また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2841290 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 日高山脈

厳冬期コイカク〜ヤオロ〜1599峰敗退

情報量の目安: C
-拍手
日程 2020年12月27日(日) ~ 2021年01月01日(金)
メンバー
天候1日目(12/27):晴れ
2日目(12/28):晴れ時々雪 風あり
3日目(12/29):曇り 強風
4日目(12/30):高曇り
5日目(12/31):快晴後雪 昼過ぎより強風
6日目(1/1):晴れ 風あり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
元浦川林道はゲートまで入れるが天気に注意しないと脱出困難になる可能性あり
札内川ダムまで入れる.ピョウタンの滝に停めないとゲートが閉まる可能性あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間15分
休憩
0分
合計
3時間15分
S札内川ダム12:0015:15コイカクシュサツナイ川上二股
2日目
山行
6時間45分
休憩
0分
合計
6時間45分
コイカクシュサツナイ川上二股06:4513:30Co1420
4日目
山行
休憩
0分
合計
0分
Co142007:15
4日目
山行
8時間30分
休憩
15分
合計
8時間45分
10:15夏尾根頭10:30コイカクシュサツナイ岳13:15ヤオロマップ岳13:3016:00・1569
5日目
山行
10時間40分
休憩
0分
合計
10時間40分
・156906:1008:501599峰手前13:00ヤオロマップ岳15:25コイカクシュサツナイ岳15:40夏尾根頭16:50Co1420
6日目
山行
4時間35分
休憩
0分
合計
4時間35分
Co142007:1509:10コイカクシュサツナイ川上二股11:15札内川ヒュッテ11:50札内川ダムG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目(12/27)晴れ:札内川ダム(12:00)札内川ヒュッテ(13:00)夏尾根末端(15:15)=C1
車のデポやらでお昼の入山.雪が無い.河原は積雪10冂でスノーシューを壊したくないのででつぼ.足首を捻りそうで怖い.雪が少ないせいか微妙な渡渉や藪漕ぎを強いられる.夏尾根末端でC1.
2日目(12/28)晴れ時々雪:C1(6:45)Co1300(11:30)Co1420(13:30)=C2
夏道上を行く.やはり雪が少なくつぼ.踏み込むと地面まで足がつく.絶妙な積雪で歩きづらい.深いラッセルより楽かと思っていたが時間的にはそうでもなかった.Co1200過ぎからスノーシュー.サラサラで爪が効かず,たまにズボる.Co1300のテンバは風で雪が吹き飛ばされて地面が出ていた.風もあり,明日の天気と上で掘れなさそうなことを考えてCo1420でC2.風がしのげるちょうど一張分のスペース.
3日目(12/29)曇り:C2=C3
停滞.風強し.ラジオを聞いたり,本を読んだりして過ごす.
4日目(12/30)高曇り:C3(7:15)夏尾根頭(10:15)コイカク(10:30)ヤオロ(13:15-30)・1569(16:00)=C4
相変わらずの雪でだるい.Co1500の岩はアイゼン.Fix使って通過.すぐにスノーシューに戻す.頭に出ると日高が一望出来た.ケルンに黙祷をささげ,本山行の貫徹と安全を願う.コイカク〜ヤオロはナナシの吹き上げも弱く比較的サクサク.ヤオロからの下りはEP.多少岩が出ている所もあった.平らになった所でスノーシュー.2回雪庇を落とした.・1569でC4.異常な寒さでよく寝られなかった.やはりここまで寒いとイグルーの方が適しているのか.
5日目(12/31)快晴後雪:C4(6:10)1599手前(8:50)・1569(11:00)ヤオロ(13:00)コイカク(15:25)夏尾根頭(15:40)Co1420(16:50)=C5
月明かりに照らされた稜線に突き上げる沢は異様な雰囲気を放っていた.テンバを出てすぐ剛毛リンゴ畑に突入.深いところでラッセル腰,ペースが上がらない.1599手前でこのまま進めるとペテガリはおろかルベツネを安全に越せるかも不安になり,お昼以降の風の強さ,自分らの体力を考えて無念の引き返し.来た道を戻るが時間が掛かる.ヤオロ手前から風が吹き始める.日差しはあるもののキンキンに冷たい.ヤオロ〜コイカクは気にならない風.クソ寒い.末端と顔面の心配をしつつヘロヘロになりながら尾根頭まで.あとはCo1420まで下してC5.身の危険を感じた1日だった.
6日目(1/1)晴れ:C5(7:15)尾根末端(9:10)札内川ヒュッテ(11:15)札内川ダム(11:50)
2020年最後の夜も極寒だった.尾根を転がり落ち,河原を歩いて下山.
コース状況/
危険箇所等
全体的に小雪
雪庇はあまり発達していない
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スノーシュー ストック EP
共同装備 ステラ2 ウィスパーライト

写真

鬱陶しいカンバ帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬱陶しいカンバ帯
2
引き返し地点から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返し地点から
6

感想/記録

ペテガリは遠かった。自分は弱かった。

感想/記録

状態は良くなかっただろうが,気力・体力ともに足りていない部分があった.
何とか貫徹したい計画だったが,先人達の偉大さを思い知らされる山行になった.
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:498人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

雪庇 ご来光 山行 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ