また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3359216 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

白馬三山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年07月17日(土) ~ 2021年07月18日(日)
メンバー
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉荘駐車所に駐車。
深夜到着時にはまだ空きがあったが早朝は満車。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
34:34
距離
21.8 km
登り
2,226 m
下り
2,225 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間16分
休憩
2時間23分
合計
10時間39分
S猿倉荘05:3006:11白馬尻小屋08:27岩室跡08:3409:02避難小屋09:1310:13白馬岳頂上宿舎11:4111:56白馬山荘12:2612:43白馬岳13:22三国境13:2313:57小蓮華山14:0114:36三国境15:23白馬岳15:2415:52白馬山荘15:5316:09白馬岳頂上宿舎
2日目
山行
7時間32分
休憩
1時間31分
合計
9時間3分
白馬岳頂上宿舎05:0106:05杓子岳07:02鑓ヶ岳07:2208:59白馬岳頂上宿舎10:1010:52避難小屋14:04猿倉荘14:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログが飛びまくってました・・・
足りない部分は少し編集し写真などから推定の時間です。
コース状況/
危険箇所等
登山口にポスト(受付)有。
雪渓では落石の音が頻繁に聞こえた。ヘルメットがあった方が良いと思われる。
その他周辺情報白馬姫川温泉 天神の湯
人数制限がされており。待ち時間有。
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 夕飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 バッテリー 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット アイゼン

写真

今年も小屋は解体されたままでした。
2021年07月17日 06:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年も小屋は解体されたままでした。
1
荷揚げのヘリが何度か来たのでそのたびにテントが飛ばされそうになりました。
2021年07月17日 10:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷揚げのヘリが何度か来たのでそのたびにテントが飛ばされそうになりました。
1
戻ってきたらテントがいっぱいに・・・この後もう少し増えたはず・・・
2021年07月17日 16:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきたらテントがいっぱいに・・・この後もう少し増えたはず・・・
1
富士山まで見えるほどの快晴でした。
2021年07月18日 07:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山まで見えるほどの快晴でした。
1
撮影機材:

感想/記録

運良くテント場の予約が取れたので白馬岳に行ってきました。
2日とも快晴で1日目は夕方まで雲がかかる事もなくずっと晴れてました。

去年の8月に猿倉から白馬岳を日帰りで登りましたが今年は1月早かったので雪渓が長かったです。雪解けが進んでないのか去年見かけたクレパスも無かったです。
終始落石の音が聞こえこれから雪解けが進むにつれ落石も増えるのかなと思いました。
去年は無くなってた大雪渓上部のトラバースもありました。
10時過ぎにはテント場に付きテントを設営したのですが荷下ろしのヘリがきてテントが飛ばされそうになりました。実際に飛ばされたテントもありました。
ヘリは何度か来たのでテントが飛ばされ無いか不安でまさかの荷下ろし待ちで時間をロスしました・・・

それでも時間に余裕があったので計画どおり小蓮華まで往復してきました。
ずっと景色が良く気持ちよい稜線歩きでした。
小蓮華に付いた時もまだ下から上がってくる人が多い事に少し驚きました。
自分の予定でもテンバに戻るのが16時ぐらいになってしまうのにこの人達はどんな予定なんだろう・・・

テン場に戻ったら担ぎ上げたビールを雪溶け水でキンキンに冷やし夕飯を食べようとしていたら、17時頃から雲がかかり急に冷え込んできました。
テントの中でごそごそと晩酌してたらいつの間にか寝落ちしてました。
夜もそこまで冷えないだろうと思っていたら足先だけ寒かったです。

2日目も快晴で鑓ヶ岳までピストンしてテントを回収し下山しました。
鑓ヶ岳からは富士山も見えるほどの快晴で暑かったです。
鑓ヶ岳方面に来る人は少なく余り人に会わなかったです。

下山ルートでは登ってくる人も多く雪渓のトラバースで渋滞がおきてました。
雪渓の途中までは順調に歩いてましたが途中で足の限界がきて後半戦はダメダメでした。雪渓入り口で人が多く、休憩しずらかったのでそのまま雪渓に入ったのが失敗でした。休憩できないカ所に入る前に休憩を取っておかなければと反省しました。

毎度の事ながら長時間の行程では最後がばてまくりでした。
林道に出てからの歩きが一番辛かったです。
それでも14時に下山できました。
天気予報では夕方から天気が崩れる予報だったので下山を急いでましたが雨が降る気配は無く、帰りに松本辺りを通った時にゲリラ豪雨にあっただけでした。

余裕があれば旭岳まで行きたかったのですが、時間に余裕があっても自分の足ではとても無理でした。
また次回チャレンジしたいと思います。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:412人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ