また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3617413 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳・アサヨ峰

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年10月09日(土) ~ 2021年10月10日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間4分
休憩
1時間59分
合計
11時間3分
S長衛小屋06:0806:48仙水小屋06:5107:30仙水峠07:3809:36駒津峰09:4910:18六方石10:3311:37甲斐駒ヶ岳12:3212:38駒ヶ岳神社本宮13:17摩利支天13:2313:57六方石13:5814:25駒津峰14:3515:17双児山15:2315:29双児山南峰16:57北沢峠 こもれび山荘16:5817:00北沢峠17:0117:06仙丈ヶ岳二合目登山口17:11長衛小屋
2日目
山行
6時間39分
休憩
1時間9分
合計
7時間48分
長衛小屋06:1608:31栗沢山08:4209:49アサヨ峰10:1211:36栗沢山12:1013:11仙水峠13:36仙水小屋13:3714:03長衛小屋14:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
長衛小屋に前泊も含めて2泊し、1日目は甲斐駒ヶ岳、2日目はアサヨ峰へ登った。

写真

長衛小屋を出発。
2021年10月09日 06:07撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長衛小屋を出発。
ところどころ色付いた木々を見ながら北沢沿いに進む。
2021年10月09日 06:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ色付いた木々を見ながら北沢沿いに進む。
道は特に問題なく、危険な個所も無かった。
2021年10月09日 06:35撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は特に問題なく、危険な個所も無かった。
仙水小屋の水場で冷たく美味しい天然水を補給。
2021年10月09日 06:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水小屋の水場で冷たく美味しい天然水を補給。
やがてゴーロ状の斜面が出現。
2021年10月09日 07:00撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがてゴーロ状の斜面が出現。
朝日に輝く紅葉の山と青空。
2021年10月09日 07:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に輝く紅葉の山と青空。
仙水峠。紅葉の間から青空を背景にした摩利支天。圧巻の眺め。
2021年10月09日 07:30撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水峠。紅葉の間から青空を背景にした摩利支天。圧巻の眺め。
1
その先には甲斐駒ヶ岳。晴天に期待が高まる。
2021年10月09日 07:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先には甲斐駒ヶ岳。晴天に期待が高まる。
2
左に仙丈ケ岳を見ながら登る。
2021年10月09日 08:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に仙丈ケ岳を見ながら登る。
1
黄色く色付いた双児山。
2021年10月09日 08:38撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色く色付いた双児山。
1
駒津峰に到着。少しガスが出てきた。
2021年10月09日 09:38撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰に到着。少しガスが出てきた。
岩場の尾根道を進む。
2021年10月09日 09:56撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の尾根道を進む。
振り返ると北岳。
2021年10月09日 09:56撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると北岳。
八合目の標識。
2021年10月09日 10:22撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目の標識。
直登ルートとトラバースルートの分岐点。
2021年10月09日 10:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登ルートとトラバースルートの分岐点。
直登ルートを登る。
2021年10月09日 10:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登ルートを登る。
ガンガン登って行く若者を横目に、マイペースで進む。
2021年10月09日 10:51撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンガン登って行く若者を横目に、マイペースで進む。
ゆっくりなので、なかなか近くならない。
2021年10月09日 10:56撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくりなので、なかなか近くならない。
ようやく甲斐駒ヶ岳山頂に到着。
2021年10月09日 11:39撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく甲斐駒ヶ岳山頂に到着。
1
巻き道を下山。
2021年10月09日 12:35撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道を下山。
ザラ場の斜面を下る。
2021年10月09日 12:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラ場の斜面を下る。
摩利支天に寄ってみる事に。
2021年10月09日 12:56撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天に寄ってみる事に。
摩利支天。残念ながらガスで展望は無かった。
2021年10月09日 13:11撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天。残念ながらガスで展望は無かった。
2
三つの顔を持ち金剛杵、弓箭を持って猪に乗った摩利支天。
2021年10月09日 13:18撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つの顔を持ち金剛杵、弓箭を持って猪に乗った摩利支天。
切り立った崖を見ながら戻る。
2021年10月09日 13:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り立った崖を見ながら戻る。
ハイマツ帯を双児山方面へ。
2021年10月09日 14:37撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯を双児山方面へ。
高度が下がってくると空が明るくなり、紅葉の中を歩く。
2021年10月09日 15:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度が下がってくると空が明るくなり、紅葉の中を歩く。
3
何とか暗くなる前に北沢峠まで下りて来る事が出来た。
長衛小屋に戻って食事を作り、19時半頃までロビーの薪ストーブの横で他の宿泊者を歓談してから就寝。部屋は満室だったが、定員を半分に制限していたので、ゆったりと寝る事が出来た。
2021年10月09日 16:58撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか暗くなる前に北沢峠まで下りて来る事が出来た。
長衛小屋に戻って食事を作り、19時半頃までロビーの薪ストーブの横で他の宿泊者を歓談してから就寝。部屋は満室だったが、定員を半分に制限していたので、ゆったりと寝る事が出来た。
翌朝は粟沢山からアサヨ峰へ。
2021年10月10日 06:09撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝は粟沢山からアサヨ峰へ。
最初からやや急な道。
2021年10月10日 06:18撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初からやや急な道。
だんだん岩も出てきた。
2021年10月10日 07:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん岩も出てきた。
木が切れたところからは、昨日登った甲斐駒ヶ岳・摩利支天がバッチリ見えて、昨日の疲労が吹き飛ぶ。
2021年10月10日 07:59撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木が切れたところからは、昨日登った甲斐駒ヶ岳・摩利支天がバッチリ見えて、昨日の疲労が吹き飛ぶ。
2
小太郎山、北岳方向。
2021年10月10日 08:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎山、北岳方向。
後ろは仙丈ケ岳がくっきりと見えていた。
2021年10月10日 08:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろは仙丈ケ岳がくっきりと見えていた。
ハイマツ帯。
2021年10月10日 08:13撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯。
岩場を登って、粟沢山に到着。360°の展望!!
2021年10月10日 08:36撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を登って、粟沢山に到着。360°の展望!!
1
更にアサヨ峰を目指す。
2021年10月10日 08:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更にアサヨ峰を目指す。
岩の尾根道を進み、最後に大きな岩を登ると・・・
2021年10月10日 09:22撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の尾根道を進み、最後に大きな岩を登ると・・・
アサヨ峰に到着。3つの標識が立っていた。
2021年10月10日 09:50撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサヨ峰に到着。3つの標識が立っていた。
こちらは山梨百名山の標柱。
2021年10月10日 09:51撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは山梨百名山の標柱。
一番高いところに立っている標識。残念ながらアサヨ峰の周辺は雲がかかっていて展望が無かったので、早々に来た道を引き返す。
2021年10月10日 09:51撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番高いところに立っている標識。残念ながらアサヨ峰の周辺は雲がかかっていて展望が無かったので、早々に来た道を引き返す。
1
粟沢山に近付くにつれて雲は切れて展望が開けてきた。
2021年10月10日 10:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟沢山に近付くにつれて雲は切れて展望が開けてきた。
粟沢山まで戻り、ここからは仙水峠経由で下山。
2021年10月10日 12:05撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟沢山まで戻り、ここからは仙水峠経由で下山。
ついつい何度もシャッターを押してしまう。
2021年10月10日 12:38撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついつい何度もシャッターを押してしまう。
3
仙水峠。ここから先は昨日登った道。
2021年10月10日 13:12撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水峠。ここから先は昨日登った道。
長衛小屋が見えてきた。
2021年10月10日 14:02撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長衛小屋が見えてきた。
帰着。預けていた荷物を受け取って北沢峠のバス停へ。
2021年10月10日 14:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰着。預けていた荷物を受け取って北沢峠のバス停へ。
15時発のバスに余裕で間に合ったが、バスは臨時便が出ており、満席になり次第、出発しているという状況だった。
2021年10月10日 14:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15時発のバスに余裕で間に合ったが、バスは臨時便が出ており、満席になり次第、出発しているという状況だった。
バスの無線を聞いていると、北沢峠の待合室は押しかけて来る下山者で溢れ、大変な状況になっているようで、我々は何とかそのピーク前のバスに乗れたようだった。
2021年10月10日 15:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスの無線を聞いていると、北沢峠の待合室は押しかけて来る下山者で溢れ、大変な状況になっているようで、我々は何とかそのピーク前のバスに乗れたようだった。
1
撮影機材:
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:147人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ