また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2976848 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

【奥武蔵】ご当地アルプス縦走シリーズ 長瀞アルプス編 〜小林山もトッピング

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年03月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ やや風あり
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年03月の天気図 [pdf]

写真

朝の長瀞駅は閑散とした感じです。埼玉では大きな観光地なんですけど、さすがにねぇ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の長瀞駅は閑散とした感じです。埼玉では大きな観光地なんですけど、さすがにねぇ
駅前から宝登山が見えるんですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前から宝登山が見えるんですね
まずは寳登山神社にご挨拶。本日の無事な山行をお願いします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは寳登山神社にご挨拶。本日の無事な山行をお願いします
奥宮への参道入口。ここからが実質スタートですかね。関東ふれあいの道でもあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮への参道入口。ここからが実質スタートですかね。関東ふれあいの道でもあります
車道のような道を進みます。ロープウェイは営業時間外…ま、時間内でも利用しなかったとは思いますが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道のような道を進みます。ロープウェイは営業時間外…ま、時間内でも利用しなかったとは思いますが
道はスイッチバック状になっているのですが、ショートカットするかのような踏み跡もあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はスイッチバック状になっているのですが、ショートカットするかのような踏み跡もあり
有志による「森づくり」が進められているのだとか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有志による「森づくり」が進められているのだとか
少し入ってみますと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し入ってみますと
見晴らしのいい箇所がありました。日光方面も見えています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしのいい箇所がありました。日光方面も見えています
さらに熊高の森を登り込んで行くと、ロープ張られてました。入っちゃいけなかったのかしら?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに熊高の森を登り込んで行くと、ロープ張られてました。入っちゃいけなかったのかしら?
正規ルート(?)に復帰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正規ルート(?)に復帰
山頂駅の脇を過ぎると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅の脇を過ぎると
斜面一帯が蝋梅園と梅園になってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面一帯が蝋梅園と梅園になってました
1
蝋梅はもう終わり? 武甲山の辺りが雲海になっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝋梅はもう終わり? 武甲山の辺りが雲海になっている
1
遠く両神山方面。よく咲いているのは梅ですかね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く両神山方面。よく咲いているのは梅ですかね
そして宝登山の山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして宝登山の山頂
1
かなりの好展望でした。城峰山やら両神山やら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの好展望でした。城峰山やら両神山やら
手前は先日歩いた皆野アルプスで、奥は奥秩父縦走路から長沢背稜の峰の連なり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前は先日歩いた皆野アルプスで、奥は奥秩父縦走路から長沢背稜の峰の連なり
武甲山やら蓑山やら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山やら蓑山やら
峨々たるフォルムの両神山の手前に二子山も見えますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峨々たるフォルムの両神山の手前に二子山も見えますね
破風(はっぷ)山と破風(はふ)山ww
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風(はっぷ)山と破風(はふ)山ww
今年こそ攻略したいぞ和名倉山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年こそ攻略したいぞ和名倉山
三峰三山。こう見るとけっこうな急登なんだなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰三山。こう見るとけっこうな急登なんだなぁ
この山座同定案内は、前回の長瀞北アルプスでも見た気がする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山座同定案内は、前回の長瀞北アルプスでも見た気がする
さてここからが長瀞アルプスの本番です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてここからが長瀞アルプスの本番です
お? なんかいい道だぞ…と、思いきや
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お? なんかいい道だぞ…と、思いきや
なんかすげ〜急降下です。階段があったけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかすげ〜急降下です。階段があったけど。
さらに進むとまた急降下
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進むとまた急降下
根子屋方面との分岐。この毒キノコ云々の看板って有名なの?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子屋方面との分岐。この毒キノコ云々の看板って有名なの?
10分弱舗装路を進んで奈良沢峠に到着。ここからまたトレイルです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分弱舗装路を進んで奈良沢峠に到着。ここからまたトレイルです
よく整備された道でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく整備された道でした
すぐに小鳥峠を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに小鳥峠を通過
明るい雑木林の中を通る快適なトレイルが続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい雑木林の中を通る快適なトレイルが続きます
野上峠は気が付かず通り過ぎてしまい、振り返っての撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野上峠は気が付かず通り過ぎてしまい、振り返っての撮影
さらに進んで氷池分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進んで氷池分岐
いい感じの道が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの道が続きます
天狗山分岐を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山分岐を通過
こんな快適な道を整備してくれているのでしたら、100円くらい惜しみませんがな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな快適な道を整備してくれているのでしたら、100円くらい惜しみませんがな
木々のすき間から見えるのはお次に登る小林山方面か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々のすき間から見えるのはお次に登る小林山方面か?
高度が下がってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度が下がってきました
登山口まで下りてきました。長瀞駅から2時間20分ほどでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで下りてきました。長瀞駅から2時間20分ほどでした
高砂橋で荒川を渡ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高砂橋で荒川を渡ります
長瀞ライン下りの雰囲気だけ味わいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長瀞ライン下りの雰囲気だけ味わいます
金ヶ岳に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金ヶ岳に向かいます
最初は歩きやすい道でしたのでヘラヘラ進んでいたところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は歩きやすい道でしたのでヘラヘラ進んでいたところ
直ぐに険しくなりました( ̄д ̄;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐに険しくなりました( ̄д ̄;)
途中の分岐。写真の方向へも進めるようなのですが…もちろんアタシは進みません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の分岐。写真の方向へも進めるようなのですが…もちろんアタシは進みません
しかしこちらの道も案外と傾斜がキツかった(-_-;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしこちらの道も案外と傾斜がキツかった(-_-;)
木々のすき間から見えた宝登山。さっきまでアソコにいたんだよなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々のすき間から見えた宝登山。さっきまでアソコにいたんだよなぁ
1
春日神社方面の分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春日神社方面の分岐
春日神社の背後のピークが金ヶ岳の山頂かな? 春日神社は写真を撮り忘れたorz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春日神社の背後のピークが金ヶ岳の山頂かな? 春日神社は写真を撮り忘れたorz
1
すぐ近くの御嶽大神の石碑。こちらで休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ近くの御嶽大神の石碑。こちらで休憩
小林山に向かいます。植林の中を進みよく整った道。アタシの好きなシチュエーション。日が差し込んでくれればもっとよかったですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小林山に向かいます。植林の中を進みよく整った道。アタシの好きなシチュエーション。日が差し込んでくれればもっとよかったですが
1
この分岐はちょっと迷う。右は植平方面に向かうようなので左へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐はちょっと迷う。右は植平方面に向かうようなので左へ
5分ほどで岩根方面と交差しているので、こちらは右へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5分ほどで岩根方面と交差しているので、こちらは右へ
さらに10分ほどで植平峠に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに10分ほどで植平峠に到着
植林帯を歩くこと5分足らずで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯を歩くこと5分足らずで
舗装路を渡ってトレイルに取り付きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路を渡ってトレイルに取り付きます
5分ほどで、林道方面への道と小林山のピークに向かう踏み跡とが分岐します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5分ほどで、林道方面への道と小林山のピークに向かう踏み跡とが分岐します
小林山ピーク直下の上り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小林山ピーク直下の上り
そして小林山のピークに到着。本日の最高標高地点です…地味ですが(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして小林山のピークに到着。本日の最高標高地点です…地味ですが(^_^;)
1
ムリクリ林道に復帰しようと急坂を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムリクリ林道に復帰しようと急坂を下ります
林道に降り立ちました。後はこの道をひたすら下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に降り立ちました。後はこの道をひたすら下ります
途中の水たまりにカエルと思しき卵が…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の水たまりにカエルと思しき卵が…
1
ゴルフ場脇で視界が開ける場所あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルフ場脇で視界が開ける場所あり
歩きやすい道なんですが、とにかく長くて…例によってヘロヘロ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道なんですが、とにかく長くて…例によってヘロヘロ
舗装路で下りて来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路で下りて来ました
再び荒川を渡って波久礼駅でゴールです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び荒川を渡って波久礼駅でゴールです

感想/記録

えーと、長瀞アルプスを縦走してきました。

年初から取り組んでおります、奥武蔵のご当地アルプスを縦走するシリーズの第四弾です。

前回、長瀞“北”アルプスを縦走した際に、長瀞アルプスも一緒に踏破しようともくろんだのですが、“体力ナシ”なへたれハイカーは、長瀞“北”アルプスだけでもヘロヘロになってしまったため、泣く泣く断念。今回に至った次第。
しかし、長瀞アルプスだけとなるとCTは3時間とちょっとですので、これはこれで物足りなくなりそう…。
それならば、前回雨乞山で昼食をとっていた際に荒川を挟んだ正面に見えていた小林山(天平山)にも登ってみよう! と、アタクシはまたも秩父鉄道に乗り込んだのでした。

先にメインイベントの長瀞アルプスに向かいます。
まずは、長瀞駅をスタートし宝登山に登ります。

宝登山神社から奥宮へ向かう参道で山頂を目指しましたが、舗装されていないだけで車道歩きですね…けっこう傾斜はありましたけど。
途中でショートカットしているかのような踏み跡がありましたので、そちらを利用。さらに「熊高さくらの森」というエリアがあったので、そちらを通ったところ、イチバン上にロープが張られてました。通っちゃあかんかったのでしょうかね?

ロープウェイの山頂駅を過ぎると、蝋梅園や梅園がありまして、そこからの眺めもよかったですが、山頂からの眺望はそれ以上。
城峰山から始まり、両神山や奥秩父主脈縦走路の埼玉最奥部の峰々のほか、長沢背稜から奥多摩、武甲山までズラリと見渡せましてすっかりお腹いっぱいになりました。

その後は長瀞アルプスに向かいます。
まずは山頂からの下りになりますが、かなりの急坂でした( ゜д゜)
階段になっているとこもありましたが、そうでないとカンタンには下れないような急斜面です。下りの苦手なへたれハイカーのアタシはヨレヨレと下りますが、それ以上に、すれ違う上りのハイカーさんたちは皆さん大変そうでしたね。

いったん舗装路になり、奈良沢峠からふたたびトレイルに入ります。

こちらの道は、実に快適でした。
傾斜はゆるやかに下っていて、路面はよく整っていて歩きやすい。周囲は葉が落ちた広葉樹林帯のようで、日がさんさんと差し込んで実に気持ちいい。へたれハイカーの大いに好むシチュエーションでしたので、調子に乗ってズガズガと進みましたね。
特に難所もなく、1時間足らずで登山口まで下りて来ました。
都内近郊で気軽に山登りをしたいと考えたら、コースの充実度、施設面など含めて、個人的には高尾山よりもこの宝登山を含めたコースの方がいいと感じましたね。もっと人気が出てもいいんじゃないかなぁ。

ともあれ、お次は小林山へと向かいます。
今回アタクシが歩いたのは、ちょうど1週間前に秩父鉄道が開催したハイキングイベントの「早春の金ヶ嶽から小林山へ☆峠道ハイキング」と同じコース…というか、アタクシが遅ればせながら便乗したわけですが。

はずは金ヶ岳へ。
荒川を渡り、春日神社の鳥居をくぐってトレイルに入ります。
当初は歩きやすい道ですが、10分ほどで傾斜がキツくなりまして、へたれハイカーのアタイはたちまち息も絶え絶えです。
それでも30分ほどで金ヶ岳山頂の春日神社に到着。
その先は多少のアップダウンがありつつも、おおむね歩きやすい道となりました。
周囲が植林帯のいかにも低山といった感じの道を進み、葉原峠で舗装路を横切って小林山に向かいます。

小林山は本日の最高標高地点。
ですが、行ってみると特に何もない地味なピークでした。まぁ奥武蔵ではありがちですね(^_^;)

その後は延々と林道(なのかな?)を下ります。
歩きやすい道なのですが、いかんせんとても長くて…金尾集落に下ってくるころにはいつものごとくすっかりヘロヘロでした(*´Д`*)

ってなわけで、奥武蔵のご当地アルプスの4コースをなんとか踏破いたしました。
期せずして4回連続で秩父鉄道沿線への山行となりましたが、このエリアのご当地アルプス縦走はこれにて終了。
当シリーズは次から西武線沿線へとステージが変わります。

遅筆につき、詳細レポートはいずれブログにて
http://awaya-daizen.cocolog-nifty.com/


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:137人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ