また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3627264 全員に公開 ハイキング 赤城・榛名・荒船

山急山と五輪岩 マムシ(写真有)をトラロープと間違え掴みそうになる!☠️

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年10月11日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴 登山口朝16度、微風。下山時登山口23度、風やや強まる。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
遮断ロープ前路肩3台程度。ロープを超え狭い道を進むと数台駐車可能。ロープの先は枝が車体を擦るのでロープ前に駐めました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
03:55
距離
4.4 km
登り
543 m
下り
539 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間23分
休憩
1時間32分
合計
3時間55分
Sスタート地点08:2509:27五輪岩10:1310:33山急山11:1912:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■山急山(さんきゅうさん)登山口〜五輪岩〜山急山
〜西ルート〜登山口へ戻る反時計回りの周回コース

・破線ルートです。打田0譴気鵑痢帷岩魂」では上級ルートになってます。
・沢山のテープおよび踏み跡あるが、踏み跡は間違えていたり、途中で消滅したりしてます。
・「藪岩魂」で記載されているとおり、「ルート多様で読図困難」とあるが、まさにその通りでした。
・800mから下はルートミスしても傾斜がさほど急で無い土の斜面なのでよいが、上部の岩場でルートミスすると、行き詰まり下降困難になります。ダメだった時、安全に下れるか観察してから登ること。
・大岩が表れるたびに、右から巻くのか左からなのか悩む。とりあえず行ってダメっぽかったら、戻るを何度も繰り返した。
・往路は尾根に出るまでズブズブの杉林のぬかった急斜面で滑りやすい。
・復路の西コースは急斜面の下は1センチ位の軽石が敷き詰められ滑りやすい。

五輪岩、山急山とも展望の良い場所がある(五輪岩先端、山急山少し先の浅間山展望台)

持参装備:
★簡易ピッケル(有効):上部岩場手前の急な土の斜面で非常に有効でした。
★7弌10〜20m補助ロープ(今回利用無し):ルートミスした時、立木などを支点に10mでもW使用のゴボウで5m下れる。持参推奨。
★チェーンスパイク(今回利用無):土の斜面の登りでは濡れた土が軟らかく、下りでは軽石の石車に乗りそうであまり有効に思えない。アイゼンの方が良いかも。
★ヘルメット(有効):7月、9月と穂高を縦走したが落石は一度も起こさなかった。しかしここでは5回位起こした。踏み跡が無い所では、すぐに崩れる。持参推奨。

★★★西上州の破線ルート。「藪岩魂」では上級ルートになってるので、行程が短いからと初心者が安易に行く山ではありません。表妙義縦走も上級ルートですが、表妙義との違いは山急山には踏み跡不明瞭箇所が多く、ルートミスすることが多い。ルートミスの処理がこのルートを難しくしている。
因みに「藪岩魂」では二子山が初級、高岩でも中級です。

過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

装備

備考 水、900ccとトマトジュース250cc、ほぼ全て飲み干す。
タイオガブーツワイド、ワイドなため薄い靴下と重ね履きする。やはりこの靴、靴下2枚の方が良い。
帰路、安中で食事後、眠気予防の市販薬を飲む。眠くならずに自宅まで運転できた。

写真

昨夜は道の駅「こもち」で車中泊。山急山登山口移動中に松屋で朝ご飯を食べました。
2021年10月11日 07:04撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夜は道の駅「こもち」で車中泊。山急山登山口移動中に松屋で朝ご飯を食べました。
10
山急山登山口てまえ300m。遮断ロープは外すことが可能で奥に数台駐車場可のようですが、木々で車体を擦るので私はここに駐車しました。
2021年10月11日 08:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山急山登山口てまえ300m。遮断ロープは外すことが可能で奥に数台駐車場可のようですが、木々で車体を擦るので私はここに駐車しました。
3
遮断ロープの横の地図。
2021年10月11日 08:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遮断ロープの横の地図。
3
遮断ロープから徒歩5分ほどで登山口案内版に着く。
2021年10月11日 08:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遮断ロープから徒歩5分ほどで登山口案内版に着く。
3
杉林で最初だけ緩い。
2021年10月11日 08:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林で最初だけ緩い。
3
下は湿っていてグズグズ。
2021年10月11日 09:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下は湿っていてグズグズ。
3
残雪期用の簡易ピッケルで雪面を歩く要領で使用。
2021年10月11日 09:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪期用の簡易ピッケルで雪面を歩く要領で使用。
3
正面と右に大岩。
2021年10月11日 09:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面と右に大岩。
3
右に巻いてみた
2021年10月11日 09:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に巻いてみた
3
このルンゼかな?
2021年10月11日 09:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルンゼかな?
3
正面のコケのナメは違う。
2021年10月11日 09:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面のコケのナメは違う。
4
左のコケと岩のルンゼか?ここは上で立ち往生するとロープを出さないと下れない。止めておこう。5m程下りる。
2021年10月11日 09:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のコケと岩のルンゼか?ここは上で立ち往生するとロープを出さないと下れない。止めておこう。5m程下りる。
4
反対方向にトラバースすると標識。左だったのか!右のルンゼを詰めないで良かった。
2021年10月11日 09:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対方向にトラバースすると標識。左だったのか!右のルンゼを詰めないで良かった。
5
急な土のルンゼ、ピッケルを出す。
2021年10月11日 09:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な土のルンゼ、ピッケルを出す。
4
木の根につかまり、時折ピッケルを利用して正面の岩壁まで登る。
2021年10月11日 09:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根につかまり、時折ピッケルを利用して正面の岩壁まで登る。
3
正面の目印(黄色○の箇所)。あそこまでが急で濡れていて、崩れやすい。
2021年10月11日 09:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の目印(黄色○の箇所)。あそこまでが急で濡れていて、崩れやすい。
4
ピッケルを使用しながら前の画像の目印まで登り上を見る。
2021年10月11日 09:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピッケルを使用しながら前の画像の目印まで登り上を見る。
3
トラロープ
2021年10月11日 09:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラロープ
3
さらに中央にトラロープ
2021年10月11日 09:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに中央にトラロープ
3
尾根に出ました。右の五輪岩に行きます。
2021年10月11日 10:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出ました。右の五輪岩に行きます。
3
右を巻く
2021年10月11日 10:02撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右を巻く
3
リンドウ
2021年10月11日 10:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウ
6
妙義。五輪岩山名板手前の分岐(標識無し)を直進した先端(五輪岩は分岐を右)からの景色。地図配置してあります。
2021年10月11日 10:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙義。五輪岩山名板手前の分岐(標識無し)を直進した先端(五輪岩は分岐を右)からの景色。地図配置してあります。
8
引き返して分岐(標識無し)を右に下り気味に進むと五輪岩山名板、展望無し。
2021年10月11日 10:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返して分岐(標識無し)を右に下り気味に進むと五輪岩山名板、展望無し。
4
先端まで行きます。手前の黒い岩、高度感あり。先端まで痩せ尾根で両サイドの路肩がブッシュで見えない。踏み抜いて転落しないように注意深く進む。
2021年10月11日 10:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先端まで行きます。手前の黒い岩、高度感あり。先端まで痩せ尾根で両サイドの路肩がブッシュで見えない。踏み抜いて転落しないように注意深く進む。
7
先端からの景色。恩賀高岩と上信越道。
2021年10月11日 10:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先端からの景色。恩賀高岩と上信越道。
5
左は妙義かな
2021年10月11日 10:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は妙義かな
4
高岩左後ろ奥は荒船山
2021年10月11日 10:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高岩左後ろ奥は荒船山
9
矢ヶ崎山らしい
2021年10月11日 10:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢ヶ崎山らしい
5
妙義山塊最高峰の谷急山アップ
2021年10月11日 10:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙義山塊最高峰の谷急山アップ
9
山急山撮り忘れた!戻るのも面倒なのでここから木々の間からですが山急山。
2021年10月11日 10:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山急山撮り忘れた!戻るのも面倒なのでここから木々の間からですが山急山。
3
ご覧のように目印はあるが、踏み跡なしのため、この先右か左か分らない。
2021年10月11日 10:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご覧のように目印はあるが、踏み跡なしのため、この先右か左か分らない。
4
ここを左上に
2021年10月11日 10:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左上に
3
よく見るとロープらしいのが見えた。
2021年10月11日 10:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見るとロープらしいのが見えた。
3
トラロープまで這い上がる。
2021年10月11日 10:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラロープまで這い上がる。
3
トラロープの末端かと思い掴もうとすると、マムシだった!
2021年10月11日 10:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラロープの末端かと思い掴もうとすると、マムシだった!
21
マムシ、こいつがここにいると上に行けないな!しばらく見ていたがルンゼが急で上に行けないようだ。速攻で足を噛まれないように、トラロープで一気に上に登った。
2021年10月11日 10:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシ、こいつがここにいると上に行けないな!しばらく見ていたがルンゼが急で上に行けないようだ。速攻で足を噛まれないように、トラロープで一気に上に登った。
17
ルンゼを登り終えて下を見る。黄色矢印先がルンゼ。
2021年10月11日 10:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼを登り終えて下を見る。黄色矢印先がルンゼ。
3
ココも右か左か分らず。
2021年10月11日 10:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココも右か左か分らず。
3
とりあえず右に行く。
2021年10月11日 10:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず右に行く。
3
この岩を右から巻(結構きわどい)、裏に出て次の岩に登る。詰みました、オーバーハングした岩で下れません。慎重にクライムダウン。
2021年10月11日 10:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩を右から巻(結構きわどい)、裏に出て次の岩に登る。詰みました、オーバーハングした岩で下れません。慎重にクライムダウン。
6
この岩が先ほど詰んだ岩の反対側です。要ハーネスで空中懸垂ですね。支点が取れるかどうか..。戻って良かった。
2021年10月11日 10:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩が先ほど詰んだ岩の反対側です。要ハーネスで空中懸垂ですね。支点が取れるかどうか..。戻って良かった。
5
今度は左に行きます。かがまないと通れない岩棚。藪岩魂の岩棚(琴平宮が有る方)はたぶんこの下です。
2021年10月11日 10:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は左に行きます。かがまないと通れない岩棚。藪岩魂の岩棚(琴平宮が有る方)はたぶんこの下です。
4
この先で尾根に出た。山頂は戻る感じかなと思ったら、さらに20m程先でした。
2021年10月11日 10:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先で尾根に出た。山頂は戻る感じかなと思ったら、さらに20m程先でした。
3
山急山山頂、展望は無いです。
2021年10月11日 10:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山急山山頂、展望は無いです。
6
今日はバリでメット被るのですっぴんで来たわ!疲れた顔見せたくなかったのでFaceAppでちょっと若返らせて可愛くしたのよ😽
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はバリでメット被るのですっぴんで来たわ!疲れた顔見せたくなかったのでFaceAppでちょっと若返らせて可愛くしたのよ😽
22
山急山山頂から数分先の浅間山展望台。標識とかは無かったです。
2021年10月11日 11:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山急山山頂から数分先の浅間山展望台。標識とかは無かったです。
6
浅間山展望台からのパノラマ
2021年10月11日 11:07撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山展望台からのパノラマ
6
榛名山と右奥に赤城山
2021年10月11日 11:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛名山と右奥に赤城山
8
ここは、2択。.肇薀弌璽垢靴討ら下に下る。∋1特賄世らトラロープ2本で真下に下る。2本目は2m位ですがオーバーハングしてます。私は△鯏喘罎泙撚爾蝓▲肇薀弌璽垢靴騰,坊劼欧泙靴拭2爾ら見たら〕用の方が安全度高い感じでした。
他のレコではここを懸垂下降していたパーティーがいました。
2021年10月11日 11:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは、2択。.肇薀弌璽垢靴討ら下に下る。∋1特賄世らトラロープ2本で真下に下る。2本目は2m位ですがオーバーハングしてます。私は△鯏喘罎泙撚爾蝓▲肇薀弌璽垢靴騰,坊劼欧泙靴拭2爾ら見たら〕用の方が安全度高い感じでした。
他のレコではここを懸垂下降していたパーティーがいました。
3
この手前を西に進み間違えに気がつく。この尾根を右下に下るのが方角的に正規ルートのようです。GPSが無いと判断難しいですね。
2021年10月11日 11:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この手前を西に進み間違えに気がつく。この尾根を右下に下るのが方角的に正規ルートのようです。GPSが無いと判断難しいですね。
3
山の神。840m地点、ここまで下れば安全圏で岩場はもう無いです。
2021年10月11日 11:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神。840m地点、ここまで下れば安全圏で岩場はもう無いです。
3
800m地点、目印はあるが踏み跡は不明瞭。GPSで方角を定めてから雪面を下る感じでピッケルを持って下りました。
2021年10月11日 11:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
800m地点、目印はあるが踏み跡は不明瞭。GPSで方角を定めてから雪面を下る感じでピッケルを持って下りました。
3
戻りました。
2021年10月11日 12:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻りました。
4
高速を使わずに帰りました。安中付近の山田うどんで蕎麦を食べました。登山口から運転時間(休憩を除く)で4時間でした。
2021年10月11日 13:40撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高速を使わずに帰りました。安中付近の山田うどんで蕎麦を食べました。登山口から運転時間(休憩を除く)で4時間でした。
13
撮影機材:

感想/記録
by mtken

打田0戝「薮岩魂」で紹介されている山急山(さんきゅうさん)と五輪岩(ごりんいわ)に行ってきました。上級コースの破線ルートです。「薮岩魂」では二子山が初級で高岩でさえ中級です。

山急山は前から行きたかった山で今回行けて良かったです。読んで字のごとし30分も歩くと急登り一辺倒で滑りやすい。上部は大岩が何度も表れ、その都度、右から巻くのか左からなのか、踏み跡も無く、もしくは踏み跡が交差していて大いに悩む。

小さなルートミスはあると思うので、万が一の下降用の補助ロープがあると安心です。できれば20m。10mでも5mゴボウで下れるので危険箇所は回避できます。

出合った人は皆無でした。久々に藪岩のハイグレードハイキングを楽しみました👍
行程の割に疲れました😅
下道で帰りました。途中、山田うどんで蕎麦を食べて、都合5時間ほどで自宅に着きました。相変わらず行田付近から断続的な渋滞で最後の25kmで90分かかりました😾
では🤗

10月度遠征
10日:未丈ヶ岳 紅葉は山頂付近が見頃、中腹のブナはこれから。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-3626863.html

11日:山急山と五輪岩 マムシ(写真有)をトラロープと間違え掴みそうになる!
当レコ

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:882人

コメント

マムシと疲れた顔見せたくなかったのでFaceAppでちょっと若返らせて可愛くしたのよには?????鳥肌が😣

私には行こうとも思えない山、この様な山を登る方が山ヤと言うのでしょう。
お疲れ様でした。👍?
2021/10/12 17:21
henke1956さん、こんにちは。

若返らせて可愛く、やりすぎかな!最近変な方に行ってる感じ。ヒゲずらに戻そうかな?
藪岩、面白いですよ。どちらかというと、行程の長い低山の縦走の方が苦手です。
最大限安全を確保して、短時間で登り、下山後ゆっくりする方が好きです
11月は西上州のマムシ岳(上級コース)に行こうと思ってます。

コメントありがとうございました。
2021/10/12 17:36
上級者コース過ぎで、詳細なレコなれど、どなたが参考にするのかな?と素朴な疑問。
山頂写真…ご本人が言う通りで、変な方へ行ってますね😅

少し前のTVで、faceAppを使って、ホントはオッサンなのに、ロングヘアーの美しい女性に写真を変えたライダーのYouTubeを上げてる人が人気者になった、ってのをやってましたがー😁
2021/10/12 19:32
maroeriさん、こんばんは。

山急山、西上州マニアには結構有名な山なんです。私も数年前から狙ってました
西上州は丹沢同様ヒル化が進んでて、中途半端な季節の狭間くらいしか行く機会が無いんです。

やはり変な方へ行ってますか、11月から少なくても女性化だけは自粛しようと思います。
世の中のオッサン、変な願望持った方がいて困りますね。私なんかは、自分で変だと自覚してるし、faceAppも無料の範囲でしか使ってないのでオッサンライダーよりマシです

でもヤマレコでは変人扱いされても人気者にはなれない感じですね

コメントありがとうございました。
2021/10/12 21:53
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ