また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3541863 全員に公開 トレイルラン 蔵王・面白山・船形山

南面白山〜小東岳〜大東岳〜中面白山〜面白山 周回コース

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年09月20日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
仙台からの一番列車7:09 山形からは6:53
だいたい2時間に1本、奇数時間の20分頃と覚えておけばOK
仙台行き最終は22:12

経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:54
距離
23.2 km
登り
2,507 m
下り
2,499 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間55分
休憩
59分
合計
8時間54分
Sスタート地点07:2708:37南面白山08:4209:10猿鼻山09:44小東岳09:4609:55小東峠09:5810:28樋の沢避難小屋10:4011:55大東岳12:0813:03権現様峠13:0613:28奥新川峠13:3414:07長左エ門平14:1014:45中面白山15:08面白山15:1115:27三沢山15:3115:40長命水15:4415:59天童高原16:0016:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
南面白山から小東峠方面は藪ひどい箇所あり(つる性のトゲあり植物あり)、小東峠から樋の沢避難小屋への下り付近も藪ひどい箇所あり、大東岳から権現様への下りの最初は超藪ひどいのと沢コースなので、苔岩で滑りやすい。
その他周辺情報面白山高原駅前は民宿営業していませんでした。
自販機も売り切れ多し、コーラ売り切れ(;;)
過去天気図(気象庁) 2021年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 GPS 行動食(おにぎり3個+ジェル1個) 非常食 救急セット エマージェンシーシート ヘッドライト スマホ ハイドレーション カメラ ウインドシェル(上下) サングラス 帽子 手袋(指なし)

Myアイテム  

kamisugirunner 重量:0.30kg

写真

7:09面白山高原駅到着
登山者は自分含めて4名
天気が良いのに少ないですね
それにしてもだいぶ太陽の角度が低くなりました
2021年09月20日 07:09撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:09面白山高原駅到着
登山者は自分含めて4名
天気が良いのに少ないですね
それにしてもだいぶ太陽の角度が低くなりました
拡大写真
登山者が怖がって行こうとしないので
しぶしぶ先頭に立っていくことにした
自分も怖いので直前で左に曲がり迂回して切り抜けた
2021年09月20日 07:34撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拡大写真
登山者が怖がって行こうとしないので
しぶしぶ先頭に立っていくことにした
自分も怖いので直前で左に曲がり迂回して切り抜けた
3
コスモスベルグからの南面白山
面白山猿軍団がいます(10頭くらい)
気温はちょっと寒いくらい(体感13℃)
腕にカーフ装着(メインは藪対策用)
2021年09月20日 07:34撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コスモスベルグからの南面白山
面白山猿軍団がいます(10頭くらい)
気温はちょっと寒いくらい(体感13℃)
腕にカーフ装着(メインは藪対策用)
1
旧スキー場を抜けて登山口に(ここが登山口かは不明)
ススキがいい具合に揺れています
2021年09月20日 07:39撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧スキー場を抜けて登山口に(ここが登山口かは不明)
ススキがいい具合に揺れています
ススキが原を抜けたあたり
歩くには悪くない
2021年09月20日 07:47撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキが原を抜けたあたり
歩くには悪くない
岩ゴロロードの始まり
歩きにくいが登るにはそんなに悪くない
(まだ疲れていないので)
2021年09月20日 08:10撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ゴロロードの始まり
歩きにくいが登るにはそんなに悪くない
(まだ疲れていないので)
岩ゴロロードの途中にある
小岩壁
2021年09月20日 08:13撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ゴロロードの途中にある
小岩壁
岩ゴロロードを抜けたあたり
歩くは悪くない(そんなに急坂ではない)
2021年09月20日 08:19撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ゴロロードを抜けたあたり
歩くは悪くない(そんなに急坂ではない)
南面白山山頂
天気が良く見晴らしがいい!
2021年09月20日 08:35撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南面白山山頂
天気が良く見晴らしがいい!
1
猿鼻山と登りのトレイルが見える
2021年09月20日 08:35撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿鼻山と登りのトレイルが見える
猿鼻山方面のトレイル
藪がひどく、バラのある植物が多い(アザミのような優しい草ではない)
ここでヒザと太ももは傷だらけ(短パン不可、脛用のカーフでは不十分)
2021年09月20日 08:41撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿鼻山方面のトレイル
藪がひどく、バラのある植物が多い(アザミのような優しい草ではない)
ここでヒザと太ももは傷だらけ(短パン不可、脛用のカーフでは不十分)
藪は多いが、それでも真っ赤になったナナカマドが
癒してくれる
2021年09月20日 08:49撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪は多いが、それでも真っ赤になったナナカマドが
癒してくれる
藪の中から大東岳を望む
2021年09月20日 09:06撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪の中から大東岳を望む
小東岳、北蔵王
2021年09月20日 09:06撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小東岳、北蔵王
ナラタケ発見...と思うが
2021年09月20日 09:19撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナラタケ発見...と思うが
藪から抜け見晴らしも良くルンルン♪♪
2021年09月20日 09:32撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪から抜け見晴らしも良くルンルン♪♪
小東岳分岐、少し登りますがせっかくなので
いきます
空の青さが目にしみる
2021年09月20日 09:38撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小東岳分岐、少し登りますがせっかくなので
いきます
空の青さが目にしみる
1
小東岳山頂
眺めは良くない
2021年09月20日 09:43撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小東岳山頂
眺めは良くない
小東岳山頂から少し下ると眺めが良い
2021年09月20日 09:44撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小東岳山頂から少し下ると眺めが良い
大東岳方面
2021年09月20日 09:44撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大東岳方面
猿鼻山、南面白山方面
2021年09月20日 09:45撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿鼻山、南面白山方面
北蔵王方面
2021年09月20日 09:46撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北蔵王方面
小東峠到着
ここから樋の沢に下ります
避難小屋までたった1.8Kmですよ
2021年09月20日 09:54撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小東峠到着
ここから樋の沢に下ります
避難小屋までたった1.8Kmですよ
樋の沢方面は藪が深いな〜シクシク
2021年09月20日 09:54撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樋の沢方面は藪が深いな〜シクシク
笹藪で何も見えん(汗;)
ばら植物は生えていませんでした♡
2021年09月20日 09:56撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹藪で何も見えん(汗;)
ばら植物は生えていませんでした♡
沢近くにある大権現様の石碑
2021年09月20日 10:12撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢近くにある大権現様の石碑
小沢の渡渉
この近くに石碑はありました
地図では沢になっていません、2日前に雨が降ったからでしょうか?
2021年09月20日 10:12撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢の渡渉
この近くに石碑はありました
地図では沢になっていません、2日前に雨が降ったからでしょうか?
沢沿いのの道
水量も多くなってきました
やはり地図では沢でありません
2021年09月20日 10:16撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いのの道
水量も多くなってきました
やはり地図では沢でありません
小沢の渡渉
2021年09月20日 10:19撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢の渡渉
樋の沢到着
2021年09月20日 10:27撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樋の沢到着
樋の沢
まさしく樋ですね
岩が滑りやすいので注意! 給水したら転びました
南面白山と大東岳の沢水、味は? 普通でした
おにぎり1個消費
2021年09月20日 10:27撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樋の沢
まさしく樋ですね
岩が滑りやすいので注意! 給水したら転びました
南面白山と大東岳の沢水、味は? 普通でした
おにぎり1個消費
ブナの森の中に樋の沢避難小屋がある
2021年09月20日 10:27撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの森の中に樋の沢避難小屋がある
避難小屋内部
なんか匂いが(**);
2021年09月20日 10:32撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋内部
なんか匂いが(**);
小屋から少し下ると分岐点がある
ここから裏コースで大東岳に登る約600mの標高差
2021年09月20日 10:40撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から少し下ると分岐点がある
ここから裏コースで大東岳に登る約600mの標高差
登りの出だし、藪はなく踏み跡しっかり
2021年09月20日 10:43撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りの出だし、藪はなく踏み跡しっかり
ちょっと登ると枯れ沢の登りに
2021年09月20日 10:45撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと登ると枯れ沢の登りに
ブナの森の登り
水の流れている沢筋に沿っています
2021年09月20日 11:11撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの森の登り
水の流れている沢筋に沿っています
弥吉ころばし
ゼイゼイヒーヒー登り終了
弥吉ってだれか知らないけれど、登り終わってここで倒れこんだんでしょうね
2021年09月20日 11:37撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥吉ころばし
ゼイゼイヒーヒー登り終了
弥吉ってだれか知らないけれど、登り終わってここで倒れこんだんでしょうね
弥吉ころばしの少し先の見晴らし場所にて
登山者1名いました。裏コースを下るそうです
山頂までフラットに見えるが、まだ60m登る
2021年09月20日 11:38撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥吉ころばしの少し先の見晴らし場所にて
登山者1名いました。裏コースを下るそうです
山頂までフラットに見えるが、まだ60m登る
2
小東岳、猿鼻山
右端に南面白山
2021年09月20日 11:38撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小東岳、猿鼻山
右端に南面白山
エゾリンドウ
山頂付近ではたくさん見かけるがみなつぼみで咲いているのは見なかった
2021年09月20日 11:49撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾリンドウ
山頂付近ではたくさん見かけるがみなつぼみで咲いているのは見なかった
大東岳山頂♡ 登山者に撮ってもらいました
登山者が5名いました
みんなおいしそうに昼ご飯、自分は奥新川峠までお預け
膝に申し訳程度の藪保護テーピング
2021年09月20日 12:01撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大東岳山頂♡ 登山者に撮ってもらいました
登山者が5名いました
みんなおいしそうに昼ご飯、自分は奥新川峠までお預け
膝に申し訳程度の藪保護テーピング
3
権現様峠方面
藪っぽいですシクシク(;;)
このあと数10mは大変なことに!
2021年09月20日 12:09撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現様峠方面
藪っぽいですシクシク(;;)
このあと数10mは大変なことに!
激藪を抜け沢道に出ました
名取川に流れる宍戸沢の源頭でしょうか?
地図では沢になっていませんが
2021年09月20日 12:23撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激藪を抜け沢道に出ました
名取川に流れる宍戸沢の源頭でしょうか?
地図では沢になっていませんが
さらに下ると水量が多くなってきました
下りにくいですね
2021年09月20日 12:34撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに下ると水量が多くなってきました
下りにくいですね
ずっと沢沿いで、渡渉は数えられないくらい、
時々沢の中(水には入らなくて済みます)
苔岩で滑りやすく危ない、登りの方が安心でしょう
2021年09月20日 12:37撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと沢沿いで、渡渉は数えられないくらい、
時々沢の中(水には入らなくて済みます)
苔岩で滑りやすく危ない、登りの方が安心でしょう
鳥兜の花
いたるところで見かける
いきなりつかまないように注意!
それで目をこすったら大変なことに...
2021年09月20日 12:49撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥兜の花
いたるところで見かける
いきなりつかまないように注意!
それで目をこすったら大変なことに...
沢沿い終了付近にあるマーキング
なにか怖く見える
油断して最後に滑って転倒(けがなし(^^);フー)
2021年09月20日 12:58撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿い終了付近にあるマーキング
なにか怖く見える
油断して最後に滑って転倒(けがなし(^^);フー)
権現様峠
ここからは藪が無いことを祈る(太ももは藪でぎったぎた)ここからも結構上り下りがあるんだよな〜
でも知っているルートなので安心♪♪
2021年09月20日 13:03撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現様峠
ここからは藪が無いことを祈る(太ももは藪でぎったぎた)ここからも結構上り下りがあるんだよな〜
でも知っているルートなので安心♪♪
権現様峠から下ってきたルートを見る
この枯れ沢を登るのかと思っていた
これは枯れ沢でなく峠の凹部であった
なのでここをまっすぐ行くと宍戸沢に出る
2021年09月20日 13:03撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現様峠から下ってきたルートを見る
この枯れ沢を登るのかと思っていた
これは枯れ沢でなく峠の凹部であった
なのでここをまっすぐ行くと宍戸沢に出る
奥新川峠到着、権現様峠からここまでは刈り払いされていた。おにぎり2個目消費
日差しの割には暑くない(ルートのほとんどは森の中)
2021年09月20日 13:28撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥新川峠到着、権現様峠からここまでは刈り払いされていた。おにぎり2個目消費
日差しの割には暑くない(ルートのほとんどは森の中)
長左エ門平到着
疲れていなければここから面白山山頂は楽勝だが...
まだまだup&downが結構あるんですよ
2021年09月20日 14:07撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長左エ門平到着
疲れていなければここから面白山山頂は楽勝だが...
まだまだup&downが結構あるんですよ
おぉ〜もう少しで面白山かと思ったが
手前ではなく、奥の方が面白山
それにしてもだいぶ紅葉が進んできました
2021年09月20日 14:32撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぉ〜もう少しで面白山かと思ったが
手前ではなく、奥の方が面白山
それにしてもだいぶ紅葉が進んできました
誰もいない面白山山頂
だいぶ太陽が傾いてきました
体力ゲージがイエローゾーン(いやレッドゾーンか?)
でもここからは下りのみ♡
2021年09月20日 15:08撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない面白山山頂
だいぶ太陽が傾いてきました
体力ゲージがイエローゾーン(いやレッドゾーンか?)
でもここからは下りのみ♡
1
山頂から遠くに大東岳が見えます
疲れて写真もいい加減になってきたな
2021年09月20日 15:08撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から遠くに大東岳が見えます
疲れて写真もいい加減になってきたな
天童高原への下り(急なので走り不可、三沢山まで我慢)
山形の街並みが見えます
今日は一日天気が良かった♡♡
2021年09月20日 15:09撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天童高原への下り(急なので走り不可、三沢山まで我慢)
山形の街並みが見えます
今日は一日天気が良かった♡♡
三沢山山頂
2021年09月20日 15:27撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三沢山山頂
三沢山からの面白山
2021年09月20日 15:27撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三沢山からの面白山
三沢山からの下り
疲れて走るのは少々きつい、もう少し傾斜が緩いとよいのだが...
2021年09月20日 15:35撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三沢山からの下り
疲れて走るのは少々きつい、もう少し傾斜が緩いとよいのだが...
長命水で給水して、パワーアップ
重力で傾斜の緩い下りを軽快?に下る
ここで走らなければ、いつ走るの?
2021年09月20日 15:44撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長命水で給水して、パワーアップ
重力で傾斜の緩い下りを軽快?に下る
ここで走らなければ、いつ走るの?
天童高原
ビール休憩なし(面白山高原は何もないんだよな〜(;;)
2021年09月20日 15:58撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天童高原
ビール休憩なし(面白山高原は何もないんだよな〜(;;)
面白山登山口
この先の駅で山旅ラン終了
それにしても藪が多かったな〜
2021年09月20日 16:17撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面白山登山口
この先の駅で山旅ラン終了
それにしても藪が多かったな〜
1

感想/記録

面白山第3弾! 先週は小回りだったので、今回は大回りで周回を終了したいと思います。
7:09JR面白山高原駅到着、4回目ということもあり大分慣れてきました。
1回目から約1か月たちだいぶ太陽が低くなってきました。気温も体感13℃くらいで寒いので腕にカーフ(メインは藪対策)をつけて出発します。
コスモスベルグからさらに登ろうとすると、登山者が1名立ち止まっています。どうも斜面に猿軍団がいて怖いので躊躇しているようです。
待っててもしょうがないので、そのまま登り集団の前で迂回しました。
猿との距離は20m、ボス猿から威嚇はされませんでした。
旧スキー場を抜け山道に入りしばらくすると岩ゴロの道に入りました。
疲労したときの下りでないのでそれほどひどくはありません。
ここを抜け普通の山道を少し行くと南面白山山頂。登りやすい山と思います。
さて、ここからが未知の山道、山頂から先はすぐに藪化しています。
案の定、整備はされていなく背よりも高い笹薮もあります。
でも、本当は笹薮ではなく鋭いトゲのある植物(名称不明)で登山道のいたるところに生えていました。脛はカーフをつけていましたが、ヒザと太ももは短パンのせいで、むち打ちの刑を受けたようになり帰ろうと思いましたが、根性で進みました。
小東岳分岐、天気も良いので山頂に登りました。...でないとこの辺り眺めが悪いんだもの。
小東峠からの下りは、出だし背よりも高い笹薮でひどいが、トゲ植物はない。足元が見えないので非常に歩きにくい。(あぁ〜下りなのに走れませんよ)それに笹が足に当たり痛いんですよ!
10分位で藪が切れて、沢沿いの道になりました。一部走れるがあまりよくありません。
樋の沢手前の小沢には大権現様の石碑がありました。権現様峠の源頭近くにもあるので、昔の人は水をすごく大切にしていたんですね。
樋の沢は名前の通り樋(流水溝)そのものでした。近くには避難小屋もあり、二口からの裏コース登山口起点となっております。
さて、ここからが600mの登りで、疲労軽減のためストックを使い4輪駆動で登ります。最初は岩ゴロの枯れ沢で途中から水流があります。沢から離れると斜面がだんだん急になり、つづら折りの道となります。
だいぶヒートアップして登りきると、弥吉ころばし。自分も大の字であおむけになりたかった。(もっと開けた場所であれば... 転がる場所はありません)少し歩いたところが開けた展望地になっており、今日初めて山道で会ったの登山者でした。
ここから山頂までは比較的フラットですが、道は良くなく、またところどころ湿地になっており走るのはあきらめました。
大東岳山頂には登山者が数名お昼ご飯を食べていました。おにぎり残り2個ありますが、樋の沢で食べたので後にします。山の形状から考えて南方向は展望ありません。他の方向も斜面の樹林が邪魔してあまりよくありません。(遠くは良く見えます)
膝にテーピング(効果なかった(;;) )して権現様峠方面に下りました。
これが出だし異常に大変だった。背丈以上の笹薮他により道が見えなく
本気で山頂の戻ろうと思いました。10分位格闘したら藪が薄くなり急斜面の山道になり、そのあとは枯れ沢になりました。枯れてはいるが湿っているので岩は苔がついていて怖いです。また下ると今度は水が流れていて、沢沿い&沢下りの道になりました。これが名取川にそそぐ宍戸沢の源頭になるんでしょうね。渡渉は数えられないくらいやりました。
そろそろ終わりと喜んだら、油断して転倒してしまいましたが、けがはないです。当然ながらストックは畳んでザックにつけております。両手フリーのほうが良いと思います。
権現様峠から奥新川峠は予想通り刈り払いされていましたので、短パン+ノースリーブ問題なしです。でも道は良くないので走れません。(自分は)
奥新川峠から長左エ門平は先週歩いているので体力以外は問題なし。
長左エ門平から面白山は逆方向で来ているが、今回は終盤に持ってきているので、up&Downが4輪駆動でもきつかった。中面白山で登りが終わりと勘違いしてがっかりした。⇒ガーミン935の設定を見直します。
面白山山頂到着! これで終わった!あとは下りだヤッホー!
(先週この山でヤッホーやっている人いました。最近見かけませんね)
ここからの下りの出だしは急なので、ストック使い疲労軽減。
三沢山からは待望の走れる斜面! ストックをしまい走りモード
でも疲労でちょっときついのでゆっくりです。
長命水で命の水をもらい少々パワーアップ、ここからは超待望の極上の下り! 疲れてはいるが気温もちょうどよく今日最高の走り満喫でした。
天童高原からまた、急斜面の下りだがところどころは走れる場所もある。
石灰岩が露出している場所もあり、濡れていると要注意だが今日は乾いていたので大丈夫でした。
JR面白山駅到着、電車まで1時間ほどあるのでまったりとして過ごす。
自販機のコーラは売り切れでした。トホホ...


お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:478人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ