雪が多く庭でクロカンやスノーシュー遊びができるほどある.今月の20日に赤岩尾根を歩いたので今回は赤岩峠から西側の稜線と東側の八丁尾根を歩くことにした.28日の仕事を終え車で高速道路を走り途中で車中泊した.初日は運転疲れもあったので短い八丁尾根を歩く予定だったが,翌日は天気が崩れる予報だったので予定を変更し今日のうちに赤岩峠から西側の長い稜線を歩くことにした.

 赤岩峠までの沢沿いの道は足場の悪い落ち葉の積もったトラバースが厄介で気を使った.赤テープが多いので迷うことはないが,このコースを下りに使うと苦労すると思う.赤岩峠から西側は東側と異なり最初は穏やかな稜線歩き.大ナゲシの岩場は最初のロープが急で腕力がいる.鎖場の方は傾斜が緩い.宗四郎山は急で足場の悪い急斜面もあり慎重にゆっくり歩く.山吹峠からの登りも急で滑って結構大変だった.焼山から岩稜歩きだが途中の南側に巻道がある.今回は時間の都合で天丸山の往復は諦めた.馬道は傾斜が緩やかで道幅も広く歩きやすい.社壇乗越には林道が来ておりさらに北に向かっている.間違って北側に向かって歩いたら崖崩れがあり引き返した.林道の下り途中にある奥名郷の集落はいい雰囲気だった.今回は誰とも会わなかった.

 ここから東に続く分水嶺歩き:
奥秩父の分水嶺 赤岩峠〜赤岩岳〜八丁峠
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2811486.html

 ここから西に続く分水嶺歩き:
奥秩父の分水嶺 馬道のコル〜張付山〜滝谷山〜天丸山
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2851227.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:292人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ