また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3167385 全員に公開 トレイルラン 箱根・湯河原

金時山〜明神ヶ岳〜明星ケ岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年05月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候強風! 晴れときどき曇り
アクセス
利用交通機関
電車
新宿500-617伊勢原619-639新松田650-715足柄
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間3分
休憩
16分
合計
6時間19分
S足柄駅07:2107:50虎御前入口07:58赤坂古道08:22足柄峠08:2508:43足柄峠林道ゲート&駐車場09:03新柴分岐09:23金時山09:3309:52矢倉沢峠11:10明神ヶ岳11:35宮城野分岐12:09明星ケ岳(御嶽大神)12:1212:48明星ヶ岳登山口12:55塔ノ峰山頂入口13:06塔ノ峰13:27阿弥陀寺13:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
足柄駅〜足柄峠:林道戦返り線の途中、いくつか分岐がありますが「赤坂古道入口」まではメインルートを進めば問題ありません。
足柄峠〜金時山:金時山の梯子場が途中崩落しており、行政からは通行止の措置です。写真に記した通り迂回のロープ場が険路なので、ファミリー&ビギナーにはリスクが大きく、自粛した方が無難です。(茶屋の奥様より「原則禁止で指導」と伺いました)
金時山〜阿弥陀寺:ハイキングコースとして道標完備ですが、区間距離が長くUP &DOWNも標高差以上にあるので事前計画をしっかり。人気は金時山〜明神ヶ岳辺りでしょうか? 明星ケ岳以降はハイカー激減でエスケープルートもなく、帰路は要注意です。

写真

足柄駅。
初めてですがモダンで、トイレも綺麗です。
2021年05月09日 07:21撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足柄駅。
初めてですがモダンで、トイレも綺麗です。
小山町の公式道標が導いてくれます。
2021年05月09日 07:22撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小山町の公式道標が導いてくれます。
しばらく林道戦返り線。
沢沿いの未舗装林道。
2021年05月09日 07:28撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく林道戦返り線。
沢沿いの未舗装林道。
このまま進みます。
2021年05月09日 07:40撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このまま進みます。
虎御前石入口。
虎御前古道を進むよう書いてありますが、さらに直進。
2021年05月09日 07:50撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虎御前石入口。
虎御前古道を進むよう書いてありますが、さらに直進。
舗装路に変わり、進むと赤坂古道入口。
ここから山道へ。
2021年05月09日 07:58撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路に変わり、進むと赤坂古道入口。
ここから山道へ。
7:58で約16℃。
2021年05月09日 07:58撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:58で約16℃。
先ほどの林道を渡り足柄古道へ。
2021年05月09日 08:11撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの林道を渡り足柄古道へ。
県道365号(金太郎富士見ライン)に出て舗装路を足柄峠へ。時折り3m/s位の風を感じます。
2021年05月09日 08:16撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道365号(金太郎富士見ライン)に出て舗装路を足柄峠へ。時折り3m/s位の風を感じます。
1
足柄峠。
ここは県道78号で大井松田ICから来られるよう。
2021年05月09日 08:21撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足柄峠。
ここは県道78号で大井松田ICから来られるよう。
雲の切れ間から、本日唯一の秀峰。
2021年05月09日 08:39撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の切れ間から、本日唯一の秀峰。
1
延々の坂道。(振り返ったところ)
2021年05月09日 08:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々の坂道。(振り返ったところ)
猪鼻砦跡。
ラスボス感ある金時山ピーク。
更に風が強くなってきましたが、急登と聞いていたのでウインドシェルは見送り。
2021年05月09日 08:56撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪鼻砦跡。
ラスボス感ある金時山ピーク。
更に風が強くなってきましたが、急登と聞いていたのでウインドシェルは見送り。
新柴分岐。
ここから核心部。
2021年05月09日 09:03撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新柴分岐。
ここから核心部。
ミツバツツジ繚乱。
2021年05月09日 09:05撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ繚乱。
正規ルートは右手ですが鉄梯子ごと崩落。
こちらも左が切れ落ちており三点支持必須、ファミリー&ビギナーにはリスク大です。
2021年05月09日 09:07撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正規ルートは右手ですが鉄梯子ごと崩落。
こちらも左が切れ落ちており三点支持必須、ファミリー&ビギナーにはリスク大です。
1
コイワカガミが少し。
2021年05月09日 09:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワカガミが少し。
下りの場合、この鉄梯子の下が崩落地点。
(振り返ったところ)
2021年05月09日 09:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの場合、この鉄梯子の下が崩落地点。
(振り返ったところ)
登路を一望。
(振り返ったところ)
2021年05月09日 09:15撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登路を一望。
(振り返ったところ)
金時山。
西側一面開けているため凄い風。
2021年05月09日 09:23撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金時山。
西側一面開けているため凄い風。
1
金太郎茶屋で一服。
温かい山菜うどんと奥様のおしゃべりでリセット。
2021年05月09日 09:33撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金太郎茶屋で一服。
温かい山菜うどんと奥様のおしゃべりでリセット。
富士山はお預け。
2021年05月09日 09:39撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山はお預け。
ハコネザサを進む踏み跡。
2021年05月09日 09:50撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハコネザサを進む踏み跡。
1
金時山、見事です。
2021年05月09日 09:58撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金時山、見事です。
1
10:21で約18℃。
強風で体感温度は10℃前半?
2021年05月09日 10:21撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:21で約18℃。
強風で体感温度は10℃前半?
北側の眺望。
2021年05月09日 10:59撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の眺望。
南側は正面に大涌谷。
2021年05月09日 11:00撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側は正面に大涌谷。
奥ノ院分岐。
2021年05月09日 11:05撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥ノ院分岐。
最乗寺分岐。
2021年05月09日 11:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最乗寺分岐。
ヒキ坊の産卵に遭遇。
2021年05月09日 11:19撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒキ坊の産卵に遭遇。
1
明神ヶ岳からの宮城野分岐。
2021年05月09日 11:35撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳からの宮城野分岐。
明星ケ岳西端の宮城野分岐。
2021年05月09日 12:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明星ケ岳西端の宮城野分岐。
明星ケ岳東端の御嶽大神。
2021年05月09日 12:03撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明星ケ岳東端の御嶽大神。
塔ノ峰林道に下り立ちました。
2021年05月09日 12:48撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ峰林道に下り立ちました。
林道を900m進んで塔ノ峰登山口。
2021年05月09日 12:55撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を900m進んで塔ノ峰登山口。
塔ノ峰、ここから標高差460m下って箱根湯本駅へ。
この辺りでも絶えず強風に晒されましたが、樹林帯なのでなんとか持ちました。
2021年05月09日 13:06撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ峰、ここから標高差460m下って箱根湯本駅へ。
この辺りでも絶えず強風に晒されましたが、樹林帯なのでなんとか持ちました。
阿弥陀寺の右横へ出て来ました。
2021年05月09日 13:27撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀寺の右横へ出て来ました。
箱根湯本駅着、おつかれさまでした。
10分待ちでロマンスカー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根湯本駅着、おつかれさまでした。
10分待ちでロマンスカー。

感想/記録

歩:6:03、距離: 24.3km、累積標高:上り1605m/下り1825m。

前週の曽我丘陵からの箱根連山が見事だったので地域研究し、まずは足柄峠〜金時山からチャレンジ。
金時山稜線から塔ケ峰の下りまで、めっぽう風が強く、MAX風速10mはあったのでは? 幸いなことにむき出しの金時山ピーク以外では、背丈ほどのハコネザサや灌木に守られて少しは抑えられましたが…。
それでも日差しがあるためウインドシェルでは蒸れ必須と思い、アームカバーと膝サポーターで露出を抑えて乗り切りました。
ただし、逆に「快晴、無風」であったら強い日差しでバテてたかもしれず、何が幸いするかわからず、というところでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:225人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ