また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3619693 全員に公開 ハイキング 白山

【下見】笈ヶ岳登山はどこに駐車しようかな🤔

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年10月10日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一里野スキー場第3駐車場を利用
その前に,新中宮温泉から中宮発電所方面に行き,雄谷林道の分岐地点で引き返してきた。
※補足
1 白山一里野RCプラザは,今年5月から営業が再開されているようなので,駐車場のチェーンが開錠されていましたが,利用しませんでした。
2 一里野スキー場第5駐車場を利用させていただくつもりでしたが,イベントの準備をしているようだったので避けました。「石川ジムカーニャ」(バイクの8の字やコース走行のスキルアップのためのイベント(インストラクターなし))が開催されていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間32分
休憩
10分
合計
5時間42分
Sスタート地点08:4011:30引き返し地点11:4014:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆駐車場〜中宮発電所
 国道から中に入り,鉄塔までは草刈りがされていて,非常に歩きやすい。
 中宮発電所への橋は崩れたまま。砂防ダムを渡って向こう岸に。
 砂防ダムの手前はたくさんの方が歩いた跡があってわかりやすい。
 渡った後は,バラバラに移動しているのか,いくつか跡はあるもののわかり難い。
 行き先がはっきりしているので,明るければ迷うことはない。
◆中宮発電所〜中宮ダム
 導水管の横を登っていくと貯水池に出る。その横の階段を降りると雄谷林道に合流する。
 雄谷林道は問題ない。
 林道終点後の登山道はわかりやすいが,崩れていたり狭かったりと注意が必要。
 途中にオオスズメバチの巣があるので注意。季節的には動きが鈍いかもしれないが暖かい日は活動しているので注意。袖や腕にオオスズメバチが止まってビックリ😲
◆中宮ダム〜雄谷
 急登が多い。

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション(2L) ペットボトル(500ml 1本) ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ヘルメット ラジオ

写真

登山開始早々,道路脇に咲いていた。
2021年10月10日 08:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山開始早々,道路脇に咲いていた。
4
赤や白など,花の写真を撮って,スタート地点の写真を撮り忘れた。
2021年10月10日 08:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤や白など,花の写真を撮って,スタート地点の写真を撮り忘れた。
3
鉄塔の横を進まず,間違って最初は道路に沿って進んでしまった。ヤマレコが「コースが違います」と教えてくれた。この道が正解。
2021年10月10日 09:03撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔の横を進まず,間違って最初は道路に沿って進んでしまった。ヤマレコが「コースが違います」と教えてくれた。この道が正解。
3
階段横がキレイに刈られていた。
2021年10月10日 09:04撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段横がキレイに刈られていた。
3
中宮発電所への橋は壊れたまま。
2021年10月10日 09:08撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中宮発電所への橋は壊れたまま。
3
導水管の横を登っていく。最初の方は草が多くズボンが濡れた。徐々に階段を覆う草は減ってきて,邪魔に感じないくらい。
2021年10月10日 09:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
導水管の横を登っていく。最初の方は草が多くズボンが濡れた。徐々に階段を覆う草は減ってきて,邪魔に感じないくらい。
4
勘違いをして,ここを下って行った。ヤマレコがコースが違うと教えてくれたが,そのまま進んで林道に出た。
2021年10月10日 09:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勘違いをして,ここを下って行った。ヤマレコがコースが違うと教えてくれたが,そのまま進んで林道に出た。
3
林道終点。下山時に撮影。
2021年10月10日 12:59撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点。下山時に撮影。
3
林道のあとは,こんな感じの登山道が続く。
2021年10月10日 10:16撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道のあとは,こんな感じの登山道が続く。
2
オオスズメバチの注意。静かに静かに通ったつもりだったが,オオスズメバチが袖に止まってビックリ。そっと追い払った。下山時も腕に止まった。アブやハチに好かれているようだ。写真を撮っておけばよかった笑
2021年10月10日 10:25撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオスズメバチの注意。静かに静かに通ったつもりだったが,オオスズメバチが袖に止まってビックリ。そっと追い払った。下山時も腕に止まった。アブやハチに好かれているようだ。写真を撮っておけばよかった笑
2
細くなったり崩れたりしている箇所がある。
2021年10月10日 10:30撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細くなったり崩れたりしている箇所がある。
3
抜けるような青さ。こんなブルーの日に登れるなんて最高なんだけど,下見で山頂に行かないのが残念。
2021年10月10日 10:30撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜けるような青さ。こんなブルーの日に登れるなんて最高なんだけど,下見で山頂に行かないのが残念。
3
中宮ダム
2021年10月10日 10:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中宮ダム
2
アザミのアップ。
2021年10月10日 10:58撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミのアップ。
5
滝を見ると涼しく感じられていい。
2021年10月10日 11:03撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を見ると涼しく感じられていい。
3
あの山の向こうに笈ヶ岳が見えるのだろうが,今日はここで引き返そう。
2021年10月10日 11:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの山の向こうに笈ヶ岳が見えるのだろうが,今日はここで引き返そう。
4
一里野スキー場のゲレンデだ。
2021年10月10日 12:07撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一里野スキー場のゲレンデだ。
3
中宮ダム
2021年10月10日 12:30撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中宮ダム
2
標高が低いところは,紅葉がまだだな。
2021年10月10日 13:04撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が低いところは,紅葉がまだだな。
3
林道から階段を登って,貯水池があるところまで来た。
このあと,階段を下りて林道に戻った。
2021年10月10日 13:19撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から階段を登って,貯水池があるところまで来た。
このあと,階段を下りて林道に戻った。
2
林道の荒れたところ。普通車は底を擦りそう。
2021年10月10日 13:32撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の荒れたところ。普通車は底を擦りそう。
2
雄谷川取水ダム方面が左,中宮ダムへの林道が右。普通車はここで駐車するのがいいだろう。
2021年10月10日 13:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄谷川取水ダム方面が左,中宮ダムへの林道が右。普通車はここで駐車するのがいいだろう。
3
左が林道,右が中宮発電所。右方面も途中から未舗装路になる。
2021年10月10日 13:44撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が林道,右が中宮発電所。右方面も途中から未舗装路になる。
2
ここを抜けると中宮発電所。
2021年10月10日 13:46撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを抜けると中宮発電所。
3
砂防ダムを越えて1枚。
2021年10月10日 14:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防ダムを越えて1枚。
3
鉄塔を結ぶ道を通って登ってきたところが一里野ゲレンデ横。
そこの自販機でコーラを購入。
2021年10月10日 14:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔を結ぶ道を通って登ってきたところが一里野ゲレンデ横。
そこの自販機でコーラを購入。
4
今頃何を干しているのかと思ったら,栗。
2021年10月10日 14:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今頃何を干しているのかと思ったら,栗。
4
オレンジ色がキレイ。
2021年10月10日 14:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オレンジ色がキレイ。
2
一里野スキー場のふれあいゲレンデ。
2021年10月10日 14:42撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一里野スキー場のふれあいゲレンデ。
2
第5駐車場に行われていた「石川ジムカーニャ」
2021年10月10日 15:03撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第5駐車場に行われていた「石川ジムカーニャ」
4

感想/記録

最近,タイヤのパンクを含め,車のトラブルが多いのでお天気は最高であったが,県外への遠征は止めて近くの山に登ることにした。折角だから,笈ヶ岳への登山の下見に出掛けた。
一番は,どこに車を止めるかである🤔

いろいろなレコを見ると,雄谷林道が荒れているから林道の最初から歩くのがよい,というコメントがあった。最初に,新中宮温泉から中宮発電所へ向かう道路を進み,雄谷林道との分岐まで行った。そこまでは舗装道であるが,落石があったり,道幅が狭かったり,谷側に反射板がなかったりと暗い中で通るのに少し不安を感じた。それで,今年の残雪期に登った時と同じルートでスタートすることにして,一里野スキー場の第3駐車場に止めさせてもらった。

今回の下見で,中宮発電所横の砂防ダムを往復した。登りの時に導水管の横から林道へ合流するルートを間違えたので,下山の時に予定していたルートを確認した。また林道をすべて歩いて確認したかったので,林道・一般道を通って中宮発電所に戻った。
考えられそうなルートをすべて見て回った結果,車で林道まで来る方が時間が短縮され,危険が少ないと思う。普通車では雄谷林道の最後まで行くと,車の底を何度も擦ることになりそうなので,雄谷林道に入って雄谷川取水ダム方面と中宮ダム方面への分岐に駐車するのがよいと判断した。

今回,雄谷林道をすべて歩いて回ることができたのがよかった。これで,紅葉時の笈ヶ岳登山を楽しむことができる😊
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:197人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ