また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3015231 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 東海

七面山→梅ヶ島温泉

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年03月19日(金) ~ 2021年03月20日(土)
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間20分
休憩
32分
合計
7時間52分
S角瀬登山口08:2008:22七面山北参道登山口08:2308:51七丁目休憩所08:5510:03安住坊10:0411:00明浄坊11:0311:50奥の院12:0712:13七面山二ノ池12:1412:28敬慎院12:3013:59七面山(山頂標柱場所)14:0014:36希望峰14:3815:551964m峰16:12宿泊地
2日目
山行
6時間50分
休憩
22分
合計
7時間12分
宿泊地07:3610:08八紘嶺10:2510:44八紘沢の頭11:35富士見台12:16八紘嶺登山口(安倍峠)12:1712:29安倍峠12:3212:41安倍川源流13:53八紘嶺登山道入口14:25八紘嶺安倍峠登山口14:2614:48梅ヶ島温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
倒木多し。積雪あるが危険個所なし
過去天気図(気象庁) 2021年03月の天気図 [pdf]

写真

身延駅から早川町営バスに乗り8時頃北参道登山口に着。朝に着くバスは身延線富士方面から向かう場合は始発でないと間に合わないため、富士市内に前泊した
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
身延駅から早川町営バスに乗り8時頃北参道登山口に着。朝に着くバスは身延線富士方面から向かう場合は始発でないと間に合わないため、富士市内に前泊した
上昇高度は結構あるがつづら折りの良く踏まれた道のためあまり苦しくはない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上昇高度は結構あるがつづら折りの良く踏まれた道のためあまり苦しくはない。
参道の至る所に塩水が置かれていたが何に使うのかわからない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参道の至る所に塩水が置かれていたが何に使うのかわからない
北参道は四十八丁に区切られている。各丁石毎に蓮華経の一説?が掲げられていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北参道は四十八丁に区切られている。各丁石毎に蓮華経の一説?が掲げられていた
常住坊と栃の大木。まだシーズンオフで開いていない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常住坊と栃の大木。まだシーズンオフで開いていない
土地勘が無いのでよくわからなかったが南アルプスのどこかの白い山容が垣間見えていた。聖岳?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土地勘が無いのでよくわからなかったが南アルプスのどこかの白い山容が垣間見えていた。聖岳?
この日初めて富士山を見た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日初めて富士山を見た
奥の院も一泊二食6000円で泊まれるようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院も一泊二食6000円で泊まれるようだ
一の池はまだ真っ白
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の池はまだ真っ白
敬槇院、庭に雪は無かったが階段等に残っている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敬槇院、庭に雪は無かったが階段等に残っている
リフトの傍にシカの群れがいた。真横を通っても全く動じない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトの傍にシカの群れがいた。真横を通っても全く動じない
雪の積もった境内を抜けると大崩れが見える。時々ガラガラと落石の音がする。強風で巻き上げられた砂埃が目に入って参った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の積もった境内を抜けると大崩れが見える。時々ガラガラと落石の音がする。強風で巻き上げられた砂埃が目に入って参った
七面山頂上に眺望は無し。ここでテントを張ろうと計画していたがまだ時間が早いので進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七面山頂上に眺望は無し。ここでテントを張ろうと計画していたがまだ時間が早いので進む
この後唯一の眺望ポイントである喜望峰の写真を撮り忘れ、何もない尾根の写真しか残っていない。喜望峰付近は残雪が多かったがすぐに薄くなった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後唯一の眺望ポイントである喜望峰の写真を撮り忘れ、何もない尾根の写真しか残っていない。喜望峰付近は残雪が多かったがすぐに薄くなった
倒木が特に酷い鞍部。倒木の上を歩くのに軽アイゼンが程よく刺さって有用だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木が特に酷い鞍部。倒木の上を歩くのに軽アイゼンが程よく刺さって有用だった
1964ピークから降りた台地に幕営。当然眺望は無いが、どちらにせよガスが漂っており何も見えなかっただろう。この日は19時ごろになると晴れて月も出ていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1964ピークから降りた台地に幕営。当然眺望は無いが、どちらにせよガスが漂っており何も見えなかっただろう。この日は19時ごろになると晴れて月も出ていた
翌日。放射冷却でよく冷えテントは凍り付いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日。放射冷却でよく冷えテントは凍り付いていた。
この時間までは青空も見えたが眺望ポイントが無いのであまり意味が無い。この後徐々にガスってくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間までは青空も見えたが眺望ポイントが無いのであまり意味が無い。この後徐々にガスってくる
登山道として整備するためにかつて倒木を切り開いた形跡はあるが、今の惨状は回復できるんだろうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道として整備するためにかつて倒木を切り開いた形跡はあるが、今の惨状は回復できるんだろうか
八紘嶺に着いた時点でガスっており、大分逡巡したがこのまま大谷崩れ方面に向かってもどうせ眺望は無いと思い安倍峠方面に降りることにした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八紘嶺に着いた時点でガスっており、大分逡巡したがこのまま大谷崩れ方面に向かってもどうせ眺望は無いと思い安倍峠方面に降りることにした。
下るとすこしはガスが晴れてくるが頂上付近はどこも雲を被っている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下るとすこしはガスが晴れてくるが頂上付近はどこも雲を被っている
ところどころザレ場、ロープ場も経由しながら安倍峠トイレに到着。トイレは閉まっているが、林道が完全に崩壊して整備できない為だろうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころザレ場、ロープ場も経由しながら安倍峠トイレに到着。トイレは閉まっているが、林道が完全に崩壊して整備できない為だろうか
安倍峠からの川沿いの道は歩きやすい。テントを張りたくなるような場所もある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安倍峠からの川沿いの道は歩きやすい。テントを張りたくなるような場所もある
林道を少し歩き、植林帯の道を降って梅ヶ島温泉から静岡市街地の宿へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を少し歩き、植林帯の道を降って梅ヶ島温泉から静岡市街地の宿へ向かう。

感想/記録
by SLK23

静岡に所用があったので近郊の手ごろな山を探して縦走することにした。早朝からテントを抱えての行程だったが、水場は皆無でテント適地もほとんどなかった。また倒木が積み重なっていて60Lザックでは抜けるのに相当苦労した。しかも雪も結構残っている。
昼から登り始め七面山の宿坊に泊まり、身軽な装備で縦走路を駆け抜ける方が良かったと思う。宿坊(奥の院)は一泊二食6000円と良心的な価格(勤行とかが嫌でなければ)。またこれは詳しく調べていないが、梅ヶ島温泉梅燻楼も登山者向けの一万円を切るプランがあるらしい。宿泊施設が充実しているのでわざわざテントを抱えて向かうような山域ではなかった
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:198人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ