また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3573120 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 日高山脈

エサオマントツタベツ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年09月25日(土) ~ 2021年09月26日(日)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
36:23
距離
26.9 km
登り
1,661 m
下り
1,660 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回下山途中にスマホ(ソニー エクスペリア1 裏面にMSRのシールが貼ってあります)を落としてしまいました。
これまでの活動写真がたくさん入っているので諦めきれずにいます。もし発見された方がいらっしゃればメッセージを頂ければ幸いです。

1日目 快晴戸蔦別林道終点で前泊して、日の出とともに林道を歩きだす。?適当に入渓したら、沢は綺麗だったが、コースは難しくて時間が掛かってしまった。?ダラダラと続く小滝にウンザリしていると30mくらいの大きな滝が現れ左岸にロープがあった。?そこを過ぎると300メートルの滑滝が待っていた。?そうぞうしてい想像より角度があり緊張しました。?北東カールは聞きしに勝る静寂に包まれていて厳かな空気に満ちていました。?心配して途中から水を担いで来たがカールの中には綺麗で冷たい水が湧いて流れていました。?食事をして、テントの入り口を開けて、寝そべって星空をながねていると眺めていると、星が自分の下で輝いているような不思議な感覚になり、まるで宇宙空間をテントに乗ってただやっているようでした。?

2日目 快晴真っ暗な中ヘッテンで行動開始。?札内jp目指して、涸沢を詰める。?上部の岩は凍っていてとても危険でした。?GPSでルートを確認しながら、稜線に出た。?するとそこにはどこまでも続く日高山脈の主稜線が朝陽を浴びて輝いていた。?奇跡的な無風と快晴に感謝しながら山頂を踏んだ。?いつまでも眺めていたいと思いましたが、日没までに沢から上がらないと危険なので身を切る思いで山頂を後にした。?テントをかたずけて、下山開始。?沢の難易度は低いがコースが長いので緊張感を持続させなければならない。?しかし、ダラダラと続く小滝の連続でスッカリ飽きてしまい気が抜けていたのか?気がつくと胸のケースに入れていたスマホが無くなっていた。?辺りを探したが、時すでに遅しでした。?スッカリ気落ちしてトボトボと下山しました。?折角の美しい沢の写真が失われて大変残念です。

巻き道をスルーしてしまっているので軌跡は参考にならないと思います。
過去天気図(気象庁) 2021年09月の天気図 [pdf]

写真

ノースフェイス アサルト3
2021年09月25日 17:13撮影 by SOV40, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノースフェイス アサルト3
3
撮影機材:

感想/記録
by KandM

今回下山途中にスマホ(ソニー エクスペリア1 裏面にMSRのシールが貼ってあります)を落としてしまいました。
これまでの活動写真がたくさん入っているので諦めきれずにいます。もし発見された方がいらっしゃればメッセージを頂ければ幸いです。

1日目 快晴戸蔦別林道終点で前泊して、日の出とともに林道を歩きだす。?適当に入渓したら、沢は綺麗だったが、コースは難しくて時間が掛かってしまった。?ダラダラと続く小滝にウンザリしていると30mくらいの大きな滝が現れ左岸にロープがあった。?そこを過ぎると300メートルの滑滝が待っていた。?そうぞうしてい想像より角度があり緊張しました。?北東カールは聞きしに勝る静寂に包まれていて厳かな空気に満ちていました。?心配して途中から水を担いで来たがカールの中には綺麗で冷たい水が湧いて流れていました。?食事をして、テントの入り口を開けて、寝そべって星空をながねていると眺めていると、星が自分の下で輝いているような不思議な感覚になり、まるで宇宙空間をテントに乗ってただやっているようでした。?

2日目 快晴真っ暗な中ヘッテンで行動開始。?札内jp目指して、涸沢を詰める。?上部の岩は凍っていてとても危険でした。?GPSでルートを確認しながら、稜線に出た。?するとそこにはどこまでも続く日高山脈の主稜線が朝陽を浴びて輝いていた。?奇跡的な無風と快晴に感謝しながら山頂を踏んだ。?いつまでも眺めていたいと思いましたが、日没までに沢から上がらないと危険なので身を切る思いで山頂を後にした。?テントをかたずけて、下山開始。?沢の難易度は低いがコースが長いので緊張感を持続させなければならない。?しかし、ダラダラと続く小滝の連続でスッカリ飽きてしまい気が抜けていたのか?気がつくと胸のケースに入れていたスマホが無くなっていた。?辺りを探したが、時すでに遅しでした。?スッカリ気落ちしてトボトボと下山しました。?折角の美しい沢の写真が失われて大変残念です。

巻き道をスルーしてしまっているので軌跡は参考にならないと思います。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:359人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ