また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2954333 全員に公開 ハイキング 御在所・鎌ヶ岳

春到来!小岐須渓谷から入道ヶ岳と宮指路岳をひとまわり。

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年02月25日(木) [日帰り]
メンバー
天候文句なしのピーカン☀️風もなしで暖か
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新名神高速道路鈴鹿PAスマートICから、県道11号線で小岐須渓谷キャンプ場へ。小岐須地区からキャンプ場までの道は舗装されていますが、結構狭いし、ところどころに落石、穴ぼこあります。特に車高の低いクルマ、幅の広いクルマは慎重に。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小岐須渓谷キャンプ場駐車場にトイレ、登山届の提出ボックスありますが、トイレは冬季のためか使用禁止になってました。
既に雪も凍結しているところもなく、軽アイゼンすら不要です。

○小岐須渓谷キャンプ場〜滝ヶ谷コース〜二本松コース〜入道ヶ岳
滝ヶ谷コースは、標識も目印のテープもキチンと設置されていますが、崩れたところ、渡渉するところがいくつかあります。チェーン、ロープあります。
滝ヶ谷から外れ、二本松コースに乗ると快適な山歩きです。

○入道ヶ岳〜イワクラ尾根〜県境尾根〜宮指路岳
イワクラ尾根が今回の山歩きの核心部だったかも。ヤセ尾根、ザレ場、ロープありです。高度感はそれほどでもないので、慎重に歩けば問題なしです。
県境尾根は目印のテープが充実していて迷うことはないと思います。

○宮指路岳〜ヤケギ谷〜小岐須渓谷キャンプ場
宮指路岳からしばらくは緩やかな道。大岩の前後は急勾配だったり、いやらしいトラバーがあったりと下り時には気を抜けないところ。
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

写真

小岐須渓谷キャンプ場のトイレの横からスタートです。
トイレは使用禁止になってましたよ。
2021年02月25日 07:02撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小岐須渓谷キャンプ場のトイレの横からスタートです。
トイレは使用禁止になってましたよ。
3
出だしはフツーの谷沿いの道でしたが、こんな感じの荒れ気味の道に変化です。
高巻きするところなどはチェーン、ロープが設置されています。
感謝です。
2021年02月25日 07:15撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしはフツーの谷沿いの道でしたが、こんな感じの荒れ気味の道に変化です。
高巻きするところなどはチェーン、ロープが設置されています。
感謝です。
3
えん堤も中央部が崩壊してました。
よほど激しい土石流がぶつかったんかな。
2021年02月25日 07:20撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えん堤も中央部が崩壊してました。
よほど激しい土石流がぶつかったんかな。
2
滝ヶ谷から外れると、一転して快適な登山道になります。
2021年02月25日 07:49撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝ヶ谷から外れると、一転して快適な登山道になります。
1
二本松コースと合流し、避難小屋の前で一休み。
2021年02月25日 07:53撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本松コースと合流し、避難小屋の前で一休み。
4
あ〜気持ちのいい道だ。春の日差しがさんさんと降り注いでくる。
2021年02月25日 08:03撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ〜気持ちのいい道だ。春の日差しがさんさんと降り注いでくる。
4
入道ヶ岳名物のイヌツゲとアセビの群落に突入。
県指定の天然記念物とは知らんかった。
2021年02月25日 08:20撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳名物のイヌツゲとアセビの群落に突入。
県指定の天然記念物とは知らんかった。
6
ぽーんと笹っぱらに飛び出た。
振り返ると四日市や鈴鹿の市街地と伊勢湾がよく見える。
伊勢湾がまぶしすぎ。
2021年02月25日 08:26撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぽーんと笹っぱらに飛び出た。
振り返ると四日市や鈴鹿の市街地と伊勢湾がよく見える。
伊勢湾がまぶしすぎ。
9
文句なしのぴーかん青空と入道ヶ岳山頂の鳥居。
青い空に、鳥居の白さが映えます!
2021年02月25日 08:27撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文句なしのぴーかん青空と入道ヶ岳山頂の鳥居。
青い空に、鳥居の白さが映えます!
17
まずは鈴鹿の盟主の御在所岳と鎌ヶ岳。いつ見ても絵になる姿ですな。
2021年02月25日 08:28撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは鈴鹿の盟主の御在所岳と鎌ヶ岳。いつ見ても絵になる姿ですな。
9
お次は仙ヶ岳と、このあと向かう宮指路岳。
2021年02月25日 08:28撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お次は仙ヶ岳と、このあと向かう宮指路岳。
6
さらにレンズを左に向けると、仙ヶ岳と野登山。
野登山といえば、そろそろミツマタの咲く時期ですな。
2021年02月25日 08:28撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにレンズを左に向けると、仙ヶ岳と野登山。
野登山といえば、そろそろミツマタの咲く時期ですな。
3
それにしても平日とはいえ、こんなぴーかん青空で無風の最高コンディションなのに、他に誰もいないとはびっくり。
まさかの貸切状態です。
2021年02月25日 08:29撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても平日とはいえ、こんなぴーかん青空で無風の最高コンディションなのに、他に誰もいないとはびっくり。
まさかの貸切状態です。
7
雲母峰の向こうには、真っ白な御嶽山や乗鞍岳、中央アルプスの山々もよう見えてました。
2021年02月25日 08:32撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲母峰の向こうには、真っ白な御嶽山や乗鞍岳、中央アルプスの山々もよう見えてました。
8
イワクラ尾根からは鎌ヶ岳、水沢岳がよく見えます。
2021年02月25日 08:44撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワクラ尾根からは鎌ヶ岳、水沢岳がよく見えます。
4
イワクラ尾根を歩くにつれ、次第に鎌ヶ岳と水沢岳の見える角度が変わってくる。
2021年02月25日 09:33撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワクラ尾根を歩くにつれ、次第に鎌ヶ岳と水沢岳の見える角度が変わってくる。
3
県境尾根とイワクラ尾根の分岐に到着。
やっと今日の仕事の半分が終わったのかな。
2021年02月25日 09:35撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境尾根とイワクラ尾根の分岐に到着。
やっと今日の仕事の半分が終わったのかな。
2
おっ、雨乞岳と綿向山じゃないですか。
どちらもすっかり雪はなくなってしまったようです。
2021年02月25日 09:41撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、雨乞岳と綿向山じゃないですか。
どちらもすっかり雪はなくなってしまったようです。
5
とにかく明るく穏やかな道。
南に向かっているので、顔の左側(三重県側)は日差しがあたってぽかぽか。
一方で顔の右側(滋賀県側)はときおり吹く冷たい風があたってひんやり。
2021年02月25日 09:45撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく明るく穏やかな道。
南に向かっているので、顔の左側(三重県側)は日差しがあたってぽかぽか。
一方で顔の右側(滋賀県側)はときおり吹く冷たい風があたってひんやり。
3
ブナ交じりの気持ちのいい縦走路でした。
2021年02月25日 09:51撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ交じりの気持ちのいい縦走路でした。
4
春山だ〜。
日差しは柔らか。
2021年02月25日 09:52撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春山だ〜。
日差しは柔らか。
5
仏谷峠。峠らしからぬところでした。
気づかず通り過ぎてしまうところでした。
2021年02月25日 10:04撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏谷峠。峠らしからぬところでした。
気づかず通り過ぎてしまうところでした。
1
だんだんと入道ヶ岳の見える角度が変わってきた。
2021年02月25日 10:13撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと入道ヶ岳の見える角度が変わってきた。
6
目指す宮指路岳が視界に飛び込んできましたよ。
2021年02月25日 10:18撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す宮指路岳が視界に飛び込んできましたよ。
4
いったん小岐須峠に下ります。といっても大した下りじゃないので助かります。登り返しはキツイからね。
2021年02月25日 10:20撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん小岐須峠に下ります。といっても大した下りじゃないので助かります。登り返しはキツイからね。
4
馬乗り岩の横の岩が絶好の休憩ポイント。
御在所岳に鎌ヶ岳、雨乞岳だね。
2021年02月25日 10:33撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬乗り岩の横の岩が絶好の休憩ポイント。
御在所岳に鎌ヶ岳、雨乞岳だね。
5
少しレンズを左に向けると綿向山と能登ヶ峰、サクラグチあたり。
2021年02月25日 10:33撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しレンズを左に向けると綿向山と能登ヶ峰、サクラグチあたり。
3
南側は鈴鹿南部の盟主の仙ヶ岳と犬返しの剣。
2021年02月25日 10:35撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側は鈴鹿南部の盟主の仙ヶ岳と犬返しの剣。
7
先ほど休憩したところが馬乗り岩だと思ってたけど、こちらが馬乗り岩っぽい。
たしかに馬乗りするような形の岩でした。
2021年02月25日 10:45撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほど休憩したところが馬乗り岩だと思ってたけど、こちらが馬乗り岩っぽい。
たしかに馬乗りするような形の岩でした。
8
馬乗り岩と雨乞岳。見晴らし最高のポイントでした。
2021年02月25日 10:46撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬乗り岩と雨乞岳。見晴らし最高のポイントでした。
4
宮指路岳に到着!3ヶ月ぶりです。
2021年02月25日 10:46撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮指路岳に到着!3ヶ月ぶりです。
8
三体仏岩に寄ってみた。
前回は想定外のガスで何も見えずに惨敗でしたが、今回は見事に雪辱を果たせました。
2021年02月25日 10:55撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三体仏岩に寄ってみた。
前回は想定外のガスで何も見えずに惨敗でしたが、今回は見事に雪辱を果たせました。
14
三体仏岩は仙ヶ岳と野登山の最高の展望台でした。
3つの大きな岩があるから三体仏岩なのかな。
仙ヶ岳にある仙の石のような感じ。
2021年02月25日 10:56撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三体仏岩は仙ヶ岳と野登山の最高の展望台でした。
3つの大きな岩があるから三体仏岩なのかな。
仙ヶ岳にある仙の石のような感じ。
11
続いて東海展望にも寄ってみました。
ここも前回はガスガスで何も見えなかったところです。
今日は文句なしの大展望です。
2021年02月25日 11:05撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて東海展望にも寄ってみました。
ここも前回はガスガスで何も見えなかったところです。
今日は文句なしの大展望です。
3
東海展望というわりには東海地方の展望はかなり限定的でした。
しばし、コーヒーを飲みながらほっこりしてから下山です。
バイバイ、仙ヶ岳。バイバイ、野登山。
2021年02月25日 11:05撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海展望というわりには東海地方の展望はかなり限定的でした。
しばし、コーヒーを飲みながらほっこりしてから下山です。
バイバイ、仙ヶ岳。バイバイ、野登山。
4
春の日差しの下、気持ちよく下山です。
2021年02月25日 11:25撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春の日差しの下、気持ちよく下山です。
2
ヤケギ谷コース沿いには、炭窯跡がいくつかありました。
人里に近い鈴鹿の山の中には、炭窯跡をはじめ人の生活の痕跡がたくさんあります。昭和30年代くらいまでの話も、既に歴史の範疇に入ってしまったのかな。
2021年02月25日 11:25撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤケギ谷コース沿いには、炭窯跡がいくつかありました。
人里に近い鈴鹿の山の中には、炭窯跡をはじめ人の生活の痕跡がたくさんあります。昭和30年代くらいまでの話も、既に歴史の範疇に入ってしまったのかな。
3
ヤケギ谷コースの後半は谷沿いの道。
水が豊富にあって気持ちいいけど、夏場はヒルがうじゃうじゃいるんだろうな・・・。
2021年02月25日 11:49撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤケギ谷コースの後半は谷沿いの道。
水が豊富にあって気持ちいいけど、夏場はヒルがうじゃうじゃいるんだろうな・・・。
2
ヤケギ谷沿いには、滑滝などが点在してます。
2021年02月25日 11:56撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤケギ谷沿いには、滑滝などが点在してます。
5
屏風岩です。
何度か近くを通っているけど、見るのは今回が初めてです。
期待してなかった分、あまりのすごさにびっくりです。
谷の両岸が見事に屏風のように切り立ってました。
2021年02月25日 12:11撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩です。
何度か近くを通っているけど、見るのは今回が初めてです。
期待してなかった分、あまりのすごさにびっくりです。
谷の両岸が見事に屏風のように切り立ってました。
8

感想/記録

休みがもらえちゃった。どこの山へ行こうかな〜、天気は下り坂ということだから、そこそこの見晴らしのマイナーな山歩きでもしようかな。
で、選んだのは近江百山の岳。東近江市のちょこっとバスを利用して永源寺から岳、旭山、ヒキノまで縦走しようと思っていざ出発。
ところが夜が明けるにつれ、あまりにきれいに鈴鹿の山々が見えるので、見晴らしのいい山へ計画変更!
県境尾根の赤線をつなげるべく、小岐須渓谷キャンプ場を起点に、入道ヶ岳、宮指路岳を歩くことに。
出だしこそ寒かったものの、日が昇れば暑いくらいの陽気。今日の県境尾根は風もなく、すっかり春山モードに突入です。雪なんてどこにもありませんでした。
誰に会うこともなく、静かな山歩きを楽しむことができました。

山で出会った人:ゼロ人(平日とはいえ、まさかの遭遇者ゼロ!)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:470人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ