また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3967555 全員に公開 アイスクライミング 日光・那須・筑波

日光月山 雄滝

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年02月02日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候小雪→高曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・車はゲート前の路肩駐車スペースに駐車しました。(車は車高の高い四駆です。)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:13
距離
4.3 km
登り
440 m
下り
444 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間54分
休憩
3分
合計
5時間57分
Sゲート前の路肩駐車スペース07:3207:57夫婦トンネル出口の夫婦滝への下降地点08:21雄滝到着時刻09:03雄滝登攀開始時刻11:50雄滝登攀終了時刻12:22懸垂下降で下まで下りてきた時刻12:51雄滝出発時刻13:26夫婦トンネル出口の夫婦滝への下降地点13:2913:29ゲート前の路肩駐車スペースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・夫婦トンネル内のGPSログデータがうまく取れてませんが気にしないでください。
コース状況/
危険箇所等
▶登山ポストはありません。

▶ルート状況(2022年2/2現在のものです。)

◆アプローチ
・夫婦トンネル手前のゲートから車道を歩き夫婦トンネル出口で右に下降します。
・下降地点から滝へはたくさんのピンクテープや途中からフィックスロープがあってわかりやすいです。

◆雄滝(WI5 落差80m 3段の滝)(ルートグレードは参考にした最新のトポ図からで、あとは個人的な感想です。)

全体的に
・氷は若干水っぽかっくアックスは決めやすかったです。

1P目(35m 后法淵侫ロー)
・1段目は真ん中のラインを登りました。フォローだったので良いウォーミングアップになりました。体感では垢鰐気ご兇犬世辰燭里猫+かな?
・終了点は真ん中の穴が開いているところの右下にアイススクリュー2本で構築。

2P目(35m 此法淵蝓璽鼻
・2段目は下でオブザベした時は傾斜が緩くなっているように見えた左上に抜けようと考えてましたが、出だしが中央付近でそのまま真っ直ぐ登れそうなので真ん中を登りました。下部はステミングできるので楽できました。体感では困鰐気ご兇犬世辰燭里猫后銑+かな?
・10/18の写真を見ると分かると思いますがシャンデリア状の氷部分もあるのでアックスを打ち込むところを選んで打ち込みましたが脆くて割れるところも多くて結構な数の落氷をさせました。落氷させずに登れる状況ではないので真下でビレイしていたOさんはビレイする位置を変えてました。(登っている途中でOさんに落氷に当たって痛そうにしていたので登らずに少し待機してるとOさんがビレイする位置を氷の形で落氷から隠れられるところに移動するというので待って移動し終わってから登りました。)
・終了点は3段目の右下でアイススクリュー2本で構築。

3P目(30m +)(フォロー)
・3段目は真ん中のラインを登りました。傾斜はありますが短いしフォローだったので難しくは感じませんでした。体感では后檗銑垢阿蕕いな?
・終了点は滝の落ち口の左岸上部にある残置が設置してある灌木にスリングを巻いて構築。
・終了点を滝の落ち口のから奥へ10mほど行ったところの灌木を使用しないで滝の落ち口の左岸上部の灌木を使用したのでロープスケルは20mぐらいでした。

◆下降
・60mダブルロープを2本使って懸垂下降2回で下りました。
・1回目の懸垂下降は滝の落ち口の左岸上部の灌木に残置のスリングとカラビナ2つがあったので捨て縄で補強してそれを使用して懸垂下降しました。
・1回目の懸垂下降60mめい一杯では2回目の懸垂下降に使う灌木まで届かないですが、そこまではバンドになっているのでフリーで歩いても落ちることはないと思います。
・2回目の懸垂下降は1段目の滝上の左岸にある残置スリングがある灌木があったので捨て縄で補強してそれを使用して懸垂下降しました。
過去天気図(気象庁) 2022年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイスアックス×2 60mダブルロープ V字スレッド用アイススクリュー 捨て縄 その他登攀装備1式
共同装備 アイススクリュー×12 クイックドロー×12

写真

ゲートが締まっているので車はここまで
2022年02月02日 07:33撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートが締まっているので車はここまで
雪の下の道路は凍っていて滑って転ぶこと1〜2回
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の下の道路は凍っていて滑って転ぶこと1〜2回
4
素直にアイゼン履きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素直にアイゼン履きました
2
トンネルを出てすぐ右から下降
2022年02月02日 07:56撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを出てすぐ右から下降
雄滝が見えました
2022年02月02日 08:18撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄滝が見えました
3
こっちは雌滝
2022年02月02日 08:21撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは雌滝
1
1P目はOさんリード
2022年02月02日 09:12撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目はOさんリード
3
1P目はウォーミングアップにはちょうどいい感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目はウォーミングアップにはちょうどいい感じ
1
2Pをリード。下でオブザベした時は傾斜が緩くなっているように見えた左上に抜けようと考えてましたが、登ったのは中央ラインでした(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2Pをリード。下でオブザベした時は傾斜が緩くなっているように見えた左上に抜けようと考えてましたが、登ったのは中央ラインでした(笑)
3
2Pを登ってくるOさん
2022年02月02日 10:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2Pを登ってくるOさん
2
3P目をリードするOさん
2022年02月02日 11:04撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目をリードするOさん
4
【3P目終了点より】
アックスを振り上げてそれらしい写真に(笑)
2022年02月02日 20:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【3P目終了点より】
アックスを振り上げてそれらしい写真に(笑)
2
Oさんが1回目の懸垂下降をして氷にアイススクリューでセルフを取ってヤマパン下降待ち
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Oさんが1回目の懸垂下降をして氷にアイススクリューでセルフを取ってヤマパン下降待ち
1
2回目の懸垂下降に使う灌木まで60mでは届かない(バンドになっているのでそこまでフリーで歩いても落ちることはないと思いますが・・)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2回目の懸垂下降に使う灌木まで60mでは届かない(バンドになっているのでそこまでフリーで歩いても落ちることはないと思いますが・・)
2回目の懸垂下降で下まで下りてきました
2022年02月02日 12:27撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2回目の懸垂下降で下まで下りてきました
2
良い滝でした
2022年02月02日 12:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い滝でした
3
トンネルまで登り返してきました
2022年02月02日 13:26撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルまで登り返してきました
ゲートが見えてきました
2022年02月02日 13:44撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートが見えてきました

感想/記録

1/31にOさんから「雄滝やりたいんですが今週水曜休めませんか?」と連絡があった。栃木WCMの時に今週末の2/5〜2/6のアイスの打合せで当初予定していた場所がダメだった場合の代替え案として出ていた日光月山の雄滝。ここ最近は上から下までの3段全てが繋がらない年が続いていてOさんは未だに上まで登ったことがなかったが今年は繋がっていて上まで登れるチャンスなので登りたいとのこと。特に急ぎの仕事も無かったので休みを取って2/2は雄滝を登ることにしました。
Climbing‼

ヾ響

・トポでは2P目が難しいのでOさんが2P目を登りたいと言ってくるだろうと思い1P目と3P目を登るつもりでいましたが、雄滝に着いて登攀の準備をする前に「1と3Pをリードさせてください。」とOさんから言われました。『えっ?俺、難しいピッチ?』と心の中で思いましたが「わかりました。」と答え、そこから雄滝の2段目を眺めて簡単そうなラインは何処だ?と真面目にオブザベしました(笑)2P目は結果的にはオブザベとは違うラインを登りましたが(笑)

・登り終えて後片付けをしている時にOさんに尋ねると、Oさんは氷の状態を見て2P目も3P目も同程度だろうと考えそれならば1回でも多くリードしたいと「1と3Pをリードさせてください。」と言ったそうです・・・欲張りですね(笑)

・Oさんは天気予報から「登るなら2/2しかない。」と導き出し私を誘ったそうですが、読み通り天気は小雪から高曇りで2/2の雄滝は水が滴ることも無く自然崩落も無くベストコンディションで登ることができました。Oさんありがとうございました。

・滝を見たときにフリーで登れるかな?と思いましたが登ってみるとそこまで難しくなくフォローもリードもテンション無しで登れて良かったです。

反省

・特にありません。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:353人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ