また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3385007 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

千曲川を遡って甲武信ヶ岳(毛木平登山口ピストン)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年07月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
毛木平登山口駐車場まで最後の数分のみ砂利道。
駐車場60台駐車可能、線引き明確にあり。
トイレあり。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間21分
休憩
1時間0分
合計
7時間21分
S毛木平04:3304:56大山衹神社04:5705:08慰霊碑05:0905:55なめ滝07:09千曲川・信濃川水源地標07:1507:352353m地点07:3607:57甲武信ヶ岳08:0408:14甲武信小屋08:4009:00甲武信ヶ岳09:1309:272353m地点09:44千曲川・信濃川水源地標10:43なめ滝10:4511:20慰霊碑11:2211:34大山衹神社11:3511:54毛木平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
毛木平 04:33 - 04:56 大山?神社 04:57 - 05:08 慰霊碑 05:09 - 05:55 なめ滝 - 07:09 千曲川・信濃川水源地標 07:15 - 07:35 2353m地点 07:36 - 07:57 甲武信ヶ岳 08:04 - 08:14 甲武信小屋 08:40 - 09:00 甲武信ヶ岳 09:13 - 09:27 2353m地点 - 09:44 千曲川・信濃川水源地標 - 10:43 なめ滝 10:45 - 11:20 慰霊碑 11:22 - 11:34 大山?神社 11:35 - 11:54 毛木平

毛木平 04:33 - 04:56 大山?神社 04:57 - 05:08 慰霊碑 05:09 - 05:55 なめ滝 - 07:09 千曲川・信濃川水源地標 07:15 - 07:35 2353m地点 07:36 - 07:57 甲武信ヶ岳 08:04 - 08:14 甲武信小屋 08:40 - 09:00 甲武信ヶ岳 09:13 - 09:27 2353m地点 - 09:44 千曲川・信濃川水源地標 - 10:43 なめ滝 10:45 - 11:20 慰霊碑 11:22 - 11:34 大山?神社 11:35 - 11:54 毛木平

登り 3時間24分
下り 2時間41分
コース状況/
危険箇所等
1ヵ所、丸木橋を渡る。
登山道の整備は良くできている。
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

写真

4時半に登山開始。
30数台の駐車あり。
2021年07月25日 04:30撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時半に登山開始。
30数台の駐車あり。
ここから。
2021年07月25日 04:31撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから。
きれいな川
2021年07月25日 05:48撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな川
大好きな”なめ茸”と語感が似ている。
2021年07月25日 05:58撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きな”なめ茸”と語感が似ている。
1
何度となく出てくる標識。
数字は、なかなか減らない。
2021年07月25日 06:19撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度となく出てくる標識。
数字は、なかなか減らない。
左岸から右岸へこの橋で渡る
2021年07月25日 06:29撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸から右岸へこの橋で渡る
苔と水
2021年07月25日 06:56撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔と水
やっと源流着。
2021年07月25日 07:09撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと源流着。
その上。
2021年07月25日 07:10撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上。
ここから出ている。
2021年07月25日 07:11撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから出ている。
2
そして乗越。
大弛峠、国師岳からの道と合流。
2021年07月25日 07:35撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして乗越。
大弛峠、国師岳からの道と合流。
山頂とおちゃこ
2021年07月25日 08:00撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂とおちゃこ
3方から道がある。
2021年07月25日 08:00撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3方から道がある。
富士山が顔を出してくれた。
2021年07月25日 07:53撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が顔を出してくれた。
下って甲武信小屋。
小屋番さんと楽しく話ができた。
ビールを冷やしておいていただき、ありがとうございました。
2021年07月25日 08:40撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って甲武信小屋。
小屋番さんと楽しく話ができた。
ビールを冷やしておいていただき、ありがとうございました。
1
整備されたテン場。
やってます。
2021年07月25日 08:40撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備されたテン場。
やってます。
おしゃれな案内板
2021年07月25日 08:41撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おしゃれな案内板
荒川源流。
分水嶺ということ。
2021年07月25日 08:41撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川源流。
分水嶺ということ。
山頂の巻道へ。
2021年07月25日 08:42撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の巻道へ。
十文字峠はあきらめ、山頂へまた登る。
少しだけ。
2021年07月25日 08:57撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十文字峠はあきらめ、山頂へまた登る。
少しだけ。
再び山頂へ。
三宝山、ここより標高は高い。
埼玉県の最高地点、いつか行こう。
2021年07月25日 09:09撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び山頂へ。
三宝山、ここより標高は高い。
埼玉県の最高地点、いつか行こう。
今朝がた通ってきた川上の畑が見える。
2021年07月25日 09:09撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝がた通ってきた川上の畑が見える。
もう一度、富士山を見て、下山開始。
2021年07月25日 09:08撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度、富士山を見て、下山開始。
シャクナゲが残っていた。
2021年07月25日 09:20撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲが残っていた。
ガスってきた。
2021年07月25日 09:22撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってきた。
下山も川沿いで涼しい感がある。
2021年07月25日 10:39撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山も川沿いで涼しい感がある。
12時前に下山。
駐車場は、数台空いてるだけ。
2021年07月25日 11:58撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時前に下山。
駐車場は、数台空いてるだけ。
甲武信ヶ岳から十文字峠は下っている。
三宝山を通って縦走すればよかった。
2021年07月25日 11:57撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳から十文字峠は下っている。
三宝山を通って縦走すればよかった。
川上犬、興味ある。
小豆芝、飼おうか迷っているところ。
2021年07月25日 11:58撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川上犬、興味ある。
小豆芝、飼おうか迷っているところ。
おまけ
ポケモンカードみたいなものをゲット。
登山届のボックスのさらの用紙が入っている引き出しに。
ひとり一枚にしましょう。
2021年07月25日 17:56撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ
ポケモンカードみたいなものをゲット。
登山届のボックスのさらの用紙が入っている引き出しに。
ひとり一枚にしましょう。
帰りがけの高原野菜の畑の中。
八ヶ岳を見ながら帰路についた。
2021年07月25日 12:16撮影 by SO-52A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りがけの高原野菜の畑の中。
八ヶ岳を見ながら帰路についた。

感想/記録

暑い日には、リバーサイドコース。

涼感があってよかった。
蓄えられらた水が豊富な山肌、川のせせらぎと苔。
そんなところに千曲川水源があった。

母校の校歌に「渦巻き流るる千曲川」、県歌に「北に犀川、千曲川」とある。
祖母の家が佐久野沢にあり、小さい時から野辺山や清里に遊びにきていた。小海の千曲川で泳いで遊んだ記憶がある。
中流域で生まれ育ち、ハヤや鯉を釣った。"コブナ釣りしかの川"である。
そして、70年代に五木ひろしが歌ったのを聞いて、演歌のネタになるんだなあ、と思った。

千曲川を遡ってみたかった。

帰って源流の定義を調べてみた。
信濃川源流は、梓川源流の槍沢であってもよいのかもしれない。

夜明け前の川上村の高原野菜畑。
こうこうと電灯をつけて収穫をしていた。

源流の水は、どれくらいの時間をかけて日本海に流れつくのだろうか。
いや、そのほとんどは、そうではないだろう。
草木が光合成のために吸い上げ、
今朝みかけた鹿などの動物が飲み、
高原野菜の生成のために撒かれ、
水田の水になり、
工業用水となったり、
蒸発したり、
大地にしみ込んだり、
源流で僕に汲まれて珈琲を淹れるのに使われたり…

すべてが循環しているということだ。
水と大地のありがたさを感じた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:353人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ