また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3748740 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東海

勘行峰-七ッ峰-天狗石山-智者山-無双連山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年11月12日(金) ~ 2021年11月15日(月)
メンバー
天候しずてつジャストラインで降りた孫佐島で雨がパラパラ降った以外はずっと晴れか、曇りでした。
アクセス
利用交通機関
電車バス、 自転車
往路 2021年(令和3年)11月12日(金)
自宅 04:30
04:45 町田 05:06 小田急小田原線 小田原行 600円
06:07 小田原 06:22 JR東海道本線 熱海行 1690円
06:45 熱海 06:49 JR東海道本線 浜松行
08:03 静岡 08:05 しずてつジャストラインバス 1430円
09:43 孫佐島 ↑バスに乗ろうとしたら、ドアが閉まって発車しそうだったので、ドアをたたいて乗せてもらう。バスに触らないでと言われる・・・そりゃそうだ、もっともです。

復路 11月15日(月)
10:57 地名 11:21 大井川鐵道大井川本線 金谷行 1060円
12:10 金谷 12:32 JR東海道本線 興津行 2310円
13:20 興津 13:30 JR東海道本線 三島行
14:15 三島 14:29 JR東海道本線 熱海行
14:43 熱海 14:50 JR東海道本線(上野東京ライン) 高崎行
15:11 小田原 15:15 小田急小田原線 快速急行新宿行 600円
16:15 町田 16:20 駐輪場 4日分 440円
16:35 自宅

しずてつジャストライン
https://www.justline.co.jp/
大井川鐡道
https://daitetsu.jp/
経路を調べる(Google Transit)
GPS
80:00
距離
59.0 km
登り
3,823 m
下り
4,179 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間54分
休憩
8分
合計
5時間2分
S井川峠登山口 孫佐島口09:4811:58一服峠12:0013:03深沢山13:0413:24木立場14:39井川峠14:4414:501666
2日目
山行
8時間19分
休憩
26分
合計
8時間45分
166606:0006:45アツラ沢の頭06:5307:19リバーウェル井川スキー場07:40勘行峰07:4609:19大日峠(旧大日峠)09:51大日山10:17富士見峠11:00三ツ峰11:0311:31梅地パイロットファーム12:59七ツ峰13:0713:49益田山13:5014:45鞍部
3日目
山行
8時間28分
休憩
24分
合計
8時間52分
鞍部05:5506:25湖上駅下り口分岐06:34天狗石山06:3606:40天狗石07:10智者山07:1907:51智者山神社07:5608:18八草辻10:54高山11:0112:22無双連山P112:31無双連山 電波反射板12:39無双連山P5 (三角点峰)12:4013:30・93814:08粟原峠14:32石上14:47石上南西250m
4日目
山行
4時間21分
休憩
26分
合計
4時間47分
石上南西250m06:1006:49・82406:5707:48・85207:5308:09三双08:1309:31権現山09:4010:57地名駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
踏み跡不明瞭箇所あり
三ッ峰山〜七ッ峰 踏み跡薄い
無双連山の三角点峰の南からP938ヤセ尾根に踏み跡あるも藪に覆われ
P938から粟峠まで植林帯で踏み跡ない
△866.8石上の南西、800m付近林道〜横郷セド山分岐の下まであり
その他周辺情報5万図:南部、井川、千頭、家山
山と高原地図:南アルプス 塩見・赤石 聖岳(孫佐島〜アツラ沢の頭まで)

約一年前に、智者山〜天狗石山の登頂を計画していた
https://www.yamareco.com/modules/yr_plan/detail-1222937.html
過去天気図(気象庁) 2021年11月の天気図 [pdf]

写真

孫佐島のバス停降りて、あれ登山口どこだっけ?とうろうろ、近くの家の犬がうるさいので、出てきた人に聞いたらわからないと言われる(笑)水タンクのある尾根に腐った桟道があったのでそれを登る。入口の標識はなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
孫佐島のバス停降りて、あれ登山口どこだっけ?とうろうろ、近くの家の犬がうるさいので、出てきた人に聞いたらわからないと言われる(笑)水タンクのある尾根に腐った桟道があったのでそれを登る。入口の標識はなかった
持って帰らなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持って帰らなかった
前回、通らなかった一服峠、日当たりがなくうすら寒い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回、通らなかった一服峠、日当たりがなくうすら寒い
いよいよ、井川峠に近い沢そいの登りの辺り、いい薬です?峠の手前のトラバースがやや不明瞭だったり、道が細く高度があってビビる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ、井川峠に近い沢そいの登りの辺り、いい薬です?峠の手前のトラバースがやや不明瞭だったり、道が細く高度があってビビる
井川峠。トレランコースになっている。そういう時代ですね(トレランコースは稜線上です)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井川峠。トレランコースになっている。そういう時代ですね(トレランコースは稜線上です)
スキー場のある辺りで、工事中の為通れない部分がある。が、早朝で工事してないので工事現場を通る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場のある辺りで、工事中の為通れない部分がある。が、早朝で工事してないので工事現場を通る
勘行峰付近、南アルプス南部の山が雪を被っているのが見える、山頂に見える山のパノラマ写真と山座同定写真が設置されている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勘行峰付近、南アルプス南部の山が雪を被っているのが見える、山頂に見える山のパノラマ写真と山座同定写真が設置されている
1
勘行峰にあった山座同定写真を元に、真似して作ってみました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勘行峰にあった山座同定写真を元に、真似して作ってみました
大日峠の少し先にトイレと東屋があって、休むのにちょうどよい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日峠の少し先にトイレと東屋があって、休むのにちょうどよい
今回の登山で、唯一、登山者?(トレランナー)とすれ違ったのが大日山の付近
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の登山で、唯一、登山者?(トレランナー)とすれ違ったのが大日山の付近
1
富士見峠の南アルプス標識、この付近には駐車場あり、人がいっぱいいた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見峠の南アルプス標識、この付近には駐車場あり、人がいっぱいいた
富士見峠の南西の所に三ッ峰ハイキングコース入口あった。梅地パイロットファームまで道あることになってるけど、不明瞭でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見峠の南西の所に三ッ峰ハイキングコース入口あった。梅地パイロットファームまで道あることになってるけど、不明瞭でした
三ッ峰山は、展望なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ峰山は、展望なし
1
三ッ峰から少しくだった電波塔の少し西から見た、七ッ峰と思われる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ峰から少しくだった電波塔の少し西から見た、七ッ峰と思われる
梅地パイロットファーム?はやってないみたいだが、柵の切れ目の林道から尾根に上る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅地パイロットファーム?はやってないみたいだが、柵の切れ目の林道から尾根に上る
踏み跡ほとんど見えなかったけど道標あったのでびっくり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡ほとんど見えなかったけど道標あったのでびっくり
七ッ峰にも、あの切り株の標識もありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ峰にも、あの切り株の標識もありました
七ッ峰からの展望、南東方向かな、海の方まで見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ峰からの展望、南東方向かな、海の方まで見える
1
益田山で泊まるなら岩崎宏美を聞こうと思ったのだが、まだ、早いのでもう少し先へ進もう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
益田山で泊まるなら岩崎宏美を聞こうと思ったのだが、まだ、早いのでもう少し先へ進もう
あれかな?天狗石山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれかな?天狗石山
天狗石の石は山頂にない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗石の石は山頂にない
少し下に天狗石があった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下に天狗石があった
1
最初の計画は智者山だけだったのだが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の計画は智者山だけだったのだが
智者山からの景色、わざわざ切り開いた感じですね、前の写真のように山頂は林になっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
智者山からの景色、わざわざ切り開いた感じですね、前の写真のように山頂は林になっている
智者山を下って、智者山神社から林道を八草辻へ向かう途中に水場があった。もう一本の沢には、わさび田の跡があったので、水はずっと出てる可能性高い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
智者山を下って、智者山神社から林道を八草辻へ向かう途中に水場があった。もう一本の沢には、わさび田の跡があったので、水はずっと出てる可能性高い
富士城付近だったかな、熊らしき獣が逃げて行った。ここは城跡らしく案内板があった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士城付近だったかな、熊らしき獣が逃げて行った。ここは城跡らしく案内板があった
2
無双連山は『ムソレヤマ』?だったのか?5万図を見ても山脈に沿って名前が記入してあるが・・・というか、今回歩いたところに、ヤマレコの記録地図の表示に「 身延山地」という名前が表示されていることにあとから気づく。ここも城跡らしく標識がいくつかあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無双連山は『ムソレヤマ』?だったのか?5万図を見ても山脈に沿って名前が記入してあるが・・・というか、今回歩いたところに、ヤマレコの記録地図の表示に「 身延山地」という名前が表示されていることにあとから気づく。ここも城跡らしく標識がいくつかあった
粟原峠には、ライダーが休んでいたが、私が歩いてきたのでびっくりした様子だった。この先、石上の少し先で今夜の宿。翌日、この先道があるか不安だったが、半分くらい林道があった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟原峠には、ライダーが休んでいたが、私が歩いてきたのでびっくりした様子だった。この先、石上の少し先で今夜の宿。翌日、この先道があるか不安だったが、半分くらい林道があった
横郷セド山分岐には、テープに書いてあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横郷セド山分岐には、テープに書いてあった
853.8、ヤマレコでは三双と登録されている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
853.8、ヤマレコでは三双と登録されている
1
権現山には、登山道があって、三方向に標識があったが、どれも踏み跡が不明瞭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現山には、登山道があって、三方向に標識があったが、どれも踏み跡が不明瞭
やや南方向のこれを下ってみると、ロープ場があって、ロープが途切れ途切れに設置されていて、間が空いていてビビる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや南方向のこれを下ってみると、ロープ場があって、ロープが途切れ途切れに設置されていて、間が空いていてビビる
林道下ってると2匹のカモシカがいた、夫婦か?写真を撮る前に、承諾を得ようとしたが、返事はなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道下ってると2匹のカモシカがいた、夫婦か?写真を撮る前に、承諾を得ようとしたが、返事はなかった
1
石仏があったので、撮ろうとしたら鳥が飛んできた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石仏があったので、撮ろうとしたら鳥が飛んできた
1
予定より一本早い電車に乗れた、大井川鐡道は初めて乗車。途中、逆方向へSLが走っていったがなぜか、最後尾に気動車で押していたようだ。思い出すと煙も出てなかったような
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定より一本早い電車に乗れた、大井川鐡道は初めて乗車。途中、逆方向へSLが走っていったがなぜか、最後尾に気動車で押していたようだ。思い出すと煙も出てなかったような
1

感想/記録

後日

 当初、地図を見ていたら、智者山というのを見つけたのは、去年だったか?自分の名前の漢字が使われている山は初めてだったので行ってみたいと思っていた。まだ大井川鉄道にも乗ったことがない。昔からSLが走っているのは知っていたが、情報をもっていなかったし、調べることもなかったから

 今年の前半は職場の他の人が入れ替わり立ち替わり、休んで私は休みが取れなかったので、10月、11月の紅葉シーズンに土日に絡めて休むと宣言していたのだ。それで今週の天気を見ると、まさかの4日間晴天になっているではないか! 休みはすでに取ってあるもののどこへ行くかは決めていなかった。実は1日前の11日は、職場が休みだったので、本当は5連休だったのだが、その前の火曜日に交通違反をしてしまって、罰金を振り込まなければならなかった為、その日は郵便局へ行き余った時間で4日分の計画を立てることにしたのだ。

 孫佐島からの井川峠は一度来ているので、すぐわかるだろうと思ったのだが、標識もなくどこから登っていくか全くわからず、近くの民家の人に聞いてみたが、わからないといわれる。かなり急な尾根の末端らしき所に給水タンクのようなものが見えて、そこに上る桟道の腐った道が見えたのでそれを登ってみる。やはり標識は一服峠まで何もなかった。深沢山の分岐の所にザックをおいて、深沢山へ行ってみる。前回も来ているので行かなくてもいいか、とも思ったのだが全く忘れているし、バスも一本早く乗れたので、寄ってみることにした。バスといえば、最初調べた時には、平日は10時頃の梅ヶ島行しか表示されなかったので、初日は全然歩けない感じだったが、再び調べてみると、運転免許センター?経由の8時台のバスが表示されたので、これに乗れると思ったのだが、電車の到着時間から数分しか待ち時間がなく、乗れるかどうか不安であった。実際には、電車が5分ほど遅れて到着とのアナウンスがあって、これはやばい!乗れないかもと思いつつも、あわてて改札に向かい、駅を出ると、バスがいたので安心したのも束の間、ドアが閉まってしまったのだ。閉まってしまったドアを叩いて、一縷の望みをかけてたが、運転手のスピーカーからの言葉は、ドアに触らないで下さいと言うものだった。ドアが開いて、乗せてもらうことができた。運転免許センターを過ぎると乗客が減って、座ることが出来た。

 初日は井川峠の南の小ピークP1660に泊まる。翌朝もいい天気で、アツラ沢の頭、勘行峰を行く。勘行峰の手前にはスキー場となっているが、リフトのようなものは見えなかった。工事中の所で、迂回路が書いてあるが、スキー場のゲートが開いている時でないと通れない設定になっていたが、工事をやっていなかったので、工事現場を通っていった。勘行峰から大日峠への車道の途中に、いくつかのハイキングコースを歩けるようになっているが、あまり歩かれていない様子だ。大日峠の西に東屋があってちょこっと休んだのだが、そういえば、トイレも近くにあったので、ひょっとしたら水道もあったのかも知れないが、確認するのを忘れた。すでに井川峠の沢のところで、残り三日分の水を確保してあるので、気にしていなかったのだ。

尾根上に林道やら車道が多いので、車道歩きは疲れるなと思ったが、案外車道横に歩道があったり林道があったり、藪歩きだったりする。

つづく
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:199人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ