また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3802004 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

菊花山〜岩殿山(賑岡町起点で周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年12月02日(木) [日帰り]
メンバー
 fuji3d(記録)
天候はれ
https://tenki.jp/past/2021/12/02/satellite/japan-near/
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道の大月ICを下りて国道20号を左へ。市街をゆるゆる走って、「高月橋入口」交差点を「小菅」方面へ左折して、JRと桂川を橋で渡って、右に登ってく手前の左脇に市営駐車場があります。10台駐車できる模様。wcはありません。
am630で一番乗り、戻ると、1台増えてました
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:47
距離
14.6 km
登り
1,182 m
下り
1,181 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
1時間13分
合計
6時間48分
Sスタート地点06:3206:54厄王権現口07:37御前山07:4707:55八五郎岩08:06沢井沢ノ頭08:0708:49菊花山08:5709:20菊花山登山口09:2510:06花咲山方面分岐10:50稚児落し10:5411:09天神山11:2411:33兜岩11:4011:54築坂12:09三の丸跡12:1112:13三ノ丸跡展望台12:1712:18三の丸跡12:2312:26三ノ丸跡展望台12:2912:34三の丸跡12:39岩殿山12:4012:52鬼の岩屋12:5712:58岩殿山畑倉登山口13:0013:08岩殿登山口13:17岩殿山強瀬登山口13:1813:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●市営駐車場〜駒橋〜「御前山」こと730m圏峰〜643m三角点峰(「菊花山」)〜浅利
国道20号沿いに「御前山→」といった道標が出てるかと思って探しつつあるいたのですが、右の山腹を斜上していく道が奥に見え見え(笑)なんで、テキトーに国道を右に逸れて、その道を登りました。堰堤工事中ですが、左岸を通行できます。工事作業道の終点に「菊花山→」という青道標と「←菊花山」という赤道標が並んでますwが、とーぜん、赤に従って、厄王山の赤鳥居を潜ります。枯沢沿いの道型を辿って、沢を離れて九十九に登ると、明るい尾根に飛び出します。分岐道標に従って、左にちょと登ると、御前山です。展望のご褒美があります^^(写真1〜3を参照)

分岐に戻って、尾根を「九鬼山→」「菊花山→」に向けて、とことこ歩きます。すぐに出会う大岩は、左を巻きます。巻き終わって振り返ったら、綱で通せんぼしてました(折り返して登る気だったので、ちょと残念)やがて、馬立山、九鬼山に向かう山道との分岐に着くので、右に急降下、あまりえげつない登り返しなく、岩を縫うような急登りで菊花山に飛び出します。ここの展望もイケてます^^(写真5〜8を参照)

菊花山からは、暫し、楽しい尾根歩きをして(写真9〜12を参照)、「大月駅→」道標に従って、とっとこ下ります。ザレもありますが、まずます、下りやすい山道です。忠魂碑脇から大月バイパスに降り立ち、階段を下りてバイパスを潜り、跨線橋目指して市街を抜けます。跨線橋、低い構造物なんで、気づかずにいったん行きすぎてから戻りましたw

●浅利〜稚児落とし〜岩殿山〜畑倉〜市営駐車場
https://otsuki-kanko.info/category/content-page/view/188
の逆で西から東に歩きました。たぶん、その方が岩殿山登頂の達成感が増すかも

兜岩の横の鎖場(崩落で通行止め)を迂回して登り返すとこが、核心部かも(どこが、迂回だよっ、て感じのほとんど垂直の登りが待ってます。掴めるもの何でも掴んで、身体を引き上げます。足だけでは、無理w)で、ちょと疲れた足で岩殿山に登頂して、喜びもひとしお^^四阿で展望を楽しみながら、休憩します

畑倉への下山路は、丁寧に細かく切られた九十九の山道を急降下します。落ち葉積もってますが、恐れてたほど滑らずに下りれました

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ゲイター 日よけ帽子 ザック 行動食 地図(地形図) ヘッドランプ GPS 筆記用具 日焼け止め 携帯 ストック ナイフ カメラ

写真

おはよーございます、暗い北尾根を登って、御前山に登頂、歓喜の瞬間です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはよーございます、暗い北尾根を登って、御前山に登頂、歓喜の瞬間です
33
朝日に輝く扇山に励まされて、わしわし登りました
奥には、笹尾根末端の連行峰〜陣馬山〜景信山が「おはようさん!」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に輝く扇山に励まされて、わしわし登りました
奥には、笹尾根末端の連行峰〜陣馬山〜景信山が「おはようさん!」
10
富士山の前景に、鹿留だけだとちょと寂しいwので、左に九鬼山を添えてみました。さて、菊花山に向かうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の前景に、鹿留だけだとちょと寂しいwので、左に九鬼山を添えてみました。さて、菊花山に向かうか
22
標高550m圏鞍部には、見頃のいろは紅葉が数株あって、ちょと、びっくり。風に吹かれても散りません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高550m圏鞍部には、見頃のいろは紅葉が数株あって、ちょと、びっくり。風に吹かれても散りません
33
ふう、最後は岩ごつを登って、菊花山にとうちゃこ!
百蔵〜扇がどっしりと構えます、その間に権現山も、ね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふう、最後は岩ごつを登って、菊花山にとうちゃこ!
百蔵〜扇がどっしりと構えます、その間に権現山も、ね
15
とはいえ、正面は、こちらかも(笑)
御正体〜鹿留の奥に日本一、右手前で高川山がいい味出してますw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とはいえ、正面は、こちらかも(笑)
御正体〜鹿留の奥に日本一、右手前で高川山がいい味出してますw
17
年賀状用に一枚w
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
年賀状用に一枚w
47
山岳写真としては、ちょと引いて、鹿留入れてあげた方がいいかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山岳写真としては、ちょと引いて、鹿留入れてあげた方がいいかも
30
空中廊下を楽しく歩きます
こちらを「代表写真」にします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空中廊下を楽しく歩きます
こちらを「代表写真」にします
8
花咲山のゴルフ場、メタセコイアの紅葉に目を引かれます
奥には、滝子〜破魔射場〜白谷ノ丸〜黒岳がくっきり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花咲山のゴルフ場、メタセコイアの紅葉に目を引かれます
奥には、滝子〜破魔射場〜白谷ノ丸〜黒岳がくっきり
14
高川山を主役に撮影すると、こんな感じか
象の鼻みたいに伸びる「むすび山」尾根が際立ちます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高川山を主役に撮影すると、こんな感じか
象の鼻みたいに伸びる「むすび山」尾根が際立ちます
26
灌木の間から、岩殿山も、ね
怖くて正視できませんw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木の間から、岩殿山も、ね
怖くて正視できませんw
10
後半に備えて、跨線橋で鉄分補給します
扇山が凄い貫禄!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半に備えて、跨線橋で鉄分補給します
扇山が凄い貫禄!
13
浅利での一コマ
与一地蔵をパチリ
ワンカップのお供えがたくさん、人気あるんだな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅利での一コマ
与一地蔵をパチリ
ワンカップのお供えがたくさん、人気あるんだな
3
浅利での一コマ
落葉した欅の奥に、目の覚めるような真っ赤ないろは紅葉、浅利、やるなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅利での一コマ
落葉した欅の奥に、目の覚めるような真っ赤ないろは紅葉、浅利、やるなぁ
3
ふう、浅利からのザレの急登も一段落、冬枯れの山道をとことこ稚児落としに向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふう、浅利からのザレの急登も一段落、冬枯れの山道をとことこ稚児落としに向かいます
5
とは言え、完全落葉、ということでもなく、一昨日の風雨に耐えた小楢は、きれいに紅葉してました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とは言え、完全落葉、ということでもなく、一昨日の風雨に耐えた小楢は、きれいに紅葉してました
13
道標によると、ここから「稚児落とし」だそうな
あの縁歩くのかあ、武者震いがするのぅ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標によると、ここから「稚児落とし」だそうな
あの縁歩くのかあ、武者震いがするのぅ
15
あっと言う間に通過してました(笑)
鉄塔巡視路で「天神山」に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっと言う間に通過してました(笑)
鉄塔巡視路で「天神山」に向かいます
3
到着しました。石祠におわす道真公に畏み畏み拝礼して、振り返ると、絶景です^^
ここでも、花咲CCのメタセコイアの紅葉が印象的かも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着しました。石祠におわす道真公に畏み畏み拝礼して、振り返ると、絶景です^^
ここでも、花咲CCのメタセコイアの紅葉が印象的かも
17
岩殿山の南面、結構きれいに黄葉してます
桂川の段丘越しに、倉岳山ほか前道志をパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩殿山の南面、結構きれいに黄葉してます
桂川の段丘越しに、倉岳山ほか前道志をパチリ
9
漸く平和な山道になったなぁ、と感じて何気に撮影したら、なんと、この先すぐに強瀬登山路(通行止め)と合流して、コンクリ階段で山頂目指すことに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く平和な山道になったなぁ、と感じて何気に撮影したら、なんと、この先すぐに強瀬登山路(通行止め)と合流して、コンクリ階段で山頂目指すことに
5
ふう、岩殿山登頂、正午過ぎましたが、日本一、待っててくれました^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふう、岩殿山登頂、正午過ぎましたが、日本一、待っててくれました^^
39
のんびり休憩して、畑倉に下山します
左奥に御前山、右手前に菊花山、楽しかったです、ありがとねっ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびり休憩して、畑倉に下山します
左奥に御前山、右手前に菊花山、楽しかったです、ありがとねっ
14

感想/記録
by fuji3d

アレ以来、山行は中央道一択です。で、いつもお腹潜らせてもらってる(笑)ので、流石に、そろそろご挨拶に伺わないと、ね、岩殿山。畑倉から登っちゃうのは、何だかな、なので、大月市街の南と北、二部構成でぐるっと周回しました

ヤマレコ的には、新年に切るカードって気もしますwが、せっかく好天予報なので、待ちきれずに、とことこ歩いてきた次第、楽しかったです
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:465人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ