ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 4039009
全員に公開
雪山ハイキング
札幌近郊

小札幌(空沼二股)

2022年02月27日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
09:23
距離
26.6km
登り
1,008m
下り
1,088m
歩くペース
標準
1.01.1
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
8:57
休憩
0:27
合計
9:24
7:37
21
7:58
7:58
4
8:02
8:03
20
8:23
8:25
1
8:26
8:26
125
10:31
10:33
15
10:48
10:55
197
14:12
14:12
8
14:20
14:20
69
15:29
15:31
2
15:33
15:33
14
15:47
15:59
4
16:23
16:24
20
17:01
旧常盤小学校
天候 小雪→曇り
過去天気図(気象庁) 2022年02月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車 バス
6:17南郷13丁目ー7:15真駒内(中央バス真101)ー7:35空沼二股
◇空沼岳登山口までのバスは夏季ダイヤのみ。
◇帰りは常盤6条2丁目(旧常盤小学校)バス停まで歩きました。
コース状況/
危険箇所等
本日の入山者は私一人だけでした。たぶん、昨日も?
◇除雪最終地点(採石場)ー空沼岳登山口:スノーモービルのおかげでノーラッセル
◇空沼岳登山口ー万計山荘:くるぶし、すねラッセル
◇万計山荘ー真簾沼:こちらもスノーモービルのおかげでほぼノーラッセル
◇真簾沼ー小札幌:くるぶし、すねラッセル
◇万計沢川(万計沼の手前)のスノーブリッジは数か所ありますが、どれも危なっかしい感じでした。
今日は真駒内駅からバスに乗ります。
駅構内にセブンイレブンがあるので便利。
2022年02月27日 06:51撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
2/27 6:51
今日は真駒内駅からバスに乗ります。
駅構内にセブンイレブンがあるので便利。
終点の空沼二股で下車し、採石場へ向けてテクテク歩き始めます。クルマは1台も通りません。
2022年02月27日 07:36撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
2/27 7:36
終点の空沼二股で下車し、採石場へ向けてテクテク歩き始めます。クルマは1台も通りません。
約20分で採石場へ到着。
人の気配が全くありません。
2022年02月27日 07:55撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
2
2/27 7:55
約20分で採石場へ到着。
人の気配が全くありません。
除雪最終地点でスノーシューを装着し、スノーモービルのトレース上を進みます。楽チン♪
2022年02月27日 08:08撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3
2/27 8:08
除雪最終地点でスノーシューを装着し、スノーモービルのトレース上を進みます。楽チン♪
登山口の裏手でトレースを離れ、渡渉点に到着。
2022年02月27日 08:20撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
2/27 8:20
登山口の裏手でトレースを離れ、渡渉点に到着。
スノーブリッジを渡って夏道へ。
直後、尾根に取り付きます。
うん、しばらく誰も入っていないみたい。
2022年02月27日 08:22撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
2
2/27 8:22
スノーブリッジを渡って夏道へ。
直後、尾根に取り付きます。
うん、しばらく誰も入っていないみたい。
ずーっと小雪が舞っていたと思ったら、今度はガスガス。
2022年02月27日 10:13撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
2/27 10:13
ずーっと小雪が舞っていたと思ったら、今度はガスガス。
登山口から2時間半で万計沼に到着。
やっぱり積雪期の空沼は時間がかかりますね。
2022年02月27日 10:51撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
7
2/27 10:51
登山口から2時間半で万計沼に到着。
やっぱり積雪期の空沼は時間がかかりますね。
万計沼からスノーモービルのトレースがあり、再びこれを利用させていただきました。
途中で別方向から3台がやって来たところ、こちらに気付いてエンジンを停止。下車してヘルメットを脱いで挨拶され、お互いの目的地と進路を確認し合って別れました。
2022年02月27日 11:17撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3
2/27 11:17
万計沼からスノーモービルのトレースがあり、再びこれを利用させていただきました。
途中で別方向から3台がやって来たところ、こちらに気付いてエンジンを停止。下車してヘルメットを脱いで挨拶され、お互いの目的地と進路を確認し合って別れました。
目的地はたぶんアソコ。
すごく遠く感じて、何度も妥協しそうになります。
2022年02月27日 11:30撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
2/27 11:30
目的地はたぶんアソコ。
すごく遠く感じて、何度も妥協しそうになります。
この120mlサイズの保温ボトルにはコーンスープを。
生き返ります。
2022年02月27日 11:41撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
7
2/27 11:41
この120mlサイズの保温ボトルにはコーンスープを。
生き返ります。
冷えたバーガーは美味しいとは言えないな。
2022年02月27日 11:42撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
5
2/27 11:42
冷えたバーガーは美味しいとは言えないな。
真簾沼北西にある平原。
2022年02月27日 11:56撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
2
2/27 11:56
真簾沼北西にある平原。
5時間かかってやっと目的地の小札幌へ。
万計沼からも1時間50分かかっています。
うん、遠い〜
2022年02月27日 12:41撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
10
2/27 12:41
5時間かかってやっと目的地の小札幌へ。
万計沼からも1時間50分かかっています。
うん、遠い〜
地形図には現れない凹地や沢地形があり、山頂付近はかなり複雑です。
2022年02月27日 12:43撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
2/27 12:43
地形図には現れない凹地や沢地形があり、山頂付近はかなり複雑です。
帰りは真簾沼にも寄ってみました。
積雪期にここへ来るのは初めて。
2022年02月27日 13:43撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
2/27 13:43
帰りは真簾沼にも寄ってみました。
積雪期にここへ来るのは初めて。
15時半、やっと登山口に到着。
いやー、長かったー
2022年02月27日 15:27撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
2
2/27 15:27
15時半、やっと登山口に到着。
いやー、長かったー
除雪最終地点で武装解除。
2022年02月27日 15:50撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
4
2/27 15:50
除雪最終地点で武装解除。
もしかしたら空沼二股からバスに乗れるかも!という願いもむなしく、つい20分前に出発したらしい。
次は2時間後。
2022年02月27日 16:21撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3
2/27 16:21
もしかしたら空沼二股からバスに乗れるかも!という願いもむなしく、つい20分前に出発したらしい。
次は2時間後。
40分歩い旧常盤小学校のバス停に到着。
正直言って今日は疲れました、、、
2022年02月27日 17:00撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3
2/27 17:00
40分歩い旧常盤小学校のバス停に到着。
正直言って今日は疲れました、、、
撮影機器:

感想

先日、残雪期用のシューズを新調したので、足慣らしに万計沼あたりにでも行ってみようということに。

冬の空沼岳には登ったことがないし、こっちから狭薄山にも登ろうとしているので、ルートの偵察、あわよくばそのまま狭薄にも登っちゃおうって。

その前に、△1059(小札幌)に立ち寄って…なんて感じで歩いていたら、小札幌だけでお腹一杯。むしろ参りました、勘弁してくださいって感じ。正直言って、小札幌をナメてました、私。

地形図に現れないような沢地形や窪みも多く、かなり探して雪庇の上に小札幌の標識を見つけたときは感動。

それにしてもこのルート、スノーシュー(ツボ足)でもスキーでもきっと楽しくないと思います。正直、おススメはしないかな。

登山者には一人も会わず。スノーモービルがあちこちに乗り入れていますが、トレースと自分の行き先が一致するかよく精査する必要がありそう。今日出会った方は正直登山者よりマナーが良く、人格者でした。ちなみに私、どちらかと言えばスノーモービル肯定派です。藤野から登ってきたそうなので、もしかすると真簾峠や鞍馬越、湯沢にも簡単に登れるかもしれません。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:379人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら