また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 346271 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

大河原峠から蓼科山-北横岳-大岳-双子山周回

日程 2013年09月18日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大河原峠に駐車スペース有り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

6:34大河原峠-7:32赤谷分岐⇔前掛山7:43-7:51将軍平-8:16蓼科山頂(ヒュッテ)8:56-
9:18将軍平-10:29竜源橋分岐-10:39天祥寺平(亀甲池分岐)10:58-11:15亀甲池-
13:08北横岳14:05-14:59大岳分岐15:11-16:27双子池-17:05双子山17:16-17:35大河原峠
コース状況/
危険箇所等
・コースを通じて危険箇所は特に無い。蓼科山への登りと双子山からの下りでは、大河原峠付近でどちらも道が沢の様になって水が流れていた。また、佐久市最高地点付近と天祥寺原には水溜りが多い。昨年歩いた時も同じ様な状況だったんで、台風によるものではなく、これがデフォなんだと思う。防水シューズ必須。

・トイレは大河原峠、将軍平、蓼科山頂、双子池に在る。大河原峠以外は有料だったと思うんで、小銭を用意しましょう。(蓼科山頂ヒュッテのは\200だったが、他は未確認)。
過去天気図(気象庁) 2013年09月の天気図 [pdf]

写真

大河原ヒュッテの脇を通って入山。この黄色い箱が登山ポスト。
2013年09月20日 11:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原ヒュッテの脇を通って入山。この黄色い箱が登山ポスト。
ゆるゆると登って行き、ピーク近くになるとこんな水溜りが。
2013年09月20日 11:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるゆると登って行き、ピーク近くになるとこんな水溜りが。
佐久市最高地点。ここからやや下り基調。
2013年09月20日 11:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐久市最高地点。ここからやや下り基調。
赤谷からの道と合流。前掛山が近いので寄って行く。
2013年09月20日 17:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷からの道と合流。前掛山が近いので寄って行く。
2350mの位置まで行ったが山名板は無かった。どっかのサイトで山名板の写真を見た気がするんだが。古い写真だったのか?
2013年09月20日 17:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2350mの位置まで行ったが山名板は無かった。どっかのサイトで山名板の写真を見た気がするんだが。古い写真だったのか?
蓼科山荘の所が将軍平。ここから急登が始まる。
2013年09月20日 17:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山荘の所が将軍平。ここから急登が始まる。
終わりの見えない急登。山頂近くまでこんな感じが続く。
2013年09月20日 17:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終わりの見えない急登。山頂近くまでこんな感じが続く。
1
緩んだ所で視界が開ける。振り返ると浅間山が見えた。
2013年09月20日 17:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩んだ所で視界が開ける。振り返ると浅間山が見えた。
1
山頂ヒュッテは定休日だった。三角点の所まで更に2〜3分。
2013年09月20日 17:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂ヒュッテは定休日だった。三角点の所まで更に2〜3分。
三角点に到着。
2013年09月20日 17:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点に到着。
360度遮るもの無し!
2013年09月20日 17:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度遮るもの無し!
1
中央辺りに蓼科神社奥社。
2013年09月20日 17:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央辺りに蓼科神社奥社。
1
西の外れまで行くと方位盤が在る。
2013年09月20日 17:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の外れまで行くと方位盤が在る。
白樺湖の辺り。遠くに御嶽山と北アの山々が見える。御嶽山には1度登ってみたいが遠いんだよなあ。
2013年09月20日 17:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺湖の辺り。遠くに御嶽山と北アの山々が見える。御嶽山には1度登ってみたいが遠いんだよなあ。
2
将軍平から天祥寺原に下る。
2013年09月20日 19:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将軍平から天祥寺原に下る。
半分位下ると樹林から抜けて北横岳が見える。
2013年09月20日 19:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半分位下ると樹林から抜けて北横岳が見える。
突き当たり間近ででっかい水溜りに阻まれた。見た感じ膝丈位の深さがありそう。通過に苦労した。
2013年09月20日 19:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突き当たり間近ででっかい水溜りに阻まれた。見た感じ膝丈位の深さがありそう。通過に苦労した。
蓼科山と将軍平を見上げる。
2013年09月20日 19:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山と将軍平を見上げる。
1
亀甲池分岐に着いた。
2013年09月20日 19:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀甲池分岐に着いた。
ここは天祥寺原の中の天祥寺平という場所か。紛らわしい。
2013年09月20日 19:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは天祥寺原の中の天祥寺平という場所か。紛らわしい。
亀甲池まではフラットな良い道。ホッとする。
2013年09月20日 19:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀甲池まではフラットな良い道。ホッとする。
亀甲池に突き当たる。
2013年09月20日 19:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀甲池に突き当たる。
水がたっぷりなので亀甲模様は無し。
2013年09月20日 19:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水がたっぷりなので亀甲模様は無し。
苔の絨毯。
2013年09月20日 19:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔の絨毯。
北横岳(北峰)に着いた。
2013年09月20日 19:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳(北峰)に着いた。
蓼科山がどーん。
2013年09月20日 19:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山がどーん。
1
南峰までは往復5分位。
2013年09月20日 19:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰までは往復5分位。
南峰には山名表示が無かった。北峰が正規山頂か?
2013年09月20日 19:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰には山名表示が無かった。北峰が正規山頂か?
1
雲が湧いて南八ヶ岳は隠れてしまった。残念。
2013年09月20日 19:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が湧いて南八ヶ岳は隠れてしまった。残念。
北峰に戻って大岳へ向かう。
2013年09月20日 22:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰に戻って大岳へ向かう。
平地も在るがこんな岩場も多い。結構時間が掛かる。
2013年09月20日 22:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平地も在るがこんな岩場も多い。結構時間が掛かる。
あれが大岳だな。行くの大変そう。
2013年09月20日 22:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが大岳だな。行くの大変そう。
大岳分岐に着いたが、日没が心配なので大岳はパス。
2013年09月20日 22:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳分岐に着いたが、日没が心配なので大岳はパス。
湿った岩場を下る。滑りそうで怖い。
2013年09月20日 22:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿った岩場を下る。滑りそうで怖い。
この梯子は一段外れてた。
2013年09月20日 22:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この梯子は一段外れてた。
天狗の露地を見渡す。
2013年09月20日 22:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の露地を見渡す。
矢印が書かれていて助かる。これが無かったら迷いそう。
2013年09月20日 22:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢印が書かれていて助かる。これが無かったら迷いそう。
双子池ヒュッテが見えてきたが、なかなか辿り着けない。もどかしい。
2013年09月20日 22:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池ヒュッテが見えてきたが、なかなか辿り着けない。もどかしい。
やっと着いた。
2013年09月20日 22:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着いた。
南側が雄池。
2013年09月20日 22:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側が雄池。
2
北側が雌池。
2013年09月20日 22:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側が雌池。
1
双子山山頂付近は笹原で見晴らしが良い。
2013年09月20日 22:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子山山頂付近は笹原で見晴らしが良い。
1
双子山に着いた。ここまで来ればもう安心。やっと一息吐ける。
2013年09月20日 22:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子山に着いた。ここまで来ればもう安心。やっと一息吐ける。
1
大河原ヒュッテが見えて来た。
2013年09月20日 22:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原ヒュッテが見えて来た。
1

感想/記録

昨年8月にも同じコースを歩こうとしたが、天祥寺原で雨に降られて中断した。今回は1年越しの再チャレンジだ。出発時の大河原峠は気温6℃だった。都心だったら初冬の気温だ。さすがに半T1枚では寒くて震えたが、体が温まって来ると冷たい空気が心地良かった。

蓼科山までは順調だったのだが、北横岳への登りでバテてしまい大幅に遅れてしまった。亀甲池から2時間近く掛かっての到着だ。以降もズルズルと遅れ始め、大岳分岐に着いた時は15時になってしまった。

八ヶ岳の登山地図は持ってないが、http://www.naganogakuren.net/tozanMap/saniki/05yastugatake/01tateshina/index.htm (長野県山岳連盟)でプリントアウトした登山マップによると、大岳分岐から大河原峠までのコースタイムは2時間20分になっている。そして、これまでの経過を考えるとそれ以上に掛かると考えられる。うん、これは大岳に登っている場合じゃないな。という訳で、大岳はパスした。大河原峠に着いたのは17時35分だった。本当に日没ギリギリだ。大岳をパスした判断は正しかった。
訪問者数:2422人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ