また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2889977 全員に公開 雪山ハイキング 大峰山脈

ガスガスの弥山でテント泊

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年01月30日(土) ~ 2021年01月31日(日)
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間11分
休憩
47分
合計
7時間58分
S川合登山口08:0809:53林道出合09:5410:50栃尾辻10:5811:17天女の舞11:45カナビキ尾根分岐12:42ナベの耳13:14高崎横手13:31狼平避難小屋13:4915:05大黒岩15:1015:46弥山16:0116:06弥山小屋
2日目
山行
6時間16分
休憩
19分
合計
6時間35分
弥山小屋08:1609:15大峰山09:1710:20日裏山10:37高崎横手10:59ナベの耳11:1311:41カナビキ尾根分岐11:4212:09天女の舞12:1012:23栃尾辻13:29林道出合14:46川合登山口14:4714:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

写真

天川村役場。がっつり雪降ってますがスタート。
2021年01月30日 08:04撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天川村役場。がっつり雪降ってますがスタート。
2
弥山小屋は休業だけど避難小屋は使えるそうです。
2021年01月30日 08:10撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山小屋は休業だけど避難小屋は使えるそうです。
2
樹林帯はうっすら雪があります。
2021年01月30日 08:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯はうっすら雪があります。
最初の鉄塔まで来ました。
2021年01月30日 08:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の鉄塔まで来ました。
天気は少し回復。
2021年01月30日 08:41撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は少し回復。
林道に合流。
2021年01月30日 09:54撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に合流。
ですがすぐに登山道に戻ります。
2021年01月30日 09:56撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ですがすぐに登山道に戻ります。
少しずつ雪が増えてきました。
2021年01月30日 10:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ雪が増えてきました。
栃尾辻。そういえば前に小屋がひっくり返ってたような・・・。
2021年01月30日 11:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃尾辻。そういえば前に小屋がひっくり返ってたような・・・。
この辺でアイゼン装着。
2021年01月30日 11:14撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺でアイゼン装着。
天女の舞との分岐。なんと夏道は踏み跡無し。みんな上を通ってるのかな。
2021年01月30日 11:27撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天女の舞との分岐。なんと夏道は踏み跡無し。みんな上を通ってるのかな。
金引尾根の分岐。ここからは熊渡からのトレースが合流です。
2021年01月30日 11:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金引尾根の分岐。ここからは熊渡からのトレースが合流です。
だんだん雪が深くなってきました。
2021年01月30日 13:07撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん雪が深くなってきました。
1
高崎横手出合に着きました。明星方面はうっすらとトレースがあります。
2021年01月30日 13:14撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高崎横手出合に着きました。明星方面はうっすらとトレースがあります。
2
積雪期にこの吊り橋を通るのは久しぶりです。
2021年01月30日 13:34撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪期にこの吊り橋を通るのは久しぶりです。
2
小屋も雪化粧。
2021年01月30日 13:34撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋も雪化粧。
2
中で軽く昼ご飯にしました。
2021年01月30日 13:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中で軽く昼ご飯にしました。
4
踏み抜き対策でスノーシュー装着。
2021年01月30日 14:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜き対策でスノーシュー装着。
3
ひたすらガスの中を進みます。
2021年01月30日 14:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすらガスの中を進みます。
1
お、ちょっと青空。
2021年01月30日 14:49撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、ちょっと青空。
3
青空きたー!
2021年01月30日 15:31撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空きたー!
6
八経もきれいに見えます。
2021年01月30日 15:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経もきれいに見えます。
4
ここで痛恨の道間違い。鹿よけ柵のゲートを探してウロウロしてしまいました。
2021年01月30日 15:38撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで痛恨の道間違い。鹿よけ柵のゲートを探してウロウロしてしまいました。
3
雪はこれくらい。
2021年01月30日 16:05撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はこれくらい。
2
着いたー!
2021年01月30日 16:06撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたー!
2
国見八方睨に今宵の宿を建築。
2021年01月30日 16:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見八方睨に今宵の宿を建築。
6
良い天気はここまで。あとは一晩中ガスで真っ白の上、強風が吹き荒れていました。
2021年01月30日 17:12撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い天気はここまで。あとは一晩中ガスで真っ白の上、強風が吹き荒れていました。
2
朝。ガスガスで今日もハードな一日になりそうです。
2021年01月31日 08:12撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝。ガスガスで今日もハードな一日になりそうです。
1
小屋は覗いてないけど誰かいたのかな?
2021年01月31日 08:16撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋は覗いてないけど誰かいたのかな?
3
トレースはうっすら。強風でほとんど消えています。
2021年01月31日 08:27撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはうっすら。強風でほとんど消えています。
1
最初のゲート。ザックを上から放り投げて何とか通過。ここからはトレースなし。
2021年01月31日 08:31撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のゲート。ザックを上から放り投げて何とか通過。ここからはトレースなし。
1
二つ目のゲート。ここは体も通らなかったので上を乗り越えました。
2021年01月31日 08:59撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目のゲート。ここは体も通らなかったので上を乗り越えました。
八経ヶ岳到着。ガスで眺望ゼロ。強風で顔が痛いです。
2021年01月31日 09:14撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳到着。ガスで眺望ゼロ。強風で顔が痛いです。
5
さて次は明星方面へ。しかしまたもや道を見失いました。
2021年01月31日 09:14撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて次は明星方面へ。しかしまたもや道を見失いました。
2
結局ショートカットしてレンゲ道に入りました。こちらはトレースあり。
2021年01月31日 09:48撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局ショートカットしてレンゲ道に入りました。こちらはトレースあり。
2
おお、これが最近できたというトップリ尾の道標か。
2021年01月31日 10:33撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、これが最近できたというトップリ尾の道標か。
3
栃尾辻まで下りてきました。
2021年01月31日 12:23撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃尾辻まで下りてきました。
1
帰りは林道を使います。ここにきて晴れ間が・・・。
2021年01月31日 13:10撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは林道を使います。ここにきて晴れ間が・・・。
鉄塔。あと少し。
2021年01月31日 14:21撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔。あと少し。
ここから見ると稲村ヶ岳が剱岳っぽく見える(笑)。
2021年01月31日 14:22撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから見ると稲村ヶ岳が剱岳っぽく見える(笑)。
2
ゴール。疲れました。
2021年01月31日 14:46撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール。疲れました。
1
撮影機材:

感想/記録

霧氷も期待できそうなので久しぶりに弥山でテント泊。
もう少し天気が良いと思ってましたが残念ながら9割がたガスの中を歩くことになりました。

トレースは期待していませんでしたが狼平まではしっかりとありました。弥山から明星までの間はうっすらと残っている程度。風と降雪ででほとんど消えている上に木が雪の重みで下がってきており道をふさいでいます。結局、道がわからなくなったのでレンゲ道へショートカットしました。

ネックはやはり弥山〜八経間の鹿よけ柵のゲート。雪でびくともしませんのでゲートの間をすり抜けるしかありませんが、おデブな上にテント泊装備の私にはハードルが高い(笑)。結局荷物を放り投げ、上を乗り越えました。
日帰りの荷物で普通の体格の人ならザックをおろせば何とか抜けられると思います。
なお、鹿柵の外側沿いにうっすらトレースがありました。柵沿いに外をまわればゲートを通らずに行けるような気がします。

気温はそれほど低くなくテントも快適。2日通してしっかり歩けたのも良かったですが、天気さえ良ければ・・・。ま、これも山ということで次回に期待です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:482人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ