また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3656530 全員に公開 沢登り 丹沢

道志川水系 菅沢

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年10月03日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神ノ川林道路肩駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
2.8 km
登り
181 m
下り
166 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
コース状況/
危険箇所等
■菅沢

神ノ川水系 社宮司沢の1本東側に流れる小沢だが、入渓後すぐに意外な滝がある。
中流部へ平坦な流れで少々ナメ滝、上流部に近づくと7mほどの登れそうもない
垂瀑。詰めは崩壊地になるので、7m滝辺りから沢と二俣近くから出てくる左岸の
径路を下り戻った方がよい。
なお沢名は信憑性に疎いが、過去の昭文社エアリアに掲載されていたものを使わせて
もらう。
神ノ川林道より下流にある二俣の左俣は「みょうが沢」で林道に架かる橋名も
そのように表示されている。
遡行グレード 1級

,澆腓Δ沢橋南の神ノ川林道上の菅沢は排水溝に埋められている。(標高420m)
 左岸の広い径路に入ると、左側はユンボのある材木置場となっている。
 右手にはおそらく可愛尾根に上がる植林径路があるが見送り、そのまま径路を
 進むと、菅沢が見え始め、古く細い橋が架かっている。すぐ先に堰堤。
 そのまま径路を進めば、奥の方に意外な滝の筋が見えた。

沢に下り滝の勇姿を拝みに行く。
 2条1.5×3m(左をへつる)を前衛に、両岸崖状の多段の滝。
 3+8+7+5mといったところか。(最上段5mは見えない)
 最上段は左の崖からも滝が合わさって、なかなか立派な滝だ。
 戻って左岸の径路をジグザグ上がり、この大滝基部に合わさる礫の詰まった
 段々涸棚の急な窪を横切って、大滝落ち口上部へ下りる。
 大滝の落ち口は狭い函状で、もし登れるなら水どっかぶりの核心部になるだろう。
 大滝の上には2m小滝がある。
 その上流部で右岸の尾根にも径路が登っていくのが見える。

B臑譴隆き道径路はそのまま菅沢の左岸沿い少し上をだいたい490m付近まで
 伸びているが、455mで合わさる右側の涸れ支流を横断する付近は崩れ気味なので
 平坦な沢通しで行った方がよい。

460m二俣は水量も少ないが水量比1:1。左俣はS字に小さく蛇行して1.5mの
 小滝がある程度。この左俣の左岸には割と明瞭な植林径路が沢沿いに伸びており、
 480mで右岸に渡って尾根を上がり、上青根から続く林道終点(作業小屋あり)に
 出る。
 さて右俣には475mで2条1.5mと長さ10mほどのナメ。
 沢は南向きとなり少しで2段1.5×4m、510mで3段4×12m赤茶ナメ滝(教蕁
 すぐに3m滝(左壁卦蕁次法3段3×12mと続く。

520mで左右から小沢が合わさるミニ十字峡で、本流には奥にまた滝筋が見える。
 近付くと2m滝を前衛に2条7mのほぼ垂瀑だ。
 左からも増水時には滝となるであろう20mの棚状となっている。
 7m滝はちょっと直登は厳しいので、右から巻く。落ち口よりも10m上部を巻いて
 慎重に急なザレをクライムダウンするか、無難に5mほどラペルする。
 しかし沢に戻っても上流部には大量の崩壊倒木群があるし、詰めは可愛尾根635m
 コルや左支沢も昨今の台風によるものか大きく崩落しているので、ここで戻ること
 にする。

β瑤茲蟒戎m上の左岸側斜面に所々径路の残骸がありトラバース。あまりよくは
 ないが。
 480m辺りの斜面が平坦気味になった植林帯で径路ははっきりしてくるが、前述の
 通り455m支流横断点は一部だけだがあまりよくはないので、沢沿いを下降した
 方がよいだろう。
 大滝手前で行きに使った径路に上がり戻る。

 455m左沢沿いにも径路がある。最初は左岸沿いに、そして右岸側に渡り少し沢
 沿いを詰めると、径路は右手の尾根に上がるよう登っていく。
 そのまま登ると可愛尾根(末端にジジイ宮の祠がある)の536m小ピークか、その
 下部(西側)のコル状に出られる。

※神ノ川林道は遡行日現在も、小瀬戸トンネル出口より先は崖崩壊により関係者以外
 歩行者含め通行止めとなっている。

丹沢の谷記録集は下記サイト内の「丹沢限定沢登り記録」にまとめております。
http://mt-farm.info/
 
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図

写真

神ノ川林道から菅沢への入口
2021年10月03日 07:57撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
神ノ川林道から菅沢への入口
すぐに左手は材木置場広場
2021年10月03日 07:58撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
すぐに左手は材木置場広場
径路を進む
2021年10月03日 07:58撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
径路を進む
古く乗ったら壊れそうな橋を見送る
2021年10月03日 08:00撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
古く乗ったら壊れそうな橋を見送る
奥に筋が見えてきた
2021年10月03日 08:03撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
奥に筋が見えてきた
前衛の2条1.5×3m
2021年10月03日 08:08撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
前衛の2条1.5×3m
立派な大滝だ
2021年10月03日 08:09撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
立派な大滝だ
2
戻って左岸径路を進む
2021年10月03日 08:17撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
戻って左岸径路を進む
大滝の落ち口へ出る
2021年10月03日 08:19撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
大滝の落ち口へ出る
大滝の落ち口
2021年10月03日 08:22撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
大滝の落ち口
1
大滝の落ち口
2021年10月03日 08:22撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
大滝の落ち口
大滝の上の2m滝
2021年10月03日 08:23撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
大滝の上の2m滝
1
沢は平穏になる
2021年10月03日 08:24撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
沢は平穏になる
460m二俣
2021年10月03日 08:38撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
460m二俣
510m 3段4×12m赤茶ナメ滝
2021年10月03日 09:10撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
510m 3段4×12m赤茶ナメ滝
その上段部
2021年10月03日 09:11撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
その上段部
すぐ3m滝
2021年10月03日 09:12撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
すぐ3m滝
左壁を登る
2021年10月03日 09:14撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
左壁を登る
520mを越えると上流に筋が
2021年10月03日 09:23撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
520mを越えると上流に筋が
2m滝を前衛に
2021年10月03日 09:24撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
2m滝を前衛に
2条7m滝だ
これは出だしがむずいだろう
2021年10月03日 09:25撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
2条7m滝だ
これは出だしがむずいだろう
1
右から巻く
2021年10月03日 09:28撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
右から巻く
沢に戻るには手掛かりの少ないザレのクライムダウンか木でラペル。
しかしここから見えた上流は大量の倒木群だったので止める。
2021年10月03日 09:32撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
沢に戻るには手掛かりの少ないザレのクライムダウンか木でラペル。
しかしここから見えた上流は大量の倒木群だったので止める。
斜面をトラバースしながら下りる
2021年10月03日 09:42撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
斜面をトラバースしながら下りる
平地の植林帯になれば径路も出てくる
2021年10月03日 10:23撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
平地の植林帯になれば径路も出てくる
戻った。
ここで(モデル?)撮影をされていたご一行に会う。
「ヒルさんにはお気をつけて・・・」とお話ししたらストッキングを見せて「バッチリです!」と申しておられた。
2021年10月03日 10:46撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
戻った。
ここで(モデル?)撮影をされていたご一行に会う。
「ヒルさんにはお気をつけて・・・」とお話ししたらストッキングを見せて「バッチリです!」と申しておられた。
この沢の左俣でもあるのがみょうが沢。
漢字にすると「茗荷」なのかな、それとも「冥加」なのかもしれないな。いずれも意味からすれば語源となりそう。後者ならうれしい。
2021年10月03日 10:49撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
この沢の左俣でもあるのがみょうが沢。
漢字にすると「茗荷」なのかな、それとも「冥加」なのかもしれないな。いずれも意味からすれば語源となりそう。後者ならうれしい。
みょうが沢橋
2021年10月03日 10:49撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
みょうが沢橋
大室山が見える
2021年10月03日 10:50撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
大室山が見える
神ノ川林道は小瀬戸トンネル出口から先はまだ歩行者含め通行止め。折花宮や山神様に早くお詣りにいきたいのに。
2021年10月03日 10:53撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
神ノ川林道は小瀬戸トンネル出口から先はまだ歩行者含め通行止め。折花宮や山神様に早くお詣りにいきたいのに。
駐車スペース手前に戻る
2021年10月03日 10:55撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145FUJIFILM
駐車スペース手前に戻る

感想/記録
by kamog

神ノ川林道はまだ小瀬戸トンネルより先は歩行者含め通行止めであった。
折花宮と山神様へお詣りしたあと井戸沢へ行く計画はまたも頓挫。
会にも出していたもしもの時の代替案である菅沢を探検。
意外な大滝を拝めたことは収穫だった。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:255人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ