また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3491306 全員に公開 ハイキング 甲信越

守門岳、青雲岳、大岳 冬景色の思い出探し 保久礼小屋から往復

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年09月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
栃尾市側から保久礼小屋(ほっきゅうれこや)手前の駐車場に移動。
全て舗装されているが、刈谷田川ダムから登山口駐車場までのエリアはほぼ1車線。
特に保久礼小屋に向かう道路は、周りの草が覆いかぶさるほど狭くなり、車のすれ違いには困難を極める。
頼むから、対向車が来ませんようにと祈りながら駐車場に移動する。
駐車場は思ったより広く、20台ちょっとなら問題なく駐車できそう。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:32
距離
9.4 km
登り
1,065 m
下り
1,067 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間13分
休憩
17分
合計
4時間30分
S保久礼駐車場06:5406:57保久礼小屋07:22キビタキ清水07:2307:27キビタキ避難小屋07:2808:09天狗岩屋清水08:20大岳08:2508:38網張り08:52大岳分岐09:07青雲岳09:0809:18守門岳09:2509:36青雲岳09:49大岳分岐10:00網張り10:29大岳10:3010:36天狗岩屋清水11:00キビタキ避難小屋11:0111:04キビタキ清水11:20保久礼小屋11:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
大岳、守門岳山頂に到着するも、羽虫の攻撃が凄まじく、ゆっくりできず。
青雲岳、大岳の見晴らしが良い場所で休憩
比較的涼しかったことから、行動は楽でした。
コース状況/
危険箇所等
駐車場からわずかに下ると大岳と二口登山口との分岐点があり、すぐ近くに保久礼小屋がある。小屋にはトイレ、水場、登山ポストがある。
保久礼小屋からキビタキ小屋までは、階段が整備されているのだが、前日降った雨が階段に溜まっていて、雨の日は歩きずらい。
キビタキ小屋の手前の登山道脇にキビタキ清水がコンコンと湧き出ている。
キビタキ小屋を過ぎると整備された階段は無くなり、滑りやすい登山道となる。
ブナ林を抜けると第二展望所。さらに登ると天狗清水の分岐。こちらは200mも歩くので、未確認。
次第に背の高い木々が無くなり、上り詰めた先に大岳頂上に到着。
頂上から少し歩くと展望が得られ、守門岳へのルートが見える。
一度、大きく下って上り返すと青雲岳に到着。ここはベンチがあって休憩には良い。
更に稜線を進むと守門岳に到着。
過去天気図(気象庁) 2021年09月の天気図 [pdf]

写真

狭い道に苦戦しながら、ようやく駐車場に到着。以外と広い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い道に苦戦しながら、ようやく駐車場に到着。以外と広い。
駐車場の先に車止めがあり、登山道か続いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の先に車止めがあり、登山道か続いている。
二口登山口との分岐近くにある保久礼小屋に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二口登山口との分岐近くにある保久礼小屋に到着
この小屋は、今年の積雪期はこんな感じの蒲鉾のようになり、積雪量がわかりやすい。2階まで埋まっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小屋は、今年の積雪期はこんな感じの蒲鉾のようになり、積雪量がわかりやすい。2階まで埋まっている。
小屋前には清水が沸き出ている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前には清水が沸き出ている
小屋横に登山ポスト
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋横に登山ポスト
階段が続くブナ林を登っていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段が続くブナ林を登っていく
やがて、道のすぐ脇にキビタキ清水
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて、道のすぐ脇にキビタキ清水
その少し上部にはキビタキ小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その少し上部にはキビタキ小屋
1
今年の冬は、頭だけかろうじて出ていた。
凄い雪の量⛄
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年の冬は、頭だけかろうじて出ていた。
凄い雪の量⛄
1
この辺りから階段は失くなり、ツルスベ⛸の登山道になる
スリップ注意❗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから階段は失くなり、ツルスベ⛸の登山道になる
スリップ注意❗
第二展望台到着。広くて見晴らしもいいので、休憩に最適
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台到着。広くて見晴らしもいいので、休憩に最適
遠く弥彦山や角田山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く弥彦山や角田山
背の高い木々が無くなり、大岳が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背の高い木々が無くなり、大岳が見えてきた
厳冬期には一面がゲレンデとなり、どこでも滑れる
天気が良いと視界が開けて気持ちいい
今年は天気が悪く、ブリザードでホワイトアウト寸前
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳冬期には一面がゲレンデとなり、どこでも滑れる
天気が良いと視界が開けて気持ちいい
今年は天気が悪く、ブリザードでホワイトアウト寸前
1
天狗清水は200m先にある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗清水は200m先にある
大岳に到着
羽虫が大歓迎してくれるので、早々に先へと進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳に到着
羽虫が大歓迎してくれるので、早々に先へと進む
1
青雲岳、守門岳見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青雲岳、守門岳見えた
1
積雪期には雪庇が張り出す
あまり稜線ギリギリは怖くて歩けない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪期には雪庇が張り出す
あまり稜線ギリギリは怖くて歩けない
守門岳のすぐ横を滝雲が流れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守門岳のすぐ横を滝雲が流れる
花々の種類が増えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花々の種類が増えてきた
綺麗な草原が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な草原が見えてきた
大岳からの急登を登り終えると、広い青雲岳山頂に出た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳からの急登を登り終えると、広い青雲岳山頂に出た
あとはラスボスの守門岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはラスボスの守門岳
1
拡大すると、この前お邪魔した飯豊連峰が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拡大すると、この前お邪魔した飯豊連峰が見えた
ついに守門岳登頂
こちらでも羽虫が大歓迎
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに守門岳登頂
こちらでも羽虫が大歓迎
2
粟ヶ岳など新潟百名山がいくつも見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟ヶ岳など新潟百名山がいくつも見えた
越後三山方向は雲の中。
でも、アプリの力を使えば、見えないものでも可視化できる。
凄い時代になったもんだ😁
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後三山方向は雲の中。
でも、アプリの力を使えば、見えないものでも可視化できる。
凄い時代になったもんだ😁
青雲岳に戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青雲岳に戻ります
青雲岳に戻ってきた
木道が傾いて歩きにくい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青雲岳に戻ってきた
木道が傾いて歩きにくい
これから戻る大岳
冬には大きな雪庇が張り出す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから戻る大岳
冬には大きな雪庇が張り出す
1
冬の大岳
中央のスキーヤーと比較すると、雪庇の巨大さがわかる
今年はブリザードだったけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬の大岳
中央のスキーヤーと比較すると、雪庇の巨大さがわかる
今年はブリザードだったけど。
何かデカイ キノコ🍄❔
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何かデカイ キノコ🍄❔
1
明るいブナ林を下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るいブナ林を下る
1
駐車場に帰還
お疲れ山でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に帰還
お疲れ山でした
1

感想/記録

このコースはいつも真冬に登っていたのだが、無雪期に登ったことがないので、保久礼小屋駐車場を目指して、車を走らせた。
実際に歩いてみると、冬の景色の思い出も甦り、「なるほど、無雪期はこんな感じなのか」と思いました。
但し、歩くのを楽しむなら、二口登山口からの周回のほうが、飽きずに楽しめるかな。
次は、別のコースを歩いてみようと思う。

滑りやすいと有名なコースだが、事前情報があったお陰で、転倒することなく戻ってこれた。丁寧に歩けば、問題ないと思う。

せっかく到着した山頂は何故か大量の虫🦟
歩いている時にはいないのに、山頂に待ち構えているのが不思議。
今回の蛇神様🐍は1匹のみで、自主的に待避して頂いたことから、大変歩き易かったデス🙇
また、冬にお邪魔します。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:326人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ