また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3140887 全員に公開 ハイキング 氷ノ山

別宮の棚田と翁草・・・ 鉢伏山(ハチ高原)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年05月03日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中国道から舞鶴若狭道に乗り換え春日ICを降りて北近畿豊岡道へ
北近畿豊岡道の八鹿氷ノ山ICで国道9号線へ
国道9号線を鳥取方面へ走り関神社前交差点を左折し県道87号線へ
県道87号線を氷ノ山:ハチ高原方面へ
出合交差点で県道269号線へと右折しハイパーボウル東鉢の麓は別宮からハチ高原P。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間30分
休憩
53分
合計
3時間23分
Sハチ高原 駐車場09:3509:59小代越10:0510:14高丸山10:1511:19鉢伏山12:0112:03鉢伏山ケルン12:20神戸村野工業高校山岳部 遭難慰霊碑12:2412:38スキー場分岐12:58ハチ高原 駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良く整備された登山道で特に問題ありません。
その他周辺情報関神社前交差点を左折し県道87号線直ぐのミニスーパーが買出し最終地点。
国道9号線にはコンビニ多数。
トイレはハチ高原バス停前に50台以上止められる大きな駐車場の向かい側に有ります。
下山後の日帰り温泉は国道9号線八鹿方面に万灯の湯・とがやま温泉:天女の湯・道の駅但馬楽座:やぶ温泉。
過去天気図(気象庁) 2021年05月の天気図 [pdf]

写真

別宮(べっく)の棚田から見える氷ノ山。
水面には逆さ氷ノ山が映る。
辺りにカメラマンが多数、良いアングルを求めて右往左往^^)
棚田の畔にも咲くと言う翁草を求めて此方もウロチョロ。
残念ながら見付けられなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別宮(べっく)の棚田から見える氷ノ山。
水面には逆さ氷ノ山が映る。
辺りにカメラマンが多数、良いアングルを求めて右往左往^^)
棚田の畔にも咲くと言う翁草を求めて此方もウロチョロ。
残念ながら見付けられなかった。
8
別宮の棚田の向かいには別宮の大カツラ。
樹高27.32m 幹回り14.50mもの古木。
根元から湧水が湧き出しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別宮の棚田の向かいには別宮の大カツラ。
樹高27.32m 幹回り14.50mもの古木。
根元から湧水が湧き出しています。
3
別宮の棚田から一っ走りでハチ高原バス停前の大きな駐車場に車を止めてハイクアップ。
既に20台近くの車が止まっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別宮の棚田から一っ走りでハチ高原バス停前の大きな駐車場に車を止めてハイクアップ。
既に20台近くの車が止まっています。
3
駐車場から見上げる目的地のハチ高原スキー場上部の鉢伏山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から見上げる目的地のハチ高原スキー場上部の鉢伏山。
6
支度を済ませオートキャンプ場脇の舗装路を辿り小代越へと向かいます。
今日:明日と晴天が続く予報なのかオートキャンプ場にデイキャンプ場は随分と賑わっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支度を済ませオートキャンプ場脇の舗装路を辿り小代越へと向かいます。
今日:明日と晴天が続く予報なのかオートキャンプ場にデイキャンプ場は随分と賑わっています。
4
やがて舗装路から小石転がる登山道に変わる。
山肌が黒いのは1週間程前の山焼き跡だ。
草原維持の為だろうか?それともスキー場整備の為?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて舗装路から小石転がる登山道に変わる。
山肌が黒いのは1週間程前の山焼き跡だ。
草原維持の為だろうか?それともスキー場整備の為?
5
登り切れば小代越。
此処は←赤倉山:氷ノ山・高丸山:鉢伏山→分岐。
勿論、右折して高丸山:鉢伏山方面へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切れば小代越。
此処は←赤倉山:氷ノ山・高丸山:鉢伏山→分岐。
勿論、右折して高丸山:鉢伏山方面へ
4
小代越から見る高丸山へと一直線に続く階段道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小代越から見る高丸山へと一直線に続く階段道。
5
階段道脇の笹原にはフデリンドウが点在。
結構シンドイ階段道に癒しの花咲く^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段道脇の笹原にはフデリンドウが点在。
結構シンドイ階段道に癒しの花咲く^^)
6
フデリンドウ(筆竜胆)。
リンドウ科リンドウ属に分類される越年草。
高さは5〜10cm位。葉は対生し形は広卵形で全縁。
質はやや厚め。 ハルリンドウにはある根生葉はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フデリンドウ(筆竜胆)。
リンドウ科リンドウ属に分類される越年草。
高さは5〜10cm位。葉は対生し形は広卵形で全縁。
質はやや厚め。 ハルリンドウにはある根生葉はない。
6
階段道を花を探しながら登れば高丸山(1070m)。
四等三角点が建っている。
前方には目指す鉢伏山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段道を花を探しながら登れば高丸山(1070m)。
四等三角点が建っている。
前方には目指す鉢伏山。
4
高丸山からは一旦下ります。
下り切った所はハチ高原スキー場の千石平トリプルリフト終点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高丸山からは一旦下ります。
下り切った所はハチ高原スキー場の千石平トリプルリフト終点。
5
一度下った千石平トリプルリフト終点から登り返せば
今はもう使われてない?スキーリフト降り場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度下った千石平トリプルリフト終点から登り返せば
今はもう使われてない?スキーリフト降り場。
4
正面に鉢伏山山頂。
目的地の鉢伏山が随分と近づいて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に鉢伏山山頂。
目的地の鉢伏山が随分と近づいて来ました。
4
振り返れば何時も氷ノ山が望めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば何時も氷ノ山が望めます。
6
登山道にはショウジョウバカマが点在。
メランチウム科ショウジョウバカマ属の多年草。
名前は花が赤いのを猩々(中国の伝説上の動物)になぞらえ根生葉の重なりが袴に似ている事から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道にはショウジョウバカマが点在。
メランチウム科ショウジョウバカマ属の多年草。
名前は花が赤いのを猩々(中国の伝説上の動物)になぞらえ根生葉の重なりが袴に似ている事から。
5
登山道脇の少し泥濘んだ所にサンカヨウらしき葉が展開。
咲いた花は見付けられないが小さな蕾を確認。
サンカヨウ(山荷葉)メギ科サンカヨウ属の多年草。
実は甘く食用になり 雨に濡れると花びらが透明になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇の少し泥濘んだ所にサンカヨウらしき葉が展開。
咲いた花は見付けられないが小さな蕾を確認。
サンカヨウ(山荷葉)メギ科サンカヨウ属の多年草。
実は甘く食用になり 雨に濡れると花びらが透明になる。
4
鉢伏山山頂直下で振り返り見る小代越からの辿った稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢伏山山頂直下で振り返り見る小代越からの辿った稜線。
4
鉢伏山(1222m)山頂に到着しました。
山頂の三等三角点が倒れています。
山頂リフト降り場の背後に氷ノ山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢伏山(1222m)山頂に到着しました。
山頂の三等三角点が倒れています。
山頂リフト降り場の背後に氷ノ山。
8
反対側にはハチ北スキー場。
左手に広域基幹林道瀞川氷ノ山線が続き瀞川山が見え奥には扇ノ山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側にはハチ北スキー場。
左手に広域基幹林道瀞川氷ノ山線が続き瀞川山が見え奥には扇ノ山。
6
氷ノ山の麓には氷ノ山国際スキー場。
眼下にはハチ高原スキー場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山の麓には氷ノ山国際スキー場。
眼下にはハチ高原スキー場。
7
西の彼方に鳥取県の山並み。
残念ですが大山は確認できません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の彼方に鳥取県の山並み。
残念ですが大山は確認できません。
5
時折吹き抜ける強風。
建屋の風裏でランチタイム。
ユックリ目のランチタイムを済ませ下山しましょう。
下山には東側の広域林道:瀞川氷ノ山線へ
此方も麓に向かって急な階段道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折吹き抜ける強風。
建屋の風裏でランチタイム。
ユックリ目のランチタイムを済ませ下山しましょう。
下山には東側の広域林道:瀞川氷ノ山線へ
此方も麓に向かって急な階段道が続きます。
5
急な階段道から緩やかな尾根道に変わると
クロモジ(黒文字)の花。
クスノキ科の落葉低木で枝は高級楊枝の材料。
バックはシラカンバ(白樺)
カバノキ科カバノキ属の落葉樹。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な階段道から緩やかな尾根道に変わると
クロモジ(黒文字)の花。
クスノキ科の落葉低木で枝は高級楊枝の材料。
バックはシラカンバ(白樺)
カバノキ科カバノキ属の落葉樹。
4
おっと、タムシバ(田虫葉)の咲き残り見っけ。
モクレン科モクレン属の落葉小高木。
別名はニオイコブシ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、タムシバ(田虫葉)の咲き残り見っけ。
モクレン科モクレン属の落葉小高木。
別名はニオイコブシ。
4
やがて林道を走るバイク等の爆音が聞こえると立派な村野工高遭難碑。
碑文には1996年1月5日遭難した同校生徒3名が記されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて林道を走るバイク等の爆音が聞こえると立派な村野工高遭難碑。
碑文には1996年1月5日遭難した同校生徒3名が記されている。
4
村野工高遭難碑から僅かに下れば広域基幹林道:瀞川氷ノ山線に降り立った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
村野工高遭難碑から僅かに下れば広域基幹林道:瀞川氷ノ山線に降り立った。
4
広域基幹林道:瀞川氷ノ山線を横切れば高坪山からハイパーボウル東鉢へと続く登山道。
左手には小広い駐車地。傍らには簡易トイレが建ってる。
更に日陰部には残雪が・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広域基幹林道:瀞川氷ノ山線を横切れば高坪山からハイパーボウル東鉢へと続く登山道。
左手には小広い駐車地。傍らには簡易トイレが建ってる。
更に日陰部には残雪が・・・
4
此方は広域基幹林道:瀞川氷ノ山線を麓に向かって下りましょう。
法面にはコタチツボスミレ(小立坪菫)の小群落。
スミレ科スミレ属。
名はタチツボスミレに比べて小さいた為で日本海側に咲く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此方は広域基幹林道:瀞川氷ノ山線を麓に向かって下りましょう。
法面にはコタチツボスミレ(小立坪菫)の小群落。
スミレ科スミレ属。
名はタチツボスミレに比べて小さいた為で日本海側に咲く。
4
法面にはいろいろな花が咲き
此れはヤマルリソウ(山瑠璃草・ムラサキ科ルリソウ属)とスミレサイシン(菫細辛・スミレ科スミレ属)のコラボ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法面にはいろいろな花が咲き
此れはヤマルリソウ(山瑠璃草・ムラサキ科ルリソウ属)とスミレサイシン(菫細辛・スミレ科スミレ属)のコラボ。
5
此れはゼンマイ?コゴミ?
調べるとゼンマイ(ゼンマイ科の多年生シダ植物)の様だ。
コゴミなら下ごしらえも無いがゼンマイは下ごしらえが面倒なので写真撮影だけ^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此れはゼンマイ?コゴミ?
調べるとゼンマイ(ゼンマイ科の多年生シダ植物)の様だ。
コゴミなら下ごしらえも無いがゼンマイは下ごしらえが面倒なので写真撮影だけ^^
5
やがて広域基幹林道:瀞川氷ノ山線がスキー場に隣接する所からスキーゲレンデへ降り立つ。
中央トリプルリフト終点から見える氷ノ山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて広域基幹林道:瀞川氷ノ山線がスキー場に隣接する所からスキーゲレンデへ降り立つ。
中央トリプルリフト終点から見える氷ノ山。
5
スキーゲレンデ横の山腹には桜が咲いている。
此処ではやっと春が来たようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーゲレンデ横の山腹には桜が咲いている。
此処ではやっと春が来たようです。
4
まるで氷ノ山に向かってるかの様にスキーゲレンデを駐車地に向かって適当に下りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで氷ノ山に向かってるかの様にスキーゲレンデを駐車地に向かって適当に下りましょう。
4
下山後、駐車場向かいのトイレに立ち寄ると
何と駐車場脇にオキナグサ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、駐車場向かいのトイレに立ち寄ると
何と駐車場脇にオキナグサ。
7
オキナグサ(翁草:キンポウゲ科オキナグサ属の多年草)
兵庫県:絶滅危惧粁(VU)
うつむいて咲くので持ち上げて撮影したので指入りです^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキナグサ(翁草:キンポウゲ科オキナグサ属の多年草)
兵庫県:絶滅危惧粁(VU)
うつむいて咲くので持ち上げて撮影したので指入りです^^)
7
下山後、別宮の集落をオキナグサを探してウロチョロ。
別宮の集落では民家や民宿の庭先に普通に咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、別宮の集落をオキナグサを探してウロチョロ。
別宮の集落では民家や民宿の庭先に普通に咲いている。
6
時には別宮の集落では舗装路とコンクリートの隙間にも普通に咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時には別宮の集落では舗装路とコンクリートの隙間にも普通に咲いている。
6
名の由来は花後に白く長い綿毛がある果実の集まった姿を老人例え翁草と・・・
此れは花後直後の姿。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名の由来は花後に白く長い綿毛がある果実の集まった姿を老人例え翁草と・・・
此れは花後直後の姿。
7
既に白く長い綿毛の果実。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既に白く長い綿毛の果実。
7

感想/記録
by k2kobe




G・Wですが昨年に続き2年目も緊急事態宣言が発出。
考えていたG・Wの越境花旅登山は諦めて越境しない地元の山への花散策。
そうだ随分前に見た翁草咲くハチ高原方面にと出掛けました。
天気予報通りに晴れたハチ高原で花散策と山登りを楽しめた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:395人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ