また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3143452 全員に公開 雪山ハイキング 槍・穂高・乗鞍

冬季限定 焼岳南峰

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年05月04日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新中の湯登山口駐車場に5:50に到着。この時点で駐車場は既にいっぱいで15台。この後路肩への駐車が連なった。

焼岳登山口駐車場の場所は、中の湯温泉旅館を過ぎて3回カーブを曲がった先にある。前日の確認では焼岳登山口の看板が道路から一段上がった所にあって分かりにくかった。当日は余程朝早く無ければ車が連なっているので間違える事は無い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間15分
休憩
27分
合計
5時間42分
S新中の湯登山口06:0607:33広場07:3407:38下堀沢出会07:3909:13焼岳09:3610:36下堀沢出会10:39広場10:4111:47新中の湯登山口11:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所は無し。所々地面が出ていた。朝は気温が低く固まっていたが、下りは残雪期らしく泥々。ツボ足→チェーンスパイク→アイゼンと履き替えて行った。
その他周辺情報白骨温泉の泡の湯に12:30に行ったが待ちが30人おり、入館締め切りの13:30になってしまうとの事で断念。白骨温泉全体がかなり混んでおり、諦めて竜島温泉 せせらぎの湯へ。こちらは空いていて快適だった。お湯もヌルヌルで良い感じ。
下山後の遅いランチは十字路へ。メニューが多くて迷ったが頼んだ物は皆美味しくボリューム満点で大満足。
過去天気図(気象庁) 2021年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック
共同装備 スコップ ロープ

写真

登り始めて直ぐに雪道となるがあちこちで地面が出ていた。
2021年05月04日 06:10撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めて直ぐに雪道となるがあちこちで地面が出ていた。
朝のうちは地面もしまっていたが…、気温は3度
2021年05月04日 06:12撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝のうちは地面もしまっていたが…、気温は3度
ここで一先ずチェーンスパイクに履き替える。
2021年05月04日 06:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで一先ずチェーンスパイクに履き替える。
段々雪も多くなりここ二三日で降った雪が表面に降り積もっている。
2021年05月04日 06:54撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々雪も多くなりここ二三日で降った雪が表面に降り積もっている。
焼岳の北峰(右)と南峰(左)がやっと姿を現した。コルに向かう夏道は雪崩のリスクも考えてやめて、当初の目標である冬季限定の南峰を目指して左の尾根を登って行く。
2021年05月04日 07:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳の北峰(右)と南峰(左)がやっと姿を現した。コルに向かう夏道は雪崩のリスクも考えてやめて、当初の目標である冬季限定の南峰を目指して左の尾根を登って行く。
右手には霞沢が綺麗に見えていた。中央に見える西尾根に登りたいとメンバーの呟き。
2021年05月04日 07:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には霞沢が綺麗に見えていた。中央に見える西尾根に登りたいとメンバーの呟き。
奥穂と前穂も姿を見せる。
2021年05月04日 07:36撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂と前穂も姿を見せる。
遠くに急登を登る登山者が見える。これからの急登が大変
2021年05月04日 07:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに急登を登る登山者が見える。これからの急登が大変
チェーンスパイクからアイゼンに履き替え、一歩一歩キックステップを意識しながら登る。日差しが暑い!
2021年05月04日 08:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンスパイクからアイゼンに履き替え、一歩一歩キックステップを意識しながら登る。日差しが暑い!
大分登って来たけどまだまだ急登は続く(汗) 右に座っているのは長靴と途中で拾った棒っきれで登って来た青年二人
2021年05月04日 08:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分登って来たけどまだまだ急登は続く(汗) 右に座っているのは長靴と途中で拾った棒っきれで登って来た青年二人
さあいよいよ山頂への最後の登り
2021年05月04日 08:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあいよいよ山頂への最後の登り
頑張るぞー!
2021年05月04日 08:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張るぞー!
2
焼岳南峰から。噴煙が上がる北峰とその後ろに奥穂と前穂
2021年05月04日 09:09撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳南峰から。噴煙が上がる北峰とその後ろに奥穂と前穂
1
左手には槍も見えていたのだが残念ながら画角に入っていない(汗
2021年05月04日 09:22撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には槍も見えていたのだが残念ながら画角に入っていない(汗
1
池もまだ雪の中
2021年05月04日 09:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池もまだ雪の中
南峰の北峰側の端から南峰山頂を振り返る。
2021年05月04日 09:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰の北峰側の端から南峰山頂を振り返る。
さあ絶景も堪能したし安全第一で下りましょう!
2021年05月04日 09:36撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ絶景も堪能したし安全第一で下りましょう!
まだまだ続々と登山者が登ってくる
2021年05月04日 09:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ続々と登山者が登ってくる
最後に振り返って見納め
2021年05月04日 10:40撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に振り返って見納め
新緑も中々綺麗
2021年05月04日 11:05撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑も中々綺麗
気温が上がってそちらこちらがグチャグチャに
2021年05月04日 11:05撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温が上がってそちらこちらがグチャグチャに
前日に駐車場の位置を探しに来たが道路右の段の上にあるこの看板が中々見つけられなかった(汗
2021年05月04日 11:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日に駐車場の位置を探しに来たが道路右の段の上にあるこの看板が中々見つけられなかった(汗
駐車場に戻ってみると路肩駐車が続いていた。
全員無事に下山出来て良かった!!
2021年05月04日 11:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってみると路肩駐車が続いていた。
全員無事に下山出来て良かった!!

感想/記録

今期最後雪山 快晴微風 頂上直下若干風強 急登難儀 登山者多数 駐車場満杯 南峰頂上展望最高 笠鷲羽水晶槍穂霞沢展望可能 北峰登頂断念 安全第一 全員元気下山 復路高速大渋滞 泡酒美味 

感想/記録

久しぶりに晴天の山行でした。穂高岳が目前に大きく見え感動しました。
相変わらず傾斜の強い下りは腰が引けちゃいましたが、自分の中では小さな進歩はしていると信じてます。
たくさんの情報交換もでき、充実した時間を過ごすことができました。

感想/記録

このGWは天候に恵まれず、唯一晴れ予報だったこの日に焼岳に来た。冬季限定の南峰からの展望は素晴らしく、今シーズンの雪山を締めくくる最高の日だった。
北峰にも行きたい気持ちはあったが、安全を優先して南峰だけに登った。それでも有り余る程十分に堪能する事が出来た。残雪の山も中々良いと認識しました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:320人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ