また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 40913 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

鳳凰三山(薬師岳・観音岳・地蔵岳)ピストン山行日帰り12時間!!

情報量の目安: A
-拍手
日程 2009年06月12日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
12:00
距離
23.1 km
登り
2,143 m
下り
2,121 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

5:20夜叉神峠登山口-6:05夜叉神峠-7:26杖立峠-0821南御室小屋-09:45薬師岳-10:30観音岳-11:40地蔵岳-17:20分夜叉神峠登山口
コース状況/
危険箇所等
‥仍各擦了沈磴苺平過ぎから南御室小屋までとその先の森林限界まであります。
又、薬師小屋から薬師岳登りの間はデブリ(残雪の塊り)がありますので、
僕は、軽アイゼンを持参しましたが、ダブルストックとキックステップで越えました。12日は快晴でだいぶ解けましたが、今月いっぱいは残るでしょう。
僕は春夏の山行で、スパッツは常に初めから装着してますが、普段使わない方は携行しておいたほうがいいでしょう。つぼ足も結構踏んだので、役に立ちましたよ!
南御室小屋付近で、【ユスリカ】が大発生してます、宿泊予定では、ムシ対策品を持っている方はあったらいいと思います。特に朝方はスゴイ!!口を開けていると入りそう!
過去天気図(気象庁) 2009年06月の天気図

写真

5:17 初めての鳳凰山へいざ…
2009年06月13日 08:25撮影 by Canon IXY DIGITAL L3Canon
5:17 初めての鳳凰山へいざ…
6:05 おー! 白峰三山がぁ
  置いてあった木の台にデジカメ置いたので歪んでる。 
2009年06月13日 05:27撮影 by Canon IXY DIGITAL L3Canon
6:05 おー! 白峰三山がぁ
  置いてあった木の台にデジカメ置いたので歪んでる。 
撮影機材:

感想/記録
by ojyo

2009年6月12日
山用の連休を1ヶ月前に取っておいた。週間天気予報を毎日チェックしながら、幾つかの選択肢を決めておいた。
今回も直前になって回復し、晴れ後曇りだったので、日帰りで南アルプスの鳳凰山に決めて、日が変わった12日の夜中にスタート地点の夜叉神峠登山口に向かった。予定通りに5時到着、クルマは1台だけ止まっている。広河原行きのバスは7月1日からで運行なので、静かだ。いつものようにスパッツとストックの他に、軽アイゼンをザックに入れる。更に3000m弱の高山なので、携帯用ダウンジャケット、ツエルト、保存食、ガスバーナー、コッヘルを加えた。5時20分登山開始、40分後
夜叉神峠に着くと、西に白峰三山が正面に朝陽に光っている。いやあ、ピーカンの天気に思わず嬉しくなる。
更に25分後の樹林帯の南東には富士山が雲海に浮かんでいる。樹林帯が切れて樺の樹の高原が出現し、杖立峠への岩陵帯の登りが続き夜叉神峠から1時間20分かかって杖立峠に着く。目線が下がった白峰三山。苺平手前の登山道に残雪が残り、2550mの高度を実感する。苺平を過ぎると残雪の量が増えるが、凍ってるところが少ないので、アイゼンを付けないで、ストックで体重を分散しながら固そうなところを選んで慎重に越えていく。
30分後に南御室小屋に着くと、ユスリカが大発生している、水場で水を頂く間も頭から体中に止まり着く。刺すことはないが、気持ちいいものではないので、休憩を取るのを止め、薬師岳へ向かうことにした。森林限界までの登山道は殆ど残雪歩行で時間がかかった。南御室小屋から1時間後に森林限界の巨岩帯に到着尾根からは間近に北岳、間ノ岳、農鳥岳が出現し感動した。富士山もまだ健在で姿を現している。薬師岳まではまだまだで白砂と奇岩の上り下りして、薬師岳小屋に着く。この先の大きな残雪の塊を越えて行かねばならない。その先に薬師岳が待っている。ストックとキックステップでデブリを越えて行く。尾根到達から35分で白峰三山をバックに2780mの薬師岳に。最高峰の観音岳までが結構きつそう!はい松帯で左側絶壁のザレ道を登っていく。左側には白峰三山や千丈ゲ岳が常に寄り添っている。尾根に出ると右側には八ヶ岳の硫黄山が青空に煙を吐き出している。360°の展望だ。振り返ると薬師岳と富士山がツーショットだ。薬師岳から40分後観音岳に着き、てっぺんの岩に座り込み、遅い朝食を取りながら、360°の景色を
独り占めする。流石に風は冷たいが火照った体には心地よい。
地蔵岳賽の河原へは11時36分に到着、約6時間の所要時間だ。時間のゆとりは余り無い、5時間強は掛かるとして午後5時過ぎかな?
景色は充分堪能したので、慎重に急いで戻ることにしよう。
4時間半後の薄暗い登山道の脇3mに日本カモシカが草を食べているのに遭遇、思わずデジカメを取り出す音で顔を上げるが逃げないのでシャッターを切る。
予測通り夕方5時10分に登山口に戻った。
ほぼ12時間のピストン山行になり、流石に最後の長い下りに筋肉がマヒった。
夕方まで晴れて、45座目の百名山達成が最高の山行になった。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:2689人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ