また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2831031 全員に公開 ハイキング 伊豆・愛鷹

十国峠・玄岳・大室山・猿山(静岡百めぐり 

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年12月29日(火) [日帰り]
メンバー
 sht
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
十国峠:姫の沢公園(日金山霊園かも?)の駐車場を利用(S地点)・・トイレあり

玄岳:伊豆スカイライン西丹那駐車場を利用

大室山:リフト乗り場前の駐車場にとめ、リフトでお鉢火口へ(700円)

猿山:天城の太郎杉前の広い路肩に駐車(G地点)・・その先はワサビ田関連専用のようで通行止め表示がありました

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間24分
休憩
1時間4分
合計
8時間28分
S日金山霊園06:2706:35十国峠07:0207:10日金山霊園07:38玄岳07:4309:23大室山リフト山頂駅09:32大室山09:3309:41大室山リフト山頂駅09:4811:08太郎杉11:50滑沢峠11:5112:20小僧山12:59猿山13:1513:48小僧山13:5414:19滑沢峠14:2014:54太郎杉14:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
十国峠・玄岳・大室山は、観光客用のハイキングコースで全く問題ありません

猿山は、ワサビ田から入る序盤からコースがミステリアスで、慎重に探りつつ進みました

後半はアップダウンを繰り返して中々山頂に辿り着かず、距離標高差以上にタフなコースだった印象・・踏み跡薄目で自由度が高い自分好みのコース

コースのテープマークは気まぐれにありますが、全般に破線道レベルで尾根ジャンクションなどでの自力ナビは必須・・下山時にはコース慣れして油断したせいか、小ピークをショートカットしようとして別尾根に紛れ込みそうになるルートミスあり

危険箇所は、滑沢峠手前に余り踏まれていなくて足場が悪いトラバース部があり、慎重に進みました
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

ご来光タイムから逆算して6時半頃に姫の沢公園をスタート
2020年12月29日 06:23撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光タイムから逆算して6時半頃に姫の沢公園をスタート
1
太平洋の眺めが良さそうな展望台は立入り禁止で残念
2020年12月29日 06:25撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太平洋の眺めが良さそうな展望台は立入り禁止で残念
3
富士山の眺めが素晴らしい十国峠に到着
2020年12月29日 06:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の眺めが素晴らしい十国峠に到着
2
山頂をズーム
2020年12月29日 06:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂をズーム
1
ウッスラと沼津アルプス
2020年12月29日 06:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウッスラと沼津アルプス
2
この後向う玄岳方面
2020年12月29日 06:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後向う玄岳方面
1
雲の中からご来光が来ました・・沈殿した底から浮び上がってくる感じ
2020年12月29日 06:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の中からご来光が来ました・・沈殿した底から浮び上がってくる感じ
2
真ん丸ご来光
2020年12月29日 06:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん丸ご来光
4
海からの美しい日出でした
2020年12月29日 06:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海からの美しい日出でした
2
富士山がピンクに染まります
2020年12月29日 06:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がピンクに染まります
1
これにはウットリ
2020年12月29日 06:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これにはウットリ
3
幸先良いスタートになりました
2020年12月29日 07:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幸先良いスタートになりました
1
真鶴岬方面
2020年12月29日 07:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真鶴岬方面
1
ケーブルカー山頂駅と
2020年12月29日 07:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブルカー山頂駅と
1
伊豆スカイライン西丹那駐車場に移動して次の玄岳へ
2020年12月29日 07:27撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆スカイライン西丹那駐車場に移動して次の玄岳へ
1
しかし早くもお隠れになってしまいました
2020年12月29日 07:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし早くもお隠れになってしまいました
1
10分ほどで山頂到着
2020年12月29日 07:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほどで山頂到着
1
沼津アルプスでしょうか
2020年12月29日 07:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼津アルプスでしょうか
1
東には熱海城
2020年12月29日 07:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東には熱海城
1
伊豆の海と朝日が美しい
2020年12月29日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆の海と朝日が美しい
2
ご来光を眺めた十国峠
2020年12月29日 07:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光を眺めた十国峠
1
あっけない登頂だったので下に見える氷が池へ
2020年12月29日 07:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっけない登頂だったので下に見える氷が池へ
2
いい感じの池です
2020年12月29日 08:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの池です
2
雲が無ければ富士山も入るアングルだったでしょうが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が無ければ富士山も入るアングルだったでしょうが
1
3座目は伊豆スカイラインを下って大室山へ
2020年12月29日 09:12撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3座目は伊豆スカイラインを下って大室山へ
1
リフト利用必須です
2020年12月29日 09:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト利用必須です
1
観光客用のコースです
2020年12月29日 09:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光客用のコースです
1
一応山頂・・ここまで来なければ登ったことにならないので
2020年12月29日 09:33撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応山頂・・ここまで来なければ登ったことにならないので
1
遠笠山方面?
2020年12月29日 09:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠笠山方面?
1
玄岳にも雲がかかったよう・・この日が年末で一番いい予報だったので、この後は好展望の達磨山に向う計画でしたが変更決定
2020年12月29日 09:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄岳にも雲がかかったよう・・この日が年末で一番いい予報だったので、この後は好展望の達磨山に向う計画でしたが変更決定
1
火口をパノラマで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口をパノラマで
1
待って待って、頭の先が何とか見えました
2020年12月29日 09:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待って待って、頭の先が何とか見えました
1
4座目は、達磨山から変更した猿山へ・・晴れていても展望無いらしい山です
2020年12月29日 11:08撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4座目は、達磨山から変更した猿山へ・・晴れていても展望無いらしい山です
1
天城の太郎杉・・実物は写真よりかなり立派
2020年12月29日 11:08撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天城の太郎杉・・実物は写真よりかなり立派
1
伊豆らしいワサビ田が続きます
2020年12月29日 11:29撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆らしいワサビ田が続きます
2
運搬レールに沿って進み、この道標で左折
2020年12月29日 11:37撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
運搬レールに沿って進み、この道標で左折
1
滑沢峠に出て一般道の伊豆山稜線歩道に合流します
2020年12月29日 11:52撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑沢峠に出て一般道の伊豆山稜線歩道に合流します
1
基本的に尾根通しですが、潜ったり跨いだり中々大変な部分も多いコース
2020年12月29日 12:42撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本的に尾根通しですが、潜ったり跨いだり中々大変な部分も多いコース
1
アップダウンも非常に多くて距離標高差以上にタフだった印象
2020年12月29日 12:48撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンも非常に多くて距離標高差以上にタフだった印象
1
山頂到着・・展望はありません
2020年12月29日 12:59撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着・・展望はありません
1
しかしユルユル過ぎる1日を締めてくれたコースでした
2020年12月29日 13:12撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしユルユル過ぎる1日を締めてくれたコースでした
2
上部の自然林は中々いい雰囲気
2020年12月29日 13:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部の自然林は中々いい雰囲気
1
ワサビ田にも旅情を感じました
2020年12月29日 14:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワサビ田にも旅情を感じました
1

感想/記録
by sht

毎年年末年始は国内外の高峰に向かうことが多いのですが、今年は予報がイマイチでそれは無理な感じ。(もちろん海外など論外で)29日の午前中のみが予報良さげなので、雪山高峰だとアプローチで終ってしまいそうです。

そのため、今年は冬型に強そうな伊豆の山々に向うことにしました。

1日目は熱海から東伊豆を辿る山々へ。登山というより観光でしたが、それでも山頂に立たないことには登ったことにならないので、今回はいい機会でした。

その後は発端城山か達磨山で富士山の眺めを楽しむ計画でしたが、玄岳の山頂に至る手前で既に雲がかかってしまい、晴れても展望が無い猿山に変更しました。

その猿山は、破線道レベルの中々楽しいコース。午前中が観光コースだったのを救ってくれる距離標高差以上にタフなコースで、1日の満足度がグッと↑しました。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:346人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ