ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 3046281
全員に公開
ハイキング
伊豆・愛鷹

伊豆山稜線歩道(船原峠〜仁科峠)

2021年04月03日(土) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
08:22
距離
21.1km
登り
938m
下り
975m
歩くペース
速い
0.80.9
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
7:06
休憩
1:15
合計
8:21
7:56
45
8:41
8:51
53
9:44
9:54
11
10:05
10:05
21
10:26
10:39
23
11:02
11:02
57
11:59
12:00
44
12:44
13:24
17
13:41
13:41
28
14:09
14:10
18
14:28
14:28
12
14:40
14:40
97
16:17
16:17
0
16:17
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2021年04月の天気図
アクセス
利用交通機関:
バス 自家用車
伊豆箱根鉄道修善寺駅前のコインパーキングに駐車、バスで移動。
三井のリパーク修善寺駅前、24時間最大500円、6台。
修善寺駅前4番バス乗り場より、松崎行きに乗車。
(行き)修善寺駅7:15→平石7:48、990円
(帰り)持越温泉16:40→修善寺駅17:28、1000円。
【トイレ】修善寺駅。登山口にはありません。
コース状況/
危険箇所等
整備されたハイキングコース。
平石バス停で下車。道路を横断して、すぐ旧道に入るので、車に脅かされないで歩けます。
2021年04月03日 07:50撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
1
4/3 7:50
平石バス停で下車。道路を横断して、すぐ旧道に入るので、車に脅かされないで歩けます。
土肥峠(船原峠)に到着。伊豆山稜線歩道では、船原峠となっています。
2021年04月03日 08:37撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 8:37
土肥峠(船原峠)に到着。伊豆山稜線歩道では、船原峠となっています。
船原峠には、東屋と駐車スペースがあります。東屋の横の階段を上ります。
2021年04月03日 08:39撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 8:39
船原峠には、東屋と駐車スペースがあります。東屋の横の階段を上ります。
目指す仁科峠まで、215分のコースタイムです。
2021年04月03日 08:40撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
1
4/3 8:40
目指す仁科峠まで、215分のコースタイムです。
階段を上ったところにもベンチと案内板があります。ここでひと休み。
2021年04月03日 08:41撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 8:41
階段を上ったところにもベンチと案内板があります。ここでひと休み。
伊豆山稜線歩道の案内図。
2021年04月03日 08:49撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 8:49
伊豆山稜線歩道の案内図。
頭上にはマメザクラ。盛んに散っています。
2021年04月03日 08:56撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
8
4/3 8:56
頭上にはマメザクラ。盛んに散っています。
足下には、サクラの花びら。
2021年04月03日 08:57撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
2
4/3 8:57
足下には、サクラの花びら。
植林帯は、わずかの区間でした。
2021年04月03日 09:09撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 9:09
植林帯は、わずかの区間でした。
明るい尾根道。
2021年04月03日 09:16撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4
4/3 9:16
明るい尾根道。
マメザクラの説明板。所々に樹木の説明板がありました。
2021年04月03日 09:16撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 9:16
マメザクラの説明板。所々に樹木の説明板がありました。
眼下に見えるのは土肥かな。
2021年04月03日 09:18撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
5
4/3 9:18
眼下に見えるのは土肥かな。
満開のマメザクラ。
2021年04月03日 09:22撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
10
4/3 9:22
満開のマメザクラ。
下向きに小さな花が咲きます。
2021年04月03日 09:22撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
11
4/3 9:22
下向きに小さな花が咲きます。
縦走路にある棚場山の山頂標識。
2021年04月03日 09:36撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 9:36
縦走路にある棚場山の山頂標識。
三角点ピークは、左手に外れたところにあるはずなので、薄い踏み跡をたどってみます。
2021年04月03日 09:38撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 9:38
三角点ピークは、左手に外れたところにあるはずなので、薄い踏み跡をたどってみます。
棚場山の三角点。
2021年04月03日 09:42撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
1
4/3 9:42
棚場山の三角点。
ピークに登った後は、当然下ります。
2021年04月03日 09:51撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
1
4/3 9:51
ピークに登った後は、当然下ります。
下りきったところが、吉奈峠。
2021年04月03日 10:02撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 10:02
下りきったところが、吉奈峠。
ヤマルリソウ。とても小さいですが、きれいな空色で目立っていました。
2021年04月03日 10:12撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
7
4/3 10:12
ヤマルリソウ。とても小さいですが、きれいな空色で目立っていました。
左側の土手?の向こうは車道です。時折、バイクの轟音がします。
2021年04月03日 10:17撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 10:17
左側の土手?の向こうは車道です。時折、バイクの轟音がします。
南無妙峠。由来の書かれた案内板があります。
2021年04月03日 10:27撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 10:27
南無妙峠。由来の書かれた案内板があります。
由来になった南無妙法蓮華経の石碑。
2021年04月03日 10:27撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 10:27
由来になった南無妙法蓮華経の石碑。
土肥峠。持越温泉へ下れます。
2021年04月03日 11:00撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 11:00
土肥峠。持越温泉へ下れます。
持越温泉へは、車道の下をトンネルで潜って向かうようです。
2021年04月03日 11:00撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 11:00
持越温泉へは、車道の下をトンネルで潜って向かうようです。
迂回路が出来ている崩落箇所。
2021年04月03日 11:08撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 11:08
迂回路が出来ている崩落箇所。
魂の山への登りに入ると階段が出て来ます。
2021年04月03日 11:24撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 11:24
魂の山への登りに入ると階段が出て来ます。
振り返ると富士山!ちょうどマメザクラの間から見えました。
2021年04月03日 11:29撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
9
4/3 11:29
振り返ると富士山!ちょうどマメザクラの間から見えました。
富士山とマメザクラとアセビ。
2021年04月03日 11:29撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
11
4/3 11:29
富士山とマメザクラとアセビ。
前方に見えるのが魂の山かな?布袋が登山道に敷き詰めてあります。
2021年04月03日 11:51撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4
4/3 11:51
前方に見えるのが魂の山かな?布袋が登山道に敷き詰めてあります。
振り返るとアセビの原の向こうに富士山。
2021年04月03日 11:53撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4
4/3 11:53
振り返るとアセビの原の向こうに富士山。
魂の山山頂に到着。西風が強いので、木々が斜めっています。
2021年04月03日 11:56撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
1
4/3 11:56
魂の山山頂に到着。西風が強いので、木々が斜めっています。
2021年04月03日 11:56撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
2
4/3 11:56
山頂標識の反対側には、富士山と達磨山?が見えます。
2021年04月03日 11:58撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
1
4/3 11:58
山頂標識の反対側には、富士山と達磨山?が見えます。
登った後は下ります。マメザクラの回廊になっています。
2021年04月03日 12:11撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
6
4/3 12:11
登った後は下ります。マメザクラの回廊になっています。
で、また登る。アップダウンが続きます。
2021年04月03日 12:16撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
1
4/3 12:16
で、また登る。アップダウンが続きます。
左手に直角に曲がります。
2021年04月03日 12:27撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 12:27
左手に直角に曲がります。
草原の道になりました。
2021年04月03日 12:27撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
3
4/3 12:27
草原の道になりました。
眼下には、宇久須峠。左奥には、仁科峠のナベ石が見えています。
2021年04月03日 12:32撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
3
4/3 12:32
眼下には、宇久須峠。左奥には、仁科峠のナベ石が見えています。
ベンチと東屋がある宇久須峠に到着。ここでお昼にします。
2021年04月03日 12:42撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
1
4/3 12:42
ベンチと東屋がある宇久須峠に到着。ここでお昼にします。
2021年04月03日 12:42撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 12:42
宇久須峠の石仏。
2021年04月03日 12:43撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 12:43
宇久須峠の石仏。
風早峠。名前のとおり風が強いところのようですが、今日は静かです。
2021年04月03日 13:39撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 13:39
風早峠。名前のとおり風が強いところのようですが、今日は静かです。
牧場の柵沿いに歩きます。
2021年04月03日 13:58撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
1
4/3 13:58
牧場の柵沿いに歩きます。
仁科峠に到着。標識の下に見えるナベ石の展望台は、余力も時間も無いので断念。
2021年04月03日 14:06撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 14:06
仁科峠に到着。標識の下に見えるナベ石の展望台は、余力も時間も無いので断念。
この辺りは標高が高いので、まだマメザクラが満開です。
2021年04月03日 14:18撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
7
4/3 14:18
この辺りは標高が高いので、まだマメザクラが満開です。
車道を歩いて風早峠まで戻り、天城温泉郷方面へ下ります。
2021年04月03日 14:21撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
1
4/3 14:21
車道を歩いて風早峠まで戻り、天城温泉郷方面へ下ります。
持越鉱山まで下りて来ました。
2021年04月03日 15:45撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
4/3 15:45
持越鉱山まで下りて来ました。
持越温泉バス停に到着。16:40のバスに間に合いました。
2021年04月03日 16:15撮影 by  TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
1
4/3 16:15
持越温泉バス停に到着。16:40のバスに間に合いました。

感想

久しぶりにロングコースです。
バス利用のため、帰りの時間が気になりますが、間に合わない場合は仁科峠の往復をカットすることにして、決行しました。

主稜線はマメザクラが満開です。
例年だと最盛期のようですが、今年は標高の低い船原峠付近は、すでに盛んに散っています。
それでも植林帯を歩くのは、わずかな区間で、ほぼずーっとマメザクラを見ながら歩くことがで来ました。

雲が多いので見れない、と思っていた富士山も見ることが出来て、ラッキーでした。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:897人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら