また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3605643 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 飯豊山

飯豊よいとこ水の山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年10月03日(日) ~ 2021年10月05日(火)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
行き)
電車で小国駅まで、小国駅から町営バスで梅花皮荘バス停下車
帰り)
御沢野営場からタクシーで山都駅(川入行きバスは8月末まで)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
56:00
距離
33.1 km
登り
3,071 m
下り
2,923 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間45分
休憩
1時間40分
合計
9時間25分
S飯豊山荘上駐車場04:5506:45湯沢峰06:5508:10五郎清水08:3509:45梶川峰10:0011:05扇ノ地神11:1011:55門内小屋12:1512:20門内岳13:40北股岳14:0514:20梅花皮小屋
2日目
山行
8時間15分
休憩
3時間15分
合計
11時間30分
梅花皮小屋04:5505:20梅花皮岳05:4506:20烏帽子岳07:30御手洗ノ池07:3508:00天狗の庭08:0508:50御西岳避難小屋09:3510:00文平ノ池上10:0510:50大日岳11:2012:00文平ノ池上12:30御西岳避難小屋13:0013:35玄山道分岐13:5514:05駒形山14:1014:30飯豊山14:4014:55本山小屋15:0515:40姥権現15:55草履塚16:0016:25切合小屋
3日目
山行
3時間50分
休憩
1時間5分
合計
4時間55分
切合小屋05:0505:55種蒔山06:1006:50三国岳避難小屋(三国小屋)07:0507:20剣ヶ峰07:45地蔵山西分岐07:50峰秀水08:0508:20横峰08:35笹平08:50上十五里09:0509:20中十五里09:35下十五里09:4010:00御沢登山口10:00御沢野営場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
飯豊山〜切合小屋間の御秘所と三国岳直下に岩場あり
その他周辺情報梅花皮荘
http://www.siroimori.co.jp/kairagisou/index.html
いいでの湯
http://www.sobanosato.jp/spa/
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

写真

米沢駅で下車すると米沢牛がお出迎え。ホームで売ってた牛肉どまん中弁当が美味しそうだった。
2021年10月02日 10:23撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米沢駅で下車すると米沢牛がお出迎え。ホームで売ってた牛肉どまん中弁当が美味しそうだった。
2
乗り換えの米坂線のホームは新幹線を下りた1番線のさらに奥にあるので注意。
2021年10月02日 10:25撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗り換えの米坂線のホームは新幹線を下りた1番線のさらに奥にあるので注意。
小国駅では駅長のおぐたん(ハロウィン仕様)がお出迎え。
2021年10月02日 11:47撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小国駅では駅長のおぐたん(ハロウィン仕様)がお出迎え。
夏が終わるとバスは登山口から歩いて1時間手前の梅花皮荘までしか行かなくなる。
2021年10月02日 12:02撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏が終わるとバスは登山口から歩いて1時間手前の梅花皮荘までしか行かなくなる。
梅花皮荘でマタギ御膳(要予約)を頂く。熊の脂身の味噌漬けが絶品!お湯は飯豊温泉が源泉。
2021年10月02日 12:46撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅花皮荘でマタギ御膳(要予約)を頂く。熊の脂身の味噌漬けが絶品!お湯は飯豊温泉が源泉。
今夜お世話になる天狗平ロッジ。築年数は経っているものの、キレイに管理されていて快適。
2021年10月02日 14:35撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜お世話になる天狗平ロッジ。築年数は経っているものの、キレイに管理されていて快適。
時間があればロッジ近くの温身平のブナ林散策がおすすめ。
2021年10月02日 15:29撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間があればロッジ近くの温身平のブナ林散策がおすすめ。
晩ごはんは梅花皮荘のお弁当を。おにぎり2個にたくあん、干物でたった500円。包装の銀紙も嵩張らないので登山客には嬉しい配慮。
2021年10月02日 17:58撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩ごはんは梅花皮荘のお弁当を。おにぎり2個にたくあん、干物でたった500円。包装の銀紙も嵩張らないので登山客には嬉しい配慮。
梶川尾根の登山口はゲートのある橋を渡ったすぐ袂にある。
2021年10月03日 04:59撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梶川尾根の登山口はゲートのある橋を渡ったすぐ袂にある。
登り開始から間もなくサルの群れに囲まれる。こちらも威嚇し返すがなかなか離れてくれなかった。
2021年10月03日 05:55撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り開始から間もなくサルの群れに囲まれる。こちらも威嚇し返すがなかなか離れてくれなかった。
ずっと急登が続いてしんどいが、こうして美しいブナ林が楽しませてくれる。
2021年10月03日 06:28撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと急登が続いてしんどいが、こうして美しいブナ林が楽しませてくれる。
湯沢峰から石転ビ沢の雪渓がみえる。この時期は雪渓が崩壊し踏み入る人はいない。
2021年10月03日 07:37撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯沢峰から石転ビ沢の雪渓がみえる。この時期は雪渓が崩壊し踏み入る人はいない。
2
五郎清水はわざわざ訪れる人がいる名水。本命はパイプ水ではなく更に下った岩の裂け目から噴き出ている水。
2021年10月03日 08:27撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五郎清水はわざわざ訪れる人がいる名水。本命はパイプ水ではなく更に下った岩の裂け目から噴き出ている水。
梶川峰は飯豊連峰の雄大な稜線を北から南まで一望できる絶景ポイント。正面に門内小屋。
2021年10月03日 09:46撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梶川峰は飯豊連峰の雄大な稜線を北から南まで一望できる絶景ポイント。正面に門内小屋。
後ろもまた絶景。
2021年10月03日 10:35撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろもまた絶景。
特に看板の案内などないが、保全作業地にはロープが張ってあるので外側は歩かない。
2021年10月03日 10:27撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に看板の案内などないが、保全作業地にはロープが張ってあるので外側は歩かない。
門内清水は旗を目印に行く。ここと五郎清水はぬるくなると独特のミネラル分を感じる。
2021年10月03日 12:06撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内清水は旗を目印に行く。ここと五郎清水はぬるくなると独特のミネラル分を感じる。
門内小屋のテント場は尾根の東側にあって秋冬は風が防げそう。平坦地で眺望もいい。
2021年10月03日 12:01撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内小屋のテント場は尾根の東側にあって秋冬は風が防げそう。平坦地で眺望もいい。
門内小屋から北嶺を臨むと稜線がいい感じに色付いていた。
2021年10月03日 12:17撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内小屋から北嶺を臨むと稜線がいい感じに色付いていた。
門内岳を後にし、
2021年10月03日 12:27撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内岳を後にし、
本日最後の山、北股岳までもうひと頑張り。
2021年10月03日 12:21撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最後の山、北股岳までもうひと頑張り。
北股岳山頂からは日本海を一望できる。
2021年10月03日 13:43撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北股岳山頂からは日本海を一望できる。
梅花皮小屋。宿泊者はたった3名。テントを張ったが、強風に耐えられなくなり夜8時ごろに小屋に撤収。
2021年10月03日 14:03撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅花皮小屋。宿泊者はたった3名。テントを張ったが、強風に耐えられなくなり夜8時ごろに小屋に撤収。
小屋の水場は水量豊富。水浴びしたくなる気持ちがよく分かる(しないけど)。
2021年10月03日 15:13撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の水場は水量豊富。水浴びしたくなる気持ちがよく分かる(しないけど)。
北股岳から見る日没。佐渡島の向こうに沈んでいった。
2021年10月03日 17:26撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北股岳から見る日没。佐渡島の向こうに沈んでいった。
翌朝いよいよ核心部へ。ずっと歩いてみたかった稜線。ゴマ粒に見えるの御西小屋、遠い。
2021年10月04日 06:21撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝いよいよ核心部へ。ずっと歩いてみたかった稜線。ゴマ粒に見えるの御西小屋、遠い。
あちこちに小さい池が点在する。
2021年10月04日 07:33撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちに小さい池が点在する。
天狗の庭は紅葉の最盛期を迎えていた。
2021年10月04日 08:11撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の庭は紅葉の最盛期を迎えていた。
御西小屋のテント場は広く平坦だが、梅花皮小屋と同じく風をもろに受けそう。
2021年10月04日 08:52撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御西小屋のテント場は広く平坦だが、梅花皮小屋と同じく風をもろに受けそう。
水場は小屋からだいぶ下る。時期によっては枯れている可能性もあるとのことだが、流量は豊富だった。
2021年10月04日 09:07撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場は小屋からだいぶ下る。時期によっては枯れている可能性もあるとのことだが、流量は豊富だった。
立ち話をしたお姉さんに教えてもらった映えスポットの文平ノ池まで足を伸ばしてみる。奥が大日岳。
2021年10月04日 12:00撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち話をしたお姉さんに教えてもらった映えスポットの文平ノ池まで足を伸ばしてみる。奥が大日岳。
そのまま大日岳も登頂。山頂で新潟から来たお兄さんにタコの昆布締めをご馳走になった、旨い。
2021年10月04日 10:50撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま大日岳も登頂。山頂で新潟から来たお兄さんにタコの昆布締めをご馳走になった、旨い。
オンベマツ尾根の西面が凄まじく赤く染まっていた。これ、反対側から見えないのでちょっと得した気分。
2021年10月04日 11:11撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オンベマツ尾根の西面が凄まじく赤く染まっていた。これ、反対側から見えないのでちょっと得した気分。
2
先ほどのお兄さんから弘法清水の存在を教えてもらったので玄山道分岐で沢筋に下ってみる。
2021年10月04日 13:35撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどのお兄さんから弘法清水の存在を教えてもらったので玄山道分岐で沢筋に下ってみる。
結局水場は見つからず。この辺の水をちょっと頂いた。ちゃんと目印があるが見落としたらしい。
2021年10月04日 13:48撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局水場は見つからず。この辺の水をちょっと頂いた。ちゃんと目印があるが見落としたらしい。
あらためて飯豊山に向かうがこの時点で結構ヘロヘロ。本山小屋泊に切り替えようか迷う、、、
2021年10月04日 13:20撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらためて飯豊山に向かうがこの時点で結構ヘロヘロ。本山小屋泊に切り替えようか迷う、、、
駒形山にて、ここまで歩いてきた道を振り返る。奥に大日岳。
2021年10月04日 14:05撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒形山にて、ここまで歩いてきた道を振り返る。奥に大日岳。
飯豊山山頂。この辺から他の登山客が増えてきた。
2021年10月04日 14:33撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊山山頂。この辺から他の登山客が増えてきた。
切合小屋まであの二山を越えないといけない(涙
2021年10月04日 14:35撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切合小屋まであの二山を越えないといけない(涙
本山小屋のお社を参拝。社務所の扉かと思ったらまさかのさい銭箱だった。
2021年10月04日 14:54撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山小屋のお社を参拝。社務所の扉かと思ったらまさかのさい銭箱だった。
御秘所の鎖場は足を掛ける場所も多く特に難しくない。
2021年10月04日 15:36撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御秘所の鎖場は足を掛ける場所も多く特に難しくない。
草履塚だがこれは偽ピーク。この後もう一山越える(/_;)
2021年10月04日 15:43撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草履塚だがこれは偽ピーク。この後もう一山越える(/_;)
切合小屋のテント場は空いていたが小屋は平日だというのに大盛況だった。ここだけ営業小屋扱いで登山ツアーの起点になっている。あと、水場では洗い物ができる(しないけど)。
2021年10月04日 16:15撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切合小屋のテント場は空いていたが小屋は平日だというのに大盛況だった。ここだけ営業小屋扱いで登山ツアーの起点になっている。あと、水場では洗い物ができる(しないけど)。
テン場の周りには植え込みがあり風の影響はなし。今夜は快適に寝れそうだ。
2021年10月04日 17:02撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場の周りには植え込みがあり風の影響はなし。今夜は快適に寝れそうだ。
3日目になってようやく雲が出てきたが、日の出がいい感じで染め上げてくれる。
2021年10月05日 05:38撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目になってようやく雲が出てきたが、日の出がいい感じで染め上げてくれる。
天使の梯子も。
2021年10月05日 06:02撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天使の梯子も。
三国小屋の奥は雲海の会津盆地。この辺りの標高の紅葉がちょうど見頃。
2021年10月05日 06:23撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国小屋の奥は雲海の会津盆地。この辺りの標高の紅葉がちょうど見頃。
三国岳山頂直下の岩場は長いのでちょっと気を付けたい。
2021年10月05日 07:13撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国岳山頂直下の岩場は長いのでちょっと気を付けたい。
山男は青空に映える( ̄ー ̄)b
2021年10月05日 07:15撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山男は青空に映える( ̄ー ̄)b
地蔵水場で最後の補水。御西小屋からこっちの水はあのミネラル分を感じないので水質が違うのかも。
2021年10月05日 07:57撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵水場で最後の補水。御西小屋からこっちの水はあのミネラル分を感じないので水質が違うのかも。
横峰→笹平→上十五里→中十五里→下十五里と100mづつ標高を下げていく。この辺りはdocomoの電波が繋がるので、中十五里でタクシー会社に電話するとちょうど下山のタイミングで迎えにきてくれる。
2021年10月05日 09:20撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横峰→笹平→上十五里→中十五里→下十五里と100mづつ標高を下げていく。この辺りはdocomoの電波が繋がるので、中十五里でタクシー会社に電話するとちょうど下山のタイミングで迎えにきてくれる。
1
いいでの湯に立ち寄り名物の山都そばを頂く。ソースかつ丼も意外な美味しさ。公共浴場のメシも侮れない。
2021年10月05日 11:50撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいでの湯に立ち寄り名物の山都そばを頂く。ソースかつ丼も意外な美味しさ。公共浴場のメシも侮れない。
2

感想/記録
by imoru

150回目の節目の山行はずっと憧れていた飯豊連峰縦走、それも紅葉真っ盛りの最高の季節。台風一過の晴天が広がり、気温も10月というのに暖かく、しかし吹き抜ける秋風は火照りをほどよく冷ましてくれる。お天道様まで味方に付けた最高の3日間で今年の夏山シーズンを締めくくることができた。
日本アルプスや八ヶ岳といったメジャーな山域だと全国津々浦々から登山客が集まってくるが、飯豊のしかも平日は地元民がほとんど。傍で会話に耳をそばだてて聞いても、内容はよく分からないが訛りが耳に心地いい。ただ、地元の人みんなが飯豊連峰を誇りに思う気持ちだけはよく伝わってくる。
美しい森に光り輝く笹原、清涼な岩清水に豊潤な水場、多様なアプローチ、たおやかな稜線ながら野性味の溢れる山塊、視界いっぱいに広がる東北の奥深い山並、朝ごとに雲海へと変貌する眼下の盆地、日本海に溶け込む夕陽、そして静かな時間、と枚挙にいとまがない。憧れの飯豊連峰は本当に素敵な所だった。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:236人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ