また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3947462 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 日光・那須・筑波

厳冬期 甲子旭岳 単独

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月25日(火) [日帰り]
メンバー
天候天気:晴れ
気温:-7〜-5℃ 程
風速:微風 5 m/s 程
アクセス
利用交通機関
車・バイク
甲子温泉
経路を調べる(Google Transit)
GPS
10:30
距離
10.6 km
登り
1,131 m
下り
1,131 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

厳冬期 甲子旭岳 単独
ノートレース,フルラッセル

07:20 甲子温泉
08:45 猿ケ鼻
09:55 甲子山
10:25 新道分岐
13:15 旭岳
15:15 坊主沼避難小屋
16:30 甲子山
17:05 猿ケ鼻
17:50 甲子温泉

過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

2022.01.25 厳冬期 甲子旭岳 単独
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2022.01.25 厳冬期 甲子旭岳 単独
16
甲子温泉から入山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子温泉から入山
2
序盤-猿ケ鼻までは うっすらトレースあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤-猿ケ鼻までは うっすらトレースあり
1
猿ケ鼻-甲子山は明瞭な尾根歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿ケ鼻-甲子山は明瞭な尾根歩き
3
2022 甲子山へ至る尾根でも積雪豊富
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2022 甲子山へ至る尾根でも積雪豊富
2
尾根途中 旭岳がお見えに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根途中 旭岳がお見えに
9
甲子山 自身 初登頂 おめでとう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子山 自身 初登頂 おめでとう!
15
甲子山より 旭岳!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子山より 旭岳!
24
甲子山より 大白森
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子山より 大白森
8
甲子山より 飯豊山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子山より 飯豊山
9
甲子山より 三本槍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子山より 三本槍
9
甲子旭岳へ!厳しい山行となりそうだけど自分の足跡を残します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子旭岳へ!厳しい山行となりそうだけど自分の足跡を残します
24
雪庇にシュカブラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇にシュカブラ
5
甲子旭岳東稜ルート全景。技術的核心は山頂直下雪稜。体力的にはラッセルと踏み抜き次第。天候は良好
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子旭岳東稜ルート全景。技術的核心は山頂直下雪稜。体力的にはラッセルと踏み抜き次第。天候は良好
19
取付き序盤は 癒しの銀世界
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付き序盤は 癒しの銀世界
9
斜度が増し ラッセルぜーはー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度が増し ラッセルぜーはー
6
途中きざんで ふりかえり眺める甲子山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中きざんで ふりかえり眺める甲子山
10
急登 おまけに一歩ごとに踏み抜いたり もう大変
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登 おまけに一歩ごとに踏み抜いたり もう大変
5
雪庇が切れ落ちた断面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇が切れ落ちた断面
7
次の急登を目前にアイゼンピッケルに換装
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の急登を目前にアイゼンピッケルに換装
5
やっとの思いで 灌木踏み抜き地獄帯を越え 核心へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとの思いで 灌木踏み抜き地獄帯を越え 核心へ
9
畏敬の念を抱く雪稜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畏敬の念を抱く雪稜
19
『はじめまして』でも もうこの山の虜です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『はじめまして』でも もうこの山の虜です
15
滑落は許されない核心が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑落は許されない核心が続く
12
二刀流。効き悪い雪質。確実な手足を決めるのに何発も固め登った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二刀流。効き悪い雪質。確実な手足を決めるのに何発も固め登った
16
岩峰乗り上げる手前の効きが悪く 灌木を掘り出し確保しながら登った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩峰乗り上げる手前の効きが悪く 灌木を掘り出し確保しながら登った
5
山頂への ビクトリーロード
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂への ビクトリーロード
11
甲子旭岳 自身 初登頂 おめでとう!本当に嬉しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子旭岳 自身 初登頂 おめでとう!本当に嬉しい
27
旭岳より 山頂への道程をふり返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳より 山頂への道程をふり返る
8
旭岳より 観音山へ至る尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳より 観音山へ至る尾根
6
旭岳より 裏那須稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳より 裏那須稜線
12
旭岳より 三本槍へ至る尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳より 三本槍へ至る尾根
12
旭岳下山は『ピストン(滑落リスク) VS 周回(ラッセル追加)』現場状況判断 南へ周回することを決断
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳下山は『ピストン(滑落リスク) VS 周回(ラッセル追加)』現場状況判断 南へ周回することを決断
13
南も案の定 締まり悪く 灌木帯は容赦なく踏み抜きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南も案の定 締まり悪く 灌木帯は容赦なく踏み抜きます
3
股下まで埋まり 手を使わないと立ち上がれない踏み抜きも連発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
股下まで埋まり 手を使わないと立ち上がれない踏み抜きも連発
7
この小ピークまでがマジで長かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小ピークまでがマジで長かった
9
ふりかえり見上げる旭岳。ここまで大袈裟じゃなく100回以上踏み抜いた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふりかえり見上げる旭岳。ここまで大袈裟じゃなく100回以上踏み抜いた
18
小ピークから 裏那須や男鹿山塊
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークから 裏那須や男鹿山塊
8
小ピークからの下りは これまでと比べて快適
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークからの下りは これまでと比べて快適
5
那須のマッターホルン 旭岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那須のマッターホルン 旭岳
15
急な雪庇の下降点を探しながら下りていたら行きすぎた。すぐに修正
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な雪庇の下降点を探しながら下りていたら行きすぎた。すぐに修正
12
坊主沼避難小屋と旭岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主沼避難小屋と旭岳
6
坊主沼避難小屋 内部。とじまりOK
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主沼避難小屋 内部。とじまりOK
2
森の中から 最後に登りかえす甲子山を確認
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中から 最後に登りかえす甲子山を確認
2
旭-甲子のコルまで もふもふトラバース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭-甲子のコルまで もふもふトラバース
2
旭-甲子のコル付近 往路の自分のトレースに合流。もう概ね大丈夫
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭-甲子のコル付近 往路の自分のトレースに合流。もう概ね大丈夫
4
最後に 甲子山より 旭岳。大好きな山のひとつとなりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に 甲子山より 旭岳。大好きな山のひとつとなりました
15
すっかりまっくら無事下山。おつかれさまでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかりまっくら無事下山。おつかれさまでした
17

感想/記録
by AIKEN

2022年01月25日
厳冬期 甲子旭岳 単独

【厳冬期の定義】は
人それぞれあると思いますが

自分の定義として
・日本海側気候 雪山:年末〜2月末
・太平洋側気候 雪山:1月中旬〜2月末

《実績》
ノートレース,フルラッセル
※写真動画撮影,休憩込み
07:20 甲子温泉
08:45 猿ケ鼻
09:55 甲子山
10:25 新道分岐
13:15 旭岳
15:15 坊主沼避難小屋
16:30 甲子山
17:05 猿ケ鼻
17:50 甲子温泉

《次回覚書》
冬季 甲子旭岳 周回
※雪が締まった好条件時CT
※これベースに+α
07:30 甲子温泉
08:50 猿ケ鼻
09:30 甲子山
10:00 新道分岐
11:30 旭岳
13:00 坊主沼避難小屋
14:00 甲子山
14:25 猿ケ鼻
15:15 甲子温泉



お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:887人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ