また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3627030 全員に公開 ハイキング 志賀・草津・四阿山・浅間

水ノ塔山〜篭ノ登山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年10月10日(日) [日帰り]
メンバー
 hananao(記録)
, その他メンバー1人
天候晴れ時々くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車坂峠付近の駐車場は全て満車で、スキー場まで下りて駐車した(無料)。これだけ沢山の登山者が訪れるとは驚き。路駐も多かったが、スキー場から歩いてもほんの数分のロスに過ぎない。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間8分
休憩
1時間1分
合計
5時間9分
Sアサマ2000パーク09:5610:06高峰高原ビジターセンター10:0810:11車坂峠10:1510:15高峰高原ビジターセンター10:1610:29高峰温泉11:36水ノ塔山11:4112:14東篭ノ登山12:5113:31水ノ塔山13:3414:27高峰温泉14:47高峰高原ビジターセンター14:5615:05アサマ2000パークG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ガレ場が多く不安定な箇所あり
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

写真

峠の駐車場は全て満車。流れ流れてスキー場に停める。少し余計に歩くがほんの数分
2021年10月10日 09:59撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の駐車場は全て満車。流れ流れてスキー場に停める。少し余計に歩くがほんの数分
黒斑山。浅間山に沸いた雲が山頂まで覆っている。登っても眺めが悪そうなので篭ノ登山に目的地変更
2021年10月10日 10:20撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒斑山。浅間山に沸いた雲が山頂まで覆っている。登っても眺めが悪そうなので篭ノ登山に目的地変更
2
これから登る峰々を眺めつつ林道歩き
2021年10月10日 10:22撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る峰々を眺めつつ林道歩き
5
少し登ると展望が開ける
2021年10月10日 10:55撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ると展望が開ける
3
紅葉してます
2021年10月10日 10:57撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉してます
5
東篭ノ登山をバックに
2021年10月10日 11:21撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東篭ノ登山をバックに
4
高峰渓谷を見下ろす
2021年10月10日 11:25撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高峰渓谷を見下ろす
3
水ノ塔山から先は急峻なガレ場の縁を歩く箇所が多い
2021年10月10日 11:44撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水ノ塔山から先は急峻なガレ場の縁を歩く箇所が多い
3
東篭ノ登山は遠く感じる
2021年10月10日 11:49撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東篭ノ登山は遠く感じる
1
ガレ場が続く。積雪期は緊張したが雪がなければ問題ない
2021年10月10日 11:50撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場が続く。積雪期は緊張したが雪がなければ問題ない
1
山頂の肩に着いた。嬬恋側は雲海だ!!
2021年10月10日 12:17撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の肩に着いた。嬬恋側は雲海だ!!
1
よくやった。頑張ったね!
2021年10月10日 12:21撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よくやった。頑張ったね!
1
霧が出てきた
2021年10月10日 13:18撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧が出てきた
2
カラマツの黄葉が進めば更に素晴らしいだろう
2021年10月10日 13:36撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツの黄葉が進めば更に素晴らしいだろう
3
黒斑山
頂稜部の雲は取れそうで取れない
2021年10月10日 14:23撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒斑山
頂稜部の雲は取れそうで取れない
1

感想/記録

高峰高原の山々は雪山入門に最適であり、黒斑山・篭ノ登山・高峰山、いずれも冬季にしか登ったことがなかった。

今回は黒斑山に登り秋の浅間を眺めるつもりだったが、現地に着いてみると黒斑山の山頂部は雲が付いていて晴れる気配がない。浅間山は濃い雲に覆われていて、黒斑山まで達している模様。そこで急遽、水ノ塔〜篭ノ登に目的地を変更した。

これが正解で、北アや八ツなど遠くの山々は望めなかったものの、ほぼ好天に恵まれ快適な秋山登山ができた。カラマツの黄葉がもう一段進んだら更に美しい風景を楽しめることだろう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:202人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ