また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3072670 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

大垂水峠。群落はニリンソウ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年04月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.4~1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
8分
合計
6時間38分
S高尾山薬王院祈祷殿駐車場09:1109:28梅ノ木平09:2909:40草戸峠 登山口10:25草戸峠 登山口10:2611:34西山峠11:40東山11:4111:44入沢山12:00中沢山12:04中沢峠12:0512:14コンピラ山12:23大洞山12:2412:54大垂水峠12:5513:13赤馬分岐13:1413:18大洞山13:25コンピラ山13:34中沢峠13:39中沢山14:06入沢山14:0714:11東山14:16西山峠15:30梅ノ木平15:46高尾山薬王院祈祷殿駐車場15:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 ザック light R ズボン 夏 シューズshort 長袖シャツ春 夏帽子

写真

高尾山の駐車場。ここより出発。
新緑が眩しい
2021年04月11日 09:03撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山の駐車場。ここより出発。
新緑が眩しい
2
しばらく車道を歩き、大垂水峠の標識が出たので、案内のまま進む。
京の路地のように風情があったり
2021年04月11日 10:30撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく車道を歩き、大垂水峠の標識が出たので、案内のまま進む。
京の路地のように風情があったり
2
しばらく進むとニリンソウが。
道路脇にたくさんの小群落があった
2021年04月11日 09:43撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むとニリンソウが。
道路脇にたくさんの小群落があった
1
歩き進んで、違う道を歩いていることに気づく。
どうもひとつ手前の谷筋の道のようだ
2021年04月11日 09:42撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き進んで、違う道を歩いていることに気づく。
どうもひとつ手前の谷筋の道のようだ
2
今日は余裕があるので、そのまま散策がてら、進むことに。
この道もなかなかよい
2021年04月11日 09:49撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は余裕があるので、そのまま散策がてら、進むことに。
この道もなかなかよい
4
ということで、高尾グリーンセンターなるところで引き返す。
施設は、閉鎖されていた
2021年04月11日 10:18撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで、高尾グリーンセンターなるところで引き返す。
施設は、閉鎖されていた
2
沢沿いのニリンソウ。
光があたってきれいです
2021年04月11日 10:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いのニリンソウ。
光があたってきれいです
5
そうして本来の道へと歩みを進めると、登山道脇に現れはじめた
2021年04月11日 11:02撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうして本来の道へと歩みを進めると、登山道脇に現れはじめた
1
こちらの道も小群落が続いていた
2021年04月11日 11:07撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの道も小群落が続いていた
2
アップで
2021年04月11日 11:07撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで
5
まだ蕾のものも
2021年04月11日 11:15撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ蕾のものも
4
ずいぶんと可憐で
2021年04月11日 11:15撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずいぶんと可憐で
4
咲き方の密度もすばらしく
2021年04月11日 11:17撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き方の密度もすばらしく
3
数え切れないほどのニリンソウ
2021年04月11日 11:17撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数え切れないほどのニリンソウ
2
本当にすばらしく
2021年04月11日 11:18撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当にすばらしく
1
すると、信じ難いほどの広大な群生地が現れた
2021年04月11日 11:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると、信じ難いほどの広大な群生地が現れた
3
こんなにも広々と、かつ密生していた
2021年04月11日 11:20撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなにも広々と、かつ密生していた
3
ところどころにエンゴサクが
2021年04月11日 11:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころにエンゴサクが
3
ふだんなら、気にとめることの少ない紫色も、ニリンソウの白をを引き立てる
2021年04月11日 11:21撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふだんなら、気にとめることの少ない紫色も、ニリンソウの白をを引き立てる
2
さらに上の斜面にも、群生地は広がっており
2021年04月11日 11:24撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに上の斜面にも、群生地は広がっており
1
白い世界がどこまでも。
すばらしい群落です
2021年04月11日 11:23撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い世界がどこまでも。
すばらしい群落です
2
最初に少し時間を使ってしまい、初めての道で、先も気になるので、大垂水峠へと向かうことに
2021年04月11日 11:25撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に少し時間を使ってしまい、初めての道で、先も気になるので、大垂水峠へと向かうことに
7
途中の展望地から
2021年04月11日 11:48撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の展望地から
1
登山道沿いにベンチがあり、数人休んでいました
2021年04月11日 11:48撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道沿いにベンチがあり、数人休んでいました
4
そうして大垂水峠へ到着。
高尾山経由で帰ろうと思っていたが、ニリンソウ群落を十分に堪能した感じが乏しい
2021年04月11日 12:44撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうして大垂水峠へ到着。
高尾山経由で帰ろうと思っていたが、ニリンソウ群落を十分に堪能した感じが乏しい
1
ということで、同じ道を戻ることとした。
戻る途中、桜と青空
2021年04月11日 13:06撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで、同じ道を戻ることとした。
戻る途中、桜と青空
1
大洞山に登り返す
2021年04月11日 13:14撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞山に登り返す
1
展望良しのベンチで。
戻りのときは人少なく、しばらく休憩
2021年04月11日 13:45撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望良しのベンチで。
戻りのときは人少なく、しばらく休憩
1
再び、群生地へ到着。
帰りは斜面を降りていくかたちとなる
2021年04月11日 14:16撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、群生地へ到着。
帰りは斜面を降りていくかたちとなる
3
いやー、すばらしいです
2021年04月11日 14:17撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやー、すばらしいです
3
二度目も見とれます
2021年04月11日 14:18撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二度目も見とれます
2
ニリンソウなので、きちんとした二輪を撮っておこうと
2021年04月11日 14:21撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウなので、きちんとした二輪を撮っておこうと
2
午後の群落。
光と影もすばらしい
2021年04月11日 14:25撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後の群落。
光と影もすばらしい
4
もう一度二輪を
2021年04月11日 14:27撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度二輪を
1
主役はこちらに
2021年04月11日 14:33撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主役はこちらに
1
立ち上がるニリンソウ群
2021年04月11日 14:39撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち上がるニリンソウ群
1
光を浴びて、可憐
2021年04月11日 14:40撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光を浴びて、可憐
8
横顔のアップも
2021年04月11日 14:41撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横顔のアップも
2
乱れ咲のようですが、こんな様子もすばらしい
2021年04月11日 14:42撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乱れ咲のようですが、こんな様子もすばらしい
またまたアップで。
少々混雑気味
2021年04月11日 14:43撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまたアップで。
少々混雑気味
2
そろそろ見納めでしょうか
2021年04月11日 14:43撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ見納めでしょうか
2
ということで、それなりに満足感が来たので、そろそろ帰ろうと。でも、まだ、後ろ髪をひかれますが。
無事駐車場に到着
2021年04月11日 14:45撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで、それなりに満足感が来たので、そろそろ帰ろうと。でも、まだ、後ろ髪をひかれますが。
無事駐車場に到着
3
撮影機材:

感想/記録
by self

 また、「別れと出会いの春」がやってきた。別れはつらく、出会いは嬉しい。変哲もない道を歩いていると、ふとそんなあたりまえのことが頭をよぎる。おそらくその根は成長やら旅立ちなのだろう。未来の飛躍や跳躍のさきがけといってもいいのかもしれない。Springなる語が春という意のほかに、だからバネという意味もあるのだと勝手にひとり合点もしてしまう。
 だが、歳をふるにしたがい、それは定めなのだろうか、別れのみがやってきてしまう。別離はとても悲しく、ぽっかりと空いたこころの空間を、いったい何が埋めてくれるのだろうか。「涙があふれて止まらない」という切ない声がなかなか耳から離れず、もう長年、闇の奥に呑み込まれていたはずだった、
 April is the cruellest month, breeding
 Lilacs out of the dead land, mixing ,,,,,,
と、昔、習い覚えた詩句もどうしたわけか浮かんできて、まったくその通りに残酷な季節だと、いっそう切なくなってしまう。
 同じ春でも「芽吹きの春」は、きっと悲しみを和らげてくれるだろう。散策にはもってこいの暖かい日和に、ニリンソウを見ようと、大垂水峠まで歩いた。道々、もやもやが領する時間があったりもしたが、すばらしい群落を目の当たりにすると、もやもや感は薄れ、ずいぶんと気が晴れるような感じもあったが。広々とした清楚な白さの稠密は、見る者を驚かし、喜ばせるには十分だった。
 この先、大垂水峠まで、足を延ばしたが、途中、見足らぬ感がやって来る始末に。素直に従ったほうがいいだろうと、来た道を戻ることに。再び同じ群生地のその場所で、新鮮さを感じたのは、きっと短時間では見切れない証拠に違いあるまい。そんなわけで、しばらくはニリンソウ群にひたっていた。
 こんな日があってもおかしくはないだろう。さて、ぽっかりと空いた隙間は、少しながらでも埋まっただろうか、どうやら即答は難しいようだ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:221人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ