また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3090031 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

三ツ峠山登頂。新倉山から御殿、霜山、木無山、御巣鷹山、開運山、屏風岩に沿って下りる。富士山がいつも一緒

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年04月19日(月) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス
下吉田〜中央道西桂バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間10分
休憩
1時間50分
合計
9時間0分
S下吉田駅07:5008:10新倉富士浅間神社08:50ゴンゴン石09:0009:10新倉山09:20御殿10:30霜山11:50木無山12:00展望ポイント-212:20御巣鷹山12:30三ッ峠山13:0013:10屏風岩13:50八十八大師14:20股覗き14:3014:50達磨石15:30憩いの森公園15:40山祇神社15:50三ツ峠グリーンセンター16:5016:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
御巣鷹山は何もなく、行く価値ありか疑問。ただ人情として3山で一つと考えると行かざるを得ないか。途中で手袋を落とすが、拾って教えてくれるハイカーに遇ったり、福禄寿や吉祥天に遇えたやはり開運山登山だった。
コース状況/
危険箇所等
屏風岩下ルートは超危険。落石、落氷、絶壁。一歩間違えばさようならルート、心して掛かるべし。
その他周辺情報西桂町グリーンセンターで締めの風呂。なかなかいい、親切。癒し効果抜群。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック
備考 ストックは持って行って良かった。へろへろ、よたよた対策。

写真

西吉田駅からから歩いて15分ほどで新倉富士浅間神社に着きます。三国第一山は富士山、これは眺望において肯けます。
2021年04月19日 08:05撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吉田駅からから歩いて15分ほどで新倉富士浅間神社に着きます。三国第一山は富士山、これは眺望において肯けます。
1
パッと振り向くと青空に富士山。素晴らしい。これからずっと背中に富士を感じることになります。
2021年04月19日 08:07撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パッと振り向くと青空に富士山。素晴らしい。これからずっと背中に富士を感じることになります。
4
神社の脇は散歩道。まだ水仙が。
2021年04月19日 08:14撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の脇は散歩道。まだ水仙が。
桜とアカヤシオが一緒に咲いてます。
2021年04月19日 08:15撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜とアカヤシオが一緒に咲いてます。
満開の桜と富士。やはり似合いますね。これから富士山が背中にずっと一緒。
2021年04月19日 08:19撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開の桜と富士。やはり似合いますね。これから富士山が背中にずっと一緒。
3
なかなか深い言葉です。芥川賞作家李良枝の短くも深い人生を感じます。
2021年04月19日 08:20撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか深い言葉です。芥川賞作家李良枝の短くも深い人生を感じます。
ゴンゴン石。福禄寿のおじいさんが言われました。小さい頃は学校からここまで登って遊んだものだと。頭をこの穴に入れるとゴーンと風の音が聞こえます。実際。
2021年04月19日 08:58撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンゴン石。福禄寿のおじいさんが言われました。小さい頃は学校からここまで登って遊んだものだと。頭をこの穴に入れるとゴーンと風の音が聞こえます。実際。
楽しい山歩きも神社まで、後は御殿まで登る、登る、地元のおじいちゃん、私には福禄寿に見えました。御殿まで導いて頂きました。感謝感謝です。
2021年04月19日 09:14撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい山歩きも神社まで、後は御殿まで登る、登る、地元のおじいちゃん、私には福禄寿に見えました。御殿まで導いて頂きました。感謝感謝です。
1
新倉山からの富士山。「あらくら山」と読みます。ここまででもキツイ。
2021年04月19日 09:16撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新倉山からの富士山。「あらくら山」と読みます。ここまででもキツイ。
3
雪が昨日降ったとのことで、より白い衣が美しくなっています。
2021年04月19日 09:16撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が昨日降ったとのことで、より白い衣が美しくなっています。
3
御殿に着きました。もうフラフラ、ヘロヘロ、福禄寿のご加護で登れた次第。
2021年04月19日 09:18撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿に着きました。もうフラフラ、ヘロヘロ、福禄寿のご加護で登れた次第。
アカヤシオに富士。
2021年04月19日 09:26撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオに富士。
3
登れば登るほど、富士山が近く感じます。
2021年04月19日 10:10撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登れば登るほど、富士山が近く感じます。
4
霜山からの富士、確かに登山道に霜がありました。寒いのでしょうね。後は尾根沿いで大丈夫と福禄寿様がおっしゃってました。
2021年04月19日 10:28撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜山からの富士、確かに登山道に霜がありました。寒いのでしょうね。後は尾根沿いで大丈夫と福禄寿様がおっしゃってました。
4
ここまで来るのが一番シンドかった。富士が見ている。
2021年04月19日 10:29撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来るのが一番シンドかった。富士が見ている。
3
青空にコブシ。
2021年04月19日 10:52撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空にコブシ。
三ツ峠は峠ではなく、三つの突起がある山の意味。その一つが木無山、我登頂せり。
2021年04月19日 11:48撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ峠は峠ではなく、三つの突起がある山の意味。その一つが木無山、我登頂せり。
木無山を越えて富士。
2021年04月19日 11:57撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木無山を越えて富士。
2
三ツ峠山の一つ御巣鷹山下からの富士。
2021年04月19日 12:15撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ峠山の一つ御巣鷹山下からの富士。
3
そして頂上開運山からの富士
2021年04月19日 12:33撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして頂上開運山からの富士
3
開運山、三ツ峠最高点からの富士。
2021年04月19日 12:34撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開運山、三ツ峠最高点からの富士。
3
至る所に富士
2021年04月19日 13:11撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至る所に富士
2
三ツ峠山下の屛風岩、凄い迫力
2021年04月19日 13:12撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ峠山下の屛風岩、凄い迫力
富士山がちゃっかり覗いています
2021年04月19日 13:19撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がちゃっかり覗いています
2
落石コロコロ屛風岩下ルート、只管怖い。
2021年04月19日 13:25撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石コロコロ屛風岩下ルート、只管怖い。
ここはどうも修験道の歩いた鍛錬の道らしい。
2021年04月19日 13:32撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはどうも修験道の歩いた鍛錬の道らしい。
八十八大師は弘法さんの謂れからだそうです。よくぞ並べた。密教の山、修験道の山。
2021年04月19日 13:55撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八十八大師は弘法さんの謂れからだそうです。よくぞ並べた。密教の山、修験道の山。
1
この大師さんだけこっちを見ている。
2021年04月19日 13:56撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大師さんだけこっちを見ている。
疲れたら富士を見る。
2021年04月19日 13:58撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れたら富士を見る。
2
股覗きの富士、その意味が分からず、どうも山が重なって富士が二重に見える由
2021年04月19日 14:25撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
股覗きの富士、その意味が分からず、どうも山が重なって富士が二重に見える由
3
分からないまま大きく富士を撮りました。ここでもう富士ともお別れでした。さようなら。
2021年04月19日 14:37撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分からないまま大きく富士を撮りました。ここでもう富士ともお別れでした。さようなら。
2
有名な達磨石、水害を封じるために置かれた由。
2021年04月19日 15:03撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な達磨石、水害を封じるために置かれた由。
1
桜がきれい。
2021年04月19日 15:23撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜がきれい。
途中、美しいお嬢さんに遇う。吉祥天にお会いしたような。グリーンセンターに導いて頂きました。
2021年04月19日 15:31撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、美しいお嬢さんに遇う。吉祥天にお会いしたような。グリーンセンターに導いて頂きました。
グリーンセンターの正面、電車に乗り遅れて、中央高速西桂停留所まで送って頂きました。感謝感謝、やはり吉祥天のお助けか。
2021年04月19日 16:57撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンセンターの正面、電車に乗り遅れて、中央高速西桂停留所まで送って頂きました。感謝感謝、やはり吉祥天のお助けか。
1

感想/記録
by ucan

三ツ峠山は富士山が見える日に行くべし。神に遇える山である。海外でも有名な場所でもあり、一度は足を運ぶ価値あり。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:303人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

落石
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ