また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3169953 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

高尾マンモストレイル〜途中敗退

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年05月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間21分
休憩
1時間12分
合計
13時間33分
Sスタート地点04:0904:22高尾駒木野庭園04:26駒木野コース入口04:33中央自動車道脇・地蔵峰登山口04:51地蔵峰04:5204:56唐沢山05:06太鼓曲輪の頭05:12摺差・北高尾山稜分岐05:26熊笹山05:2705:42富士見台05:4305:46杉沢ノ頭05:4706:00高ドッケ06:12板当山06:1306:17板当峠06:1806:24狐塚峠06:45杉ノ丸06:53黒ドッケ06:57湯ノ花山06:5807:10大嵐山07:1674番鉄塔07:21偽三本松07:2207:28三本松山07:33関場峠07:3408:02堂所山08:07堂所山ピーク標柱08:1008:15堂所山南巻き道分岐08:1608:23赤岩山08:31明王峠08:3208:38奈良子峠08:48富士小屋山08:56陣馬高原下方面分岐09:05陣馬山09:1509:24一ノ尾根−和田尾根分岐09:2509:35一ノ尾根−和田第二尾根分岐09:44一ノ尾テラス09:58一ノ尾根−上沢井分岐09:5910:19陣馬山登山口10:25中里小橋10:40大沢ノ頭登山口10:4211:15大沢ノ頭11:1611:28イタドリ沢ノ頭11:2911:30奈良本峠11:3111:46562m峰11:4712:17石投げ地蔵嬢ヶ塚12:30明王峠12:4212:51底沢峠12:5213:00堂所山南巻き道分岐13:06堂所山東巻き道分岐13:0713:2572番鉄塔13:2613:51景信山14:0914:13景信山南巻き道交差14:33小仏峠14:3414:58城山15:00五十丁峠15:18一丁平15:1915:28大垂水峠(学習の歩道)分岐15:2915:43もみじ台15:51高尾山16:03高尾山薬王院16:0416:12神変山16:1316:17霞台園地16:1816:33二本松16:37二軒茶屋登山口16:3816:46高尾山・清滝駅16:50高尾山口駅16:56Mt.TAKAO BASE CAMP17:18高尾山ちか道入口17:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

感想/記録

初挑戦の高尾マンモストレイル
結果は 途中敗退
暑さと脚の不調と足の爪の痛みが原因だけど
1番は陣馬山から一の尾根で下ってからの明王峠への登り返し
ここで体力と気力を削がれたのが敗因
ここまでは自分の立てたコースタイムでほぼ予定通りきていたし
少し巻くくらいのコースタイムで来ていた
にもかかわらず、明王峠まで登り返した時には
戦意喪失(笑) 初めてのこと
で、騙しだまし歩いたが小仏城山で決断
大垂水へ下りずこのまま進んで高尾山口へ下り終了となった

行程が長いので4時前に自宅を出発
4:30から登山口より出発
うす暗い中ヘッドライトを点けて進む
コースは分かっているので抑え気味に…
でもどうしてもペースが少し上げ気味になる
少しずつ空が明るくなるが風は強いまま
富士見台までは割とスムーズに歩けた
ここからはいつものコースなので安心
新緑がキレイなので急登もなんとかやり過ごせる

所々で山藤が咲いているのが見える
上り下りを繰り返し 笹が出てきたら
誰もいない 堂所山に到着
ちょっと補給して先を急ぐ
相変わらずここまでは人と会わない トレランの人に1人抜かされただけ

1回目の明王峠を過ぎ、ここに戻てくるときはどんな何だろう?
と考えながら陣馬山を目指す
陣馬山に近づくにつれて人が多くなってくる
陣馬山頂にはそこそこ人がいた
ささっと補給して一の尾根を下る
思っているよりも人が多い
落合までは順調に下る
途中の自販機でジュースを購入
なんかしらないけど当たりでもう1本貰えた

で、今回のメインとなる
明王峠迄の登り返し
確かに急登で心が折れそうになる
時々トレランの人が颯爽と駆け抜けていく
一定のペースを守りながらゆっくりと登っていると
キツイけど何とか明王峠迄登り返した
この時はそう思っていた
暑いし脚も痛いし爪も痛いけど

少し長めに休憩をとりながら
これからの組み立てをする
休憩をとっているうちにだんだん
最後まで歩けないんじゃないか という不安がわいてくる
予定のタイムよりはまだ巻いている
このまま行けば途中で遅れたとしてもなんとか行けるはず
という考えを打ち消すかのように
やはり小仏城山まで行き、そこで最終判断をしよう
(途中で止めて高尾山に下る方向に考えが決まりかけている)
という考えが大きくなってきた
自分が思っている以上に体力と気力が奪われている

気を取り直して進めるが
とりあえず無難に小仏城山まで怪我無く歩く
という ちょっと消極的な歩きになった
小仏城山に着く前に敗退決定
このまま進んでも恐らくどこかで
ケガをする可能性が高いと判断(言い訳(笑))
高尾山を経て高尾山口に下りることにする

時間的に途中は人が少なかったが山頂はそこそこ人がいた
すり抜けるように歩き最後の集中力をもって
琵琶滝コースを下り高尾山口へ
ここまで来たらあとはのんびり帰るだけ
下り切ったら全身に疲労感が襲ってきた

恐るべしマンモストレイル
トレランの人達って すげーな!
自分はまだまだだな って勝手に思い込んでしまった山行だった
いつかリベンジ出来たらするつもり
多分(笑)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:226人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 山行 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ